モバイルバッテリー3

一日がかりの外出では電源がない場所をずっと移動することもあるものですが、モバイルバッテリーがあればどこでも充電を開始できて安心です。今回はAnkerやAukey、cheeroなど大手から販売されているものも含め、大容量モバイルバッテリーを20個紹介します。

バッテリー容量が少ないと充電に適した端末が少なく、不便です。買ったら全然充電できなかった!ということも。大容量モバイルバッテリーなら端末を複数回充電できたり、タブレットやパソコンなどバッテリー容量が大きい機器でも充電できたりと、メリットが満載です。

同じ大容量でも容量やサイズ、重さに違いがあるので、自分に合うものを選びましょう。

スマホやタブレット等の機器を持ち歩くなら、モバイルバッテリーを持ち歩くべき?

モバイルバッテリー1

いつでも充電できるので、あると便利なモバイルバッテリー。しかし誰もがいつも持ち歩くべきというわけではありません。

人によってはモバイルバッテリーは不要になることもありますし、反対に絶対にモバイルバッテリーを常に用意しておいた方が良いタイプの人もいます。

モバイルバッテリーで充電できるのは、スマートフォンだけではありません。主にUSB充電ができる機器なら、なんでも充電できます。

大容量バッテリーは、スマートフォンだけでなく搭載しているバッテリー容量が大きい様々な端末の充電にも活用できるのです。

空き時間にずっとスマホ等を使ってバッテリーを消費しているなら、あると安心

休憩時間や移動時間など、空き時間にはずっとスマホでゲームをしたり動画を見たりしている。そんな人はバッテリーの消費が激しくなってしまいがちですよね。

帰宅時間になる頃にはもうバッテリーが残り20%を切ってしまっていて、最終的に家にたどり着く前にもうバッテリーが0%。こんな人はもしものために、モバイルバッテリーを持ち歩いた方が良いでしょう。

またたくさん使うわけではないとしても、スマホのバッテリーが長い間使っているうちに消耗してしまっている場合はバッテリーがすぐに減ってしまいがち。

長年同じスマホを使っている人も、モバイルバッテリーを持ち歩いた方が安心でしょう。

朝から晩まで電源のない場所を移動する旅行中などは、モバイルバッテリーがあった方が助かる

普段はモバイルバッテリーが不要だとしても、旅行や出張などで電源のない場所をずっと移動するときはモバイルバッテリーがあった方が安心です。

とくにいつも通っている場所以外だと、目的地に行くために地図アプリを見たり、現地の宿やレストランの情報を集めたりと、スマホやタブレットを長い時間使いますよね。

モバイルバッテリーがないと、まだ機器を使わないといけない状況でバッテリー切れになってしまった時に八方ふさがりになってしまいます。

あらかじめスマホやタブレット等を長時間使うことが予想される外出時には、モバイルバッテリーを持ち歩くべきです。

大容量モバイルバッテリーは一度に何度も同じ端末を充電したり、タブレットやパソコンを充電したりするのに役立つ

モバイルバッテリーの中でも大容量なものだと、例えばバッテリー容量が大きくないスマートフォンやゲーム機なら複数回充電できます。

一日中スマホ等を使っていると、1回満タンまで充電してもまたバッテリー切れが近づいてくることがありますよね。そんな時も安心です。

そしてバッテリー容量が少ないタブレットやパソコンも、大容量のモバイルバッテリーなら機器によっては満タンまで充電可能です。

電源のない場所でノートパソコンを使って仕事をしていたら、そろそろバッテリーがなくなる!こんな時も、大容量モバイルバッテリーがあれば安心です。

大容量モバイルバッテリーの選び方は?安ければOK?

