どんなクリップを選べばいい?

食品を湿気や虫から守るための便利なアイテムである袋クリップ。
輪ゴムなどで袋の口を縛るよりも簡単に密閉できるので重宝しますね。

日本でも、コストコなどの倉庫型小売店が進出してきたことで、一度に消費できない量の食品を購入する機会も増えてきました。

そんな昨今では、袋クリップは必需品と言っても過言ではないでしょう。

ダイソーやセリアといった100円均一からIKEAなどの雑貨店まで、今やどのお店に行っても買うことができるアイテムである袋クリップ。
そんな袋クリップを見てみると、値段や形状も様々。

今回は、どんな袋クリップがあるのか、使いやすい袋クリップはどれかをご紹介していきたいと思います!

袋クリップを選ぶときのポイント

どんなクリップがいいの?
せっかく湿気などから食材を守るクリップなのに、ただ袋の口を留めるだけなんてもったいないですよね。

袋クリップの密閉性を最大限活用するためには、選ぶ際にいくつかのポイントがあります。

クリップする袋の厚みや大きさ

袋の厚みや大きさを気にしたことがありますか?

スライド式のクリップであれば、袋の大きさに合ったものを選ぶ必要がありますし、挟み込むものや熱でクリップするものであれば、クリップの挟み込める厚さを気にする必要があります。

規格に合ったものを使うことで、袋クリップの能力が最大限に発揮されます!
購入の際は、一度確認することをおすすめします。

使いたいシーンを考えてみる

袋クリップをどういったシーンで使いたいかで、最適なクリップは違ってきます。

ただ袋の口を留めておきたいだけなら、デザイン性を重視してもいいでしょうし、液体が含まれているものや湿気に弱いものを保存するために使いたいのであれば、より強力に密閉できる物を選ぶ必要があります。

また、耐冷温度や耐熱温度を超えての使用は破損や事故の原因になりますので、冷凍庫で使用したいのであれば耐冷温度が-20℃程度はあるものを選ぶようにしましょう。

電子レンジで使えないものもありますので、しっかり確認してからの購入が大切です。

【機能満載!】おすすめの袋クリップ17選

ここからは、袋を挟み込むスタンダードなタイプの袋クリップのおすすめをご紹介します。

一番身近でよく見るタイプですので、きっと気になる商品があると思いますよ!

第17位 Lovoski はさみ形状 食品保存袋 クリップ

Lovoski はさみ形状 食品保存袋 クリップ

サイズ 27cm×6cm
材質 プラスチック

はさみ型の袋クリップ!

ハサミ型で力が入れやすい
あまり見かけないはさみの形をした袋クリップです。

はさみのように袋の口をクリップすれば密封完了!
持ち手部分についた爪がしっかりロックしてくれます。

しかし、挟む部分にギザギザがあるわけではなく、シンプルに挟み込むだけのものですので、厚みのある袋や、逆にかなり薄い袋などの場合はクリップ力に不安が残ります。

なんども開閉する場合や、密閉性を求めていない場合はいいかもしれませんが、それ以外では使い辛さがあるかもしれません。

第16位 ダイヤコーポレーション お菓子クリップ(5P)

ダイヤコーポレーション お菓子クリップ(5P)

サイズ 幅2cm×奥行き4cm×高さ2cm
重量 5g
材質 ABS樹脂

小さいけれどクリップ力は抜群!密閉性は・・・


指先ほどの大きさのかわいらしい袋クリップです。

つまみやすさと開きやすさにこだわった形状は、食品類の保存だけでなくメモなどを挟んでも◎!
100円均一にも類似品がありますが、やはり留める力はこちらの方が上!しっかりと留まってくれます!

さびにくいステンレス製のばねを使っているので衛生面でも安心ですね。
袋をねじって留めるため、密閉性は低め。何度も開けることがある食パンや野菜の袋を留めるのに適しているクリップです。

第15位 Seiei レインボークリップ ワイド(5個組)

Seiei レインボークリップ ワイド(5個組)

サイズ 幅10cm×奥行き5.5cm×高さ4.5cm
重量 1個20g
材質 ABS樹脂、ポリアセタール
その他 原産国:日本

ワイドなはさみ口で簡単クリップ!ポップカラーも可愛い

簡単にクリップしたいならおすすめ
ワイドなはさみ口で、折り込んだ開封口を綺麗に挟めるクリップです。ポップなカラーもかわいらしいですよね!

