服の完成度を高めたい人におすすめ!ロックミシンの最強ランキング

自分好みのデザインの服などを縫うとき、ミシンは必須アイテムです。趣味だけでなく、お子さんの入園準備などをきっかけにミシンを使いはじめる家庭も多いのではないでしょうか。

本格的な裁縫に挑戦したくなると、一般的な家庭用ミシンだけでは使い勝手に不満が出てくるかもしれません。そういう場合は、JUKI(ジューキ)やベビーロック、ブラザー工業が販売するロックミシンが役立ちます。

今回の記事は、裁縫のバリエーションを広げるロックミシンについての紹介です。ロックミシンのおすすめ商品も、後半にランキング形式で紹介します。

ロックミシンが役立つ場面はいつ?

ニットを縫おう

みなさんが1台目のミシンを探していたときに、「ロックミシン」という単語を目にする機会があったと思いますが、実際の違いはきちんと調べてみないと分からないでしょう。

ロックミシンとは、服の袖口や裾のほつれを防止する「かがり縫い」に特化した工業用ミシンです。家庭用ミシンを使ったかがり縫いに比べると、完成度の差が大きく違ってきます。

その他に、家庭用ミシンではやりづらいニット生地のような伸縮性が強い素材の縫い合わせも、ロックミシンなら対応可能です。ニットソーイングに挑戦したかったら、ロックミシンを入手したほうが格段に便利になります。

ロックミシンは価格が高めで用途も限られるため、人によっては不要かもしれません。家庭用ミシンでは難しい裁縫をするなら、ロックミシンを一緒に揃えましょう。

性能だけで決めないで!ロックミシンの選び方

キレイなスカート

ロックミシンは、自分に合った製品を使うべきです。そのためには、どんなポイントを気にすればいいのでしょう。いくつかのポイントを紹介します。

用途に合ったロックミシンを選ぶ

ロックミシンを探していると、1本針3本糸や2本針4本糸といった表記があります。ロックミシンの種類は、「1本針2本糸」、「1本針3本糸」、「2本針4本糸」が主な3タイプです。

簡単なかがり縫い用には、1本針2本糸ロックミシンがあります。服の裾がほつれない程度のかがり縫いをするだけなら、1本針2本糸でも十分です。

1本針3本糸になると、かがり縫いの跡を表裏両方で綺麗に見せる「巻きロック」が可能になります。スカートの裾によく施されている処理が巻きロックなので、あの処理を自分でもやってみたいというときは、1本針3本糸ロックミシンを買いましょう。

本格的なニットソーイングや2枚の生地をきちんと縫い合わせる「地縫い」をするためには、2本針4本糸ロックミシンが必要です。2本針4本糸はオールマイティーに活躍するため、ロックミシンの中でも人気が高くなっています。

ロックミシンの価格は、機能が充実したものほど高いです。機能がシンプルなモデルは家庭用ミシンとそれほど変わらない価格で買えますから、初心者の方でも購入のハードルはそれほど高くないでしょう。

利便性の高いロックミシンを選ぶ

ロックミシンの購入を検討している方なら分かると思いますが、ミシンの使用前には糸かけや針への糸通し、糸調子の調節といった準備作業をしなければいけません。ロックミシンでは糸調子調節が上手にできないと、上糸や下糸が切れやすくなるだけでなく、作品の完成度に影響が出てしまいます。

ロックミシンには自動糸通しや自動糸かけ、生地に合わせて自動で糸調子をコントロールしてくれる機能があります。ロックミシンは糸の本数が増えるほどに糸調子の調節が難しくなるので、自動の糸調子調節は初心者には見逃せない便利な機能です。

ただし、自動糸調子調節機能はベビーロックが販売する「縫工房」のように、ロックミシンの中でも高価格帯に位置するモデルにのみ搭載されています。ロックミシンをフル活用する予定があるなら検討してみる価値がありますが、簡単な作業しか行わない方に購入をすすめられるかは微妙なところです。

