現役ユーザーが本音でチェック!オンライン英会話おすすめ15選

2020年の東京オリンピック・パラリンピックが刻一刻と迫っている今、英語の需要は日本国内で高まりつつあります。特に対面でコミュニケーションがとれる英会話のスキルは、オリンピックに関係なく、就活や受験といった今後の人生を左右する一大イベントや、ビジネスや旅行、道案内のようなちょっとした日常の一場面など、様々な場所で重宝されます。

ですが、英語のスピーキングを苦手としていている人が日本人には多く、東京オリンピック・パラリンピックや外国人とのコミュニケーションに積極的に携わりたいと思っていても、「英語ができないから」と尻込みしてしまう人も多いのではないでしょうか 。

そこで、今回は今からでも英会話のスキルを身につけたい人におすすめのオンライン英会話をランキング形式で紹介します!ちなみに、筆者もオンライン英会話受講歴半年なので、受講前に気になるところも紹介します!

オンライン英会話ってどんなサービス?

オンライン英会話ってどんなサービス?
オンライン英会話とは、Skype(スカイプ)などの無料通話ソフトを使ってオンライン上で英会話のレッスンを受けるサービスです 。スクールによっては Skype を使用せず、独自のシステムを使って英会話レッスンを受ける場合もあります。どのみち、インターネットの環境さえ整っていれば、パソコンからでもスマートフォンからでも簡単に英会話レッスンを受けることができるのが、大きな特徴です 。

本当に必要なものはインターネットの環境だけで、特にこれといって何かを新たに準備するものはありません。機材やwebカメラの購入が必要なのではないかという声をよく聞きますが、パソコンに備え付けのウェブカメラやマイク機能だけで十分会話は可能です。また、高級なヘッドセットを買う必要もなく 、iPod で音楽を聴くときに使うようなイヤホンでもいいし、パソコンのスピーカーから音を出しても十分問題ありません。ノイズが気になる場合はそれなりのヘッドフォンを用意すると安心です。

強いて言えば、電波の接続が悪いと講師と会話中に相手の声がうまく拾えなかったり、動画が乱れたりして、レッスンが途切れてしまう場合があります。なので、通信環境に不安がある場合はモバイル wi-fi ルーターなどを用意しておくと安心です。

安心してオンライン英会話を始めるために知るべきこと4つ

安心してオンライン英会話を始めるために知るべきこと4つ

オンライン英会話に興味はあるものの、まだ不安が残っていて尻込みしてしまう人もいると思います。そこで、オンライン英会話を始めたい人が不安に感じてしまいがちなポイント4つを解説します!

1. カメラは必ずONにする必要がない

Skypeって、会話相手の顔がパソコンに大きく映っていて、相手のパソコンには自分の顔が大きく映っている。そんなイメージがありませんか?このイメージから、多くの人が「Skypeを使ったオンライン英会話=顔出ししないといけない」という思い込みをしてしまいがちですが、実は必ずしも自分の顔を相手に見せる必要はありません

わたしの場合、平日のレッスンは仕事から帰宅して夜ご飯を食べてお風呂に入った後の、早くても21:00以降のレッスンです。そのため、"顔はすっぴん・服はパジャマ・前髪はヘアバンド"という状態でレッスンを受けることも少なくはありません。もし仮に講師に「ビデオつけてくれない?」と聞かれても、「今日はごめんなさい」と返すだけでOK。講師も気にせず「わかった」「じゃあ次回ね」といった風に、スルーしてくれます。

ただ、カメラをONにしたほうが講師も楽しく会話できるというのはあります。それに、発音矯正のレッスンを受講する場合は、口の開き方がわかれば講師も適切な指導ができるので、発音矯正のレッスンの時だけビデオを回すのが、顔を出すのは恥ずかしいけど英語がうまくなりたい人にはオススメです!

2. Skypeの登録名は本名じゃなくてもOK!

Skypeは本名を登録してもいいし、本名以外を登録しても大丈夫です。たとえ本名・AさんがSkype上でBさんを名乗っていても、講師はそれが偽名だと知る由がありません。また、オンライン英会話のアカウントとSkypeのアカウントの連携さえ取れていれば問題ないので、会員登録時に入力した個人情報やクレジットカードの名義人と名前が違っていても、気にしなくて大丈夫です。他にも、講師にレッスンの一番初めに呼び方を聞かれる時がありますが、そこであだ名で呼んでほしいという風に伝えればOKです。

3. オンライン英会話は超初心者からのスタートでも大丈夫!

まず、興味がある・やってみたいという思いが少しでもあるのならば、勇気を出して始めてください始めるタイミングは、始めたいと思った時が一番です。英語力に不安があるのであれば、カウンセラーに相談してみたり、トライアルレッスンを体験してみましょう。自分一人で悩んでいるよりは、きっと的確なアドバイスをもらえるはずです。それに、各スクールには超初心者向けのレッスンも充実していますし、何より本気でオンライン英会話に取り組めば、英語力はあっという間に伸びます。

4. 学生やシニア、家族向けの割引プランも充実!

完全にスクールによりますが、最近は割引プランが充実しているスクールも多いです。元々中高生向けのコースを開講しているスクールもあるし、単純に学割サービスを用意しているスクールもあります。他にも割引としては、スクールにもよりますが60代以上で受けられるシニア割。他の家族がレッスン受講を始めるときに入会費が無料になったり、格安で月々のレッスンを受講することができるファミリー割。これらが一般的なオンライン英会話における割引サービスです。また、たまに友達の紹介で割引が適用される場合もあります。

現役オンライン英会話会員が語るメリット4つ

現役オンライン英会話会員が語るメリット4つ

ここで、オンライン英会話を受講することのメリットを4つ紹介いたします。オンライン英会話に対して、教室に通って実物の講師と生でコミュニケーションをとる英会話を、この記事ではオフライン英会話と呼ぶことにします。インターネット上で受講するオンライン(on-line)に対して、インターネットを介さない受講形態のオフライン(off-line)です。

1. インターネットさえできれば、いつでも・どこでも受講可能!

