髪をセットする美容師と客

髪のファッションを意識する上で、ヘアワックスは欠かせません。スタイリング剤でも特にベーシックな部類となっており、美容師などはもちろん、おしゃれにこだわりを持つ個人でも活用している人は多いです。

そしてアリミノデューサーロレッタなど数ある人気ヘアワックスの中でも特に注目すべきなのが、ナカノワックスです。上質なスタイルを手軽に作れることから、愛用する人が少なくありません。

今回、そんなナカノワックスの中でも特におすすめのものを、ナチュラル派、しっかり派それぞれに向けて各10選、計20選を特集しました。日々のおしゃれの必需品になること必至です。ぜひ、注目してください。

そもそもワックスってどんなもの?まずは特徴をチェック!

スタイリングする外人男性

ワックスは、数多く存在するヘアスタイリング剤の中でも、比較的粘り気の強い蝋状のタイプを指します。手に乗せて馴染ませると、体温で安易に溶解していく点も特徴でしょう。

これにより、あらゆる硬さのワックスも髪に馴染ませやすくなります。そもそも「wax」という言葉自体、蝋を表すものであるため、この考え方は何ともしっくりくるでしょう。

ですが、それはあくまで狭義の考え方であり、実際は性質の異なるさまざまなものが展開されているので、一概に定義づけるのも難しいです。まさに蝋といえる粘り気が特徴のものがあれば、クリームに近いさらっとしたもの、また逆に、土のような硬さを誇るテクスチャーのものまで多種多様です。

そのためワックスは、種類の豊富さを活かして、あらゆるヘアスタイル作りに役立てられるベーシックなスタイリング剤と捉えておいてください。

ヘアワックスの定番!ナカノワックスを知ろう

 

ヘアサロンの道具一式

ナカノワックスは、ヘアワックスの中でも代表的な種類のひとつでしょう。長きに渡り広く好まれているため、ファッションにこだわりを持つ人なら、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。より深く、知っていきましょう。

どういう意味?特徴的な製品名の由来

名称は、製造元が中野製薬であることに由来しています。同社は、ヘアワックスからヘアカラー、ヘアケア、シャンプー・リンス、また育毛分野など髪に関するあらゆる製品を展開しており、ヘアファッションにこだわるのであれば知っておいて損のない会社といえるでしょう。

前身の中野化学研究所時代を含めると、創業は1956年にまで遡るほどなので、まさにヘアファッション界の老舗といった印象です。そしてそんな中野製薬の主力となっている製品こそが、何を隠そうナカノワックスなのです。

美容師御用達!プロにも好まれる高品質

近年、サロン仕様のヘアスタイリング剤が人気を博しています。そしてナカノワックスもまた、そんなサロン仕様製品の代表的なひとつとなっています。

コンビニなどでも広く扱われている、ギャツビーやUNO、GERAIDが使いやすさやリーズナブルさが魅力とすれば、サロン仕様のものはとにかく質重視といえるでしょう。事実、人気ヘアサロンなどでも扱われるものであるため、それこそサロン帰りのような仕上がりを自宅で再現することも可能です。

価格がやや割高となる場合も少なくありませんが、それだけの価値は十分感じられます。美容師に作ってもらったハイセンスなデザインを、できるだけ長く楽しみたい。ナカノワックスをはじめとしたサロン仕様アイテムは、まさにそんな考えを持つおしゃれ意識の高い人に最適なアイテムとなるでしょう。

繊細な質感も自在…とにかく豊富なバリエーション

サロン仕様のスタイリング剤については、比較的以前からブームのようになっているため、いまや決して珍しいものでもなくなってきています。美容室はもちろん、大型ドラッグストアやネット通販を利用することでも、気軽に手に入れられるでしょう。そんな競合ひしめく中で、なぜなおもナカノワックスが一線級の人気を維持し続けているのか、その理由のひとつに、バリエーションの豊富さが挙げられます。

ナカノワックスの代名詞ともいえるファイバータイプのスタイリングワックスから、髪へのいたわり成分にもこだわったタントシリーズ、そしてハイセンス向けに作られた上級ラインナップモデニカ、またさらにはそれぞれにおいて硬さや質感もこだわれるよう細かく種類分けされているなど、何とも充実しています。

さすがは、繊細なディテールを追求するプロも好む製品展開といったところでしょう。自分に合う一点を突き詰めて選ぶことで、理想のスタイルを楽しめそうです。

ナカノワックスを見極めよう!自分に合う一点の選び方

 