その他に注目したい機能として、伸縮性の強い生地の完成度を高める「差動送り」は、スタンダードなモデルにも備わっています。縫ってる最中に縮みやすい生地に対応する「伸ばし縫い」と、伸びやすい生地に対応する「縮み縫い」の使い分けで、仕上がりをワンランクアップさせることが可能です。

ニットソーイングに挑戦するなら、差動送りの使い勝手がよさそうなロックミシンを選びましょう。

便利な機能でロックミシンを選ぶ

服の袖口や裾を市販品のような見た目にしたい場合、カバーステッチ機能を備えたロックミシンが必要です。

カバーステッチとは、服の表側では2本(あるいは3本)の縫い目が走っているだけのように見えますが、裏側はきちんとかがり縫いになっている処理のことを指します。Tシャツの裾を観察すると、どういうものかすぐに分かるでしょう。

カバーステッチ対応機種は、普通のロックミシン(オーバーロックミシン)と区別され、カバーステッチミシンと呼ばれます。普通のロックミシンでカバーステッチができる複合機も存在しますが、多彩な機能と引き換えに各操作の切り替えが少し面倒なところが難点です。

普通のロックミシンとカバーステッチミシンの使い分けがベストですが、収納スペースの都合でミシンを2台(家庭用ミシンを含めれば3台)も揃えたくない方はいるでしょう。最近は複合機でもロックミシン2台分の価格で買えるリーズナブルなモデルが増えてきているため、カバーステッチ機能を使いこなしたいけど収納が足りないという方には複合機もおすすめです。

上で書いたように、ロックミシンの価格は機能の充実度と比例します。自動機能がなくても、自分が使いやすいように感じるロックミシンだったら問題ありません。

ロックミシンのおすすめランキングTOP20

ここからは、実際に売れているロックミシンのランキングを見ていきましょう。

ベビーロック 衣縫人 BL550FEX

タイプ オーバーロック
針・糸の数 2本針4本糸
本体サイズ 幅34cm×奥行28cm×高さ29cm
重量 7.5kg

高機能で使いやすい

ベビーロック 衣縫人 BL550FEX

20位のロックミシンは、ベビーロックの「衣縫人 BL550FEX」です。自動で針に糸が通る「ラクスルー」と空気圧を利用した糸かけ機能「エアスルーシステム」が、作業の準備を楽にしてくれます。

かがり縫いの幅を変更可能なダイヤル、伸縮の激しい素材を綺麗に縫える差動システム「あこ~でおん機構」など、裁縫を便利にする機能が詰まったロックミシンです。

JUKI RS-10

タイプ オーバーロック
針・糸の数 1本針3本糸
本体サイズ 幅27cm×奥行26cm×高さ29.5cm
重量 6.8kg

バッチリ縫える

JUKI RS-10

19位はJUKIの「RS-10」です。調節つまみを使った差動送りでニット生地もラクラク縫えて、切り替えつまみをワンタッチするだけで巻きロックもできます。

針元を照らしてくれるランプを内蔵しているため、手元が薄暗い状況での作業にも強いです。自動糸かけ機能はありませんが、手順が分かりやすいカラーガイドがしっかりフォローしてくれます。

JUKI MO-Y200

タイプ オーバーロック
針・糸の数 1本針3本糸
本体サイズ 幅31.5cm×奥行29cm×高さ29cm
重量 7.2kg

お子さんの洋裁に活躍

18位はJUKIの「MO-Y200」です。縫い目の調節がラクチンな送り調節に差動送り、巻きロックと、裁縫を便利にする機能が揃っています。縦の溝にそれぞれの糸を通してしていく「レイインタイプ」が採用されているため、順番を誤らなければ糸かけも簡単です。

