家事代行サービスはおすすめ10社から選ぶべし!同じ値段でもスタッフの雰囲気や丁寧さは格段に違う

最近になってよく耳にするようになった「家事代行サービス」ですが、よく知らない人は家政婦的なものをイメージするかもしれませんね。なんとなく贅沢なサービスで富裕層が利用するものと思っている人も多いと思いますが、今回の記事ではそんな家事代行サービスについてを紹介していきます。

家事代行サービスが全く初めてという人は代行会社の名前もよくわからないと思いますが、いちばん身近なとことではモップやカーペットで知られている「ダスキン」も家事代行サービスをやっておりおり、高い評価を得ている会社の一つとなっているんです。

他にも「ベアーズ」や「CaSy(カジー)」といった家事代行専門の会社も多く存在しており、その数は今後ますます増えるとされています。今や男性だけでなく、女性も働くのが当たり前となっている時代ではこういったサービスを利用する人も年々増えており、私たちの誰もが気軽に使えるサービスになっているんですよ。

普段は自分で家事をこなせている人でも、急に具合が悪くなった時や、長期間留守にしなければならない時など、いざというときに強い味方となってくれるサービスなので、ぜひ今回の記事で家事代行サービスの良さを知ってくださいね。

そもそも家事代行サービスって、どんなサービスなの?

キッチン女性

「お手伝いさん」や「家政婦」というイメージが強い家事代行サービス。確かに、自宅の家事をやってくれるだけあって同じようなイメージを持ってしまいやすいのですが、実は全く別ものなんです。

依頼主と直接契約を結び日給制や住み込みで家事をこなす家政婦に対して、家事代行サービスは会社契約の時給制。そのためサービス内容も限られた範囲となっていますが、多くの人が希望するサービス(例えば掃除や洗濯、料理など)のほとんどは範囲内であるため、「ちょっとお願いしたいな」という時にピッタリなのです。

自分の要望に合った家事を代わりにやってくれる

一般的に、家事代行サービスではプランやコースが用意されていることが多く、自分が依頼したい内容に合わせたサービスを選ぶことができます。ですので、無駄なサービスがなく料金も控えられるのがうれしいポイント。

また、ほとんどの会社では事前に細かい依頼をリクエストすることができたり、家事スタッフを選択・指名できたりするので、より自分の希望に沿ったサービスを受けることができるんですね。しっかりと会社を通したサービスなのでスタッフの対応が良いのも特徴なのですが、万が一「ちょっと合わないな…」と感じれば次回から別のスタッフに変更すればOK!「水回りの掃除だけ」とか、不在時の卓球分の受け取り、「自分でうまく掃除ができない部分だけやってほしい」という人には画期的なサービスなんですね。

料金設定は時間単位なのが一般的

作業内容ももちろんなのですが、家事代行サービスでは「2時間プラン」「3時間プラン」というように時間単位で金額が変わるのが一般的です。料金をわかりやすく「1時間〇〇円〜」と記載している会社もありますが2時間〜が基本スタンダードとなっており、手間がかかる作業だと作業範囲が狭くても費用が高くなる傾向だと言えるでしょう。

また、「掃除・洗濯」と「料理」では別のプランになっていたり、「浴室パック」など掃除する箇所をまとめたプランがある会社もあるので、料金を知るためには自分が依頼したい内容を明確にする必要がありますね。スタッフのレベルによって金額が変わる「ライトプラン」「ベーシックプラン」など、プランが豊富な会社も多いので、どこをどのくらい綺麗にしたいかで選び方も違ってくるでしょう。

どんな時に利用するべき?家事代行サービスの利用率とは

疲れた男性

特定の部分だけでも良いので気軽に利用できる家事代行サービスですが、その市場規模は年々拡大していっているんだそう。事業者数は600社以上あると言われていて、それだけ利用者も増えているということなんですね。しかし、そうはいっても慣れていない人にとってはどのタイミングで利用するものなのかイメージが湧きにくいかもしれませんので、実際に家事代行サービスがどのくらい利用されていて、依頼する人はどんな時に利用しているのかというのをまとめてみました。