一つ目は、インターネットさえあればいつでもどこでも受講可能という点です。オフライン英会話では、まず英会話教室があるところに行くことが前提とされています。しかも、時間は教室が開いているときに限定されるため、英会話のレッスンに自分のスケジュールを合わせなくてはなりません。しかし、オンライン英会話の場合、インターネットさえ繋がれば場所は問いません。そのため、自宅はもちろん、カフェや出張先のホテルでもレッスンを受けることができます。どこで受講してもいいのです。

また、オフライン英会話の学校は東京や大阪のような大きな都市の駅の近くにしかないことも珍しくはありません。ですが、オンライン英会話では、高層ビルが立ち並ぶ大都会から、辺り一面田んぼが広がるような田舎や小さな島まで平等にレッスンを受ける機会が持てることが、大きな強みです。ほとんどのオンライン英会話は海外からも受講できるので、インターネットさえあれば本当に場所は選びません。

また、オンライン英会話の多くのスクールでは、24時間レッスンを受けることができます。これは英会話講師が様々な国に散らばっているため、時差を利用してレッスンを受けられない時間を極力最低限に抑えているからです。つまり、日本時間の深夜はその時間夕方のヨーロッパの講師が働き、日本時間の午前中やお昼は日本との時差が少ないアジア圏の講師が担当することが多いのです。

2. オフライン英会話に比べて、受講料が圧倒的に安い!

二つ目は、オフライン英会話に比べてオンライン英会話の受講料が圧倒的に安いことです。誰もが名前を聞いたことあるような大手のオフライン英会話の月謝の相場は、一回40分のレッスンを月4回で約2万円です。これは、オンライン英会話に合わせてマンツーマンレッスンの場合です。その一方、オンライン英会話はスクールにもよりますが、平均月額5000円で毎日レッスンを受けることができます。オフライン英会話でオンライン英会話と同じ料金でレッスンを受けるとなると、どうしてもグループレッスンになってしまい、自分が英語を喋ることができる時間は少なくなってしまいます。ちなみにオフライン英会話、オンライン英会話ともに月額制の料金プランになっている場合がほとんどです。

この差は、もちろんオンライン英会話が特定の校舎を構えていないため、場所代がかからないということが大きく関係しています。特に大手のオフライン英会話の場合、駅から徒歩数分の立地が良いところに校舎を構える場合が多く、どうしてもスペースの賃貸料だけでも高くつきがちです。そのため、本来の英会話レッスンや英語力の向上とは関係ないような場所代を受講料の名目で負担することなく、自分に必要なレッスン費用だけ負担できるオンライン英会話は、非常に効率的です。

さらにいえば、オフライン英会話とオンライン英会話の一ヶ月のレッスン費用の差は約15000円です。半年レッスンを続ければ、この差はなんと9万円になります。9万円あれば、国際便の往復航空券も購入することができます。そうすれば同じ12万円の使い道でも、日本でのオフライン英会話レッスンに12万円使うのと、日本でのオンライン英会話レッスン3万円と 英語圏への往復航空券代、残りは旅行費用に充てることができます。
オンライン英会話で勉強しても、やはり一番英語力が磨かれるのは実践の場なのです。オフシーズンのオーストラリアならば、直行便にこだわらなければ7万円で往復航空券が買えるのです。あなたはどちらがいいと思いますか?

3. 毎日レッスンを受けることができる

そして三つ目は、毎日英会話をレッスンを受けられることです。大手オフライン英会話の場合、先述のとおり、レッスン回数が月単位や週単位で決まっています。しかも、それは多くても月8回、週2回など、レッスン料の高さを考えると割に合わない印象を受けます。

その一方、オンライン英会話は毎日英会話レッスンを受講できる場合がほとんどです。年末年始やクリスマスはそもそもレッスンを受けられなかったり、レッスンを受けられたとしても出勤している講師が非常に少ない場合もあります。ですが、そういった世界的な祝日を除けば、大体の場合毎日受講することができます。またゴールデンウィークやシルバーウィークのような日本の大型連休は、海外在住の外国人講師の場合、日本と祝日が違うため、問題なく受講可能です。

語学は毎日の積み重ねが非常に大事です。そのため、同じ70分の英会話レッスンを1週間で受ける場合、35分のレッスンを2回より、10分のレッスンを毎日受講したほうが英語力は伸びますたとえ仕事が忙しかったり、家事や育児に追われていたとしても、1日30分程度ならちょっとテレビを我慢したりすればすぐに時間を捻出することができます。

4. 他のスクールへの乗り換えが簡単!