糸かけ作業に慣れるまでは大変ですが、基本的なかがり縫いに必要な機能を押さえてあります。お子さんの入園準備にも役立つでしょう。

ベビーロック 衣縫人 BL501

タイプ オーバーロック
針・糸の数 2本針4本糸
本体サイズ 幅34cm×奥行28cm×高さ29cm
重量 7.5kg

工夫をこらしたミシン

17位はベビーロックの「衣縫人 BL501」です。20位の製品と同じく「ラクスルー」と「エアスルーシステム」を備え、準備作業が簡単にできます。

差動送りや巻きロックに加え、初心者には難しいカーブを縫いやすくするために、針が落ちる位置と余分な縫い代を切るメスの距離を近づけるなど、使いやすさへの配慮がバッチリです。

さまざまな使い方ができる別売りのアタッチメントを用意すれば、活躍の幅がさらに広がります。

SINGER S-400

タイプ オーバーロック
針・糸の数 2本針4本糸
本体サイズ 幅32cm×奥行23cm×高さ29cm
重量 6.7kg

ニット生地に強い

16位は、SINGER(シンガー)の「S-400」です。精度の高い差動送りと巻きロックが、きちんと使えるようになっています。縫い目の長さはダイヤルで自在に調節できて、作品に合わせた縫い目を作ることが可能です。

補助テーブルを開くと、ズボンなどのかがり縫いに役立つフリーアームタイプにもなります。現在は発売当時より価格が安くなっているため、本格的なニットソーイングにも使えてコスパが良好のロックミシンです。

ベビーロック 糸取物語 BL660FEX

タイプ オーバーロック
針・糸の数 2本針4本糸
本体サイズ 幅34cm×奥行28cm×高さ29cm
重量 7.8kg

高機能と充実のアタッチメント

ベビーロック 糸取物語 BL660FEX

15位は、ベビーロックの「糸取物語 BL660FEX」です。このモデルは手芸用品を販売する藤久株式会社のオリジナル商品で、最上位モデルの特徴である糸調子の自動調節機能「ジャストフィットシステム」が搭載されています。

さらにオリジナルの特典として複数のアタッチメントがセットで付属するため、多彩な裁縫が可能です。安全に使えるセーフティストップも備え、ロックミシン初心者へのサポートは万全といえるでしょう。

トーヨーミシン RL-750D

タイプ オーバーロック
針・糸の数 2本針4本糸
本体サイズ 幅30cm×奥行28cm×高さ28cm
重量 7kg

安全なら安心

トーヨーミシン RL-750D

14位はトーヨーミシンの「RL-750D」です。2本針4本糸ロックミシンとしての機能をひと通り揃え、しっかり厚手の生地も綺麗に縫い上げます。使用前の準備はすべて手動で行いますが、慣れてしまえば問題ないでしょう。

安全に使うための機能も充実しているので、まずは気軽にニットソーイングを始めてみたいという方におすすめです。
JUKI MO-50e

タイプ オーバーロック
針・糸の数 2本針4本糸
本体サイズ 幅29.2cm×奥行29.5cm×高さ29cm
重量 7.4kg

ちっちゃくても使えるミシン

JUKI MO-50e

13位はJUKIの「MO-50e」です。初心者にも安心を謳うだけあり、かがり縫いやニットソーイングに役立つ機能や、使用前の利便性を高める工夫が備わっています。

メスがカットした余分な縫い代を落とさない「布くず受け箱」を装備しているので、作業台の掃除もラクラクです。縦横30cm未満のコンパクトボディのおかげで、作業台のスペースを広く使えます。

ジャノメ トルネィオ-2 795

タイプ カバーステッチ
針・糸の数 2本針3本糸
本体サイズ 幅36.9cmx奥行24.3cmx35.5cm
重量

手軽にカバーステッチ

ジャノメ トルネィオ-2 795

12位はジャノメの「トルネィオ-2 795」です。ジーンズの裾の処理に使われている「チェーンステッチ」と、先ほど解説した「カバーステッチ」ができます。差動送りや縫い目調節で、素材に合わせた裁縫が可能です。