利用するタイミングは本当に人それぞれにはなりますが、いちばん多いのは自分が家にいない間に家事をしておいてもらうといった使い方のよう。月に1回外出の間に依頼するとか、ほとんど家にいない人などは週に3回くらいのペースで利用している人もいますが、一般的な利用者は主に3パターンに分けられるそうなので、これらのパターンに当てはまる人は家事代行サービスを検討してみるべきかもしれませんね。

共働きで家事まで手が行き届かないとき

女性の社会進出が当たり前になってきた現代では共働きの家庭がほとんどなのではないでしょうか。奥さんもバリバリのキャリアウーマンという家庭では料理の支度をはじめ、掃除や家のちょっとしたメンテナンスをする時間がなかなか取れないもの。しかし、そのまま放っておけば綺麗にするのがもっと大変になっていきます。

そんな家庭では定期的に家事代行サービスを利用するのがおすすめで、昼間の間にちょっとした部屋の掃除をしてもらうだけでもだいぶ楽になるでしょう。まして小さな子供を幼稚園に迎えに行ったり、食べ盛りの男の子がいる場合は、お迎えや食事に手間がかかり家事もおろそかになりがちですよね。少しの家事を定期的に依頼すれば、家事をする時間が省けますので家族での時間もゆっくりと過ごせるのです。

奥さんや母親へのプレゼントとして

家事代行サービスの利用者で意外と多いのがこのパターンで、旦那さんや子供がプレゼントとして依頼し、奥さんやママがゆっくりできる時間を作ってあげるというもの。1ヶ月に1回や記念日など、普段家事をしてくれている人に自由になれる時間をプレゼントするなんて、なんだか素敵ですよね。

短時間の依頼でも喜んでもらえると思いますが、頻度もくすなくなるため長い時間でたっぷり利用する人や、家全体の掃除を依頼するという人も。お金では買えない自分の時間を好きなように使ってもらうというのは、ある意味高価なものをプレゼントするよりも喜ばれるのかもしれません。

自分の苦手な分野を依頼する

家事全般が得意でなんでもできちゃう!という人はおそらく少ないかと思います。誰にでも苦手な部分はあり、特に汚れやすい水回りなんかは「できることならやりたくない」と思っている人もたくさんいるのではないでしょうか。また、料理が苦手という人もいて、毎日の献立を考えるのがすごくストレスになっている場合もあるでしょう。

家事代行サービスではそんな苦手分野のスペシャリストが派遣されて来ますから、自分でやるよりもはるかに効率よくこなしてくれるんです。料理の献立となると毎日になってしまいますが、1週間に1回食事の支度を依頼するだけでもだいぶ楽になると思いますよ。なかなか綺麗にできない場所も、専用の用具でしっかり掃除してくれるため「こんなに綺麗になるならもっと早く依頼すればよかった」という声も多いんです。

家事代行サービスを使うメリットとデメリット

○×

非常に便利な家事代行サービスですが、会ったこともない人に家事を依頼するとなるとそれなりにデメリットもありそうですよね。いくら会社を通しているとはいえ実際に来る人はどんな人なのかわかりませんし、もろプライベートとなる自宅に入られるというのは不安があるでしょう。

ということで、ここで改めて家事代行サービスのメリットとデメリットを確認していきましょう。家事代行サービスに限定したことではありませんが、大きなメリットがあるものには何かしらのデメリットが付いて来るもの。快適・安全に依頼するためにもデメリットの部分をしっかりと理解しておく必要がありますよね。

今までに家事代行サービスを利用したことがある人達が実際に感じたことをまとめてみましたので、家事代行サービスに対して全く不安のない人でも1度は目を通しておくべきだと思いますよ。

