おすすめ抱っこひも2ベイビー

これから赤ちゃんを迎えるママさんにとって、抱っこひもは最も気になるアイテムの一つではないでしょうか?抱っこは赤ちゃんとママの絆を育むスキンシップ。

最近の抱っこひもは多種多様で、さまざまな利用シーンにおいて活用できます。抱っこひもブランドで代表的なものには、海外発のErgoやBABYBJORN、国内ブランドではApricaやnapnapなどが有名です。

でも、抱っこひもの種類が多すぎて選び方が分からない…という人も多いはず。当サイトでは、抱っこひもの使用時期や安全性、素材などに注目して、おすすめの抱っこひもをタイプ別に20個ご紹介します!

新生児にも使えるの?抱っこひもを使い始めるおすすめ時期

おすすめ抱っこひも2ベイビー
新米ママさんの中には、抱っこひもは生まれてすぐに使うものなの?と疑問に思う人もいるでしょう。抱っこひもにはさまざまな種類がありますが、新生児から使用できるタイプのものも多く、人気があります。

なぜなら、生まれたての赤ちゃんは、ママと密着していたほうが安心してよく寝てくれるから。

それに、新生児のときは片時も赤ちゃんから離れたくないし、目を離すのが怖いというママもいるでしょう。縦抱きタイプのものであれば、赤ちゃんを抱いたままちょっとした家事はこなせるのがうれしいポイント。

抱っこひもによっては、新生児以降から使用できるタイプもあります。自分の状況や気持ち、赤ちゃんとのかかわり方を考えた上で、使い始める時期を決めましょう。

ベビーの快適抱っこをサポート!おすすめの抱っこひもトップ20

抱っこひも選びに迷う新米ママさんパパさんのために、赤ちゃんを快適に抱っこできる商品を厳選して、タイプ別に20個ご紹介します。

タイプや機能、素材や安全性などを確認しながら見ていきましょう。

おんぶタイプの抱っこひも6選

最初にご紹介するのは、おんぶタイプの抱っこひもです。忙しいママさんは、赤ちゃんの面倒を見ながらやることがたくさんあります。両手が自由に使いたい人は、おんぶができるものを選びましょう。

第1位 ナップナップ (napnap) ベビーキャリー

napnapのベビーキャリア

おすすめ度 ★★★★★
安全性 ★★★★★
耐久性 15kgまで
タイプ 縦抱っこ、おんぶ
対象年齢 4ヶ月 ~ 3歳
素材・生地 綿100%、中綿:ウレタン、メッシュ部分:ポリエステル
重さ 998 g
本体サイズ 34×47cm
生産国 中国

【折り畳み可能】背中は通気性抜群のメッシュに切り替え可能!

napnapベビーキャリアでおんぶ

大事な赤ちゃんを抱っこするママたちの負担を軽くしたい…そんな思いから作られたのがnapnapの抱っこひも。整体師や保育士をはじめ、多くのママたちの声が形になりました。

ウエストベルトによって、赤ちゃんの重みを骨盤に向けて下半身で支えるため、肩や腰などへ負担が少なく済むのが特徴です。

汗かきの赤ちゃんのために、背中はメッシュタイプに切り替えることも可能。保冷剤を入れるためのポケットもあり、暑い夏のお出かけ対策も安心!

コンパクトに折り畳めて携帯用のバッグに収納できるので、使用しないときもかさばりません。別売りの新生児パッドを購入すれば、新生児からも使用できます。

第2位 グレコ(GRACO)抱っこひも ルーポップ トゥインクルスター

グレコの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★★
安全性 ★★★★★
耐久性 13.6kgまで
タイプ 縦抱っこ、おんぶ
対象年齢 3カ月~3歳頃
素材・生地 ポリエステル100%
重さ 395g
本体サイズ 33×345cm
生産国 中国

【超軽量だから疲れにくい】安定の立て抱き抱っことおんぶができる!

