【話題の人をダメにするソファおすすめ25選】最強の寛ぎを手に入れよう!

仕事やスポーツ、さらには勉強など、あらゆる面において重要なのは、努力だけでもありません。心身を癒し疲労をリセットする、リラックスタイムの存在もまた欠かせない要素です。心身をリフレッシュすることで、ベストなパフォーマンスを維持することに繋げられます。

「人をダメにするソファ」は、そんなリラックスタイムを高いレベルで提供してくれるおすすめのソファです。ユニークな名称とは裏腹に、実力派リラックスツールとして人気を博しており、Yogiboエムール山善をはじめ、多くのメーカーから展開されています。特徴や魅力、選び方を知って、ぜひあなたも日々のリラックスタイムに役立ててみてはいかがでしょうか。

ダメにするのに人気?!人をダメにするソファとは

「人をダメにするソファ」とは、詰め物に細かな発泡ポリスチレンなどでできたビーズを採用したソファのことです。詰め物だけでなく、外カバーにもポリエステル、ポリウレタンといった伸びる素材が使われている製品も多く、柔らかで包み込むような質感が堪りません。あくまで通称ですが、広く「人をダメにするソファ」として知られており、高い人気を誇ります。

いちジャンルとして人気を博すようになったきっかけとは

人気に火がついたのは、リーズナブルかつ高品質、シンプルな製品を多数展開することで知られる株式会社良品計画「無印商品」から出された「体にフィットするソファ」の登場がきっかけでした。柔らかい素材によるフィット感が、「まさに人をダメにする」と口コミで評判となり、大きな注目を集めたのです。それにより、「人をダメにするソファブーム」のような風潮ができあがりました。今や家具メーカー各社がこぞって展開する、ひとつの人気ジャンルとして扱われるようにすらなってきています。

「ダメ」って言ってるけど…本当に良いソファなの?

ソファなのに人をダメにすると聞くと、少し不思議な印象も覚えることでしょう。ソファといえば、優雅な寛ぎを演出する、むしろそのひとときの格を高めるような存在ではないでしょうか。中には数十万、数百万を下らない高貴なブランド製品もみられるほどです。そんな中において、「人をダメにするソファ」という名称は、何とも特徴的です。

ですが話題性と人気を兼ね備えるこのソファの実力は、間違いなく本物といえるでしょう。実際に腰をかけたり身をあずけたりしてみると、「ダメにしてくれてありがとう!」、そんな感謝の気持ちすら自然と湧き上がってくるに違いありません。

満足度の高い一点を選ぼう!人をダメにするソファ選びのポイント

「人をダメにするソファ」は、近年あらゆる種類が広く展開されています。もちろん、それぞれ特徴が異なるため、選び方ひとつで満足度も変わってくるでしょう。どうせ手に入れるなら、ぜひポイントを押さえて、心からダメにさせてくれる一点を選んでみてください。

独特質感の鍵!ビーズの種類が重要

このソファが人をダメにすることができる大きな理由として、詰め物の内部ビーズが挙げられます。これこそが、あまたあるソファの中でも「人をダメにするソファ」を人気ジャンルに押し上げている特別な要素に他なりません。そのため、詰め物の種類ひとつで寛ぎ心地や満足感は大きく左右されます。

まず注目する点としては、ビーズの種類でしょう。ソファやクッションに使われる詰め物にはさまざまな素材がありますが、「人をダメにするソファ」は発泡ビーズ、発泡ポリスチレンビーズと呼ばれる発泡系が一般的です。これにより、独特のクッション性が演出されているためです。柔らかく、さらには包み込むような質感で人をダメにする、「人をダメにするソファ」になくてはならない存在に感じられてなりません。

既存のビーズクッションと一線を画す理由…微粒子ビーズ

もう一点、内部ビーズの大きさにも注目してみてください。理想は、直径約0.5mmほどのものです。そもそも、発泡ビーズを使用した家具については、以前から存在していました。いわゆるビーズクッションと呼ばれるジャンルで、こちらもこちらでひとつのブームを巻き起こしました。では、そんな既存の発泡ビーズ製品があったにもかかわらず、なぜ「人をダメにするソファ」はまた新たに注目を集めているのでしょうか。

理由は、同じ発泡ビーズでもとにかく小さいものを採用しているためです。直径約0.5mmというのは、発泡ビーズの中でも微粒子ビーズタイプに分類されています。粒子が小さいと、それだけ流動的となりなめらかな肌触りが実現されます。柔らかさや包み込まれるような感覚、リラックス感が一層高められるでしょう。同じ「人をダメにするソファ」に該当する製品でも、ものによってビーズのサイズが微妙に違う場合もあります。質にこだわるなら、ぜひ注目してください。