モバイルバッテリー4

モバイルバッテリーにはたくさんのバリエーションがあり、それぞれバッテリー容量やサイズ、重さ、形状などバラバラです。

値段も1,000円程度の安いものから1万円くらいの高額なものまで様々です。人によってそれらの項目の中でも重視するポイントは、変わってくるでしょう。

今回は「大容量」という条件を設定したうえで、選び方を解説します。

大容量の中にもバッテリー容量は幅があり、容量と共に値段が上がる

「大容量モバイルバッテリー」と言っても、ピンからキリまであります。今回は10,000mAh以上なら大容量と設定しますが、それでも「15,000mAh」「20,000mAh」「30,000mAh」など様々です。

またカバンなどに入らない大きなものも含めれば、50,000mAh以上のモバイルバッテリーさえあります。

ただバッテリー容量の数値の大きさだけで選ぶのではなく、自分の用途を考えてどのくらいの容量が必要か決めましょう。

バッテリー容量が大きければ大きいほど充電において役立つことは間違いありませんが、当然ながらバッテリー容量が大きくなるということは、値段も上がります。

大容量モバイルバッテリーを購入する際は、予算も考慮しましょう。

大容量モバイルバッテリーは大きく重くなってしまいがち、サイズと重さを確認しよう

大容量モバイルバッテリーは、2,000mAhや5,000mAhといった小容量~並程度のモバイルバッテリーに比べて大きいですし、重いです。

とくにノートパソコンの充電にも対応するような25,000mAh以上のモバイルバッテリーは、カバンに入れるとずっしりくることも。

大容量モバイルバッテリー購入の際は、サイズと重さを確認しましょう。

ちなみにサイズ自体は大きくても、薄ければカバンやリュックの隙間に滑り込ませやすいです。

急速充電等への対応や充電出力など、製品仕様も確認しておくのが大事

モバイルバッテリーには、大きな電流を流して素早く充電できる「急速充電」に対応したものもあります。

また機器に合わせて適切な電流を流せる機能を備えたものも、少なくありません。そして機器によっては複数のUSBポートがあることも。

さらにUSBポートごとに出力仕様・出力電流が異なり、特定のポートしか急速充電できないものがあったりもします。

フルスピード充電の仕様なども、確認しておきたいところ。充電機能に関する細かい仕様を確かめておくのが重要ですね。

モバイルバッテリーには怪しいメーカーのものもある!評判をチェックしよう

モバイルバッテリーは電池が入っているもので、品質の悪いものを購入すると最悪の場合火災などに発展することもあります。

安心して使うためにはできるだけ、AnkerやAukey、cheeroなど大手メーカーのものを購入した方が安心ですね。

あまり知られていないメーカーの商品を購入する場合は、必ず評判をチェックしましょう。

素早くたくさん充電できる、おすすめ大容量モバイルバッテリーベスト20!

モバイルバッテリー2

ここからはAmazonで購入できる大容量モバイルバッテリーを、合計20台紹介します。

全て10,000mAh以上の大容量バッテリーが内臓されていて、可能なスマホの充電回数は3〜10回程度です。

またタブレットやゲーム機も充電できますね。USBポートが複数あれば、同時充電も問題ありません。

20,000mAh以上の大容量モバイルバッテリーの中には、MacBookやその他ノートパソコンをフル充電できるものもあります。

それぞれに得意・不得意があるので、順位だけでなく内容についてもチェックしてみてくださいね。

第20位:Kinps モバイルバッテリー 10000mAh 2USBポート MicroUSBケーブル付き 全機種対応 ブラック

評判 ★★★
重さ 212g
サイズ 126×69×14mm
充電速度 2.4A
USBポート数 2

バッテリー残量をUSB端子の上にあるインジケーターで確認可能、ランプは4つあるので今どのくらいの残量が残っているかをスムーズに確認できます。

機器を最大2.4Aで充電可能で、接続された端末に合わせて適切な電流を送り、素早く充電を終えられるのが魅力です。価格も1,000円台前半と安価です。Amazonでの評価も過半数が星5となっています。

第19位:iMuto 20000mAh

iMuto 20000mAh

評判 ★★★
重さ 454g
サイズ 130×77×30mm
充電速度 2.1A/1A
USBポート数 2

バッテリー残量を具体的な数値で確認できるのが、iMuto製モバイルバッテリーの魅力です。

こちらは20,000mAhの大容量バッテリー搭載なので、スマートフォンなど小容量な機器なら複数回充電できます(公式には、iPhone6を8回充電可能と謳われています)。