疲れにくい抱っこひも

グレコの抱っこひもは、395gという軽量ながら、安定感のある縦抱きとおんぶを可能にしてくれる優れものです。実際に使用した94%のママさんが疲れにくいと感じています。

背中に当たる部分はメッシュ素材のため、汗をかきやすい赤ちゃんも快適&ご機嫌に抱っこされてくれるはず。外出にも便利なメッシュフード付きで、紫外線から赤ちゃんの肌を守り、寝たときも首の支えになります。

装着方法は、肩と腰部分のバックルを付けるだけで、重さもうまく分散されるのがポイント。縦抱っことおんぶができれば、ママにとっても赤ちゃんにとっても快適抱っこ生活が送れることは間違いありません。

第3位   マンジュカ ニュースタイル ベビーキャリア 

マンジュカの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★☆
耐久性 20kgまで
タイプ 縦抱っこ、腰抱っこ、おんぶ
対象年齢 新生児~4歳頃
素材・生地 オーガニックコットン100% 内側:ヘンプ45%、オーガニックコットン55%
重さ 680g
本体サイズ 520×490mm
生産国 中国

【オーガニックコットン&ヘンプ】新生児用インサート標準装備!

ナチュラルカラーの抱っこひも
赤ちゃんのお肌に優しいオーガニックコットンで作られたマンジュカの抱っこひもは、生後3.5キロの新生児から使用できます。

耐荷重は20キロのため4歳頃まで使用可能。実際に4歳児を抱っこひもで抱っこする人は少ないですが、2歳くらいまでがメインで使用する時期と言えるでしょう。

インファントインサートが標準装備として付いているため、付属品を購入する必要はありません。

対面向きの縦抱っこや腰抱っこ、おんぶもできるため、月齢や用途に応じて抱き方を変えられます。腰と肩でしっかりと重さを支えるため、安定感があるのが特徴です。

第4位 コンビ(Combi)ジョインEL-E セサミブラック

コンビの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★★
耐久性 15kgまで
タイプ 縦抱っこ、腰抱っこ、おんぶ
対象年齢 4カ月~3歳頃
素材・生地 ポリエステル、綿
重さ 621 g
本体サイズ 肩幅8.5cm
生産国 -

【落下防止ホールドベルト&カバー付き】軽量で多機能な抱っこひも!

4WAY抱っこ

柔らかいフィット感が特徴のコンピの抱っこひも・ジョインEL-Eは、赤ちゃんの首が座った時期から使用できます。別売りの専用インサートを装着することで、新生児からも使用可能。

ママさんの一番の心配は、赤ちゃんの落下ではないでしょうか?ジョインEL-Eでは、抱っこひもの内部でホールドベルト&カバーを装着することにより、安心と安全が手に入ります。

おやすみフード付きで、外出中の日焼けや風よけとして使えるのもうれしいポイント。肩が疲れにくいデザイン設計で、多くのママから満足の声が挙がっています。

縦抱っこ、腰抱っこ、おんぶと多機能で使用できるにもかかわらず軽いため、多くのママから絶賛の声が挙がっている抱っこひもです。

第5位 ストッケ(STOKKE) マイキャリアフロント&バック 

赤いストッケの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★★
耐久性 15kgまで
タイプ 縦抱き、前向き抱き、おんぶ
対象年齢 生後1ヶ月~3歳頃
素材・素材 オーガニックコットン
重さ 1.5Kg
本体サイズ -
生産国 中国

【抜群のフィット感】オーガニックコットン使用!

3種類の抱き方

ストッケの抱っこひもは、人間工学に沿って専門家の意見も取り入れて作られています。ママやパパの体型はもちろん、赤ちゃんの成長にも対応できる設計です。縦抱きと対面抱き、おんぶと3つのポジションに対応可能。

赤ちゃんの肌を優しく包めるオーガニックコットンを使用しています。

重みを分散できるようにデザインされているため、肩や腰へのストレスを減らしてくれるのがポイント。ソフトなパッド入りなので、赤ちゃんも快適に抱っこされてくれるはず。

カラーバリエーションもユニセックスカラーの9色がそろっています。赤ちゃんとのフィット感を重視する人におすすめの抱っこひもです。

第6位 アップリカ(Aprica)コラン CTS

CTSの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★☆
耐久性 15kgまで
タイプ 縦抱っこ、前向き抱っこ、おんぶ
対象年齢 新生児~2歳頃
素材・生地 ポリエステル100%
重さ 844 g
本体サイズ タテ抱っこ:31.5×39.8cm
生産国 中国

【キャリートラベルシステム搭載】ベビーカーへの移動が簡単!