ばね部分に使用されているポリアセタールは、歯車やベアリング、フックといった耐久性や機能性が求められる部分に使用されることが多い素材ですので、耐久性はばっちり!

ですが、ものを挟みこめる幅は狭く、分厚いものは挟みにくいので、折り込む回数を少なくするか比較的薄手の袋をクリップするようにした方が、密閉性が確保できそうです。

第14位 貝印(Kai Corporation) クリップ ハンドル 粉物 袋 が注ぎやすい Colle-ii

貝印(Kai Corporation)

サイズ 幅5cm×縦17cm×高さ10cm
重量 73g
材質 ポリプロピレン
その他 耐熱温度110℃
原産国:日本

粉ものを密閉しつつ注ぎやすい状態で保存!

クリップを付けてそのまま注げる!
小麦粉やてんぷら粉といった粉ものの保存と使用を両立してくれるクリップです。

収納場所からの出し入れがしやすい取っ手付き!
冷蔵庫の上段に横向きに入れた時も引き出しやすいですね。

キャップは実寸より一回りほど小さいため、粒が大きなものは詰まったりして出しにくいので、粉ものの他には、ゴマ、小さめのグラノーラなどの粒の小さなものに使うのがおすすめです。

第13位 曙産業 こよみスライドクリップ

こよみスライドクリップ

サイズ 長さ11.7cm×2cm×2.2cm
重量 11g
材質 ポリプロピレン
その他 耐熱温度120℃
耐冷温度-20℃
原産国:日本

ダイヤルで日付を記録!

開封日や賞味期限も一目でわかる!
開封日、賞味期限、消費期限など、覚えておきたい日付のダイヤルをスライドさせて記録できるクリップです。

左側に月、右側に日が印字されているので、それぞれ月日を指しておけばわかりやすいですね!
耐冷温度も-20℃なので、冷凍庫での使用にもばっちり耐えてくれます。

だた、使い方によっては月日の印字が薄くなったりすることがありますので注意が必要です。

第12位 COKOOL 密閉クリップ 袋止めクリップ 食材保存 袋密封 防湿 鮮度保ち 116mm 吸着できる(4個)

COKOOL 密閉クリップ

サイズ 縦11.6cm×幅1.3cm×高さ1.3cm
カバーサイズ:縦2.7cm×幅6.7cm
重量 42g
材質 ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)
その他 背面に吸盤付き
色はランダム出荷

吸盤付きで使いやすい場所にセット可能!

後ろには吸盤が
吸盤で冷蔵庫やキッチン収納の内側にくっつけられるクリップセットです。

すぐに手の届く場所に付けられるので、家事もはかどりそうですね!
収納場所もあまり悩む必要がなさそう!引き出しの中にしまっていていつの間にかぐしゃぐしゃに・・・なんてこともありません。

吸盤付きケースが魅力的ではありますが、色味が選べないのが残念ポイント。
どの色でも構わないという人は買いの一品です!

第11位 PELEG DESIGN(ペレグ デザイン)  Peleg Design クリッパーズ

Peleg Design

サイズ 大:幅13.5cm×奥行き5.1cm×高さ2.1cm
小:幅9.5cm×奥行き5.1cm×高さ2.1cm
材質 ポリプロピレン
その他 生産国:中国

がま口デザインが目を引く可愛いクリップ

デザインがおしゃれ!
大小2個セットのがま口デザインが保存する楽しみを加えてくれるクリップ。

がま口を開ける要領でクリップするので、開け閉めもしすいですね。

よくある袋クリップのように、袋の端を出した状態で挟めるような形状ではないので、折り返したうえで、端が出ないようにクリップする形になります。

「食品保存用クリップです!」という感じがないので、開けた食品を人目に付く場所に置くことになりそう・・・という場合にぴったりのクリップセットです!

第10位 ダルトン ステンレス製 バッグクリップ 4個セット

ダルトン ステンレス製 バッグクリップ 4個セット

サイズ 長さ11.5cm
材質 430ステンレススチール
スプリング部分:201ステンレススチール

見た目におしゃれなアクセントを!

ステンレス製でクリップ力もしっかり
お気に入りお菓子には、クリップもこだわったものを使ってみませんか?