色々な機器を充電していると残りのバッテリー残量が心配になりがちですが、iMutoのモバイルバッテリーならはっきりと数値で残量を表示してくれるので、あとどのくらい使えるか推測しやすいですね。

第18位:Coolreall 「3ポート」大容量 モバイルバッテリー 20000mAh

Coolreall 「3ポート」大容量 モバイルバッテリー 20000mAh

評判 ★★★
重さ 記載なし
サイズ 記載なし
最大電流 4.8A
USBポート数 3

Coolreallの20,000mAh大容量モバイルバッテリーは、これだけの大容量でありながら、価格が同社の15,600mAhモデルと100円も変わらない2,059円で販売されています。

驚異的価格の激安大容量モバイルバッテリーなので魅力的ですが、注意したいのはレビューを見てみると不良品に当たってしまった人の声がいくつか見受けられること。

コスパの高さはトップクラスですが、品質面では少々心配もあるため今回はあえて順位を低めに設定しました。

第17位:RuiPu【改良版】モバイルバッテリー大容量 24000mah 急速充電4ポート

RuiPu【改良版】モバイルバッテリー大容量 24000mah

評判 ★★★
重さ 記載なし
サイズ 165×80×20㎜
最大電流 2A
USBポート数 4

大容量モバイルバッテリーに搭載されているUSBポートの数は機器ごとにバラバラですが、RuiPuのモバイルバッテリーはなんと4ポート搭載です。

さらにmicroUSBケーブルとLightningケーブル、両方で本体を充電させられるのも親切ですね。iPhoneユーザーもAndroidユーザーも、余計なUSBケーブルを持ち歩く必要がありません。

第16位:ノートパソコン ポータブル電源 MAXOAK 50000mAh

ノートパソコン ポータブル電源 MAXOAK 50000mAh

評判 ★★★★
重さ 1.26kg
サイズ 207×136×33mm
最大電流 3A
USBポート数 4

今回取り上げるモバイルバッテリーの中でも最大のサイズです。画像を見ればわかるとおり、とにかく巨大です。

その代わりバッテリー容量も最大の50,000mAhで、14種類のノートパソコン用プラグが付属しています。ただしMacの充電には非対応です。

仕事でノートパソコンを使っていて、電源のない場所で長時間作業を行うなら、MAXOAKの大容量バッテリーを合わせて持ち歩いてみてはどうでしょうか。

ただしサイズが大きく重さも1.26kgと、カバンやリュックに入れて持ち歩くには難があります。車に置いておくなど、対策した方が良いでしょう。

第15位:スマホ充電器 RAVPower 12000mAh

スマホ充電器 RAVPower 12000mAh

評判 ★★★★★
重さ 236g
サイズ 130x56x24mm
最大電流 2.4A(合計3.4A)
USBポート数 2

iPhone SEと同サイズで、コンパクトながらも大容量のバッテリー容量なのがRAVPowerのモバイルバッテリーです。小型ながらUSBポートは二つ搭載されていて、さらに両方で合計最大3.4Aの電流を流せます。

スマホとタブレットの同時充電やスマホ2台の同時充電を気軽に行えるので、特に旅行で役立ちますね。

第14位:KYOKA 薄型 軽量 大容量 11200mAh

KYOKA 薄型 軽量 大容量 11200mAh

評判 ★★★★
重さ 170g
サイズ 140×57×12mm
最大電流 2.1A
USBポート数 1

画像はブラックですが、この他にもゴールドやシルバー、ローズゴールド、ブルーといったカラーもあります。

USB端子は1つですが、LEDライト搭載で非常時に灯りとしても使えます。

またバッテリー容量が11,200mAhもありながら薄型で、スマートフォンとそれほど変わらないのも魅力ですね。カバンなどにしまう時も、邪魔になりません。

第13位:iMuto 30000mAh モバイルバッテリー

iMuto 30000mAh モバイルバッテリー

評判 ★★★★
重さ 675g
サイズ 170×80×87mm
最大電流 3.4A
USBポート数 3

30,000mAhという大容量でありながら販売価格は5,000円程度で、コストパフォーマンスの高いモバイルバッテリーです。バッテリー容量を具体的な数値で確認できるのも良いですね。