キャリートラベルシステム

アップリカのコランCTSクロスフィットは、日本人の体形にフィットするように設計された抱っこひもです。キャリートラベルシステムを採用し、ベビーカーに簡単にセットできるのが魅力。

赤ちゃんを抱っこひもからベビーカーに移動させるのは、簡単ではない作業です。

コンラCTSクロスフィットには、赤ちゃんをスムーズにベビーカーに乗せるための工夫が詰まっているのが特徴です。ただ、バックルなどが多くて装着が大変…という意見もあります。

新生児のときは、付属の新生児シート&座部クッションを備え付けて使用可能。メッシュ素材で通気性がよいこともポイントです。

縦抱き、前向き抱き、おんぶも可能で、おでかけを重視する人には快適な抱っこひもでしょう。

横向きタイプのおすすめ抱っこひも2選

続いてご紹介するのは、新生児の首が座らない時期が不安…というママさんのために、安心な横抱きタイプの抱っこひもです。横抱きタイプなら、しっかりとママの腕で赤ちゃんの頭を支えられます。

第1位   アップリカ(Aprica)抱っこひも コラン ハグ AB

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★☆
耐久性 15Kgまで
タイプ 縦抱っこ、横抱っこ、腰抱っこ、前向き抱っこ、おんぶ
対象年齢 新生児~3歳頃
素材・生地 ポリエステル100%
重さ 649 g
本体サイズ ヨコ抱っこ:35 × 48cm / タテ抱っこ:31.5 × 39cm
製造国 中国

【5WAY仕様】首が座るまでは横向き抱っこもできる!

横抱っこができる抱っこひも

安心の日本ブランドで、日本人の体型にフィットするアップリカの抱っこひも。縦抱っこや前向き抱っこ、腰抱っこ、おんぶに加えて、あまり他メーカーには見られない横抱っこも可能。

なんと一つで5WAYも利用できてしまいます。赤ちゃんの首が座るまでは、横向き抱っこができるのは安心ですね。

ただ、その分仕様は複雑になっているため、シンプルに使いたい人には向かないでしょう。新生児シート入りのため、生まれたての赤ちゃんも安心して抱っこできます。

コンパクトに折りたためて、洗濯してもすぐに乾くのが魅力。多機能な抱っこひもを、利用シーンによって使い分けたい人におすすめです。

第2位 ベッタ (Betta) キャリーミー!プラス 

ベッタのスリング

耐久性11.3 Kgまで

 

おすすめ度 ★★★☆☆
安全性 ★★★★☆
耐久性 11.3kgまで
タイプ 縦抱っこ、横抱っこ、前向き抱っこ、腰抱っこ
対象年齢 新生児~2歳頃
素材・生地 オーガニックコットン100%
重さ 200g
本体サイズ 肩ひも:約42~60cm/袋:約92/58cm
製造国 日本

【オーガニックコットン100%】シンプルな抱っこを追求!

心地良いコットン素材

ベッタのキャリーミーは、赤ちゃんにとって心地よい抱っこひもをコンセプトに作られています。

素材は肌ざわりが気持ちのよいオーガニックコットン100%で、赤ちゃんの体を優しく包める抱っこひもです。

新生児から使用できて、抱っこのバリエーションも豊か。横抱きや対面抱きの他にも、カンガルー抱きや逆さ抱きなども可能です。おんぶはできないため、おんぶ重視の人には向かないでしょう。

シンプル&コンパクトで取り付け方や持ち運びも簡単楽々!肩ひもに付いたファスナーで、長さの調節もできるのがうれしいポイント。

また、赤ちゃんの肌に当たる部分には、留め具を使用していません。安定感のある立体裁断手法で、日本で1枚1枚丁寧に作られています。

縦向きタイプのおすすめ抱っこひも6選

続いてご紹介するのは、赤ちゃんにとってもママにとっても楽な縦向き抱っこタイプです。ママと顔を見ながらしっかりと密着できて、赤ちゃんもよく寝てくれます。

第1位 エルゴベビー(Ergobaby) アダプト 抱っこひも

エルゴのグレーの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★★
安全性 ★★★★★
耐久性 20kgまで
タイプ 縦抱っこ、腰抱っこ、おんぶ
対象年齢 新生児~3歳頃
素材・生地 綿100%、ウエストベルト部分:ポリエステル100%
重さ 1.8kg
本体サイズ ウエスト周り132cmまで
製造国 ベトナム

【3WAY抱っこ】日本限定機能で疲れにくい最強抱っこひも!