メリット

  • 時間が有効に使える
  • 精神的に余裕ができる
  • 普段から綺麗にしようという気持ちになる

家事代行サービスを利用することによって大きなメリットとなるのが「時間」です。普段家事に追われている人なら話あると思いますが、家事は時間を要するものなので気がついたら夕方になってた…なんでこともよくある話。家族が多ければ優雅にカフェで読書を楽しんだり、ウィンドウショッピングを楽しむ時間なんてなく、1年があっという間に過ぎていってしまいますよね。また、そんな生活を繰り返していると「自分は一体何のために生きているんだろう…」なんて思うようになったり、出かけても常に家のことが気になって思う存分楽しめなかったりもするでしょう。

ですので、家事を任せられるというのは時間的にも精神的にも余裕ができるという大きなメリットがあるんですね。また、綺麗になっている状態をできるだけ維持しようとする意識がはたらき、今まで以上に片付ける意識がアップする人も多いんだそう。特に好きな趣味があったり、もっと人生を楽しみたいという人にとっては必要不可欠なサービスと言えるのかもしれません。

デメリット

  • 他人に家を見られるという不安
  • 費用がかかる

家事代行サービスを初めて利用する人や、これから利用しようと考えている人に多いのが「家を見られる不安」。海外では家政婦を雇ったり、他人を家に入れるというのは珍しいことではありませんが、日本ではまだまだ抵抗感や不安を感じる人が多いようです。

また、当たり前ですが依頼をすればそれだけの費用がかかります。定期的に利用した場合、業者によっては1ヶ月で10万円以上かかってしまう高額なところもあり、依頼内容や利用頻度をじっくり考える必要があります。例えば、1ヶ月に1回だけまとめてハウスクリーニングをしてもらうとか、苦手な家事だけをスポットで利用するなど、自分のお財布に合った使い方をしないと、せっかく自由な時間ができても自由に使えるお金がなくなってしまうかもしれません。

信頼できる家事代行サービスを選ぶポイント

笑顔の女性

これから家事代行サービスを利用するとなると600社以上もある業者の中から信頼できる会社を選ばなくてはいけませんが、サービス内容や料金体系が違う業者の何を基準にすれば良いのか困りますよね。安くても依頼通りの仕事をしてくれなければ意味がありませんし、かといって高額ではなかなか利用することもできません。

また、価格も大事ですがプライベートな空間で作業を行ってもらうわけですから、何よりもまずは信頼性が大切になってくると思います。そこで、ここではどういったポイントで信頼性をチェックできるのかについて紹介して生きましょう。家事代行サービスの信頼性が測れるポイントは大きく分けて3つあり、クリアしているポイントが多いほど信頼性も高いと言えます。

逆に、業者側もユーザーから高く評価してもらうために工夫する部分でもありますので、まずこの3つのポイントで業者を絞り込み、そのあとにコース内容や料金でふるいにかけていくという選び方がおすすめですよ。

1.家事代行サービス承認を取得しているか

家事代行サービス業界では、経済産業省が創設した「家事代行サービス認証」という基準が設けられており、安全性・家事の品質・接客サービスの3点において高い基準を満たしている事業者だけが取得できるものとなっています。そのほかにも1年以上のサービス提供実績も求められるため、家事代行サービス認証を取得している業者はいわば経済産業省のお墨付きということになるんですね。

そうなると承認未取得の業者に比べて格段に信頼度がアップしますが、取得事業者の数はまだまだ少ないのが現状。ですので、承認企業だけに絞ってしまうとコース内容や料金面での選択肢が狭まってしまうかもしれません。しかし、信頼面では大きく安心できるので、信頼第一で事業者を選びたい人なら必ずチェックしたいポイントです。

2.損害補償制度の有無

これは大手の家事代行サービス業者に多いサービスなのですが、万が一派遣されたスタッフが家具などを破損してしまったり盗難をした場合には損害賠償保険が適用になるというもの。こういった補償サービスが充実していると何かあった際にも大きなトラブルにならず安心です。