またUSBポートが3つ搭載されているので、大容量を活かして同時に3台までの機器を充電できるのもメリットです。

ただし3ポート合わせて最大で電流は3.4Aであるため、3台同時充電だと全て充電し終えるまでには少し時間がかかってしまうこともあると考えられるので注意しましょう。

そしてバッテリー容量が大きい関係で、重さもあります。

第12位:ポータブル電源Omars AC出力対応 モバイルバッテリー 88W24000mAh

ポータブル電源Omars AC出力対応 モバイルバッテリー 88W24000mAh

評判 ★★★★★
重さ 約930g
サイズ 124.8x188x44mm
最大電流 2.4A(USBポート)
USBポート数 2

Omarsのモバイルバッテリーにおけるポイントは、コンセント端子が搭載されていることです。

つまりコンセントで充電しなければいけない機器も充電可能、DC出力とAC出力療法に対応しています。

バッテリー容量も24,000mAhと大きく、ノートパソコン等の機器もバッチリ充電することができますよ。価格は10,000円以上と高額ですが、機能性は抜群です。

第11位:Poweradd Pilot X7 20000mAh

Poweradd Pilot X7 20000mAh

評判 ★★★★
重さ 記載なし
サイズ 記載なし
最大電流 3.4A
USBポート数 2

2つのUSB端子両方が3.4Aに対応していて(ただし同時充電の場合合計3.4Aに制限されます)スマホ等を素早く充電可能。

また本体への充電も2A対応で素早く終えられます。ゲーム機等対応していて、問題なく充電できますよ。

Amazonでの評価数は2,000を超えていて、さらに3分の2は星4以上。評判が良く、信頼性も高いモバイルバッテリーですね。

第10位:RuiPu ソーラーチャージャー モバイルバッテリー 24000mah

RuiPu ソーラーチャージャー モバイルバッテリー 24000mah

評判 ★★★★
重さ 記載なし
サイズ 77×16×22mm
最大電流 2A
USBポート数 3

特徴

  • 太陽光で充電可能
  • 24,000mAhの大容量
  • 電源でも充電可能
  • USBポートが3つある
  • LEDライトとしても使える

こんな人におすすめ!

  • 災害時など、非常用に備えておきたい
  • アウトドア派

モバイルバッテリーを多数販売しているRuiPuが販売している、ソーラーチャージャーのモバイルバッテリーです。太陽光で充電できLEDライトも搭載と、アウトドアや非常用に使いやすいです。

ただし一つ注意したいのは、USBの最大出力が端子ごとに異なっていることですね(2A+2A+1A)。

第9位:Anker PowerCore+ 20100 USB-C

Anker PowerCore+ 20100 USB-C

評判 ★★★★★
重さ 455g
サイズ 184×62×24mm
最大電流 6A
USBポート数 3

特徴

  • USB Type-Cポート搭載、ケーブルも付属
  • MacBookを充電可能
  • 3台同時充電

こんな人におすすめ!

  • Appleユーザーで、iPhone、iPad、MacBookを同時に持ち歩く
  • USB Type-C対応のスマホやパソコンを使っている

モバイルバッテリーメーカーの最大手であるAnkerが販売しているAnker PowerCore+ 20100 USB-Cは、USB Type-Cで充電/給電が可能です。

MacBookも充電可能で、出力ポート数は3つ。iPhone、iPad、MacBookの三台同時充電にも公式に対応しています。

充電速度は高速。主にAppleユーザーや、スマートフォンがUSB Type-C端子搭載の人におすすめですね。

第8位:Anker PowerCore Speed 10000 QC

Anker PowerCore Speed 10000 QC

評判 ★★★★★
重さ 198g
サイズ 100×63×22mm
最大電流 3A
USBポート数 1

特徴

  • 高品質、人気製品
  • 急速充電も問題なし

こんな人におすすめ!