糸かけや糸通しのサポート機能もついて、便利に使えるカバーステッチミシンになっています。

JUKI MO-345DC

タイプ 複合機
針・糸の数 3本針5本糸
本体サイズ 幅31.5cm×奥行28.5cm×高さ37cm
重量 8kg

いっぱい使える複合機

JUKI MO-345DC

11位はJUKIの「MO-345DC」です。こちらはカバーステッチもできる複合機で、1台であらゆる縫い方が楽しめます。3本糸オーバーロックとチェーンステッチが合わさった「インターロック」を使えば、ほつれを起こさせたくない部位を丈夫な縫い目で補強することが可能です。

価格もほぼロックミシン2台分で買えるので、複合機に興味がある方は検討してみるといいでしょう。

JUKI MO-113D

タイプ オーバーロック
針・糸の数 1本針3本糸
本体サイズ 幅31.5cm×奥行29cm×高さ29cm
重量 7.2kg

かがり縫いにバッチリ

JUKI MO-113D

10位はJUKIの「MO-113D」です。差動送りと巻きロックを備えたオーバーロックミシンで、さまざまな生地を縫うことができます。JUKIならではの使い勝手を向上させる機能の数々により、準備から裁縫まで快適です。

布端の処理に強いロックミシンは、1台持っていれば意外と役立ちます。

brother かがりIV

タイプ オーバーロック
針・糸の数 2本針4本糸
本体サイズ 幅33.5cm×奥行28.3cm×高さ29.6cm
重量 5.6kg

リーズナブルで使いやすい

brother かがりIV

9位はbrotherの「かがりIV」です。2本針4本糸ロックミシンに最低限備わっている機能を網羅して、便利に扱えるようになっています。未使用時はフットコントローラーの収納に使える布くず用のトリムボックスも便利です。

価格も手頃なので、お得に使うことができるのではないでしょうか。手元は長時間の使用でも熱くならないLEDライトが照らします。

JUKI MO-1000M

タイプ オーバーロック
針・糸の数 2本針4本糸
本体サイズ 幅33cm×奥行28cm×高さ31cm
重量 9kg

準備がカンタン

JUKI MO-1000M

8位はJUKIの「MO-1000M」です。強力な風圧で上下ルーパーの糸かけが即座にできる「イージースレッダー」を搭載し、糸かけ作業が苦手な方でもすぐにロックミシンが使用できます。縫い目のパターンが多く、さまざまな作品の見た目を綺麗に飾りつけることが可能です。

JUKIだけのかがり幅微調整機構や2本糸縫いへのワンタッチ切り替えなどを活用すれば、日常の裁縫も便利になるでしょう。夜間の作業に嬉しい静音設計です。

JUKI MO-114DM

タイプ オーバーロック
針・糸の数 2本針4本糸
本体サイズ 幅31.5cm×奥行29cm×高さ29cm
重量 7.2kg

お得なスペシャルモデル

JUKI MO-114DM

7位はJUKIの「MO-114DM」です。2本針4本糸ロックミシンに、大型の切りくず受け、針糸通し、ブラインドステッチ(まつり縫い)押えが付属します。それぞれが使いやすいオプションなので、最初のロックミシンとしても最適です。

このモデルならオプションの押えを買い足すだけで、プロ並の裁縫が楽しめるでしょう。

ベビーロック 糸取物語 BL-22EXS

タイプ オーバーロック
針・糸の数 1本針3本糸
本体サイズ 幅34cm×奥行28cm×高さ29cm
重量 7.4kg

糸調子は調整いらず

ベビーロック 糸取物語 BL-22EXS

6位はベビーロックの「糸取物語 BL-22EXS」です。ジャストフィットシステムで糸調子を自動調節してくれて、丈夫で綺麗な1本針3本糸オーバーロックが手軽にできます。縫い目調整や巻きロックの切り替えも簡単です。