3.口コミや評判をチェック

なんだかんだ言っても最終的に頼りになるのが口コミでしょう。家事代行サービスを選ぶ際にはほとんどの場合がインターネット経由になると思いますが、各事業者のサイトに掲載されている口コミや評判は実際に利用した人の生の声。ですので、どう感じたのかや依頼してよかったのかなどが明確にわかる場所でもあるんです。

業者によっては口コミや評価を掲載していないところもありますが、こういった口コミを公開しているかどうかでも信頼度が測れますよね。また、口コミは悪い部分が書き込みされやすい場所でもありますので、トラブルがあれば大々的に書き込みされます。利用者がどんなことで不満だったかなどもわかるので、自分がどこまで期待して良いものなのかもイメージがわくと思いますよ。

家事代行サービスのおすすめ10社!

ここからは、さっそくおすすめの家事代行サービス業者を紹介していきたいと思います。数ある業者の中でもおすすめ10社をピックアップしてみましたので、気になる業者を絞って見比べてみてくださいね。ここで紹介する家事代行サービスは大手はもちろん、大手でなくても評判が良いなど利用者が多い業者となっています。

また、設けられているコースだけでなく、希望通りにプランを作ってくれる業者もありますので、自分の用途に合わせて選ぶと良いでしょう。信頼度をメインで考える人は「家事代行サービス認証」の有無もしっかりチェックしてくださいね!

No.10 ニチイ

ニチイ

おすすめ度 ★★★☆☆
家事代行サービス認証 なし
料金プラン スポットプラン(不定期1回〜)

  • Sエリア:6,372円/1時間・延長料金1,836円/30分毎
  • Aエリア:5,724円/1時間・延長料金1,620円/30分毎
  • Bエリア:5,400円/1時間・延長料金1,296円/30分毎
保証制度 保険加入
対象エリア 全国47都道府県の98カ所

日経BP社が運営する家事・育児・自費介護サービス

家事だけでなく育児や介護まで幅広くサポートをしてくれる家事代行業者。日経ビジネスや日経WOMANなどを刊行している日経BP社が運営していることもあり、大手で信頼度も高めです。家事代行サービスでは珍しい1時間単位での料金設定となっていて、簡単な掃除から料理、日用品の買い物などもお任せできますよ。料金設定は指定されているエリアによって違い、スポットプラン以外にも定期プランや年間スポットプラン、シニア短時間プランなど、高齢者にも使いやすい内容なのも嬉しいポイントでしょう。

No.9 Swipp

Swipp

おすすめ度 ★★★☆☆
家事代行サービス認証 なし
料金プラン 1時間2,000円〜(利用は2時間から)
保証制度
対象エリア 東京23区・東京都市部・千葉県・神奈川県

基本的な家事が対象の気軽なサービス

キッチンやバスルームなど水回りの掃除から一般的な家事だけを対象としている家事代行サービスです。サービス範囲が少々狭いものの、その分料金は1時間2,000円〜と計算しやすくなっているんですね。他にも単身者向けプランや子育て世帯プランなど、依頼主に応じたプランも用意されているので、ちょっとした家事を気軽に依頼することができるんだそう。ただ、エアコンやガスレンジといった専門的なクリーニングは範囲外となっているため、普段から自分で行なっている家事を依頼するようなイメージです。

No.8 キャットハンド

キャットハンド

おすすめ度 ★★★★☆
家事代行サービス認証 なし
料金プラン 猫の手スポット(利用は3時間から):1時間3,680円・延長料金1,840円/30分毎
保証制度 日新火災海上保険加入
対象エリア

スタッフの育成がしっかりしていてプランが豊富

キャットハンドはもともと人材派遣会社を営んでいる会社なだけあり、スタッフの人選や教育に大きな自信を持っている家事代行サービスです。それだけにヒアリングがしっかりしているので、コミュニケーション不足が不安な人にはおすすめですよ。また、初回限定で利用できる「猫の手スポット」では4,980円で2.5時間(カウンセリング含む)の家事代行を体験することができるんです。これにより利用の流れや実際の流れが理解でき、初心者には非常に嬉しいコースだと言えるでしょう。ベビーシッターサービスもあるので、小さな子供がいる家庭にもピッタリでしょう。