最後は、ほかのスクールへの乗り換えが簡単ということです。一見デメリットにも見えますが、実はこのメリットがオンライン英会話が人気を集めるカギになっています

無料体験レッスンも受けて、「ここだ!」と決めたスクールに入会しても、だんだん違和感を感じ始めることもあるかもしれません。たまたま体験レッスンの講師との相性がよかっただけだった、購入したテキストが想像していたものと違って不満が残る、自分の生活環境が変わってレッスンを受けられる時間帯が変わった、などなど…。理由は様々なものが考えられますし、無料体験だけではわからないことも多いので仕方ないと思います。

このとき、オフライン英会話だと退会手続きをすることになっても、すぐには退会できないかもしれません。退会の申し込みをした翌月末まで通わなければいけなかったり、やめることが決まっていながらも講師と対面でレッスンを受けに行かなくてはいけなかったりすると思います。そうすると、本当はやりたくて、好きでやっている英会話も苦痛になってしまいます。

ですが、オンライン英会話であれば、次の日からレッスンを入れなければいいだけですし、1カ月単位で更新できるので、必要以上にレッスンを受け続けなくてはならないことはありません。また、物理的に教室に足を運ぶ必要がないので、億劫なことに時間を使わなくていい分、ストレスもなくなります。

各オンライン英会話スクールも、自分たちが他スクールからの乗り換えを大歓迎している分、自校の利用者の流出をとても恐れています。そのため、ほかのスクール経験者に「ここが一番いい!」と思われるようにハイレベルなレッスンを心がけています。この結果、お互いが切磋琢磨しあうので、低価格ながらハイクオリティーな講義を受けることができるのです。

ここだけは見てから決めろ!オンライン英会話の選び方

ここだけは見てから決めろ!オンライン英会話の選び方

ここからは、オンライン英会話の選び方を紹介します。人によって何を重視するかは違うと思うので、よく比較検討したうえで、時間をかけて選びましょう。ここで紹介するポイント3つと予算で、ある程度候補を絞ってから無料体験レッスンを受講すると、選択ミスは比較的減ると思います。

【生活リズムと講師で決まる!】24時間受講可能かどうか

まずは24時間英会話レッスンが受講可能かどうかです。先ほどは、オンライン英会話なら毎日レッスンを受けることができる場合がほとんどとしました。ですが、さらにその多くは24時間レッスンを受けることができる状態になっています。これまた先ほど申し上げたように、講師がいる国と日本の時差が関係しています。

しかし、24時間レッスンを受けられない場合もあります。これは、ネイティブスピーカーのレッスンを売りにしているスクールに多く見られます。たとえばブリティッシュイングリッシュを学べるスクールならイギリス時間に合わせてレッスン時間が決められていますし、アメリカンイングリッシュのスクールならば、アメリカ在住講師が働ける時間に合わせた時間が設定されています。

仕事などで普段は忙しく、毎日決まった時間にレッスンを受けることができないような場合は、24時間レッスン受講可能なところを選び、その日の状況に合わせてレッスン時間を決められるところがいいでしょう。また、主婦や学生などの1日の流れがだいたい決まっていて費用を抑えたいからオンライン英会話を選ぶ場合は、スクールが指定する受講時間に自分を合わせることができれば、受講時間に制限があるスクールでも問題ありません。平日の昼間は学生も社会人もレッスンを受けられないため講師が余ってしまいがちなので、平日昼間に安く受講できる限定プランがあるスクールもあります。

【レベル別の使い分けがカギ!】ネイティブスピーカー講師かどうか

次は、ネイティブの英語講師にこだわるかどうかです。英語が公用語の国が何カ国あって、英語のネイティブスピーカーが何人いるか、ご存知でしょうか。アメリカやイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ辺りは英語圏としてすぐに出てくると思います。

アメリカ・ノースカロライナ州立大学の発表では、英語を公用語とする国は59カ国あります。この中には、公用語はないとしていながらも英語を第一言語にしている国(例:アメリカ)も含まれます。オンライン英会話でよく耳にするフィリピンも英語が公用語の国の一つですが、フィリピン語が第一言語なので、フィリピン人講師はネイティブではありません。

さらに、アメリカの大手新聞社・ワシントンポストの記事によると、ネイティブの英語話者は約5億2700万人です。また、世界中で英語を学んでいる人を約15億人としています。この記事が参考にしているドイツ・デュッセルドルフ大学の教授によると、地球の人口は約72億なので、だいたい5人に1人が英語を学んでいることになります。さらに、ネイティブスピーカーは英語を話す人の約1/3に相当するので、世界での英語ネイティブはおよそ15人に1人です。

これを多いと感じるか少ないと感じるかは別にして、全世界の中では英語のネイティブよりもノンネイティブの方が圧倒的に多いのです。そのため、もし私たちが実際に英語でコミュニケーションをとることになったとしても、相手はネイティブではない可能性の方が高いのです。 だとしたら、講師がネイティブであることにこだわる必要性はあまりないと感じませんか?

もちろん、ネイティブとノンネイティブには越えられない壁があるし、ネイティブからしか学べないこともあるでしょう。ただ、英会話を習い始めるレベルにもよりますが、ネイティブの英語はあまりに早かったり単語の切れ目がなさすぎて、何を言っているかわからない場合も多いのです。英語ができない状態でネイティブ講師との英会話を始めて、「相手が何を言ってるから分からないから自分には無理だ」と思って諦めてしまうのは、とてももったいないことです。

非ネイティブの講師たちは、今でこそ資格を持っていて英語も堪能ですが、彼らも昔はわたしたちと同じように英語を一生懸命勉強してきました。そのため、英語学習のどういうところで躓きやすいかなどといった英語学習者の気持ちは、ネイティブ以上に理解しています。つまり、英語を"話すこと"に関してはネイティブには敵いませんが、英語を"教えること"ならネイティブよりも非ネイティブのほうが上手なことも多いのです。

そのため、最初のうちはノンネイティブ講師をつけて、慣れてからネイティブ講師にするというのでも遅くはありません。ネイティブ講師を選ぶ基準に挙げている人の多くは、「ネイティブなら正しい発音が学べるから」といいます。ですが、アメリカ人やイギリス人の講師だからといって、きれいな"アメリカ英語"や"イギリス英語"の発音ができるとは限らないのです。

ネイティブとはいえ、国や地域によって訛りはあります。同じ日本語を話す人でも、北海道と東京、大阪と沖縄の人では全然話す言葉が違うのと同じです。また、非ネイティブのほうが訛りのない英語を取得しようとするため、非ネイティブでも非常にきれいな発音で英語を話す講師も多いのです。オンライン英会話を半年続けているわたしの実体験としては、東欧(例:セルビア)の講師の発音はきれいなことが多いです。

【ずっと続けたいなら必須!】レッスン教材が充実しているか?