大きな安心感もリラックスの秘訣!サイズをチェック

従来からあったビーズクッションと違う点としては、もうひとつサイズ感も忘れてはなりません。以前はクッションサイズが一般的でしたが、「人をダメにするソファ」はその名の通りソファをはじめとした大型家具サイズとなっています。深く腰掛けられる、体ごとあずけられる、十分な面積に全身を沈み込ませることによる安心感、浮遊感といったものは、唯一無二の質感といいましょうか。もう動きたくない、もう何もしたくない、そんな現実逃避の気分にすら浸れるかもしれません。

とはいえ、大型家具はそれだけ場所をとるのも実際のところです。大型のものがどれだけ満足度の高い存在といっても、生活空間を狭めるような家具になってしまうと元も子もありません。置き場所の面積を考えつつ、できる限り大型のものを選ぶ、そんな選び方が理想的といえるでしょう。

おすすめの人をダメにするソファを一挙特集!注目売れ筋商品25選

「無印良品」の「体にフィットするソファ」から始まったといわれる「人をダメにするソファ」ジャンルですが、今や各メーカーから数多くの種類が展開されています。以下は、発泡ビーズの入ったソファでも特におすすめの売れ筋商品ランキングです。

人気があるものには、やはりそれなりの理由が伴うのが実際のところです。売れ筋をチェックして、お気に入りの1点を選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょう。

第25位 モリーナ むにゅぽよビーズクッション Pyram 三角型 日本製

サイズ 55×84×20~40cm
重量 約1kg
カラー オレンジ・ベージュ
生地 ポリエステル100%
ビーズ 発泡ビーズ・ポリエチレン(サイズ不明)

大量のマイクロビーズが全身を包み込む

大きめの三角形形状の中に、大量のマイクロビーズが詰め込まれた「人をダメにするソファ」です。ソファとして腰掛ける場合はもちろん、奥行きにも余裕があるので、ちょっとしたうたた寝にも重宝します。さわり心地の良いポリエステル生地も相まって、理想的な寝心地が演出されることでしょう。

また、詰め物の出し入れ口にダブルファスナーを採用している点も嬉しく感じられます。こぼれ出すと処理が大変なマイクロビーズ素材を、しっかり留めておけるので安心です。

第24位 ビーズクッション アースカラーキューブチェア Lサイズ

サイズ 65×65×43cm
重量 5.45kg
カラー ワインレッド
生地 表生地:ポリエステル85%・ポリウレタン15%、綿100% 中生地:ポリエステル85%・ポリウレタン15%
ビーズ 発泡ポリスチレンビーズ(直径約0.5mm)

インテリアとしても存在感を放つ

ポリエステルとポリウレタンの伸縮性に長けた生地、そして手触りの良い綿の2種類が組み合わされたキューブ型ソファです。「人をダメにするソファ」はその柔らかさから、何かとだらっとしたフォルムになりがちですが、この製品ならインテリアとしてもすっきりとした存在感を発揮してくれるでしょう。

とはいえ、伸縮生地と0.5mmの流動的に動くマイクロビーズによって、体をあずけると柔軟に変形します。それこそ、元のキューブ型が把握できないほどです。シャープさと癒しの2つのニュアンスを表現する、優秀な一点といえるでしょう。

第23位 ぼん家具【LLサイズ】 クッション かわいい ビーズ

サイズ 70×70×48cm
重量 約4kg
カラー グリーン・グレー・ネイビー・ブラウン・ベージュ
生地 張り材:ポリエステル100%、カバー生地(ストレッチ部分):ポリエステル85%・ポリウレタン15%、カバー生地(その他部分):ポリエステル100%
ビーズ ポリエチレン(直径約0.5~1.5mm)

LLサイズのどっしりとした大型ソファ

「人をダメにするソファ」のポイントとして、しっかり体をあずけられる存在感は外せません。既存のビーズクッションになかった、このソファシリーズならではの大きな個性となっています。

その点LLサイズともなれば、何とも頼り甲斐が感じられます。上半身をまるまる乗せてうたた寝用に、また前方に腰掛けて背もたれソファとしてなど、あらゆる用途に役立てられるので、何とも便利でなりません。外カバーを本体から外して丸洗いすることも可能となっているため、長く使い続けられるという点も魅力的です。