エルゴでお出かけも楽々

世界中のママから根強い人気を誇るエルゴの抱っこひもは、新生児からインサートなしで対面抱っこが可能です。クッション入りヘッド&ネックサポートが、赤ちゃんの首をしっかりと支えます。

日本限定の機能であるベビーウエストベルト付き。赤ちゃんをしっかりと固定して、抱っこひもの中で授乳もできちゃいます。

縦向きの対面抱っこの他に腰抱き、おんぶも可能です。おんぶはもちろんのこと、腰抱きでも家事がしやすくなるのがポイント。横向き抱っこがしたい人には向きません。

体重3.2kg以上身長50.8㎝以上から使用できます。エルゴの人気の秘密は、なんと言っても抜群の安定感で、抱っこしていても疲れにくい点。

カラーチョイスも多く、男女兼用で使用できます。どれを購入するか迷っている人は、エルゴを選んでおけば間違いはないでしょう。

第2位 タックマミー 抱っこひも

タックマミーの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★☆
耐久性 12kgまで
タイプ 縦抱っこ
対象年齢 3カ月~2歳頃
素材・生地 綿100%
重さ 263 g
本体サイズ 肩幅13cm、S~XL:126cm~146cm
製造国 日本

【ファスナー開閉】装着も簡単!口コミで大人気になった抱っこひも

シンプルな抱っこひも

シンプルに縦抱っこだけできればいい!という人におすすめの商品が、タックマミーの抱っこひもです。幅広の2本の肩紐がクロスした抱っこひもは、スピーディーで簡単に装着できるのが魅力。

ファスナーでオープンできるため、寝てしまった赤ちゃんを下ろすのも簡単!ファスナー部分は、ホックが付いて安全対策も完璧です。

背当てもあるため、しっかりと赤ちゃんの背中をサポートできます。コンパクトに畳めて、収納も楽々。

サイズはXS~XLサイズまであり、体格に合わせて選べます。カラーバリエーションも豊富。

タックマミーの抱っこひもは、多機能なものを求めている人には向きません。でも、縦抱っこオンリーで考えている人や2つめの抱っこひもには、最適と言えるでしょう。

第3位 ボバ(Boba)キャリア4Gプラス ダスク

ボバの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★☆
耐久性 新生児から20kgまで
タイプ 縦抱っこ、おんぶ
対象年齢 新生児~2歳頃
素材・生地 綿100%
重さ 1.14 Kg
本体サイズ 高さ:新生児39cm /3ヶ月~ 52cm、腰ベルト63cm~147cm、肩ベルト48cm~99cm
製造国 中国

【安心の密着度】赤ちゃんの快適さを追求した抱っこひも

密着感のある抱っこひも

ボバキャリア4Gプラスは、アメリカの5人の子供を持つママの声が詰まったベビーキャリアです。高い密着感が特徴で、優しい天然のブラッシュドコットンを使用しています。

新生児用の4Gインサートは、赤ちゃんの快適さをとことん追求し、足を曲げた状態で抱っこできる構造。赤ちゃんの快適さをとことん追求し、足を曲げた状態で抱っこできる構造。ママの肌のぬくもりを感じることで赤ちゃんは安心し、睡眠サイクルも整います。

ボバの抱っこひもは、密着度を一番に考えたデザインで、3次元立体縫製を採用。2歳ころからは足置き場を使用することで、理想的な足の形をキープできます。

取り外し簡単のフードやポケットなどもあり、快適な外出をサポート。赤ちゃんとの一体感を大事にしたいママさんに、おすすめの抱っこ紐です。

第4位 ルッケリー(Ruckeli)抱っこひも

ルッケリーの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★★
耐久性 3.5kg~20kgまで
タイプ 縦抱っこ、腰抱っこ、おんぶ、ヒップシート
対象年齢 新生児~4歳頃
素材・生地 オーガニックコットン100%
重さ 798 g
本体サイズ -
製造国 ヨーロッパ

【ヨーロッパで生産】UVカットフード付き!おしゃれなママパパに人気

欧米で人気の抱っこひも

ヨーロッパで人気急上昇中のルッケリーの抱っこひもは、クロスオーバー仕様のため、重みが分散されて疲れにくいのが特徴です。

肌ざわりのよいオーガニックコトンを使用し、ヘッドサポート用のフードはUVカット機能付き。

コンパクトに折り畳めてヒップシートとしても活用できます。抱っこしたり降りたりが多い月齢には、ヒップシートが便利。装着も一人で簡単にできて、男女兼用の6色カラーが揃っています。

一番人気はデニムカラーで、カジュアルなファッションとの相性は抜群。ヨーロッパで丁寧に生産される抱っこひもは、おしゃれなママやパパさんにぴったりですね!