ダルトンといえば、おしゃれな雑貨を作っている企業で有名ですよね。そのダルトンが作ったステンレスクリップは、細部までこだわった代物。
ちょっと余ったお菓子を留めておくのにいいアクセントになります。

はさみ口にはギザギザが付いていますので、袋もしっかりキャッチ!
430ステンレススチールは磁性がありますので、使わない時は磁石にくっつけていてもOK!
デザイン性が高いので、メモクリップとして使うのもよさそうですよね!

しかし、クリップ力自体はあるものの、水分が漏れ出ないほどの密閉性を確保するのは難しく、開封口を織り込んでからのクリップがおすすめです。

第9位 KOZEEY ステンレス フードバッグ クリップ

KOZEEY

サイズ 幅7.6㎝×縦6cm
材質 ステンレス
その他 カラー:ゴールド

高級感があるゴールドのクリップで上品に保存を!

おしゃれなステンレス製
色味はつや消ししたゴールドで、上品な高級感がある見た目。コーヒーバッグやスナック袋のクリップ以外にも、ボードに付けたりメモクリップにしたり、アイデア次第で何にでも使えます。

こういったシンプルなデザインと上品な見た目は、汎用性の高さが魅力!

その反面、クリップには滑り止めのギザギザなどはついていないので、ある程度厚みがあって張りがある袋は留めやすいと思いますが、薄いポリプロピレン袋は留めにくいかもしれません。

それでも、ステンレス製でさびにくく、耐久性が高いので、湿度が高くなる場所や水気が多い場所でも気兼ねなく使えるのは魅力的です。

第8位 小久保工業所 開封後の袋にはさんでPUSH プッシュクリップ 3個入 3袋セット

プッシュクリップ

サイズ 縦1.2cm×横1.2cm×長さ6.1cm/td>
重量 1個35g
材質 本体:ABS樹脂
ばね:鋼線
その他 原産国:日本
3袋セット

袋をねじって留めるプッシュクリップ

袋をねじって留めるだけ
横部分を押し込むことで袋を差し込むことができるプッシュクリップです。
ポリプロピレン袋などのねじることができる袋専用のクリップになります。

袋を挟み込める大きさは1cmほどなので、麻袋など厚手のものは留めることができなさそうではありますが、ワンプッシュで開け閉めできるので、パンの袋や頻繁に開封するものにはおすすめです。

第7位 ミスフランシス クリップ 普通袋用6個入

ミスフランシス

サイズ 幅4.1cm×奥行き3cm×厚さ1.1cm
重量 10g
材質 本体:ポリオキシメチレン
スプリング:ステンレス製
その他 マグネット付き
耐冷耐熱温度:-45℃~100℃
冷凍庫から湯煎OK
台湾製(日本企画)

冷凍庫からそのまま湯煎も!

ギザギザで袋をしっかりキャッチ
1mm間隔のギザギザが袋をしっかりホールド!マグネット付きで冷蔵庫などに付けることができるので、うっかり無くした!なんてこともなさそう。

本体に使われているポリオキシメチレンは、精密機器、医療器材、義歯、歯車の素材などに採用されているほど、高い耐久性がある素材です。

耐冷耐熱温度が-45℃~100℃なので、密封して冷凍した後、そのまま湯煎しても大丈夫!湯煎解凍までできるクリップは意外と少ないですので、これは重宝しそう!

ねじって留めるだけなのに汁もこぼれないほどの密封力もあり、活躍すること間違いなし!
コンパクトなクリップが欲しいならおすすめの1品です。

第6位 BEVARA袋止めクリップ30個セット

IKEA BEVARA

サイズ 大:長さ11cm
小:長さ6cm
材質 ポリプロピレンプラスチック
その他 耐冷耐熱温度 -20~90℃
食器洗い乾燥機 ◎
電子レンジ ×

コスパよし!大小セットが便利なIKEAのクリップ

コスパ良しな袋クリップ!
コスパ重視で行くならIKEAを選ぶのもあり!大小合わせて30個のお得なセットです!