第22位 リコメン堂 ビーズクッション 日本製 メガキューブ 65×65cm

サイズ 約65×65×45cm
重量 約3.9kg
カラー グリーン・ネイビー・ブラウン・ブラック
生地 表地:ポリエステル85%・ポリウレタン15%、中袋:ポリエステル100%
ビーズ 発泡ビーズ(直径0.5mm)

0.5mmビーズで統一されたもっちりソファ

詰め物に採用された高品質な0.5mmビーズは、その細かさからスノービーズとも呼ばれています。それにより演出される、独特のもっちり感が堪りません。さらに日本国内製造とあって、内部ビーズサイズの統一感やつくりも高いレベルとなっており、全体的に高品質な印象です。

また、伸びる生地と伸びない生地を組み合わせることで、十分な柔らかさを演出しつつも安定感は損ないません。こうしたバランスを計算し尽くしている点もまた、さすがは日本製といったところです。

第21位 セプト アニマル柄 超ジャンボビーズソファ PINKゼブラ

サイズ 約81×81×125cm
重量 約3.6kg
カラー PINKゼブラ
生地 ポリエステル100%
ビーズ 発泡ビーズ(サイズ不明)

印象的なPINKゼブラカラーが部屋のアクセントに

この「人をダメにするソファ」の特徴は、もはや説明不要といったところでしょう。一見しただけでも記憶にしっかり焼き付けられるようなショッキングなPINKゼブラは、唯一無二の存在感を誇っています。部屋の印象的なアクセントとして、十二分のアピールをしてくれそうです。

とはいえ、もちろんソファとしての機能も欠かしてはいません。男女共に満足必至の特大サイズ設計になっており、座ったり体をあずけたり、また抱き付きクッションとしても大いに役立ってくれます。インテリア性実用性、共に際立った印象です。

第20位 StorePocket デニム生地のヴィンテージ感がカジュアルでおしゃれなビーズクッション

サイズ 直径約60×高さ約60cm
重量 不明
カラー ブルー・ライトブルー
生地 表地:綿100%
ビーズ ポリエステル100%(サイズ不明)

一風変わったデニム風デザインが個性的!

質感重視で作られたものが多い中、この製品は生地そのものの風合いにもこだわられています。何と、使い込んだデニムのような柄を採用しているのです。端のほつれ感まで忠実に再現されており、いちおしゃれアイテムとしてもおすすめといえるでしょう。

ですが、「人をダメにするソファ」としてはそこまで効果的でないかもしれません。デザイン重視がゆえに、綿100%の表地となっているためです。とはいえ、詰め物がビーズであることに変わりはないので、一定のリラックス感については保障済みといったところでしょう。ラウンド型と涙型があるので、ソファとして使用するなら涙型を選んでください。

第19位 エムール マイクロビーズ テトラクッション かたわら

サイズ 70×80×70cm
重量 ビーズ重量約3.4kg
カラー オレンジ・ターコイズ・ネイビー・ブラウン・ブラック・ベージュ・ホワイト・モスグリーン・レッド
生地 カバー素材:伸縮する生地 綿95%・ポリウレタン5%、伸縮しない生地 側面 綿100%、中袋素材:ポリエステル95%・ポリウレタン5%
ビーズ 発泡ポリスチレンビーズ(直径約0.5mm)

コンパクトかつスタイリッシュなテトラ型クッション

クッションとして販売されている製品ですが、比較的大きめサイズなので、コンパクトなソファとしても役立ちます。「あなたの傍らに」というテーマから名づけられたこの「KATAWARA」は、程よいサイズ感が何とも使いやすそうな印象です。ダメになりたいときに十分な大きさ、かといって空間を邪魔しない程度のコンパクトさであり、絶妙な仕上がりに感じられてなりません。

またポイントとして、カラー展開が豊富な点も魅力的でしょう。それこそ、部屋のデザインや好みに合わせてこだわって選べます。中身も国産ビーズを厳選して詰め込んでいるので、見た目、質共に期待できそうです。

第18位 魔法のビーズクッション MAXロング 人をダメにするクッション

サイズ 175×70×50cm
重量 4.54kg
カラー グリーン・ブラック・レッド
生地 カバー:ストレッチ素材 ポリエステル95%・ポリウレタン5%、本体:ストレッチ素材 ポリエステル95%・ポリウレタン5%
ビーズ 日本製ビーズ(直径3mm)