価格は少し高めですが、糸調子がどうしても苦手な方におすすめの1台といえます。

ベビーロック エクシムロック ES4D

タイプ オーバーロック
針・糸の数 2本針4本糸
本体サイズ 幅36cmx奥行29cmx高さ30cm
重量 7.9kg

厚い生地もOK

5位はベビーロックの「エクシムロック ES4D」です。標準的な機能を広くカバーし、押えの圧力は生地の厚みに合わせて5段階に調整できます。

作業スペースが広くなっているため、いろいろと応用が利くロックミシンです。

JUKI MO-03D

タイプ オーバーロック
針・糸の数 1本針3本糸
本体サイズ 幅27cm×奥行26cm×高さ29.5cm
重量 6.8kg

迷ったらこの1台

JUKI MO-03D

4位はJUKIの「MO-03D」です。糸かけ用カラーガイド、つまみで各操作ができるラクラク仕様で、初心者も到着後すぐに使用できます。

これまで紹介してきたように、JUKIの1本針3本糸ロックミシンの性能はしっかりしているので、ロックミシンが必要になってきたら選択肢に入れたい1台です。

JUKI MO-522

タイプ オーバーロック
針・糸の数 1本針2本糸
本体サイズ 幅27cm×奥行25cm×高さ28.5cm
重量 6.3kg

普段使いなら問題なし

JUKI MO-522

3位はJUKIの「MO-522」です。使い方が限定される1本針2本糸ロックミシンですが、準備は簡単でかがり縫いもきちんとできます。フットコントローラーは、長時間踏みつづけても熱を持たない「ノーヒートコントローラー」です。

針を上げ下げするプーリーを回す方向が家庭用ミシンと同じになっているので、これまで使ってきたミシンに近い感覚で操作できます。新しくロックミシンを買ったら、簡単な趣味から子どもの洋裁まで幅広く役立ててください。

JUKI MCS-1500

タイプ カバーステッチ
針・糸の数 3本針4本糸
本体サイズ 幅33.5cm×奥行28cm×高さ28.5cm
重量 7kg

既成品のようなカバーステッチ

JUKI MCS-1500

2位はJUKIの「MCS-1500」です。カバーステッチとチェーンステッチに特化した機種で、厚手の生地が入るように押え部分がしっかり上がります。複合機のような多彩な縫いパターンはありませんが、しっかりほつれにくい縫い目のカバーステッチが可能です。

裁縫のしやすさをサポートする設計が随所に盛り込まれ、カバーステッチをやったことがない方も安心して使えます。

JUKI MO-114D

タイプ オーバーロック
針・糸の数 2本針4本糸
本体サイズ 幅31.5cm×奥行29cm×高さ29cm
重量 7.2kg

かがり縫いからニットソーイングまで

JUKI MO-114D

1位にJUKIの「MO-114D」です。この製品は型番が示すように、7位の「MO-114DM」の旧タイプモデルとなっています。違いは微妙なデザインの差と、7位で紹介したオプションが付属しないことです。

両モデルの現在の販売価格はあまり変わらないため、まだロックミシンを持っていないなら「MO-114DM」の購入をおすすめします。既に対応するオプション品を揃えていたり、この機種のデザインのほうが好みだという方は、こちらを購入してもいいでしょう。

元々の性能が高いモデルなので、2本針4本糸ロックミシンの実力を堪能することができます。

まとめ

いかがでしたか。メーカーについては、やはり有名なJUKIやベビーロックの製品が人気のようです。

ロックミシンは家庭用ミシンと使い勝手が大幅に異なるため、最初は戸惑ってしまうかもしれません。慣れさえすれば縫えるものがたくさん増えますから、操作が難しくても諦めずに挑戦しつづけましょう。

ロックミシンのように高価な生活家電は、発売から数年経つと大幅な値下がりを起こすことも多いです。近年のモデルなら必要な機能は揃っていますから、お得な型落ち品を狙ってもいいでしょう。

ロックミシン選びに迷ったら、近所の手芸店で相談する方法を検討してください。店にある実機を体験させてもらえるなら、縫い方の感覚もつかめます。

裾上げなどの実用的な使い方にも活躍するロックミシンは、備えておいても損がないアイテムです。今回紹介したようなおすすめのロックミシンで、いろいろな作品を縫ってみてください。