耐冷耐熱温度も-20℃~90℃と十分、食器洗い乾燥機も使用可能です。
電子レンジや湯煎は対応外なので使用しないようにしましょう。

素材はポリプロピレンプラスチックなので、厚みのある袋を強引に止めようとするとたわみができることもあります。
袋の大きさに合わせたクリップを使う、一か所に厚みを持たせないようにすると、持ちがよくなると思います。

第5位 曙産業 トージー ディスペンサー 10本セット

トージーディスペンサー

サイズ ケース:幅11cm×縦19.6cm×厚さ4.5cm
重量 231g
材質 ケース、吸着盤プレート:スチロール樹脂
クリップ:ポリプロピレン
吸着盤:塩化ビニール
その他 ケース:耐冷耐熱温度-30℃~70℃
クリップ:耐冷耐熱温度-20℃~120℃
吸着版:耐冷耐熱温度-10℃~70℃
ホワイト・ブラウン各5個セット
生産国:日本(新潟県燕市)

スタイリッシュなクリップ収納!クリップには鉛筆で文字が書ける!

冷蔵庫に付けられて取り出しもらくらく!
ケース下部には斜めの切り込みが入っていて、取り出しの際の引っかかりを解消!
ストレスなくスムーズに取り出すことができます。

ケースの背面には吸盤付き。つるつるしている部分ならどこでも付けられますので、冷蔵庫に限らず、自分の手の届きやすい場所に付けられるのも嬉しいですね。

クリップ本体は鉛筆で文字が書けるようになっていますので、開封日などを記入しても◎。使い終わったら上から入れて戻せます。

耐冷耐熱温度もばっちり、冷凍・冷蔵でも使える万能クリップ!
置く場所に悩んでいる人や、さっと取り出せる場所に置きたいという人にはぜひおすすめしたい商品です!

第4位 クラレ Anylock 食材保存クリップ 3本セット スケルトン2号・3号・4号

Anylock

サイズ 2号:長さ28.5cm
3号:長さ22.5cm
4号:長さ18.5cm
重量 10g
材質 ポリプロピレン
その他 原産国:韓国

簡単なのに強力密封!秘密は「穴」にあり!

差し込むだけで密封完了!
袋の口部分を二つ折り、もしくは三つ折りにした状態で、横からスライドさせて挟むだけの簡単クリップ。
他の袋クリップに比べて細長い形状をしていて、クリップ部分を開閉させないのが大きな特徴です。

なにより、細い見た目に反して密閉力はかなり強力!においもしっかりブロックしてくれます!

高い密閉力を実現しているのは、クリップに開けられた「穴」なんです。
スライドさせるときにこの穴から空気を逃がすことによって、しっかりと密閉できるというわけなんですね。

袋の口がくしゃっとなるのが嫌だなぁと感じている人や、普通のクリップじゃ湿気が防げていない気がするという人にはぴったりのクリップだと思います。

第3位 クラレ エニーロックハンドル タイプ1号

クラレ エニーロックハンドル タイプ1号

サイズ 幅37cm
対応サイズ最大33センチ
重量 70g
材質  ポリプロピレン
その他 耐荷重16㎏

重いものも楽々運べるハンドル付き袋クリップ

ハンドル付き袋クリップ!
約16㎏のものまで大丈夫なパワフルクリップです!

使い方は第4位でご紹介したエニーロックと同じ。
取っ手を付けて持ち運ぶものの密封保存に特化したエニーロックです。

16㎏まで運べるなら、10㎏の米袋が余裕で運べてしまう・・・驚きです。
他にも、ドッグフードやガーデニング用の肥料などの、重さもあるけどにおいもブロックしたいというものにぴったり!

荷重がかかりますし、サイズが合っていない場合、しっかり留められない場合もありますので、袋の大きさはしっかり確認してから購入してくださいね。

取っ手付きの袋クリップ・・・これは確実に活躍してくれるでしょう!

第2位 クレハ キチントさん パチック 袋用クリップ バラエティボックス (Sサイズ4個+Mサイズ8個+Lサイズ3個)

キチントさん パチック

サイズ S:4.5cm
M:7cm
L:10cm
材質 ポリプロピレン、ポリエチレン
その他 耐熱温度110℃
S×4個、M×8個、L×3個の15個セット
中身の色は選べません
原産国:日本

電子レンジにも使えるクリップ!片手で簡単開け閉めが楽しくなりそう!

片手で開閉できる!
ロック部分を片手で押すだけで開閉できるクリップです。

電子レンジでも使えるので、冷蔵庫に保存しておいた食品をそのままチン!電子レンジでも使えるのはおすすめポイントです!