とにかくサイズ勝負のインパクトアイテム

「MAXロング」と冠された製品なだけに、まず目を引くのが特大のサイズ感でしょう。175cm幅は、男性の平均的身長をも上回ります。つまり、全身を余すところなくあずけきってダメになることができるソファというわけです。製品名の通り、まさに魔法にかかったような寛ぎに浸れること必至でしょう。

ビーズについては、直径3mmと「人をダメにするソファ」ジャンルにしてはやや大きめかもしれません。ですが、それをもゆうに補うMAXロングのサイズ感は、きっと大きな満足感にいざなってくれることでしょう。リクライニングつきなので、体勢を調整できる点も魅力的です。

第17位 パペル ビーズソファクッション 米国デュポン社のタイベック使用

サイズ 約90×80×70cm
重量 4.54kg
カラー アイボリー・グレー・ブラック・ベージュ
生地 表地:ポリエチレン100%
ビーズ ポリスチレン(サイズ不明)

米国デュポン社製タイベック素材の質感がユニーク

初めてこの「人をダメにするソファ」を見たとき、大きな驚きを覚えることでしょう。なぜなら、一見紙に包まれたソファのように見えるためです。これは紙ではなく、独特の質感が特徴的な米国デュポン社のタイベック素材によるものです。絶妙なシワ感が、何ともおしゃれに感じられてなりません。背もたれ裏につけられた麻ロープ製の持ち手も、良い味をかもしています。

また不織布であるため、丈夫、水に強いといった耐久性も伴います。内部ビーズの流動性や形状変化に伴い、「人をダメにするソファ」は何かと劣化を気にしておかなくてはなりません。その点、この製品なら気兼ねなく長持ちさせられそうです。ただ柔らかさについては、一般的な伸縮素材と比べると少しばかり劣る印象です。

第16位 リコメン堂 16色柄×2サイズから選べる 国産マイクロビーズクッションソファ CUBE

サイズ 約65×65×43cm
重量 約5.5kg
カラー グリーン・アールグレー・ネイビー・ベージュ・ワインレッド・ピーチティー・レモンティー・ミントティー・ブラック・ブラウン・ブラウン(エンボス柄)・ブラウン(ルネッサンス柄)・ベージュ(エンボス柄)・ワインレッド(ルネッサンス柄)・モスグレー(エンボス柄)・ネイビー(ルネッサンス柄)
生地 伸縮する生地:ポリエステル85%・ポリウレタン15%、フロッキー部分:ナイロン100%、伸縮しない生地:綿100%、中袋:ポリエステル85%・ポリウレタン15%
ビーズ 発泡ポリスチレンビーズ(直径約0.5mm)

豊富なカラー&デザインバリエーションが楽しめる

ソファは、家具の中でも面積の大きいツールです。そのため、デザインひとつで空間の印象も大きく左右してしまうことでしょう。この「人をダメにするソファ」は比較的コンパクトなクッションソファタイプですが、それでも存在感はなかなかのものです。

その点嬉しいのが、全16色柄という豊富なカラー&デザインバリエーションでしょう。ブルーやグリーンといった一般的な色味から、ミントティー・レモンティー・アールグレーなど繊細な風合いまで用意されており、部屋のデザインにとことんこだわって合わせられます。インテリア性重視なら、気に入ること必至でしょう。

第15位 ウルトラビッグ 神秘のトライアングルビーズソファー エアービーズソファー

サイズ 約112×133cm
重量 不明
カラー ブラック
生地 ポリエステル100%
ビーズ ポリスチレン100% エアービーズ(サイズ不明)

まさに座るピラミッド!迫力十分のビーズソファ

巨大なブラックの三角形は、意識せずとも目を引く、そんな存在感を放ちます。広告画像からも伝わるとおり、何ともミステリアスなオーラが印象的な一品です。体を十分あずけられるサイズ感、ビーズソファでありながら比較的しっかり保たれた背もたれ部分が、大きな安心感をもたらしてくれることでしょう。

背もたれが実現できている理由は、側地のメッシュ素材ダブルラッセルにあります。流動性の高い内部ビーズの癒しの質感を活かしつつ、安定した体勢で落ち着けるでしょう。

第14位 エムール 背もたれ付き 三角型 ビーズクッション 『じぶんソファ』 グレー

サイズ 約70×80×75cm、座面高40cm
重量 約5kg
カラー グレー・ブラウン・ブラック・ベージュ・レッド
生地 カバー:ポリエステル100%、中袋:ポリエステル93%・ポリウレタン7%
ビーズ 発泡ポリスチレンビーズ(直径約3mm)