笑顔で立つ外人女性美容師

ナカノワックスの種類の豊富さを活かすなら、やはり自分に合う一点の見極めが肝心となってきます。合わないものを選んでしまっては、いくらスタイリング剤として優秀であっても、その良さはしっかり発揮されません。選び方のポイントも押さえて、最適なナカノワックスを手にしてください。

髪も体の一部!まずは髪質の個性をチェック

人それぞれ、顔や体に個性があるように、髪もまた千差万別です。直毛・天然パーマ・剛毛・軟毛、さらには長さやスタイルなども考えると、まったく同じ人はそういないでしょう。そのため、自分の髪質や状態に合うタイプを選ぶというのが、まずポイントのひとつです。

主な考え方としては、たとえば直毛や剛毛、ショートヘアやベリーショートにはハード系やファイバー系、マット系の比較的ハードなものが合いやすいです。髪が動きにくいので、根元から立ち上げられる強力タイプが効果的でしょう。また髪が短い場合、形を長くキープする上でもパワーのあるものが重宝します。

一方、天然パーマや軟毛、ミディアム~ロングに関しては、さらっとしたクリーム系やエアリー系のライト~ノーマルぐらいの質感が合いやすいでしょう。軽く動きやすい髪質、状態なので、まとまりや流れを適度に作れるソフトなものが適しやすいです。

逆に油分が多いハード寄りのものを使うと、絡まったり、ベタついた雰囲気になることもあるので、あまりおすすめできません。

ちょっとした違いが魅力を左右…艶感にこだわる

ワックスは、種類によっての表現も結構異なります。そしてこの艶もまた、スタイルと同様に印象を大きく左右するポイントといえるでしょう。どのような艶を表現したいか考えて、ツヤ感の大きさにも注目してください。

たとえば艶を強調したいなら、ウェット感が強いもの、グリースやシャイニーといったワードの入った、ツヤ感を特徴とする製品を選びましょう。「ナカノ スタイリング タント ワックス 7 ラスティング&シャイニー」、「モデニカ グリース 4」がそれに該当します。またライト寄りのワックスを多めに使うことでも、ウェット感の強調に繋げられます。

逆に艶を抑えたいなら、マット系や少量でもしっかり動かせる強力タイプがおすすめです。特にマット系は、艶の少なさこそを魅力としたタイプでもあるので、クールさやさりげなさを演出したい人にぴったりでしょう。

バリエーション豊富なナカノワックスなら、もちろんこうしたタイプもしっかり揃えられています。

逆算して選ぶ!目指したいスタイルに合わせて

ワックスを検討している人は、「ワックスをつけたいから」という理由で選んでいるわけでもないでしょう。基本的には、理想のスタイルを実現することこそが最大の目的なはずです。そのため、どういったスタイルを目指したいかイメージしてから選ぶという方法もおすすめです。

さりげなく流れを作るなら軽めのものを、根元から大きく動かしたいなら強力タイプ、繊細さを重視するならファイバータイプ、持続性なら超強力シリーズを…といった具合です。

また、美容室でカットやアレンジをしてもらった際に、スタイル作りに適したワックスの特徴を聞いておくというのも良いでしょう。多くの場合は美容師側から教えてくれるので、覚えて帰ってワックス選びの参考にしてみてください。

絶妙な毛流れを演出!「ナチュラル派向け」おすすめランキング10選

ナチュラルなヘアスタイルの外人男性

前述の通り、ヘアワックスは選び方ひとつでさまざまな質感を表現できます。そこで今回、ナカノワックスを「ナチュラル派向け」と「しっかり派向け」のそれぞれに分けて、計20点ピックアップしました。自分の作りたいスタイルや好みに合わせて、チェックしてみてください。

まず以下は、ナチュラル派向けのおすすめナカノワックスとなっています。自然な流れを作りたい、髪質が細くやわらかい、ミディアム~ロング寄りの長さであるといった場合に、重宝するでしょう。それぞれの特徴を知って、自分に適したものを見つけてください。