第5位 ボバ(boba) ボバラップ 抱っこひも

ボバラップの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★☆
耐久性 新生児から16kgまで
タイプ 縦抱っこ
対象年齢 新生児~3歳頃
素材・生地 綿95%、スパンデックス5%
重さ 575g
本体サイズ 長さ5m×51cm
製造国 中国

【妊娠中のような一体感】新生児に最適な抱っこひも!

快適な抱っこひも

ボバラップは、赤ちゃんがまるでお母さんのお腹の中にいるような一体感が得られるのが魅力です。約5メートルの伸縮性のある布を巻き付けて、密着度の高い縦向き抱っこができます。

多機能な抱っこひもを求めている人には向きませんが、縦抱っこオンリーで心地よさを重視する人にはおすすめ。新生児はお腹のなかにいるような感覚で、よく寝てくれます。

上半身全体に巻き付けるため、重さもうまく分散されて肩腰が疲れにくいのが特徴です。特に肩こりがひどい人にとっては、使いやすいでしょう。

母親も子供も気持ちの良いフィット感で、多機能性の抱っこひものような重さがなく、身軽に感じられるのもうれしいですね。

第6位 エンジェルケア 乳幼児向け 抱っこひも

エンジェルケアの抱っこひも

おすすめ度 ★★★☆☆
耐久性 20Kgまで
安全性 ★★★★☆
タイプ 縦抱っこ、前向き抱っこ、おんぶ、ヒップシート
対象年齢 4カ月~3歳頃
素材・生地 オーガニックコットン100%、メッシュ部分:ポリエステル100%
重さ 748 g
本体サイズ 腰回りサイズ:113cmまで 厚さ約23mm、幅約70mmのベルトクッション
製造国 -

【多機能&ヒップシート付き】優しいコットンの抱っこひも

縦向き抱っこ

エンジェルケアの抱っこひもは『赤ちゃんとママがしっかりと向かい合う』というコンセプトを元に作られています。

対面抱っこと前向き抱っこ、おんぶの他にヒップシート単体でも利用可能。ヒップシートでは、自由自在に赤ちゃんを抱っこできるのがうれしいですね。

背面カバーをチャックで取り外すとメッシュになっているため、汗をかきやすい赤ちゃんも安心。

腹部にはクッション&滑り止めも付いていて、細部にもこだわって作られています。素材もオーガニックコットンを使用しているため、柔らかい赤ちゃんのお肌を傷付けません。

小柄なママさんには使いにくいというレビューもありますが、多機能でお手頃価格なことから高い人気を誇っています。

特にブランドにはこだわらない…という人には、エンジェルケアの抱っこひもがおすすめです。

前向きタイプのおすすめ抱っこひも6選

前向きタイプの抱っこひもは、赤ちゃんが前を向いて、さまざまな景色を楽しめる抱き方です。外出時など、目で見て楽しむ場所に出かけるときには、おすすめの抱っこの仕方と言えるでしょう。

第1位 ベビービョルン(BABYBJORN) ベビーキャリア One+Air

ベビービョルンの黒のベビーキャリア

おすすめ度 ★★★★★
安全性 ★★★★★
耐久性 15Kgまで
タイプ 縦抱っこ、腰抱っこ、前向き抱っこ、おんぶ
対象年齢 新生児~3歳頃
素材・生地 ポリエステル100%、足用ファスナーカバー:綿100%
重さ 1.5Kg
本体サイズ ヒップサイズ:67~160cm
生産国 ベトナム

【フルメッシュですぐに乾く】おんぶもできる通気性抜群の抱っこひも!

ベビービョルンで前向き抱っこ

ベビービョルンのベビーキャリアOne+Airは、通気性のいいメッシュ構造で、日本人の体型にフィットするように作られています。

2通りの対面抱っこと前向き抱っこ、おんぶまで可能になったマルチ機能タイプの抱っこひも。

ベビービョルンの抱っこひもは抜群の安定感で、新生児でも付属品なしで使用できます。

汚れやすい抱っこひもですが、ベビーキャリアOne+AIRはフルメッシュのため、洗濯してもすぐに乾くのもうれしいポイント。

オリジナルバージョンよりも価格は高くなりますが、機能性に優れたものがほしい!という人にはおすすめです。

第2位 ポルバン ポーチ本体・シングルショルダーセット

ポルバンの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★☆☆
耐久性 15kgまで
タイプ 縦抱っこ、腰抱っこ、前向き抱っこ、ヒップシート
対象年齢 7カ月~2歳頃
素材・生地 綿100%、メッシュ・テープ部分:ポリエステル100%
重さ 150g
本体サイズ -
生産国 中国

【新感覚の抱っこひも】ヒップシートキャリアが大人気!