しっかりとしたイス形状のビーズソファ

これは一般的な「人をダメにするソファ」とは、少し異なる印象かもしれません。流動的で柔らかなものが多い中、イス形状が比較的しっかりとしています。ですが、通常のイスやソファと比べれば十分柔らかいので、寛ぐためのツールとして多いに活用できるでしょう。

そうした特徴から、詰め物にもこだわりがみられます。素材は多くみられる発泡ポリスチレンビーズですが、あえて大きめの3mmタイプが採用されているのです。その分とろけるような柔らかさには欠けますが、逆に安定感がイス形状と相まってプラスに働いています。ダメになるけどなり過ぎない、絶妙なソファアイテムといえるでしょう。

第13位 山善(YAMAZEN) ビーズクッション ソファー 幅110cm

サイズ 110×55×43cm
重量 約6kg
カラー グレージュ・ダークブラウン
生地 やわらかい面:ポリエステル・ポリウレタン、かたい面:綿
ビーズ ポリスチレン(直径約0.6-0.8mm)

幅・奥行き共に十分な特大サイズソファ

そもそも、なぜ「人をダメにするソファ」は「ダメにする」という表現がもちいられたのでしょうか。それは、微粒子ビーズソファに包み込まれて異次元のやすらぎに浸れるからに他なりません。そう考えたとき、やはり体の多くの面積をあずけられるサイズ感というのは、とても重要に思えてきます。

この山善のビーズクッションソファは、まさにそんな特徴が印象的な特大サイズとなっています。幅はもちろん、奥行きも十分にとってあるので、ちょっとした寝返りなども打てそうです。日常を忘れさせるようなひとときに、包まれることでしょう。

第12位 Yogibo Zoola Max

サイズ 170×70×48cm
重量 約8kg
カラー サマー・サンシャイン・スカイ・ストーン・ダイヤモンド・マリーン・リーフ・ロイヤルブルー
生地 カバー:PUコーティングポリエステル・ポリウレタン混紡、インナーカバー:ポリエステル・ポリウレタン混紡
ビーズ 特殊マイクロビーズ(サイズ不明)

ソファからベッドにまで使えるアメリカ発ビーズソファ

最新アイテムや家具事情に詳しい人なら、Yogibo(ヨギボー)はもはや定番的なメーカーかもしれません。アメリカから上陸した、上質ビーズソファ・クッションメーカーの代名詞となっているためです。このZoola Maxは、そんなYogibo(ヨギボー)製品の中でも特に大型のアイテムとなっています。ソファはもちろん、ベッドとしても十分役立てられるでしょう。

また、Zoolaシリーズは、耐水性に優れたラインナップでもあります。雨や水しぶき、そしてUVにも強いため、アウトドアやプールサイドでの使用も思いのままです。国内製品にはほとんどみられない、Zoolaシリーズならではの特徴でしょう。

第11位 StorePocket 帆布生地でヴィンテージ感と男前感満載 ビーズソファクッションA

サイズ 約55×55×35cm
重量 不明
カラー 帆布生地
生地 表地:綿85%・ポリエステル15%
ビーズ ポリスチレン(サイズ不明)

ヴィンテージ感がスタイリッシュなインテリア性をかもし出す

一見、「人をダメにするソファ」には見えないほどの、スタイリッシュなアイテムとなっています。ポリスチレンビーズを詰め物にしてはいるものの、カバーデザインに無骨な帆布の風合いを採用しており、いちインテリアとしても存在感を放ってなりません。

またカバー素材が綿中心となっているため、「人をダメにするソファ」特有の流動的な柔らかさはやや抑えめな印象です。ですがそれだけに安定性に長けており、しっかりと体を支えてくれます。

第10位 リコメン堂 ビーズクッション 三角クッション おすわりん

サイズ 約60×80×50cm
重量 1.6kg
カラー グリーン・ネイビー・ブラウン・ブラック
生地 ポリエステル100%(ポリニット織り)
ビーズ 発泡ビーズ(直径0.5mm)

かわいらしい三角形状がコンパクトソファとして重宝

ビーズクッションにも近い見た目かもしれませんが、ソファとして見事機能してくれる逸品に違いありません。その秘密は、かわいらしい三角形状にあります。直角三角形に近い三角となっており、直角面が程よい背もたれとして役立ってくれるでしょう。

重さも1.6kgと軽く、女性や子供でも持ち運びがしやすいです。機能性から見た目、そして重さまで、全体がコンパクトにまとめられた使い勝手の良いソファアイテムといえるでしょう。