第10位 ナカノ スタイリングワックス 3 ライトハード

軽さ ★★★☆☆
ツヤ感 ★★☆☆☆
ふた ワンタッチキャップ
容量 90g
香り ピーチ

ベーシックな1本!動きも出せるライトタイプ

ナカノワックスのベーシックなラインナップ「ナカノ スタイリングワックス」の1本です。この「3」タイプは、ライトさが特徴的でありながらも下から3つめの軽さとなっているため、軽いながらある程度動きを出すことにも適しています。ベタつかせたくない、だけど自然にキメたい、そんなときにちょうど良いかもしれません。

また大きな個性となっているのが、ワンタッチキャップについてです。スタイリング時は何かと手がべたついてしまうため、ボトルやふたを汚してしまいがちでしょう。ですがこのふたはワンタッチで開閉できるので、きれいな状態で使い続けられます。

第9位 ナカノ スタイリング プレミアム ワックス3 ライトハード

軽さ ★★★☆☆
ツヤ感 ★★☆☆☆
ふた スクリューキャップ
容量 60g
香り フレッシュフローラル

プレミアムな質感を作れる…オンもオフもこれひとつで

第10位と同じくライトハードの「3」ですが、見た目からも分かる通り、またひと味違うワックスとなっています。プレミアムシリーズの1点となっているので、より上質な印象が感じられるでしょう。ライトながらしっかりとしたクセづけにも適しているので、自然に毛先を遊ばせたいときに重宝します。

ボトルデザインもまた、おしゃれへのモチベーションを高めてくれてなりません。さすがはプレミアムアイテムなだけあって、センス感じられるデザインに仕上がっています。ひとつのインテリア小物としても、洗面台を彩ってくれるかもしれません。

第8位 ナカノ スタイリングワックス 90g

軽さ ★★☆☆☆
ツヤ感 ★★★☆☆
ふた スクリューキャップ
容量 90g
香り 抑えめ

間違いないナカノのベーシックアイテム!

ナカノワックスは、定期的に新商品を展開するアグレッシブなシリーズでもあります。そんな中この「ナカノ スタイリングワックス」は、古くから販売され続けているベーシックなタイプといえるでしょう。ですが、今なお多くのヘアサロンで好まれている、まさにプロ御用達の逸品でもあります。

種類としてはノーマルタイプですが、ナチュラル派にもちょうど良い印象でしょう。ナチュラルからちょっとしたしっかりめスタイルにも活かせるので、まだどのようなスタイリングをしようか迷っている人にも、間違いない1点となるのではないでしょうか。またファイバーワックスなので、少量でもしっかり動きを作ってくれます。

第7位 ナカノ スタイリングタントNワックス2 ノーマル

軽さ ★★★★☆
ツヤ感 ★★★☆☆
ふた ワンタッチキャップ
容量 90g
香り マスカット系

繊細な髪をいたわりながらやさしくスタイリング

ナチュラル派の人には、髪質が繊細な人も少なくないことでしょう。細くやわらかい髪に、ハード系は違和感を与える元となってしまうため、自然な質感の方が合うのです。その点このスタイリングタントNワックスは、UVA・UVB防止力をアップさせるシアバターを増量したタイプとなっています。太陽などから受ける紫外線ダメージを軽減してくれるので、繊細な髪をいたわる上でも有効に感じられるでしょう。

また、匂いにもぜひ注目してください。タントシリーズ全体に共通していえることですが、製品テーマとなっているマスカット系の匂いに何とも癒されます。一度使うと、ハマること必至でしょう。

第6位 NAKANO MODENICA ナカノ モデニカ ワックス 4

軽さ ★★★☆☆
ツヤ感 ★☆☆☆☆
ふた スクリューキャップ
容量 60g
香り シトラスフローラル

スーパーハードながら空気を含んだスタイルが得意

ナチュラルなスタイルを目指したいなら、基本はライトタイプ寄りのワックスが効果的です。ですがここで、あえてしっかりめのスタイリングをサポートするモデニカシリーズからも1点ピックアップしましょう。シリーズ内では一番軽い、スーパーハードタイプです。

選定の理由は、少量でも空気を多く含んだエアリーなスタイルを作ることに適しているためです。上質ラインのモデニカならではのキープ力が、崩れやすいナチュラル系スタイルも長時間維持してくれるでしょう。男らしいシックなボトルも、目を引く1点です。

第5位 ナカノ スタイリング プレミアム ワックス2

軽さ ★★★★☆
ツヤ感 ★★★☆☆
ふた スクリューキャップ
容量 60g
香り フレッシュフローラル

自然な毛束でやわらかな毛流れを表現

前述でも紹介している、プレミアムワックスシリーズの「2」になります。このワックスの魅力は、自然な毛束を作ることを得意としているでしょう。ソフトながらもさりげなく主張する毛束感で、ナチュラルな毛流れを表現します。繊細な仕上がりは、さすがサロン仕様といった雰囲気に感じられるでしょう。

