仮想通貨は本当に今からじゃ遅いのか?今後の上昇可能性について分析してみた

仮想通貨投資は今からじゃ遅いと感じている人もいるかもしれません。しかし、先物取引・FX・ETF(上場型投資信託)やデリバティブ・バイナリーオプションなどと融合し、特にビットコイン市場はさらに拡大する可能性があります。特に先物取引なら下げ相場でも稼げるため、仮想通貨のバブルが終わる時でも利益を出せるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井 誠二

藤井 誠二

1984年生まれ。ライター&SPR合同会社代表。2014年まで出版業界で、図解・イラスト・漫画・執筆・企画などを幅広く経験。主な実績は自著『中国的名言を4コマ漫画にしてみた。』の出版、世界的ベストセラー『スタンフォードの自分を変える教室』の図解担当、カメラのキタムラ様パンフレット(イラスト担当)など。2015年からはWEBのライティングに専念し、2017年に法人化しました。WAOTASでは「ムダな言葉のない記事」を「探している方の検索にヒットしやすいように」書かせていただきます。情報を探している方が迷わないようにすることは、正義でありSEOの本質だと思っています。WAOTASでそれを実現できるよう、良い記事を書かせていただきます。