オンライン英会話のレッスン内容は、大きく分けて二つあります。自由に会話をするフリートークと、レッスン教材を使ったマテリアルレッスンです。英会話ができるようになりたい場合、最終的な目的はフリートークができること。ですが、特に英語がまったくできない状態で英会話を始める人は、フリートークは絶対やめましょう。なぜなら、フリートークでは自分の引き出しにあることしか喋れないからです。

自分で決めたトークテーマに沿ってフリートークは進みますが、自分が話せることが限られるため、いつもテーマが同じになってしまいます。逆にマテリアルレッスンの場合、自分が好きなものをテーマを選ぶというよりはひとつの教材を順番にこなしていくことをおすすめします。機械的にその日のトピックを決めてしまうことで、自分の中で不足していた知識を補うことができるため、文法や語彙が身につきます。レッスンで覚えた単語や熟語を自分のものにしていくことで使えるボキャブラリーが増え、実際にフリートークをするときにパッと口から出るようになるのです。

このような理由で私はマテリアルレッスンを推奨するので、オンライン英会話を選ぶ上で重要なポイントとして、レッスン教材が充実しているかどうかを挙げたいと思います。レッスン教材にバリエーションがあること、レッスン教材の量が豊富であること、レベル分けがちゃんとなされていること。これはかなり重要な要因です。

せっかくいい英会話講師に巡り会えて長く使いたいのに、レッスン教材が終わってしまったり、自分の英会話レベルが上達していくのに初心者向けの教材しかなかったりすると、泣く泣く退会せざるを得ません。それは非常にもったいないことです。なので、レッスン教材が充実していて初心者から上級者まで一貫して学べるスクールを選びましょう。

おすすめのオンライン英会話ランキング

おすすめのオンライン英会話ランキング

いよいよ、おすすめのオンライン英会話ベスト15を紹介します!今回は、以下の4つの観点を100点満点で採点しています。同点の場合、よりレッスン料金が安いスクールを上位にランキングしています。

レッスン料金…30点満点

  • 1回あたりのレッスン代(小数点2位以下切り捨て)

安い順に1位30点、2位28点、3位26点、…15位2点と、2点間隔で付与。

毎日1レッスン受講可能なコースまたは、それに近い受講形態のコースの情報をもとに算出しています。

講師…20点満点

以下の項目に該当することによって点数を付与。

  • ネイティブ講師のレッスンを受講可能…20点
  • 追加料金を支払えば、ネイティブ講師のレッスンを受講可能…10点
  • ネイティブ講師のレッスンの受講不可能…0点

レッスン可能時間…20点満点

以下の項目に該当するごとに加点。

  • 24時間受講可能…10点
  • レッスン開始30分前まで予約可能…10点

レッスン教材…30点満点

以下の項目に該当するごとに加点。

  • レッスン教材の種類が豊富…10点
  • レッスン教材の数が豊富…10点
  • レッスン教材の対象レベルが表示されている…10点

第15位 COCO塾オンライン英会話

Cocojuku

総合点 38点
おすすめのコース 月16回コース
1カ月の受講料金 7680円/16レッスン
1レッスンの料金と時間 480円/25分
Skypeの使用 あり
講師 フィリピン人講師
受講可能時間 平日10:00~24:00
土日祝08:00~24:00
無料体験レッスン 2回受講可能

厳選された講師陣によるハイレベルな授業が魅力!

オフライン英会話レッスンでもおなじみのCOCO塾英会話のオンライン版、COCO塾オンライン英会話が、まずはランクイン。講師が在宅でレッスンするオンライン英会話も多い中、 COCO 塾オンライン英会話では、講師がオフィス勤務しています。

その講師の採用基準はとても厳しく、4年制大学を卒業していることやと教授経験があること、また英語の綺麗な発音ができることなどが条件として挙げられています。また、講師として採用されてからの最初の半年は試用運転の研修期間としてトレーニングに充てられ、一定基準を満たした講師だけが、生徒に対してレッスンすることができます。

また、オフィス勤務だからできる制度としてボトムアップのチーム制を取っていて、ピラミッドの下からインストラクター、チームリーダー、ヘッドリーダーと分かれています。チームリーダーがインストラクターの指導や生徒からのフィードバックをチェックし、ヘッドティーチャーがチームを統括してパフォーマンスを評価します。そのため、在宅でアルバイト感覚になることはなく、講師の高い水準は保たれます。

また、COCO塾オンラインの特徴として、料金でポイントを購入していることが挙げられます。1ポイントで1レッスン受講可能なので、1日のレッスン回数に制限はありません。ただ、ポイントの有効期限は1カ月です。

第14位 hanaso

Hanaso

総合点 38点
おすすめのコース  毎日プラン
1カ月の受講料金 6264円/31レッスン
1レッスンの料金と時間 202円/25分
Skypeの使用 あり
講師 フィリピン人講師
受講可能時間 06:00~24:55
無料体験レッスン  2回受講可能

ステップで英会話をマスターする"hanasoメソッド"に注目

hanasoの特徴は、徹底した復習によって実際に使える英会話を、たった3ステップで身につけさせるhanasoメソッドにあります。その3ステップは以下のものになります。

  1. レッスンで学び、口になじませる
  2. 翌日以降の復習システムにより効率よく定着させる
  3. 5日おきの音声教材で会話での使い方を練習し、仕上げる

復習方法にもレッスンでの復習と個人での復習と二形態あり、好みに合わせて選ぶことができます。レッスンでの復習を選ぶ場合、レッスンの冒頭に復習時間が設けられます。

また、1日に1回、日常英会話で使える『英会話フレーズ』がメールで無料配信されるのも嬉しいポイント。hanasoの監修者で『世界一わかりやすい』シリーズの著者である関正生氏によるhanasoオリジナル教材に掲載されている、厳選されたフレーズを学ぶことができます。メールを読むだけなので、ちょっとしたスキマ時間を有効活用できます!