  • 大手メーカー製品を安心して使いたい
  • 主にスマートフォンやタブレットを充電する

Anker PowerCore Speed 10000 QCは急速充電の規格「Quick Charge 3.0」や、適切な充電が可能な「PowerIQ」、「VoltageBoost」に対応しています。

素早く、そして機器に負担をかけずに充電できるので、信頼性の高い製品です。

容量が10,000mAhと大容量バッテリーとしては最小限クラスなのでノートパソコンへの充電には不向きですが、主にスマートフォンやタブレットを充電するなら十分な容量でしょう。

第7位:Apple lightning 12000mAh

Apple lightning 12000mAh

評判 ★★★★
重さ 280g
サイズ 145×100×25mm
最大電流 3A
USBポート数 2

特徴

  • Lightning端子で充電できる
  • 付属のケーブルはAppleのMFI認証を受けている
  • 薄型で軽く持ち運びやすい

こんな人におすすめ!

  • iPhone、iPadユーザー
  • Lightningケーブル充電式の大容量バッテリーが欲しい

主にiPhoneユーザー向けの大容量モバイルバッテリーで、付属する充電用ケーブルもiPhoneやiPadで採用されているLightningケーブルです。

Lightningケーブルの中にはAppleの認証を受けていない製品もありますが、この製品に付属するケーブルはAppleに正しく認証されているので安心です。

このモバイルバッテリーはLightningケーブルで充電できるので、余計なmicroUSBケーブルなどは持ち歩く必要がありません。

iPhoneやiPadのユーザーに最適なモバイルバッテリーですね。出力ポート数は2個なので、iPhoneとiPadを同時充電するのも良いでしょう。

充電回数目安はiPhone6なら4回です。

第6位:Anker PowerCore II Slim 10000

Anker PowerCore II Slim 10000

評判 ★★★★★
重さ 210g
サイズ 137x66x16mm
最大電流 1.5A
USBポート数 1

特徴

  • スマホサイズでコンパクト、スリム
  • iPhone7なら3回充電可能
  • 重さは210g

こんな人におすすめ!

  • 軽くて持ち運びやすいモバイルバッテリーが欲しい人

Anker PowerCore Ⅱ Slimは名前にも「Slim」と記載されていることからわかるとおり、サイズがコンパクトで軽いことがウリです。

モバイルバッテリーは大容量な代わりに重かったりサイズが大きかったりするものもありますが、Ankerの当製品なら心配ありません。

毎日持ち歩いても負担にならない大容量モバイルバッテリーが欲しいなら、検討してみてくださいね。

第5位:OKITI モバイルバッテリー10000mAh

OKITI モバイルバッテリー10000mAh

評判 ★★★★★
重さ 200g
サイズ 129x65x12mm
最大電流 3.0A
USBポート数 2

特徴

  • USBケーブルが本体に内蔵されている
  • Lightning端子やUSB Type-Cに変換するアダプタも付属
  • 薄型で持ち運びやすい

こんな人におすすめ!

  • 余計なケーブルを持ち歩きたくない人
  • iPhoneやUSB Type-C対応Androidスマホ・タブレットを使っている人
  • カバンに常備しておきたい人

OKITIの10,000mAhモバイルバッテリーは、なんと言っても充電ケーブルが本体に内蔵されていることがメリットです。

本来モバイルバッテリーは、別にUSBケーブルがなければ使えません。うっかりケーブルを忘れたら、USB充電機器を充電できないわけです。

しかしOKITIの当製品は、microUSBケーブルが内蔵されています。さらにLightning端子やUSB Type-C端子に変換できるアダプタも本体に内蔵できるので、忘れる心配がありません。

本体は軽くて薄いので、カバンに常備して手軽に使えます。ただ手軽なだけでなくうっかりを防げる万能モバイルバッテリーであるため、おすすめです。

第4位:cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD

cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD

評判 ★★★★★
重さ 245g
サイズ 92×80×23mm
最大電流 3.4A
USBポート数 2

特徴

  • デザインが可愛らしい
  • 十分な大容量で実用性も高い
  • 収納ケースもダンボー仕様
  • 頑丈、燃えにくい

こんな人におすすめ!