また中身の写真から分かる通り、ワックスではありながらクリーム状が特徴的でもあります。このため、使用量次第で程よい艶感の演出にも役立てられるでしょう。あらゆるアレンジを、突き詰めてみてください。

第4位 ナカノ スタイリングワックス2

軽さ ★★★★☆
ツヤ感 ★★★☆☆
ふた ワンタッチキャップ
容量 90g
香り ピーチ

クリーミーなワックスを自在に楽しむ

第5位と同じく「2」のノーマルタイプでありながら、こちらはプレミアムでない通常シリーズとなっています。普通に考えると上質な方がおすすめなのでは?とも思えるかもしれませんが、そうとは限りません。通常のスタイリングワックスの「2」だからこその魅力を、大いに活かしてください。

プレミアムの「2」以上に魅力に感じられる点は、価格と容量です。こちらの方が比較的安く、また30g多いという特徴も伴います。ライトなワックスを使う人には、ミディアム~ロングぐらいのスタイルの人が少なくありません。その点、たっぷり入ったこのワックスは、残量をあまり気にすることなく思いっきり使用できるでしょう。

第3位 ナカノ タント ミズワックス2

軽さ ★★★★☆
ツヤ感 ★★★★☆
ふた プラスチックキャップ
容量 100ml
香り マスカット系

水なのにワックス?!変り種系ナカノワックス

ここでまさかの商品の登場ですが、これもまたナカノのワックスに他なりません。液状のスタイリング剤が入った、スプレータイプのシリーズです。ウォーターベースのテクスチャーだからこその自然なまとまりが作れるため、主張し過ぎない適度な毛流れが期待できるでしょう。

固めずまとめるという特性が、ジェルやホールド系スプレーとは一線を画します。手にとって馴染ませてから髪に使用する商品なので、使い方もまたワックスと同じ感覚でしょう。またウェット感とシアバターによる潤いで、毛先の保護や艶感アップも期待できます。

第2位 中野製薬 スタイリングワックス1 ライトタイプ

軽さ ★★★★★
ツヤ感 ★☆☆☆☆
ふた ワンタッチキャップ
容量 90g
香り ピーチ

ソフトさとナチュラルを兼ね備えたライトワックス

ナカノワックスのベーシックシリーズでも、特に軽いライトタイプの「1」です。軽さを重視するなら、まず選んでおいて間違いないでしょう。ヘアカラーの退色防止成分も含まれているので、カラーリングにこだわる女性にも重宝できそうです。

上位ランクインの理由は、ソフトなホールドのワックスでありながら、ベタつき防止にも力が注がれているためです。ナチュラルにまとめたい、かつ艶は出したくない、そんなこだわり派の要望も見事叶えてくれるでしょう。さすがは、上質な製品をラインナップに連ねる中野製薬といったところです。

第1位 ナカノ スタイリングタントNワックス1 ライト

軽さ ★★★★★
ツヤ感 ★★☆☆☆
ふた ワンタッチキャップ
容量 90g
香り マスカット系

ニュアンスを楽しみつつ髪もいたわるベストなライト

もちろん第1位もライトタイプの「1」なわけですが、ナチュラル派にぜひおすすめしたいのはこのタントシリーズです。繊細な髪質で遊ぶ上では、やはりニュアンス作りだけでなく、ケアも欠かせません。ライト系とはいえ、ワックスを使用する以上は髪に負荷を与えてしまうためです。その点、このタントの「1」は理想的に感じられるでしょう。

理由は、前述でも紹介しているシアバターによるUVA・UVB防止力、その他うるおい成分のγ-オリザノール、保湿成分ワレモコウエキスなども贅沢に配合されているためです。タントシリーズ随一の軽さと充実のケア成分で、繊細な髪のおしゃれも思いっきり楽しむことができます。

こだわりを強力キープ!「しっかり派向け」おすすめランキング10選

ワイルドなヘアスタイルの外人男性

近年は男性のヘアスタイルも多様化してきていますが、やはりショートやミディアムショートといったすっきりとした長さが多数派でしょう。そのため、ワックスなどのスタイリング剤にも強力さを求めている人は多いかと思われます。ナカノワックスなら、ニュアンスとキープ力共に優れたハードタイプ製品も少なくありません。ナカノワックスならではのクオリティが、大切な1日のスタイルもしっかりサポートしてくれることでしょう。