第13位 Bizmates

Bizmates

総合点 40点
おすすめのコース  毎日25分プラン
1カ月の受講料金 12000円/31レッスン
1レッスンの料金と時間 387.1円/25分
Skypeの使用 あり
講師 フィリピン人講師
受講可能時間 05:00~25:00
無料体験レッスン 1回受講可能

ビジネス英会話を、ビジネス経験者から学ぶ

Bizmates(ビズメイツ)はビジネス向けの英語に特化したオンライン英会話です。Bizmatesでは”ビジネス英語は実際にビジネス経験がある人から教わるべき”という考えのもと、ビジネス経験がある講師のみを採用しています。彼らの中には MBAや博士号の取得者もいるため、経営やその他の専門的な知識を持つ講師から、その業界で実際によく使う特有の表現を学ぶこともできます。

また、Bizmatesには3つのレッスンプランがあり、毎回レッスンの予約時にどのレッスンプランを受講するかを選ぶことになります。

Bizmates Program

生徒のレベルに合った教材を使い、段階的かつ体系的に、ビジネスで成果を上げることができる英語を身につけます。これがBizmatesのコアになるプログラムです。

Other Programs

Bizmates Program以外のオリジナル教材を使ったレッスンです。スピーキングや Eメールのライティングなど、身につけたい特定のスキルにフォーカスして、ビジネス英語のスキルアップを目指すことができます。

Assist Lesson

受講生の実際のビジネス英語をサポートするためのレッスンを行います。ビジネス経験豊富な教師がパートナーとなって、英語面接対策や英文メールの添削、プレゼンテーションの予行演習などといった、受講生の直近のビジネス課題を解決します。

第12位 ヒューマンアカデミーオンライン英会話

HumanAcademy

総合点 40点
おすすめのコース  毎日25分プラン
1カ月の受講料金 5980円/31レッスン
1レッスンの料金と時間 192.9円/25分
Skypeの使用 あり
講師 フィリピン人講師
受講可能時間 05:00~25:00
無料体験レッスン 1回受講可能

キッズ教育からMBAまで手掛けるヒューマングループの英会話

ヒューマンアカデミーオンライン英会話は、幅広く教育事業を手がけるヒューマングループが展開するオンライン英会話です。日本人英語学習者向けに展開されているオンライン英会話事業は200社以上あると言われている中、大手のヒューマングループが経営しているため、安心して受講することができます。

講師はフィリピン人ですが、ネイティブの音声テキストをダウンロードできるサービスもあります。そのため、自分でネイティブの音源を繰り返し練習してからレッスンで試すなどをして、正しい発音を身につけることができます。音声テキストはMP3形式なので、iPodやスマートフォンで通勤・通学時間に聞くこともできます。

第11位 GEOSオンライン英会話

Geos

総合点 46点
おすすめのコース  毎日プラン
1カ月の受講料金 7980円/31レッスン
1レッスンの料金と時間 257.4円/25分
Skypeの使用 あり
講師 フィリピン人講師
受講可能時間 24時間
無料体験レッスン 1回受講可能

"駅前留学"のNOVAのカリキュラムをいつでもどこでも

GEOSオンライン英会話(ジオス)は、"駅前留学"でお馴染みのNOVAのノウハウが詰まったメソッドで英語を学習することができます。講師はフィリピン人ですが、NOVAのネイティブ講師の認定が得られた人だけが生徒に英語を教えることができるシステムになっています。

レベルも8段階ときめ細かく分かれていて、挨拶や自己紹介レベルで精一杯のAから、ネイティブと対等にどんな時でも会話できるHまで、自分の英会話レベルに合った授業を受けることができます。また、入学3カ月(コースによって6カ月)で上達が見込めなかった場合、その月から最大3ヶ月間のレッスン料が全額返金される上達保証制度もあるため、安心して受講することができます。

また、コースも毎日受講できる受け放題コースと、週2回、月8回などの回数が決められている回数制コースの2パターンがあり、自分が続けられるスタイルで英語を学び続けることができます。

第10位 AEON

AEON

総合点 52点
おすすめのコース 日常英会話コース
1カ月の受講料金 25920円/10レッスン
1レッスンの料金と時間 2592円/20分
Skypeの使用 なし
講師 日本人講師 or ネイティブ講師
受講可能時間 平日12:00~15:00, 18:00~24:00
土曜10:00~15:00
日曜20:00~24:00
無料体験レッスン 1回受講可能

 選べる担任制と自由予約制!