No.7 CaSy

CaSy

おすすめ度 ★★★★☆
家事代行サービス認証 なし
料金プラン
  • お料理代行スポット(利用は3時間から):2,500円/1時間
  • お掃除代行スポット(利用は2時間から):2,500円/1時間
保証制度
対象エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫エリア

掃除と料理がメインのプロフェッショナル

カジーは最近多くのメディアに搭載されており、特に料理の代行で高い評価を得ている家事代行サービスです。スタッフの人選にはかなり厳しい審査があるようで、選抜後も研修やトライアルとしっかりと実施しているんだそう。中には元有名ホテルのシェフなんかもいるので、レストランで食べるような料理を家で食べられるかもしれませんね。派遣されるスタッフについては、自己紹介と本人写真、利用者からの評価などが事前に確認できるので、どんな人がくるのがが前もってわかるようになっています。

No.6 ベアーズ

ベアーズ

おすすめ度 ★★★★★
家事代行サービス認証 あり
料金プラン スポットサービス・2倍キレイプラン・エクスプレス・ロイヤルプランなど
保証制度 損害保険加入
対象エリア 北海道・茨城・埼玉・千葉・東京・神奈川・愛知・京都・大阪・兵庫・奈良・福岡エリア

利用者との相性を重視してスタッフ選定してくれる

他人を自宅に入れるという不安をしっかり理解している事業者で、少しでもその不安を取り除こうと丁寧に対応してくれるのが特徴。利用者の9割が定期契約という不動の安心感があり、何よりも家事代行サービス認証というのが大きいでしょう。5200人以上のスタッフの中から要望に適した専任手配をするのも得意としており、初めての人でも気持ちよく利用できる会社ですよ。まだ利用したことがない人にも1度は体験してみていただきたい使い心地です。

No.5 ライフサービス

ライフサービス

おすすめ度 ★★★★☆
家事代行サービス認証 なし
料金プラン
  • スポット(利用は2時間から):4,000円/1時間
  • 掃除代行サービ(スポット):10,000円〜
保証制度 東京海上日動火災加入
対象エリア 東京・埼玉・神奈川・千葉エリア

厳重な保証体制で万が一の時でも安心

少々価格が高めの設定にはなりますが、その分保証体制がしっかりしているのが特徴のライフサービス。スタッフの質も高く、家事代行というよりはもはやコンシェルジュといったイメージかもしれません。全てのスタッフ採用に厳しい審査と保証人制度を実施しており、万が一盗難や損害賠償問題になった時でも安心。また、料金プランは定期プランが多めとなっていて、週1回や月1回といった頻度から選べます。単身家事おまかせプランなどは1人暮らしや単身赴任中の人には便利で手頃に利用できる内容。

No.4 イエキーピング

イエキーピング

おすすめ度 ★★★☆☆
家事代行サービス認証 なし
料金プラン
  • ライトプラン(1R/1K/1DK/1LDK (40㎡未満)):1,980円/1回
  • ベーシックプラン(1LDK/2LDK/3LDK(40㎡以上)):2,980円/1回
保証制度 損害保険加入
対象エリア 東京23区エリア

週1回の訪問で掃除をする定期専門サービス

こちらはなんと1回のサービスが1,980円〜という非常にリーズナブルな家事代行サービス。毎週依頼する定期専用とはなりますが、この価格ならスポットで依頼するよりもお得かもしれませんね。サービス内容はリビング、浴槽、トイレ掃除とベッドメイキング、ゴミ捨てのみ。とはいえ、この価格で水回りを一通り掃除してくれるのはありがたいこと。対応地域が東京23区限定というのが残念なのですが、都内で1人暮らしをしている学生や忙しい家庭にはピッタリでしょう。毎週お風呂掃除とトイレ掃除をしてくれるなら、今後自分で掃除する必要がなくなるかも!