第9位 Goopy(グーピー) ビーズクッション クッション・ソファ・ベッドの3WAY

サイズ 65×130×45cm
重量 4.2kg
カラー アイボリー・グリーン・ブラウン
生地 ナイロン81%・ポリウレタン19%
ビーズ 高弾力発泡ビーズ(直径約3mm)

ソファだけでなくクッションや一人用ベッドとしても重宝

このGoopy(グーピー)の製品の用途は、ソファだけに留まりません。何と、形状を変化させることでクッションや一人用ベッドとしても役立てられるようになっているのです。確かに発泡ビーズの感触は、ソファだけにしておくのはもったいないほどの質感です。これさえあれば、あらゆるシーンで上質なやすらぎが手に入れられるでしょう。

またそんな特性もあり、ビーズには大きめの3mmを採用しています。流動的な柔らかさが落ちる反面、高弾力による安定感が体勢を支えます。仕様に合わせた、考えられたチョイスといったところでしょう。

第8位 ノーブランド ソファクラスの特大ビーズクッションRg XLサイズ 日本製

サイズ 66x110x24~55cm
重量 約2.5kg
カラー インディゴ・カーキ・ネイビー
生地 ポリエステル49%、綿51%(撥水加工)
ビーズ 発泡ビーズ、ポリエチレン(サイズ不明)

クッション性の高い絶妙ビーズソファ

まず特徴として挙げられるのが、特大さでしょう。人ひとりすっぽり収まるほどの十分なスペースが作られており、リラックスタイムに最適です。とはいえ、少し不思議な印象も覚えるかもしれません。なぜなら、特大であるにもかかわらず、形が崩れることなくソファ型に保たれているためです。

ですが、これこそがこの製品の魅力ともいい換えられるでしょう。形がしっかりしているのは、人をダメにする発泡ビーズに、中綿を合わせて作っているためです。これにより、ある程度のクッション性も維持されているのです。寛ぎの瞬間だけでなく、作業や読書の場としても役立つことでしょう。

第7位 Yogibo Pod (ライトグレー) 人をダメにするソファ

サイズ 91x91x122cm
重量 約7.6kg
カラー レッド・ワインレッド・ピンク・オレンジ・キャメル・ライムグリーン・グリーン・アクアブルー・ネイビーブルー・パープル・ディープパープル・チョコレートブラウン・ライトグレー・ダークグレー・ブラック・クリームホワイト
生地 カバー:コットン89%・ポリウレタン11%、インナーカバー92%・ポリウレタン8%
ビーズ EPSビーズ100%(サイズ多少個体差あり)

カラーバリエーション豊富!水滴型の快適ビーズソファ

海外版「人をダメにするソファ」の人気ブランドYogibo(ヨギボー)の、代表的な製品です。十分なサイズ感ですが、水滴型が特徴的となっており、かわいらしい印象も感じられます。

しっかり体を包み込める形状になっているので、あらゆるリラックスタイムに重宝することでしょう。持ち手付きなので、場所を移動させて使うことも可能です。豊富なカラーバリエーションからお気に入りを選んで、日々の便利アイテムとして活用してみてください。

第6位 beeb-y(ビーバイ) ビーズクッション エッグ L ニット地 (ブラウン)

サイズ 60x70x20~40cm
重量 不明
カラー オレンジ・グリーン・ブラウン・ベージュ
生地 ポリエステル100%・伸縮性ニット生地・2重ファスナー付き
ビーズ ポリスチレンビーズ(直径約3~5mm)

持ち運びのしやすいコンパクトクッションソファ

クッションというワードが含まれていますが、かわいらしい背もたれがついているのでソファとしての利用も可能です。むしろ、コンパクトさや肌触りの良いスムースニット生地によって、通常タイプ以上に利便性の高い「人をダメにするソファ」として役立つかもしれません。

コンパクトタイプの場合、全体がつぶれやすくビーズの漏れも気になるところですが、安心してください。この製品は2重ファスナー仕様となっているので、多少の圧程度でビーズはこぼれません。あらゆるシーンで、気の向くままに活用してみてください。

第5位 DORIS ビーズクッション ソファ 【XLサイズ レッド】 アースカラー

サイズ 84.5×83.5×42cm
重量 約5.9kg
カラー アッシュグレー・インディゴブルー・ベージュ・レッド
生地 収縮する生地:ポリプロピレン88%・ポリエステル12%、収縮しない生地:ポリエステル100%
ビーズ 発泡ポリスチレンビーズ(極小)