AEON(イーオン)は、オフライン英会話も展開していることもあり、企業の英語研修プログラムに採用されているほどの、高い信頼と実績があります。月10回とレッスン回数は少ないものの、別途購入するハイクオリティーの教材によって、質の高い講義を受けることができます。

AEONの大きな特徴として、担任制と自由予約制を選べることが挙げられます。担任制は、曜日・時間・講師を完全に指定してレッスンを受けることができるため、継続して自分の英語力の向上をチェックしてもらえることと、レッスン予約の手間が省けることがメリットです。対して自由予約制は、ほかのオンライン英会話同様、毎回レッスン曜日・時間・講師を自分で選ぶことができるため、同じ講師を続けて受講することで慣れてしまうことを防いだり、毎回違う人とコミュニケーションをとる経験ができます。

さらに、日本語講師とネイティブ講師を選べるのも、AEONの嬉しいポイントです。日本語講師なら「英語でなんて言ったらいいかわからない」という部分をくみ取り、正しい英語に直すこともできます。ネイティブ講師なら「ネイティブスピーカーと話すのは怖い」というイメージを払拭することができます。ちなみに、日本人講師はすべてのレッスンで選べるわけではないので、ご注意ください。

第9位 ECCオンラインレッスン

ECC

総合点 52点
おすすめのコース  1日1回プラン
1カ月の受講料金 8700円/31レッスン
1レッスンの料金と時間 280.6円/25分
Skypeの使用 なし
講師 フィリピン人講師 or ネイティブ講師 & 日本人講師
無料体験レッスン ネイティブ講師 0r 日本人講師は1回、
フィリピン人講師は2回受講可能

 ネイティブ講師プランとフィリピン人講師プランが選べる!

子ども向けの英語教育でも定評があるECCのオンライン英会話が、ECCオンラインレッスン。ECCジュニアで高評価を得ている授業のクオリティーはそのままに、ネイティブ講師のプランとフィリピン人講師のプランを選べるのが特徴です。ネイティブ講師プランは月3回で月額12300円から、フィリピン人講師プランはなんと月2回で月額970円からです 。それぞれ4100円と640円お支払いはを支払えば一回プラスしてレッスンを受けることができます。なので、フィリピン人講師で月8回レッスンを受ける、つまり週2回ペースでレッスンを受ける場合、970円+640円×6=月額4810円でレッスンを受けることができます。

ECC が独自開発しているテキストとカリキュラムによって徹底的に指導されるため、”a”と”the”の違いがわからないなど、日本人特有の英語で躓きやすいポイントも解消することができます。また、レッスン30分前から会員ページにログインすると予習を始められるシステムになっているため、スムーズにレッスンを受けることができます!

第8位 アルクオンライン英会話

Alc

総合点 54点
おすすめのコース  レギュラーコース
1カ月の受講料金 9870円/4レッスン
1レッスンの料金と時間 2467.5円/25分
Skypeの使用 あり
講師 ネイティブ講師含む
受講可能時間 24時間
無料体験レッスン 1回受講可能

ネイティブ講師にこだわりたい人におすすめ!

『1000時間ヒアリングマラソン』でもお馴染みのアルクのオンライン英会話が、アルクオンライン英会話。日本人のバイリンガル講師はもちろん、英・米・加・豪といった国出身のネイティブ講師が多数在籍しているため、質の高いレッスンを受けることができるのです。また、彼らネイティブ講師も世界中に散らばっているため、時差を利用して24時間レッスンを受けることができる環境が用意されています。

レギュラーの英会話プランはもちろん、人気単語帳『キクタン』シリーズの旅行英会話集『キクタン英会話【海外旅行編】』とコラボレーションしたプランや、アルク独自の"クリエイティブ・コミュニケーション・メソッド"によって受講生の英語スピーチが最適な文章になるように講師が修正・指導するプランなど、様々なプランが用意されています。

また、今回おすすめとして紹介したレギュラーコース(4レッスン/月)ですが、平日09:00~19:00のみ受講可能なデイタイムプランなら、月額6900円で受講できるのもお得なポイントです!

第7位 レアジョブ英会話

Rarejob

総合点 54点
おすすめのコース  日常英会話コース
1カ月の受講料金 5800円/31レッスン
1レッスンの料金と時間 187.1円/25分
Skypeの使用 あり
講師 フィリピン人講師
受講可能時間 06:00~25:00
無料体験レッスン 2回受講可能

カウンセリングやスピーキングテストなど、充実のサポート

オンライン英会話業界で唯一の上場企業・株式会社レアジョブが運営するのが、レアジョブ英会話その特徴は何と言っても、4種類の料金プランです。同じ日常英会話プランでも、月4回プラン毎日1レッスンプラン毎日2レッスンプラン、そして毎日4レッスンプランと、忙しい合間を縫って英語力を維持したい人から、がっつり英会話に挑戦したい人まで、幅広い層に合ったレッスン形態を展開しています。

レアジョブの特色は、何と言ってもそのサポート体制です。英会話取得ノウハウを持った日本人の専門カウンセラーが、Skype上であなたの目的や悩みに合わせて最適な学習プランを一緒に作ってくれます。カウンセリングを受けるときは、最初に次の目標となる”マイルストーン”を設定します。カウンセリングが終わった後にカウンセリングレポートが送られてきて、それに合わせてレッスンを進めましょう。カウンセリングはこの一度きりではなく、定期的に行うことで新たな”マイルストーン”を設定し、次の目標へと進んでいくことができます。

また、専門とはいえ、カウンセラーがどれだけの人か不安に思う人もいると思いますが、その心配はいりません。カウンセラーは全員、英会話習得を科学的に分析する第二言語習得理論(SLA)に基づくトレーニングを修了しています。それに、帰国子女や語学留学経験者はもちろん、TOEIC 900点台ホルダーや外資系企業勤務経験を持つ人が多数いるため、英語学習の相談をするにはうってつけの人材です。

第6位 産経オンライン英会話

Sankei

総合点 56点
おすすめのコース  毎日25分プラン
1カ月の受講料金 5537円/31レッスン
1レッスンの料金と時間 178.6円/25分
Skypeの使用 あり
講師 フィリピン人講師
受講可能時間 05:00~25:00
無料体験レッスン 1回受講可能