第10位 ナカノ スタイリング ワックス 5 スーパーハード

ハードさ ★★★☆☆
ツヤ感 ★★☆☆☆
ふた ワンタッチキャップ
容量 90g
香り ピーチ

初心者向けの適度なスーパーハード感

1~7のグレードに分けられたナカノワックスのベーシックなスタイリングワックスシリーズにおいて、この「5」は上から3番目にあたります。強力なキープ力とまではいきませんが、ワックス製品全体の中では比較的ハードな部類に属すでしょう。ハード系ワックスを初めて使うような、初心者にも手を伸ばしやすいタイプになっています。

キープにこだわりたいからといって、とにかくハードであれば良いというわけでもありません。固め過ぎても、少しくどい印象となってしまいます。この「5」なら、程よくキープしつつも自然なニュアンスもプラスしたい、そんなときにも役立ちそうです。

第9位 ナカノ タントワックス7N ラスティング&ナチュラル

ハードさ ★★★★☆
ツヤ感 ★★☆☆☆
ふた ワンタッチキャップ
容量 90g
香り スウィートフルーティフローラル

髪質を選ばないいたわり系キープワックス

紫外線防止や保湿効果を兼ね備えたタントでも、このラスティングシリーズはまた新たな特徴が加わります。それは、強力なキープ力です。「ラスティング」という言葉自体「持続」や「長持ち」を意味しているそうなので、キープ力重視にはぴったりといえるでしょう。3種類の展開があり、このナチュラルは比較的キープ感が穏やかで使いやすい印象です。

また、強力でありながら使う髪質を選びにくいという点も特長的に感じられるでしょう。なぜなら、キープポリマー採用により、剛毛や直毛だけでなく、やわらかで繊細な毛にも安心して使用できるためです。使い勝手の良い、キープワックスといえます。

第8位 中野製薬 モデニカ ワックス6

ハードさ ★★★☆☆
ツヤ感 ★☆☆☆☆
ふた スクリューキャップ
容量 60g
香り シトラスフローラル

少ない量でもしっかりスタイルキープ

「高い美容意識を持つ男性に向けたスタイリング料」というテーマのもと展開される、モデニカの1点です。特徴は、しっかりとした動きを少量でも作り出せるという部分でしょう。そのため、容量が通常シリーズより30g少ないものの、頻繁に買い替えなければならないというわけでもありません。効率良く、効果的なキープを楽しみ続けられるでしょう。

シリーズの中でも、やや落ち着いた印象感じられるブラウンのボトルも印象的です。まさに大人のアイテムといった雰囲気なので、年齢に限らず持ち歩けそうです。

第7位 ナカノ スタイリングワックス ハード

ハードさ ★★★☆☆
ツヤ感 ★★☆☆☆
ふた スクリューキャップ
容量 90g
香り 抑えめ

ナカノワックスの王道的人気ハードワックス

ナカノワックスといえばこれ!そんな認識の人も多いのではないでしょうか。中野製薬で古くから販売されているシリーズの、ハードタイプとなっています。ボトルデザインからして、少しレトロな味わいも感じられる一品です。ですがその機能性は、多くの美容室で愛用されるほどとなっており、まず侮ってはなりません。粘り気やなじみが良く、スタイリングに自信がない人でもすぐ使いこなせるでしょう。

またこれは、まだファイバータイプがそこまで広まっていなかった頃、いち早く登場したファイバーワックスでもあります。ファイバーによるスタイルキープの、パイオニア的ワックスといっても過言ではないでしょう。知名度、実力共に優れた、ナカノを代表するワックスです。

第6位 ナカノ タント ミズワックス5 100ml

ハードさ ★★★☆☆
ツヤ感 ★★★★☆
ふた プラスチックキャップ
容量 100ml
香り マスカット系

ランダムな束感をウェットな艶と共に

ウォータータイプだからといって、ハードさが期待できないわけでもありません。ナカノミズワックスシリーズにも、スーパーハードタイプが用意されています。ワックス以上に馴染みやすいので、ランダムで自然な毛束感を楽しむことに適しています。