2種類の生地が2wayの役立て方を演出

ひとつの「人をダメにするソファ」であるにもかかわらず、2wayの役立て方に活かせる製品となっています。収縮する生地を上下に、そしてしない生地を側面に採用することで、下部に腰掛けてもたれかかるとソファ、そして上から乗れば安定したクッションチェアとして役立てられます。一石二鳥の便利ツールは、何とも魅力的でなりません。

またXLサイズであるため、体の幅広い面を包んでしっかり包んでダメにしてくれます。利便性のみならず、「人をダメにするソファ」本来の魅力についても大いに期待できるでしょう。

第4位 収納家具のイー・ユニット 「人を神にするソファ(人を神にする椅子)」 ビーズクッション

サイズ 約56×93×50cm 座面高25cm
重量 不明
カラー グリーン・ブラウン・ベージュ
生地 綿100%
ビーズ ポリスチレン発泡ビーズ(直径5mm)

ダメを飛び越えもはや神?!無重力レベルの癒し

「人を神にするソファ」と銘打たれたこの製品、いったいどんな座り心地なのか、何とも気になるところではないでしょうか。"無重力"を意味する「0-Gravity」のキャッチコピーを裏切らない、異次元の体重吸収・分散で全身を癒してくれます。

サイズはXXXLサイズと、かなりの大型となっています。それこそ、全身は元より、二人で座る場合でも十分なスペースに感じられるほどではないでしょうか。その場合バランスが崩れるのではという不安も生じるかもしれませんが、5mmビーズ採用により比較的安定しているので心配はいりません。未知なる体験、味わう価値は大いにありです。

第3位 ビーズバックソファ 人をダメにするソファ BFL-155  魔法のビーズクッション

サイズ 約155×110×50cm
重量 約7kg
カラー オレンジ・グリーン・ブラウン・ブラック・レッド
生地 ストレッチ素材 (ポリエステル95%・ポリウレタン5%)
ビーズ マイクロビーズ(直径約3mm)

スムースニットのベーシックソファのXXL仕様!

全体を均一にスムースニットで覆ったマイクロビーズソファは、決して珍しくもありません。仕様としては、それこそ従来からあったビーズクッションにも近い印象です。この「人をダメにするソファ」は、そんなベーシックアイテムをそのまま巨大化させたような製品となっています。

幅155cmは、少し膝を折り曲げれば体をすっぽり乗せられるほどの十分なサイズ感でしょう。かつて一世を風靡したビーズクッションを巨大化して、そこに全身をうずめる、そんな感触を想像してみてください。手に入れた暁には、きっと妥協なく、心ゆくまでダメになることができるでしょう。

第2位 モリーナ 全身にフィットする特大ビーズクッション ソファー Waby

サイズ 60x60x60cm
重量 約3.5kg
カラー オレンジ・グリーン・ブラウン・ベージュ
生地 ポリエステル100%
ビーズ 発泡ビーズ、ポリエチレン(サイズ不明)

自在に変形する立方体的形状の不思議なインテリア

サイズ表記の通り、このソファは3辺が60cmの立方体的形状となっています。そのため、普段はスマートなインテリアとして置いておけます。ですが、ソファとして使用する際にはスマートどころではありません。柔軟に変形して、見事にダメにしてくれるでしょう。

秘密は、ポリエステル100%の伸縮生地と、発泡ビーズに綿を組み合わせた詰め物にあります。これらが絶妙に組み合わさることで、他にない質感が実現されているのです。インテリアとして、そして「人をダメにするソファ」として、2つの面で大いに役立ってくれるでしょう。

第1位 Yogibo Midi 人をダメにするソファ

サイズ 125x70x45cm
重量 約5.9kg
カラー レッド・ワインレッド・ピンク・オレンジ・キャメル・ライムグリーン・グリーン・アクアブルー・ネイビーブルー・パープル・ディープパープル・チョコレートブラウン・ライトグレー・ダークグレー・ブラック・クリームホワイト
生地 カバー:コットン89%・ポリウレタン11%、インナーカバー:ポリエステル92%・ポリウレタン8%
ビーズ EPSビーズ(サイズ不明)

圧倒的人気!海外大手Yogibo(ヨギボー)のゆったりソファ

「人をダメにするソファ」は、海外では「ビーンバッグチェア」と呼ばれています。そんなビーンバッグチェアの欧米主要ブランドYogibo(ヨギボー)製品が、国内でも堂々トップクラスの人気を誇っています。さらにこの「Midi」はゆったりとしたサイズになっているため、まさにダメになる上でぴったりに感じられるでしょう。

大人はもちろん、子供が使用する上でもぴったりな大きさです。それだけに、十分なサイズながら空間の邪魔になりにくいという点もポイントといえるでしょう。Yogibo(ヨギボー)のオールマイティな一点、あなたを満足させること必至です。

人をダメにするソファに劣化は付き物…定期的なメンテナンスで長く楽しもう!