平日は忙しい人も必見!金土日限定プラン

産経オンライン英会話は、フジサンケイグループの産経デジタルなど3社による合同事業です。日々のオンライン英会話レッスンを通して取得した英会話レベルの到達度を測るため、産経オンライン英会話が独自に開発しましたGCAT(ジーキャット/Global Communication Ability Test)を無料で受けることができます。GCATは、"国際言語である英語を道具として、様々な文化背景を持つ英語話者と真の意味でのグローバルコミュニケーションをすること"のレベルを認証するテストです。

また、平日の昼間に低価格で受講できる平日限定プランはほかのスクールでも見受けられましたが、金土日のみ受講できるプランがあるのは、今回紹介する15スクールの中では産経オンライン英会話だけ。ありそうでなかった、新しいプランです。平日は終電帰宅が当たり前のような激務だと、家に帰って英会話をやる気力なんてなく、すぐに寝たいですよね。そうした人向けのプランで、1日50分(25分×2レッスン)受講することができます。毎日25分プランと同じ月額料金で受講できるため、週3日、毎日25分では物足りない、短いと感じる人にとってはありがたいプランです。

第5位 Worldtalk

WorldTalk

総合点 64点
おすすめのコース イチ押しコース
1カ月の受講料金 6000円/25レッスン
1レッスンの料金と時間 259.2円/25分
Skypeの使用 あり
講師 テキスト
受講可能時間 24時間
無料体験レッスン 650ポイント分受講可能

月額制でも回数制でもない、ポイント制を導入

Worldtalk(ワールドトーク)の特徴は、ポイント制を導入していること。月額料金はイチ押しコースだと6480円ですが、それを支払った時点で6500ポイントがもらえます。そのポイントを使って、講師の予約を取ります。ポイントは例えばネイティブ講師、日本人講師、非ネイティブ講師など、講師のスペックによって同じ1レッスンでも変わります。

1レッスンでの消費ポイントは、最小260ポイントから最大2000ポイント近い講師までいるため、イチ押しプランの場合、最高で1カ月の間に25レッスンの受講が可能です。ポイント制だから一日の受講回数が無制限ということはなく、各プランによって上限は決まっています。もしポイントが足りなくなったら、ポイントを追加で購入することもできます。

また、日本人講師が比較的多いのも特徴です。英検やTOEICといった試験対策など、日本人講師だからこそできるレッスンも多くあります。

第4位 Best Teacher

BestTeacher

総合点 76点
おすすめのコース  通常コース
1カ月の受講料金 9800円/10レッスン

※Skypeレッスン。

Writingレッスンは無制限

1レッスンの料金と時間 980円/分
Skypeの使用 あり
講師 テキスト
受講可能時間 24時間
無料体験レッスン 1回受講可能

Writingレッスン→Skypeレッスンという、独自のシステム

Best Teacher(ベストティーチャー)は唯一無二の合理的な勉強方法が特徴のオンライン英会話です。「日本人は中高6年間英語を勉強していて、なんで喋れないんだろう?」という発想からBest Teacherは始まり、まったく実用性のない文例ばかりを習うからだという理由にたどり着きました。"I have a pen."なんて、まさにそれですよね。

Best Teacherでは、その逆の発想で受講者の英語力を伸ばします。一言でいえば、"自分が普段話している日本語をすべて英語にできれば、英語は話せるようになる"ということ。そのため、自分が話したい内容についてWritingレッスンで講師に英文添削してもらいながら、自分だけのオリジナル英語表現集を作成します。そのオリジナル英文をもとにSkypeレッスンを受けることで、自分の生活の中で実用的なリアル英会話を身に着けることができるようになるのです。

Skypeレッスンの回数は多くありませんが、Writingレッスンの後に先生の会話文も含め、すべての英文音声が録音されます。これはMP3ファイルでダウンロードできるます。なので、通勤・通学時間に聞いたり、ディクテーションやシャドーイングで繰り返しアウトプットすることで、レッスンは受けなくても自分のものとして定着させることができるのです。

第3位 DMM英会話

DMM

総合点 80点
おすすめのコース スタンダードプラン
1カ月の受講料金 5980円/31レッスン

※2018年3月より改定

1レッスンの料金と時間 192.9円/25分
Skypeの使用 あり
講師 非ネイティブ講師
受講可能時間 24時間
無料体験レッスン 2回受講可能

レッスン教材の充実は他を圧倒!

DMM英会話は毎日レッスンを受けたい人向けのスクールで、全プラン毎日受講できるようになっています。コースは全6種類で、一日のレッスン回数(1回~3回)×ネイティブ講師のレッスン受講可否によって分かれています。ネイティブ講師のレッスンが受講できるプラスネイティブプランは月額15800円からです。月額料金にして約3倍なので、最初は怖気づいてしまうと思います。ですが、ネイティブ講師のレッスンを体験できるプラスネイティブチケットもあるので、試してみてからプラスネイティブプランに切り替えることもできます。

また、スタンダードプランだと非ネイティブ講師のレッスンしか受講できませんが、DMM英会話の非ネイティブ講師陣はフィリピン人以外にも、94ヵ国の講師がいます。フィリピンのほかにはセルビアやボスニアといった東欧が多く、アフリカや中南米の講師もいます。国の数だけ講師の考え方やバックグラウンドも異なるので、講師を国籍で選び、毎回新鮮な気持ちで講義に臨むことができるのです。いろいろな国の講師の話を聞くことは、フィリピン人講師のみのスクールでは体験できないことです。

DMM英会話は教材の充実度なら今回紹介している15レッスンで群を抜いています。教材の種類、教材の数、ともにこれだけ取り揃えているところはありません。デイリーニュースも好評で、アメリカの国営放送のVOAのニュースを中心に構成されていて、経済問題・社会問題から面白そうな研究の話まで、トピックも充実しています。

さらに、DMM英会話の会員は脳科学に基づき効率的に英語を学習できるアプリ・iKnow!を、本来月額使用料1480円のところ、なんと無料で使えるのです!1年間だと17760円もお得になると思えば、使わない手はありません。スマホやタブレットにインストールして、空き時間に効率的に英語を学べるのは嬉しいポイントです。

英語学習 iKnow!