3wayの抱っこひも

ヒップシートキャリア式の抱っこひもは、ここ数年で需要が高まっています。

ポルバンの抱っこひもは、長時間抱っこできるように、赤ちゃんが座りやすいような角度設計になっているのがポイント。肩紐なしで気楽に抱っこしたい!という人におすすめです。

付属品のシングルショルダーセットを抱っこひもに付ければ、ママの両手はフリーになります。

フロントには大きめのファスナーポケット、両サイドにはメッシュポ生地のポケットが付いているため、ちょっとした荷物やおもちゃも収納できるのも魅力。

月齢やさまざまなシーンに合わせて、お子様を快適に抱っこできるのはうれしいですね。

第3位 リルベビー(LILLEBABY) 抱っこ紐

リルベビーの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★☆
耐久性 新生児~20kgまで
タイプ 縦抱っこ、前向き抱っこ、腰抱っこ、おんぶ
対象年齢 新生児~4歳頃
素材・生地 綿100%
重さ 912 g
本体サイズ 腰ベルト:58~126cm
製造国 中国

【ファスナーでメッシュに早変わり】ノルウェー発の抱っこひも!

オールシーズン仕様

ノルウェー発のスタイリッシュな抱っこひものリルベビーは、外側はコットンで内側はメッシュを採用した快適構造です。付属品のインサートなしで、新生児から使用できるのがうれしいポイント。

抜群の安定感を誇るネックサポートで、首がカックンと落ちるのを防ぎます。赤ちゃんが足を開きすぎず理想的なM字型をキープできるように、座面の幅が調節可能。

落下防止の安全ベルトもあるため、安心して新生児のお子さんを抱っこできます。

対面抱っこと腰抱っこ、前向き抱っこにおんぶもできる多機能な抱っこひもは、ヨーロッパでも大人気。

ファスナー一つで外側の綿部分が折りたためて、メッシュに早変わり。夏のお出かけの快適度を上げてくれる抱っこひもです。

第4位 日本エイテックス サンクマニエルプレール

日本エイテックスの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★☆
耐久性 15 Kgまで
タイプ 縦抱っこ、前向き抱っこ、おんぶ
対象年齢 新生児~3歳頃
素材・生地 ポリエステル65%、綿35% 裏部分:ポリエステル100%
重さ 381 g
本体サイズ 65cm×43cm
製造国 日本

【優れた速乾性】多機能で月齢に応じて抱き方をシフトできる!

5WAYの抱き方

日本エイテックスの抱っこひも・サンクマニエルプレールは、赤ちゃんの成長に合わせて多種多様な抱き方ができるのが特徴です。

寝かせ抱きや縦抱き、前向き抱っこにおんぶなど、利用シーンに応じて赤ちゃんが快適な抱き方にシフトできます。

8種類のカラーバリエーションで、ママさんパパさんどちらにもナチュラルに合う色ばかり。裏地には速乾性に優れているアクアドライを使用し、赤ちゃんの汗を素早く吸収して乾かします。

新生児の赤ちゃんには、付属のピローを首部分に付けられるため、首が座るまでの期間も安心。多機能&高品質ながら、良心的な値段のおすすめ抱っこひもです。

第5位 ベビービョルン(BabyBJORN)ベビーキャリア オリジナル

ベビービョルンの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★★
耐久性 11Kgまで
タイプ 縦抱っこ、前向き抱っこ
対象年齢 新生児~2歳頃
素材・生地 ポリエステル100%、レッグ部分:綿100%
重さ 862 g
本体サイズ ベルト:幅約6cm、ウエストサイズ:55~~120cm
生産国 トルコ、中国

【前向き抱っこ可能】生後1週間の赤ちゃんから使用できるベストセラー!