通常のワックスも数ある中であえてこのミズワックスを選ぶメリットとしては、独特の艶が挙げられるでしょう。成分が乾いてもニュアンスはキープされるので、ルーズでけだるい印象を表現することにも適しているかもしれません。立ち上げのためのスーパーハード系ワックスと、合わせて使用しても良いでしょう。

第5位 ナカノ スタイリング ワックス 6 ウルトラスーパーハード

ハードさ ★★★★★
ツヤ感 ★★☆☆☆
ふた ワンタッチキャップ
容量 90g
香り ピーチ

強力なホールド力でこだわりヘアを1日キープ

見るからに力強いブラックボトルの「6」は、ナカノスタイリングワックスでもトップクラスのハードさを誇るその名もウルトラスーパーハードです。スタイリッシュな毛流れには、はっきりとした動きの表現が欠かせません。このワックスなら、大きな動きもがっちりキープして1日中こだわりヘアを保てます。

また強力なワックスの場合、髪への負担も大きいため、ヘアカラーの劣化も気になるところです。ですが心配はいりません。ヘアカラーの退色防止成分も配合されているので、毎日たっぷり使ってもきれいな色味が長く保持できます。

第4位 NAKANO MODENICA ナカノ モデニカ スモーキーマット

ハードさ ★★★★☆
ツヤ感 ☆☆☆☆☆
ふた スクリューキャップ
容量 60g
香り シトラスフローラル

艶感をあえて抑えたクレイタイプハードワックス

パワフルかつ上質なワックスを展開するモデニカシリーズの、クレイタイプになります。「クレイ」とは粘土のことで、その名の通り粘土質が特徴的な一風変わったワックスになっています。魅力は、何といってもマット感でしょう。これこそが、クレイを選ぶ最大の理由に他なりません。艶を抑えてワイルドに動きを出す、そんなスタイルに適しています。

飾らないクールなスタイルは男らしい印象ですが、このスモーキーマットのダンディさはニュアンス作りだけに留まりません。匂いにも、ぜひ注目してください。シトラスフローラルの清潔感ある匂いが、デキる大人の男の爽やかさを演出すること必至です。

第3位 ナカノ スタイリング プレミアム ワックス7

ハードさ ★★★★☆
ツヤ感 ★★☆☆☆
ふた スクリューキャップ
容量 60g
香り フレッシュフローラル

プレミアムラインの強力ワックス

プレミアムワックスシリーズでは、こちら「7」が最強クラスのハードさとなっています。ナカノならではの機能性も去ることながら、アミノ酸誘導体フィトステリルエステル・グレープシードオイル・シアバターといった上質ないたわり成分をふんだんに配合している点が特徴的です。大事な髪をいたわりつつ、躍動的なスタイル作りを楽しんでください。

ハードさとしては、超スーパーハードに分類されているので、長時間のキープ力が期待できます。60gとやや小ぶりですが、少量でしっかり動かせるため、十分な分量に感じられるのではないでしょうか。

第2位 ナカノ スタイリングタントNワックス7 スーパータフ

ハードさ ★★★★★
ツヤ感 ★★☆☆☆
ふた ワンタッチキャップ
容量 90g
香り マスカット系

ワイルドに攻めたいならタントの7で決まり

ナカノワックスの人気シリーズタントにおける、しっかり派にぴったりな1点です。その名もスーパータフハードとなっており、一般的なハード系とは一線を画します。躍動的かつワイルドに作った動きを、長時間強力にキープしてくれるでしょう。とはいえ、匂いはタントならではのフルーティーなマスカット系なので、力強さと爽やかさが兼ね備えられた印象です。

「7」ほどの強力タイプともなれば、やはり粘り気の強いテクスチャーが特徴的となっています。ですが、だからといってこのスーパータフハードは扱いづらさが気になりません。ワンタッチキャップ採用なので、スムーズに扱うことができ、ボトルの汚れワックスのこぼれ落ちなども防げます。

第1位 モデニカ グリース 4

ハードさ ★★★★★
ツヤ感 ★★★★☆
ふた スクリューキャップ
容量 90g
香り シトラスフローラル

キープ力も印象もしっかり!モデニカのタフワックス

キープ力だけでなく、ハードな印象もしっかり演出したい、そんな男らしさ重視におすすめなのがこのモデニカ グリース 4です。ハード系ワックス数あれど、ウェットなツヤ感まで表現できるものはあまりみられません。水分が多く伴うと、反面空気感は損なわれてしまいやすいためです。ですが、ファイバーを配合したこのグリースワックスなら、強力なキープ力とツヤ感を同時に高いレベルで演出できます。