英語学習 iKnow!

第2位 Weblio英会話

Weblio

総合点 80点
おすすめのコース 毎日レッスンプラン
1カ月の受講料金 3672円/31レッスン
1レッスンの料金と時間 118.4円/25分
Skypeの使用 なし
講師 フィリピン人講師
受講可能時間 24時間
無料体験レッスン 1回受講可能

1レッスンの単価では2位に約60円差をつける、最高のコスパ

Weblio(ウェブリオ)英会話は、オンライン百科事典サイトのWeblioが運営するオンライン英会話です。Weblio和英・英和辞典のサービスも展開している実績から、オンライン英会話のレッスン画面でも、辞書や翻訳サービスを使うことができます

Weblio英会話の大きな特徴は、なんと言っても圧倒的な安さ。今回紹介する15スクールでは群を抜いていて、同じく毎日レッスンできるプランで次に安いのが月額5500円だということを踏まえると、いかにWeblio英会話の受講料が安いかがわかると思います。また、"基本プラン"と呼ばれる1日2レッスンのプランでも月額6804円。今後Weblio英会話のレッスン料が値上がりしても、コスパ面においてはしばらく独走状態が続きそうです。

第1位 NativeCamp.

NativeCamp

総合点 88点
おすすめのコース  プレミアムプラン
1カ月の受講料金 5500円/無制限
1レッスンの料金と時間 177.4円/25分

※31レッスンとして算出

Skypeの使用 なし
講師 ネイティブ含む
受講可能時間 24時間
無料体験レッスン 7日間の無料トライアル期間

(500コイン分)

画期的すぎる今すぐレッスン!

そして栄えある第1位は、NativeCamp.(ネイティブキャンプ)。こちらも第5位のWorldtalk同様、コインを使ってレッスンを予約することができます。NativeCamp.の最大の特徴が、"予約レッスン"と"今すぐレッスン"の2通りのレッスン方法があるということ。予約レッスンは通常通り、好きな時間に好きな講師を指名して予約します。ですが、今すぐレッスンの場合、予約不要で、そのとき空いている講師とすぐにレッスンを始めることができるのです。講師を選べないという難点はあるものの、今すぐレッスンにはメリットが多いと思います。

まず、今すぐレッスンはコインを消費しなくていいということです。プレミアムプランで申し込みをしても、毎月コインが支給されるわけではありません。コインは自分が必要になったら、その都度購入して使う必要があります。それが今すぐレッスンの場合、コインを使わずにそのままレッスンを始められるため、月額使用料だけ払えば追加料金がかからないため、経済的にお得なのです。

次に、時間を無駄にしないということです。今まで紹介した15スクール全てにおいて、「レッスン開始何分前までに予約しないといけない」という制限がありました。例えば15分前までに予約する必要があって、18:00からレッスンを始めたい場合は17:45までに予約を完了していないといけません。

ですが、「予約したいな」と思ってふと時計を見たときに17:46だったら、残念ながら18:00のレッスンは受けることができません。もし次の18:30からのレッスンを受けるとしても、レッスン開始までの空き時間が45分間もできてしまいます。

もちろん、この45分を使ってできることはたくさんあります。ですが、せっかく英会話をやりたいと思った時にすぐできないのは、何とも言えないもどかしい気持ちになります。それに、25分レッスンの場合、00分スタートのレッスンと30分スタートのレッスンに二分される場合がほとんどですが、「15分~40分までなら空いてるのに…」と思う場合も少なくありません。

ですが、今すぐレッスンの場合、空いている講師さえいれば、その場ですぐに始めることができるので、時間を無駄にすることがありません。また、通常だと45分待ってからレッスンを受け、その後また自由時間があるとすると、自由時間が2つに分断されてしまいます。ですが、今すぐレッスンの場合は45分とレッスン後の空き時間をひとまとめにすることができます。つまり、より大きなまとまった時間を確保することができるので、英会話以外の活動の幅も広がるのです。

まとめ

まとめ

オンライン英会話を15スクール分紹介しましたが、すべてのスクールで無料体験レッスンを受けることができます。予算の都合やレッスンを受けられる時間帯によっては、いくつかのスクールは候補から外れてしまうかもしれません。ですが、できる限り色々なスクールのレッスンを受けてみましょう。

どのスクールの講師も、無料体験レッスンにはかなり力を入れています。というのも、無料体験の1、2回のレッスンで、体験者にとってのそのオンライン英会話スクール全体のイメージを決めてしまうからです。もしその1回のレッスンが嫌だと思われたら、その体験者にとって、そのスクールの評価は最悪になります。そのため、無料レッスンで悪い印象を受けたスクールがあれば、そこは避けたほうが無難でしょう。

また、定期的に新規入会者限定でレッスン料金の大幅割引キャンペーンを行っているスクールもあります。たとえば、全てのコースのレッスン料が1ヶ月半額、場合によっては1ヶ月無料になることがあります。そのタイミングを狙って入会するのも当然ありですが、いつそのタイミングが来るかわからない上に、そのタイミングを待っている時間がもったいないです。

英会話をやりたいと思ったら、今から始めましょう!英語はできて損することが全くないスキルです。英語ができることで、英語を学ぶ全世界の15億人とコミュニケーションとれると思うと、すごく大きなアドバンテージですよね!間もなく春を迎え、これから新しいステージに進む人も、そうでない人も、ぜひ将来の自分のためのスキルとして英会話を身に着けてみませんか?