上記でご紹介の通り、一口に「人をダメにするソファ」といってもさまざまな種類があります。素材や形状も去ることながら、価格帯も幅があります。ですが、いずれの製品にも共通したある特徴を忘れてはなりません。それは、使用し続けることでかならず劣化してしまうという点です。5,000円前後のものと30,000円以上のものを比べると品質や快適さに大きな違いがみられるかもしれません。ですがそれでもなお、一定の劣化は避けられないのです。

理由は、詰め物が発泡素材であるためです。独特の弾力や流動性によって人をダメにする質感が演出されますが、圧縮と反発を繰り返すことにより、内部ビーズは徐々にへたってきてしまいます。結果、購入当初の快適性は失われていってしまうでしょう。またカバー生地についても、伸縮やすれによって比較的早く劣化します。

ですが、だからといってすぐに買い換えなければならないかといえば、そうでもありません。以下の方法でメンテナンスをすることにより、長く楽しむことも可能です。ちょっとしたひと手間でもありますが、お気に入りを高いレベル使い続けられるとなれば、やらない手はありません。ぜひ、覚えておいてください。

質感をリニューアル!補充用の別売りビーズを用意する方法

多くの「人をダメにするソファ」製品には、ビーズの出し入れ口がついています。密封していないのは、内部ビーズを詰め替えるためです。そのため、まずは補充用のビーズを用意しましょう。

同じメーカーのものであれば、購入時に近い感触を復活させられるのでおすすめです。また逆に、より粒子の小さいものを選んで、流動性をさらにアップさせてみても良いでしょう。

こぼしてしまうと大変…ビーズ補充のコツ

ビーズの補充が質感復活に適しているとはいえ、実はこの作業、簡単におこなえるものでもありません。粒子の細かいビーズは、きれいに注ぎ入れるのが大変だからです。また実際こぼれてしまうと、片付けがかなり面倒という特徴も伴うでしょう。ですが、コツを押さえて実践すれば比較的うまくおこなえます。

おすすめは、そのまま入れ込んでいくのではなく、紙づつや、液体の詰め替えに使う「漏斗(じょうご)」を使って注ぎ入れていく方法です。また、一気にでなく少しずつ詰めるということも忘れてはなりません。大型のソファともなれば大変かもしれませんが、ビーズが新品になるので質感の改善はかなり期待できます。

お得に復活!買い換えなしで洗濯する方法

製品にもよりますが、中にはカバーのみならず、中のビーズも合わせて洗濯できるものがみられます。この場合、正しい洗い方で洗濯することにより、ビーズの弾力を復活させることが可能です。

まず、洗面台や浴槽にぬるま湯をためて、中性洗剤を混ぜ入れましょう。そしてその中に、ビーズをインナーカバーやソファカバーに入れたまま投入します。洗い方としては、手による揉み洗いをおこないましょう。ビーズ同士をやさしくこすり合わせるようにして、汚れを落としてください。最後に、お湯でしっかりすすぎ洗いをして完了です。

とはいえ、まだポイントとなる作業は終わっていません。「人をダメにするソファ」の洗濯は、このあとの乾燥こそが何より重要だからです。水気をきったあと、風通しの良い場所で十分に乾かしてください。洗濯と十分な乾燥を経て、ビーズの弾力をしっかり回復させることに繋げられます。

ポイントは、かならず「洗濯可」の製品かどうか確かめてからおこなうことです。不可の製品の場合、二度と使えなくなるぐらいに傷んでしまうかもしれません。また、洗濯機で洗うとカバーが破れてビーズがもれ出すことも考えられます。ソファどころか洗濯機まで壊れるかもしれないので、絶対に避けるべきです。

まとめ

話題の「人をダメにするソファ」は、無印良品の「体にフィットするソファ」というひとつの商品から始まった、やわらかさや流動性が特徴的なソファです。今や各社から多様な製品が展開されており、多くの商品からお気に入りを選ぶことが可能となっています。

とはいえ、選択肢の多さはベストな一点を選ぶ上で悩ませる特徴ともいい換えられるでしょう。その点、上記のような人気ランキングは製品選びにおける有効な指標となります。うまく役立てて、ぜひ満足のいく「人をダメにするソファ」選びを実現してみてください。