ベビービョルンの前向き抱っこ

小児科医と共同で開発したBabyBJORNの抱っこひもは、世界中で愛され続けるベストセラー商品です。

しっかり固定されたヘッドサポートが付いているため、生まれて一週間の赤ちゃんから安心して抱っこできます。

気持ちよく抱っこひもの中で眠った赤ちゃんを、ベビーベッドに移したとたんに起きてしまう…!ということはよくあるもの。

でもBabyBJORNの抱っこひもは、赤ちゃんを起こすことなく本体を取り外してそのままベビーベッドに寝かせられるのがうれしいポイント。

対面抱っこはもちろんのこと、首が座ってきたら前向き抱っこも可能。赤ちゃんも、ママやパパと同じ景色を見て楽しめます。

信頼できるブランドの抱っこひもがほしい人は、抱っこひもを作り続けて30年の歴史のあるBabyBJORNのベビーキャリアがおすすめです。

第6位 ベビーアムール(Bebamour) 抱っこひも

ベビーアムールの抱っこひも

おすすめ度 ★★★★☆
安全性 ★★★★☆
耐久性 20kgまで
タイプ 縦抱っこ、前向き抱っこ、ヒップシート
対象年齢 新生児~3歳頃
素材・生地 ポリエステル
重さ 680 g
本体サイズ 腰ベルト:120cm×14cm
生産国 -

【よだれパット付き】ヒップシート付きの抱っこひも!通気性抜群

ヒップシート付きの抱っこひも

ベビーアムールの抱っこひもは、最近流行りのヒップシート付きで、縦抱っこ、前向きだっこ、おんぶの3WAYで使用できます。

背中部分とネックサポートのためのフード部分は通気性のよいメッシュ素材で、長時間の抱っこも快適です。

ヒップシートの横にはポケットが付いているため、ちょっとしたおもちゃや小物の収納に最適。

ヒップシートは首が座る頃から使えて、赤ちゃんが心地良く座れるような形に作られています。中にはほどよい固さのスポンジが入っているため、赤ちゃんのお尻を優しくサポート。

取り外し可能で綿100%のよだれパットも付いています。ちょっとした抱っこのときに活躍するヒップシートは、想像以上に活用できる!という声が多いおすすめアイテムです。

抱っこひもにはどんな種類がある?【おすすめ種類は4タイプ】

抱っこひもで家事
抱っこひもの種類は大きく分けると4つのタイプがあります。

まずは自分の利用シーンと目的に最適な抱っこひもは、どのタイプかを知っておくことが大事。多くの抱っこひもは、複数の抱っこに対応できる多機能タイプになっています。

  • 横向きに抱っこするタイプ
  • 縦向きに抱っこするタイプ
  • 前向きに抱っこするタイプ
  • おんぶタイプ

上記の4種類の抱っこひもについて、特徴や注意点などをより詳しく見ていきましょう。

横向きに抱っこするタイプ

横向きタイプの抱っこひもは、新生児~6ヶ月頃まで使用できて、アイコンタクトが取りやすいことが特徴です。

新生児の赤ちゃんを抱っこするときに、もっとも気を遣わなければならないポイントが首。まだ首が座っていない赤ちゃんは、しっかりとママの手で首を支えられる横向きが適しています。

縦向きに抱っこするタイプ

縦抱き抱っこタイプは、ママの心臓の音を身近に赤ちゃんが感じられる抱き方です。赤ちゃんにとって安心しやすく、楽な体制と言えるでしょう。通常、首が座った後の3~4カ月以降から使用可能。

ただし、最近は新生児用のインサートが付属品として付いている、または別売りで購入できるブランドも多いです。首がしっかり固定できるものは、新生児でも安心して縦抱っこができます。