ファイバーによる伸びの良さも特徴的なので、ベタついて使いにくいといった心配もいりません。手や髪にまんべんなく馴染ませて、思い通りのスタイルを表現してください。ブラックボトルもタフネスな雰囲気で、まさしく男の中の男のスタイリング剤といった印象です。

ワックス選びだけじゃない!理想のスタイル作りにはスタイリングのやり方も肝心

髪をセットする美容師と客

ナカノワックスは、どれをとってもとても上質です。さすがは、古くから続けられる老舗頭髪系製薬会社といった印象です。ですが、だからといって良いワックスさえ選べていれば理想のスタイルが作れるかといえば、そうでもありません。

良いワックスを、効果的な使い方で髪に使用して、はじめて良さを実感できるといったところです。以下のポイントを押さえて、まさにプロ仕様のサロン帰りのようなスタイルを再現してみてください。

多過ぎても少な過ぎてもNG…まずは分量に注目

ワックスを使う上で、分量はとても重要です。最初にどれくらい手に取るか、この時点で仕上がりが左右されてしまうといっても過言ではありません。なぜなら、少な過ぎればスタイリングは物足りなくなり、逆に多過ぎると重たくくどい印象となってしまうためです。特に後者は、カッコ悪い仕上がりに繋がりやすいので注意しましょう。

おすすめは、少量を何回かに分けて使用するという方法でしょう。少な過ぎる場合に関しては、多過ぎるときと異なり、何度もつけることで調整がききます。1回あたり、10円玉ほどの量を手にとるよう意識するとちょうど良い印象です。

とはいえ、結局は作りたいスタイルや髪質、長さによって適切な量は変わってきます。少量づつ試して、ベストな量というのを見出してみてください。新しいスタイルに変えたばかりのタイミングでは、特に集中しましょう。

髪につける前の準備!手に馴染ませよう

ワックスは、そのままの状態で髪につけてはいけません。成分がダマになって、何ともカッコ悪い仕上がりになってしまいます。手にまんべんなく馴染ませてからつけていくのが、基本の使い方となってきます。

馴染ませ方の基準としては、成分が透明になるまでと覚えておいてください。ナカノワックスには、クリーム状や伸びの良いファイバー系、クレイタイプなどさまざまな種類がありますが、いずれのテクスチャーもしっかり馴染ませることで透明になってきます。伸ばしたこと、そして手の温度で温めることで、成分が液状に変化してくのです。この液状こそがスタイリングに適したワックスの状態なので、覚えておいてください。

失敗のないスタイル作りのコツ!ポイントを覚えておこう

使い方も、やはりスタイルの完成系に左右されるわけですが、失敗しにくいおすすめの方法というものがあります。それは、「後ろ髪→サイド→トップ」の順につけていくやり方です。

これにより、毛量の多い後ろ側にはワックスをたっぷりつけてしっかり動かし、サイドも適度にアレンジ、逆にトップやフロントは、さりげないニュアンス程度に抑えるという絶妙なつけ方ができるでしょう。

トップや前髪にワックスをつけすぎると、重さやくどさが際立ってしまいます。後ろ髪とサイドを経たあとの、わずかな残りでニュアンスを作る…程度で十分です。

また、ひし形のシルエットを意識するということもポイントになってきます。トップとあごを頂点として、サイドやはち周りは抑えめを意識すると、バランス良く仕上がりやすいでしょう。美容師も実践する基本的な技なので、意識しておいてきっと損はありません。

まとめ

サロン系ヘアワックスの人気シリーズ、ナカノワックスの魅力はお届けできたでしょうか。上記の通り、プロの美容師も好む上質な製品が、多岐に渡り展開されています。

作りたいニュアンスやスタイル、髪質に合わせて、理想の1点を選択してみてください。セット力からヘアケアまでこだわりを込めて作られたワックスが、希望のスタイル作りを強力に後押ししてくれることでしょう。

髪は、顔の近くに位置する部位です。それだけに、ヘアスタイルひとつであなた自身の雰囲気まで大きく左右されることでしょう。バランスの良い理想的なスタイルに仕上がれば、より魅力を高めることにも繋げられます。ナカノワックスを効果的に活用して、日々の充実に役立ててみてはいかがでしょう。