No.3 ダスキン

http://iekeeping.ienonaka.jp/lite-plan.html

おすすめ度 ★★★★★
家事代行サービス認証 あり
料金プラン 水回りお掃除サービス・選べる掃除定額コース・冷蔵庫クリーンアップサービスなど
保証制度 損害保険加入
対象エリア 全国700拠点

大手ならではの絶対的な安心と保証

モップでおなじみのダスキンが提供している家事代行サービスなので、知らない人はほとんどいないといった知名度。大手ならではの充実したサービスと家事代行サービス認証取得の品質が人気の秘訣でしょう。料金設定は住んでいる地域によって変わってくるため、ホームページから住んでいる地域を選択して確認がでいるようになっていますよ。よくわからない場合でも事前に明確な料金を必ず伝えてくれるので安心。また、万が一サービスに満足が行かなかった場合は、満足できるまで何度でもやり直してくれるという徹底ぶり。ですので、迷ったらとりあえずダスキンを使ってみるという手もおすすめです。

No.2 ソラスト

ソラスト width=

おすすめ度 ★★★★☆
家事代行サービス認証 なし
料金プラン 《家事おまかせ定期コース(週1回)》

  • 1.5時間:5,910円
  • 2時間:7,200円
  • 2.5時間:8,480円
  • 3時間:9,770円

《家事おまかせ単発コース》

  • 3時間:13,880円〜
保証制度
対象エリア 東京23区

1.5時間から気軽に利用できてリーズナブル

医療・福祉分野で幅広い事業展開をしているからこそ培えるノウハウと、行き届いたサービスが特徴の家事代行サービス。こちらも東京23区限定となってしまいますが、1.5時間から利用できるので簡単な家事でも無駄なく依頼ができると評判なんです。単発で依頼するよりも定期で依頼した方が月額がはるかにお得なので、1週間に1回くらいのペースで利用したい方にはおすすめです。また、1週間に2回、3回と頻繁に利用するとさらに割引が適用となるので、たくさん使いたい人にはちょうど良いですね。他にもオーダーメイドでプランを作ってくれますから、要望と価格を相談しながら決めることができますよ。

No.1 アシスト

アシスト

おすすめ度 ★★★★★
家事代行サービス認証 なし
料金プラン 家事代行スポットコース

  • 2時間:6,000円
  • 3時間:9,000円
  • 4時間:12,000円
保証制度
対象エリア 愛知県・名古屋・東京首都圏・埼玉・京都・茨城・新潟エリア

担当スタッフ制でいつも同じスタッフがサービスを実施

1週間に1回以上の定期コースのみとはなりますが、リーズナブルな価格と気に入ったスタッフを固定できるというメリットが人気となっている家事代行サービス。家事代行サービスというよりはリーズナブルに家政婦さんを雇うような感覚で、数日分の料理を作り置きする「つくおきコース」や家事代行の「定期コース」もあってスポットよりもグンとお得な料金設定となっています。他にも割引サービスが充実していて、市域カードなどでも割引対象となるため対象エリア住民に根強い人気があるんですよ。もちろん、仕上がりはホテル並みと好評!

トラブルになることも!家事代行を利用する際に気を付けることとは?

落ち込む女性

家事代行サービスは人がサービスを行うものなので、それなりにトラブルも多いのが現状です。トラブルに遭うのは初めて利用する人や、まだ使い慣れていない人が比較的多く、事前確認が不十分なことから発生するケースがほとんどなんだそう。また、普段から家事代行サービスを利用している人も、ちょっとした気の緩みなどからトラブルになるケースもあるので、利用の際にはしっかりと気をつけなければならないこともあるんです。

大手の事業者であれば補償サービスがありますが、だからと言って完全に安心してしなうのはNG。いくら補償があったとしても取り戻せないものだってありますし、補償されても1度は不快な思いをすることになりますよね。家事代行サービス認証を取得していたって、実際にサービスを行うのは生身の人間ですから、いつどんなトラブルが起こるかなんて誰にもわからないのです。

ですので、依頼する側もちょっとした注意をすることで、さまざまななトラブルを未然に防ぐことができるんですね。そこで、ここでは家事代行サービスを利用するうえで気をつけるべきことを3つ紹介します。基本的なことではありますが慣れてくると怠ってしまいがちなポイントでもありますので、ここで改めて頭に叩き込んでくださいね!