前向きに抱っこするタイプ

前向き抱っこは、赤ちゃんが前を向いて、ママと同じ景色を見れるのが特徴です。首が座った後の3~4カ月ころから使用できます。

好奇心旺盛な赤ちゃんの視覚を刺激し、脳にもよい影響があると言われる抱っこタイプ。動物園に行ったときや外出時などは、前向き抱っこが便利です。

おんぶタイプ

おんぶタイプの抱っこひもは、腰が据わり始めた6か月以降くらいから使用できます。おんぶは両手がフリーになるため、家事がしやすいためママから人気です。

抱っこひもの選び方のポイント!【使用時期&安全性重視】

抱っこひもは多くの種類が販売されているため、購入を考えるときは迷いますよね。

有名ブランドがいいのか?素材は何がいいのか?など、分からないことも多いでしょう。抱っこひもを選ぶときに注意したいポイントは、以下の3つです。

  • 使用時期
  • 安全性
  • 素材

ここでは、使用時期と安全性、素材に注目した選び方について、詳しく見ていきましょう。

使用時期を決める!新生児でも使用したいかどうかを明確に

抱っこひもを選ぶときに最初に考えるべきことが、いつから使用するか?ということです。抱っこひもによっては、必要な機能が付いていない場合もあります。

新生児から使用したい人は横向きタイプのもの、または縦向きで新生児用のインサート付きの抱っこひもが必須。

赤ちゃんの首が座ってからは、縦向き、前向き、おんぶとすべて使用可能です。

おしりだけで座るヒップシート機能のみを利用する場合は、腰が座ってからになります。使用時期を決めると、自然と使用するタイプも絞られてくるでしょう。

安全性をチェック!ヘッドサポートや落下防止機能に注目

赤ちゃんを安全に抱っこするために、各メーカーはさまざまな工夫をしています。特に新生児のときは、首を支えるためのインサートのクッション性や安定感は要チェックポイントです。

また、お昼寝時に首がカックン…となることを防ぐヘッドサポートもあると安心です。

抱っこひもの中には、落下防止ベルトが付いているものもあります。心から安心して、赤ちゃんを抱っこできる商品を選びましょう。

素材はお肌に優しく通気性のよいものを選ぶ

抱っこひもの素材については、多くのブランドは綿かポリエステルを採用しています。綿の中でもオーガニックコットンは、薬剤や農薬を使用していない綿のため、よりお肌に優しい素材。赤ちゃんのデリケートなお肌にはおすすめです。

また、夏場などはメッシュタイプのポリエステルも人気。汗疹予防になりますし、軽量で洗濯もしやすいのがポイントです。

おすすめの抱っこひもだと思ったのに…失敗の理由とは?

抱っこひもで外出
抱っこひもを買ったものの、実際に使ってみるとやっぱり合わなかった…使いこなせなかった…というママさんは意外と多いです。何回か買い直す人もいる抱っこひもですが、ここでは失敗した理由についてご紹介します。

  • 自分の体型に合わなかった
  • 腰や肩などへの負担が大き過ぎた
  • 値段が安い分作りが雑だった
  • 使いこなせなかった

せっかく購入した抱っこひもが、失敗だった…!違う商品を買えばよかった…と後悔するのは残念ですよね。失敗理由を参考に、買ってよかった!と思えるような抱っこひもを選びましょう。

自分の体型に合わなかった

海外製の抱っこひもは高い人気を誇っていますよね。ただし、小柄な人が抱っこひもを選ぶ際には、注意が必要です。海外製だと大きめに作られていることが多く、サイズが合わないケースがあります。また、肩幅や体型的に人によっては合わないブランドもあるため、サイズの調節機能などもよくチェックしてから購入しましょう。

腰や肩などへの負担が大き過ぎた

サイズはぴったり!と思って買ったとしても、使い続けるうちに肩や腰などへの負担が大きくなる場合があります。

特に普段から肩こりや腰痛に悩まされている人は、製品の特長やレビューなどをよく確認した上で購入しましょう。

ブランドによって、肩や腰への負担を軽減する工夫は違います。

肩こりがひどい人は肩ベルトに工夫があるものを選び、腰痛がある人はウエストベルトがしっかりしたものを選ぶなど、自分にとって最適なものを選ぶのがポイントです。

使いこなせなかった

抱っこひもの中には4WAYや5WAYなど多機能なものも多くありますが、まったく使いこなせなかった…という人もいるのをご存じでしょうか?

多機能タイプのものは、仕様が複雑なものもあります。

結局は、縦抱き抱っこだけでよかった…という人も意外と多いため、自分の使用シーンをあらかじめよく考えてから購入するといいでしょう。

抱っこひもで赤ちゃんとの触れ合いを大切に

抱っこひもは、赤ちゃんとママに心地よい一体感を与えながら、さまざまなアクティビティーを可能にしてくれるアイテムです。

シンプルなものから新世代の抱っこひもと呼ばれるヒップシートタイプのものなど、種類はさまざま。多くの人は、2歳くらいまでは毎日のように抱っこひもを使用します。

赤ちゃんの快適さと利用シーンをよく考えて、自分に最適なタイプの抱っこひもを選びたいですね。赤ちゃんの成長と笑顔をサポートする、おすすめの抱っこひも20選でした!