クッキングシートで包み蒸し料理を作る際に、両端をクリップで留めて電子レンジで加熱すれは、加熱中の蒸気や中の汁で両端が解けてしまったという事もなくなります!これが意外と嬉しいんです!

クリップ力も大したもので、挟んだ際のたわみも少なく、軽い力で留められます。

一度使うと他の物との違いがよく分かる・・・使いやすいの一言に尽きるクリップです!

第1位 ウェーロック社(WELOC) クリップイット PA70mm 6個セット

WELOC(ウェーロック)

サイズ とめ幅7cm
重量 12g
材質 デュポン社6.6ナイロン
その他 耐冷耐熱温度:-20℃~140℃
6個セット(白赤黄青緑黒)
原産国:スウェーデン

袋クリップといえばこれ!大定番の元祖ブランド!

強度もあって使い方色々!
医療器具としても使われるPA製(デュポン社製6.6ナイロン、ナイロン66、PA66)で作られているクリップイットは、もはや袋クリップの大定番といっていいでしょう!

密封力もさることながら、たわまない本体は他にはない耐久性を持っています。
歪んでしまっても、熱湯をかけると多少形状が復元できるのもすごいですよね。

凹凸のかみ合わせで密封するのですが、厚手の袋用に噛み合わせの出っ張りを短くした「Sタイプ」と呼ばれる製品もありますので、使いたい袋の厚さに合わせて購入しておくと、高い密閉性を保つことができます。

10年以上使っても壊れないと言われる耐久性、確かな密封力は買って損をしない1品といえるでしょう。

【熱の力で袋をクリップ!】おすすめのヒートシーラー6選

袋を挟むタイプのクリップ以上に密閉性を求めるなら、熱の力で袋をクリップするヒートシーラーはいかがでしょうか?

特に液体や水っぽい食品、におい漏れが気になる食品・食材のクリップにはおすすめです!

第6位 太洋電機産業 goot ホットシーラー ヘラ型 HS-40

goot ホットシーラー ヘラ型

サイズ 長さ28 cm
重量 110g
消費電力 40W
電源 AC100V
その他 こて先温度:280℃
圧着可能な厚さ:0.3mm
RoHS対応品

こてタイプで自由度の高いクリップが可能に!

ヘラ型なので長さの調整ができる
挟み込むタイプではないので、比較的自由度の高い溶着をすることができます。

柔らかい素材や燃えやすい素材の上での作業は避け、なるべく硬い部分で溶着するときれいにできるそうです。

曲線なども比較的溶着しやすい反面、このタイプは溶着にコツがいりますので最初の方は苦労するかもしれません。

分厚いものも溶着できるので、慣れるととても汎用性が高いヒートシーラーだと思います。

第5位 Pawaca ポータブルシール機

Pawaca ポータブルシール機

サイズ 横4 cm×厚さ3.5cm×14.4cm
重量 46g
材質 ABS樹脂
電源 単三電池2本
その他 カッター付き

フックが便利なヒートシーラー

コンパクトで持ち運びも◎
マイクロヒート技術を採用し、ビニール袋はもちろん、クラフトペーパーバッグやスナック袋などもクリップできるハンディシーラーです。

フック付きなので、使わない時はタオル掛けなどに引っかけて置けますし、フック側にはカッターが付いているので、クリップした後の開封にも便利!

コンパクトなので、オフィスのデスクに一つ入れていてもいいかもしれませんね!
小腹がすいた時に開けたお菓子のにおいも、しっかりブロックしてくれて意外と使えるかもしれませんよ。

第4位 レック(LEC) ヒート シーラー ホワイト

レック ヒート シーラー ホワイト

サイズ 縦10cm×横6cm×幅4.5cm
材質 本体:ABS樹脂、板バネ
電極版:ステンレス鋼板
発熱部:PTEF布、銅線(ニッケルメッキ)、フッ素ゴム、セラミック、銅
重量 39g
溶着可能素材 アルミ蒸着袋
ポリプロピレン
ポリエチレン
塩化ビニル
(袋の厚み0.1mmまで)
その他 単3電池2本使用
中国製

シンプルなデザインで使いやすいシーラー!