大切なものや貴重品は鍵のかかる金庫に入れておく

家事をしてくれるスタッフは言ってしまえば赤の他人。そんな人が自宅の中で何時間も作業をするわけなので、見られては困る物や貴重品、金目のものはスタッフが見えない場所に移動させておくのが常識です。特に自分が留守中に作業を依頼するとなると、カメラがついていない限りスタッフがどこで何をしているなんてわかりっこなんです。

ですので、大切なものはできれば鍵のかかる金庫などに入れておくのが安心ですね。また、「いつも同じ人に依頼しているから大丈夫」という人も油断は禁物です。芸能人の秘書などが多額の金銭をこっそり使っていたなんていうニュースもたまに見ますが、「この人は大丈夫だろう」という人に限ってトラブルの発端となるものなので、どんなに慣れ親しい人でも貴重品の保管は徹底するべきです。

キャンセルする場合はキャンセル料が発生する

家事代行サービスを依頼する人の中には、キャンセル料でトラブルとなるケースも多いんです。これは事前の確認を怠っていたに過ぎないのですが、家事代行サービスの料金体制は慣れていない人にとっては少々複雑。依頼する業者にもよりますが、掃除する場所が細かく分類されていてそれぞれで料金がかかったり、時間を超えた場合の追加料金やスタッフの交通費など、いろいろな面で料金が発生するため、キャンセルした際の料金まで気が回らない人も少なくありません。

しかし、家事代行サービスでは前もって専門のスタッフを用意する都合上、キャンセルの場合には料金が発生するのが基本です。いかなる理由でもキャンセルはキャンセルなので、よっぽどのことがない限り免除はされないでしょう。ですので、依頼する前には万が一キャンセルした場合の料金というのも合わせて確認しておくのが安心ですね。

コミュニケーション不足は大きなトラブルを招く

これも非常に多いトラブルとなっており、意思疎通がうまくできておらず希望通りのサービスが受けられなかったというパターン。日本語は他の国に比べて複雑とは言いますが、自分が伝えたと思っていても相手に伝わっていなければ伝えたことにはなりません。また、「あまり細かく言ってしまうと申し訳ないから…」と気を使って的確に希望を伝えられないという人も意外と多いのです。

手軽に家事代行サービスが利用できる時代とはいえ、依頼するからにはしっかりと料金がかかります。希望通りのサービスでなければ不満やクレームを申し入れることになりますが、いちばん嫌な思いをするのは料金を支払った自分です。気持ちよくサービスを利用するためには、なんとなくの説明や「わかってくれるだろう」という考えは捨て、自分の要望を明確にしっかりと相手に伝えることがとっても大切なんですね。

家事代行サービスをうまく活用して、自分の時間をおもいっきり有効に使おう!

大きな一軒家

なんとなく敷居が高いイメージの家事代行サービスですが、今回の紹介で誰でも気軽に利用できるものだということがわかってもらえたと思います。かつてお金持ちが雇っていた「家政婦」「お手伝いさん」とは違い、時代に合わせたサービスにスライドしてきているんです。

この記事を読んでもまだ不安があるという人は、良さそうな事業者を絞って問い合わせをしてみると良いでしょう。料金体制やコース内容を詳しく説明してくれますし、不明点を事前に明確にさせておけばあとで大きなトラブルにな心配も軽減できますよね。

また、時間を有効に使える人ほど充実感を感じていると言いますが、まさしくその充実感を得るために家事代行サービスが存在します。肉体的にも精神的にも負担の大きい家事だからこそ、上手に手を抜いて自分の時間を有効に使ってみてはいかがでしょうか。