  • 女性などデザインも重視したい方
  • スマホとタブレットを同時充電したい

ダンボーのデザインが使われている(公式タイアップ品です)モバイルバッテリーです。

キャラクター商品は機能性については二の次な印象を持っている人もいるかもしれませんがそんなことはなく、大容量の13,400mAhバッテリーが搭載、さらに適した電流を流すAuto-IC対応、頑丈で燃えにくい素材が使われています。

無骨なデザインが多いモバイルバッテリーですが、デザインが良いものを選びたい。そんな人はこちらを検討してみてはどうでしょうか。

第3位:Anker PowerCore 20100

Anker PowerCore 20100

評判 ★★★★★
重さ 356g
サイズ 166x58x22mm
最大電流 4.8A
USBポート数 2

特徴

  • 大容量かつ安価、iPhoneなら7回以上も充電できる
  • 大容量に対して重量は抑えめ(350g)

こんな人におすすめ!

  • MacBookを充電できるモバイルバッテリーが欲しい
  • 普段から大容量バッテリーを持ち歩く

Anker PowerCore 20100は、2万mAh以上の大容量を搭載しつつも重量が抑えられています。最大4.8A出力が可能で、同時に2台までの端末を高速充電可能です。

サイズはiPhoneなど一般的なスマートフォンよりやや長く、厚さはスマートフォン2~3台分程度。大容量のわりには、持ち運びやすい仕様です。

普段から大容量のモバイルバッテリーを持ち歩きたい人は、検討してみてはどうでしょうか。

第2位:AUKEY モバイルバッテリー スマホ充電器 10000mAh

AUKEY モバイルバッテリー スマホ充電器 10000mAh

評判 ★★★★★
重さ 224g
サイズ 147.3x74.6x14.2mm
最大電流 2.4A
USBポート数 2

特徴

  • 2,000円程度と価格が安価
  • iPhoneより一回り大きい程度でコンパクト、薄型
  • LEDライト搭載で非常時に懐中電灯代わりになる
  • 高級感のあるデザイン

こんな人におすすめ!

  • 安くて使いやすいモバイルバッテリーが欲しい
  • 荷物を少なく抑える時にもモバイルバッテリーは持ち歩く
  • ライト機能が欲しい

AUKEYのモバイルバッテリーである当製品は接続した機器に合わせた電流を流せる仕様で、サイズがスマホに近くコンパクトな大容量モバイルバッテリーです。

価格も2,000円程度と安く、持ち運びに優れています。主にスマホやタブレットの充電に利用し、日頃から持ち歩きたいならこれがベストでしょう。

第1位:Anker PowerCore 26800

Anker PowerCore 26800

評判 ★★★★★
重さ 495g
サイズ 18x8.15x2.2cm
最大電流 6A(各ポート最大3A)
USBポート数 3

特徴

  • 最大合計6Aで充電できる
  • 3台まで同時充電も可能
  • 入力ポートも2つあるので、モバイルバッテリーを倍速で充電できてしまう

こんな人におすすめ!

  • 1週間程度、充電なしで使用したい
  • 数日間家を空ける旅行に使いたい
  • MacBookを充電したい

第1位に選ばれたのは、Anker PowerCore 26800です。

Ankerのモバイルバッテリーの中でも最大クラスの大容量で、3ポートを使って複数機器を同時充電できてしまいます。

サイズが大きく本体も重いのは欠点ですが、その分充電については向かうところ敵なしです。

1~2泊程度なら10,000mAh前後のモバイルバッテリーがあれば十分ですが、1週間程度電源で充電できない環境に置かれるときは、このモバイルバッテリーを持ち歩くのが良いでしょう。

またMacBookを外出先で充電したい場合にも、最適ですね。

まとめ

大容量モバイルバッテリーは容量・価格・仕様がそれぞれ異なっています。またメーカーも大手からあまり知られていない海外メーカー製のものまで、様々です。

基本的にはAnkerやAUKEY、cheeroなど、モバイルバッテリー界隈ではよく知られたメーカーの製品を選ぶのが無難です。よく知らないメーカーの商品を買う場合は、評判をしっかりチェックしましょう。

あとは自分の用途に合わせて、バッテリー容量に加えてサイズや重さ、機能性をチェックし、購入する商品を選べばOKです。