ハンディタイプで使いやすい
ハンディシーラーとしてはスタンダードなデザインのものです。
使い方もいたってシンプルで、袋を挟んでゆっくり横にスライドさせるだけ。

袋の厚みが0.1mmのものまでクリップすることができます。
厚手のPP袋と言われるものが0.1mmの厚さで、ジップロックのフリーザーバッグが厚み0.06mmとなっていますので、手で触った感覚で「分厚い」と感じる袋もクリップすることができそうですね!

厚みによっては動かす速度を遅くする必要がありますが、しっかり密封できますし、ヒートシーラーを使ったことがない人はお試しでこれを使ってみてもいいでしょう。

第3位 CLEVER BEAR ハンディシーラー カッター付き

CLEVER BEAR

サイズ 横4.5 cm×厚さ5cm×縦10cm
重量 150g
材質 ABS樹脂
PC
ステンレス鋼
溶着幅 3.5mm
電源 単三電池2本
余熱時間 厚さ 0.01~0.03mm(5秒)
厚さ0.03~0.09mm(15秒)
厚さ0.09~0.12mm(30秒)
その他 カッター付き

我が家に小さなクジラさん!

クジラの形が可愛いハンディシーラー
クジラの形をした可愛らしいハンディシーラーです。底部分にはマグネットが付いているので、冷蔵庫などにも付けられて便利!

最大厚さ0.12mmの袋までクリップできるパワーも備えています。

また、頭の青いボタンを切り替えるだけで密封モード・開封モードを切り替えられるのも嬉しいですね。

開けづらいお菓子も、これで開封して残った分はクリップする。
一台あればストレスフリーのお菓子タイムが過ごせそうです!

第2位 CLICCA(クリッカ) ハンディシーラー

CLICCA(クリッカ) ハンディシーラー

サイズ 幅3cm×縦9.7cm×2.7cm
重量 72.6g
材質 本体:ABS樹脂
発熱部:セラミック
溶着可能素材 アルミ蒸着袋
ポリプロピレン
ポリエチレン
塩化ビニル
(袋の厚み0.3mmまで)
充電時間 約45分(フル充電まで)

USB充電式でマグネット付き!分厚い袋もおまかせ!

磁石付きで場所を取らない
冷蔵庫にくっつけておけば、すぐにクリップできるマグネット付きのシーラー。

ハンディシーラーでありながら、厚さ0.3mmまで溶着可能という驚異のパワーを持っています!
カラーもデザインもスタイリッシュでどんなキッチンでも合いそう。

しっかりしたパワーとデザインを求めるなら、ぜひおすすめしたい商品です。

第1位 株式会社 テクノインパルス テクノインパルス クリップシーラー Z-1

テクノインパルス クリップシーラー

サイズ 幅22.5cm×奥行き4.5cm×高さ4.5cm
重量 210g
材質 ABS樹脂
溶着幅 20cm×約2cm
消費電力 200W
電源 AC100V
その他 5段階タイマー調節
交換用フッ素樹脂テープ×2
生産国:ベトナム

余熱いらずで速攻クリップ!5段階のタイマー調節機能も!

幅広で便利
ヒートシーラーの中でも人気の高いこちらの商品は、余熱時間不要!わずか0.5秒で溶着が完了します。

溶着幅は2mmほど。クリップで袋を挟んだ後にボタンを押すと発熱します。

クリップの幅は20cmあるので、袋の口を一気に溶着できてスピーディ!
発熱時間を変えられるタイマーがクリップの内側についていますので、袋の厚さによって時間を変更でき、熱を掛け過ぎて穴が空いたという失敗も減らせます。

しかも、卓上タイプとしてもクリップタイプとしても使える上に、交換用のフッ素樹脂テープも2本ついてきます!
約1000回で消耗するそうなので、3000回分は使えるという、なんとも嬉しいセット!

ヒートシーラーで迷ったら、これを選べば間違いなし!

まとめ

クリップは使い分けてこそ
今回、いわゆる「保存用クリップ」として広く認識されているものと、「ヒートシーラー」と呼ばれる熱の力で袋をクリップするものをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

正直、クリップならどれでも同じだろうし、なんでもいいと思っていたところもありますが、食品の性質・自分の目的によって使い分けてみると真の実力が分かるものだと実感。なにより使いやすさが違う!

ただ単に「袋を留める」という結果を求めていても、その目的が違えば選ぶべきツールは変わってきますし、変えるべきなんだと思いました。

あなたも実感してみませんか?きっと驚くと思いますよ!