【もはや一家に一台の時代!】最強のおすすめラミネーター20選

オフィスの必需品といえば「ラミネータ」です。どの会社のオフィスにでも必ずあると言っても過言ではない商品です。働かれている方は必ず一度は使われたことがあるでしょう。

しかし、一口に「ラミネーター」と言っても、たくさんの商品があり、どれを選べばいいのか悩むところです。ラミネーターを「ただ、紙をフィルムでは挟めるだけではないか」と思われる方もいるでしょう。しかし、いま各社から様々な機能や特徴を持ったラミネーター発売されています。

価格、性能など、どのような点でラミネーターを選べばいいのでしょうか?

今回は、数あるラミネーターの中から、価格、機能性、操作性から、おすすめのラミネーターを最新版ランキングでご紹介!合わせて、ラミネーターを選ぶポイントもご紹介します。

そもそも「ラミネーター」とは?

今ではオフィスだけでなく、家庭でも広く使われるようになった「ラミネーター」ですが、そもそも「ラミネーター」とはどのようなものでしょうか。

まず、「ラミネーター」とは、「ラミネートする機械」です。この「ラミネート」という言葉の定義ですが、「複数の材料を貼り合わせて積層させる加工」というのが定義になります。つまり、2つ以上のものを張り合わせることを言います。現在、「ラミネート」と言えば、プラスティックフィルムで紙を挟むことを指しますが、これは正式には「パウチ加工」と言います。

そのため、会社や家庭で一般的に使われている「ラミネーター」は「パウチラミネーター」が正式名称になります。

「ラミネーター」普及の歴史

もともと「ラミネート技術」は工場などで、ビニールやプラスティックフィルムの袋を閉じることに使われていました。昭和50年代に、飲食店のメニューにラミネートが使われるようになり、徐々に普及が始まります。

しかし、「ラミネーター」の金額が高価だったこともあり、最初は大企業から普及してきましたが、金額が安価になってきたことや、小型化など「ラミネーター」も進化していき、最近は家庭でも普及が進んでいます。

「ラミネーター」は小型化はもちろん、省エネ化なども進んでおり、今後ますます復旧すると推測されています。

「ラミネーター」の選び方のポイント

「ラミネーター」はただ紙をパウチ加工をするだけではなく、様々な機能が搭載されるようになってきました。そのため、どのような目的で、何をラミネートをするかによって、「ラミネーター」選びが重要になってきます。

そこで、「ラミネーター」を選ぶポイントをご紹介します。

紙のサイズ

ラミネーターを選ぶうえで一番重要なのは、対応しているサイズです。基本的に、ラミネーターは「A3サイズ」と「A4サイズ」と「カードサイズ」の3種類があります。

ラミネートする紙のサイズで、選ぶラミネーターが変わってきますので、どのサイズの紙をラミネートするか考えてラミネーターを選びましょう。

「大は小を兼ねる」という言葉がありますが、ラミネーターは一番大きい「A3サイズ」なら、「A4サイズ」や「カードサイズ」をラミネート出来ますので、困ったときは「A3サイズ」を選びましょう。

フィルムの厚さ

「ラミネーター」は機種によって、対応しているラミネートフィルムの厚さが異なります。ラミネートフィルムは「ミクロン」という単位を使いますが、ラミネーターは必ず「75~250ミクロン」というように、対応厚さが決まっています。厚さが薄いと加工するときの熱量が少なくて済むので、消費電力が少なくなります。

厚いときは、その逆になります。また、対応していない厚さのフィルムで、加工しようとすると故障の原因になるので、フィルムにあったラミネーターを選びましょう。

また、商品には「最大ラミネート厚」というものもあります。これは、フィルムと加工物(コピー用紙や写真など)の厚さの合計で、いくらフィルムが対応していても、加工物が厚すぎると加工が出来なくなります。コピー用紙くらいの厚さなら大丈夫ですが、厚紙や写真をラミネーとするときは、「最大ラミネート厚」を必ず確認しましょう。

起動までの時間

ラミネーターは熱を使ってラミネート加工をします。そのため、ラミネーターのスイッチを入れても、温まらなければ作業を始めることが出来ません。

温まるまでの待ち時間を「ウォーミングアップ時間」と言いますが、この時間は機種によって異なります。機種によっては、1分以内で使用可能となるものもありますので、ラミネーターを選ぶ際には「ウォーミングアップ時間」を確認しましょう。

特に、時間が掛かりすぎる商品は、職場で使うものとしては適していないと言えるでしょう。

ローラーの本数

「ラミネーター」は内部のローラーの本数で、「2本ローラータイプ」「4本ローラータイプ」「6本ローラータイプ」の3つのタイプがあります。

「2本ローラータイプ」は上下のヒートローラーだけのもので、加熱・圧縮・フィルム送りを一緒のローラーで行います。そのため、コンパクトで安価ですが、サイズが大きくなると反りが目立つようになります。

「4本ローラータイプ」は加熱するヒートローラー2本と圧縮・フィルム送りをするプルローラー2本で加工を行うもので、仕上がりが安定します。さらに「6本ローラータイプ」はヒートローラーが4本で、プルローラーが2本となり、反りが少ない美しい仕上がりになります。

業務用などでラミネートをする際は、「6本ローラータイプ」がお勧めです。家庭で使う場合などは、価格面を見て決めた方が良いでしょう。

あったら便利なラミネーターの機能

ラミネーターは何回も使用すると、ローラーにフィルムが挟まったり、詰まったりするトラブルが発生します。そのようなトラブルへの対応として、回転機能を備えている商品を選びましょう。

回転機能とは、ローラーを通常とは逆の方向へ回転させるもので、フィルムが詰まってもこの機能を使えば、フィルムが自分の方へ出てくるので、フィルムを交換して再びラミネートをかけることが出来ます。

特に、お仕事等で一度にたくさんラミネートをする必要があるときはおススメの機能です。

仕事でおすすめのラミネーター10選

まず、最初に会社やお店など、仕事でラミネートをする際におススメのラミネーターをご紹介します。

10位Blusmart ラミネーター 3 in 1 ラミネート カッター コーナーラウンダー 写真クリップ付き 熱/冷ラミネート

Blusmart ラミネーター 3 in 1 ラミネート カッター コーナーラウンダー 写真クリップ付き 熱/冷ラミネート

メーカー Blusmart
価格 5,880円
サイズ A4サイズまで対応
厚さ 160mic(2 x 80mic)-250mic(2 x 125mic)
ローラー数 2本
機能 熱/冷ラミネート、リリースレバー、ペーパーカッター及びコーナーラウンダー機能付

一台で三役のマルチなラミネーター

親切なデザイン
リリースレバー付き
A4サイズまで対応

ただ、ラミネートをするだけではなく、ラミネートした後のことも考えたラミネーターです。

ラミネーターの上に「ペーパーカッター」と「コーナーラウンダー」が付けられており、一台で三役の便利なラミネーターです。「ペーパーカッター」については、直線、点線、波線の3タイプに対応しています。また、角を丸く整える「コーナーラウンダー」も付いているので、ラミネートしたものを、さらに加工したりすることもできます。

一台で三役なので、場所を取らないで作業もできるので、オフィスで使うのに適しています。また、専用のフィルムを使いますが、冷ラミネートにも対応しています。

9位GBC ラミネーター A3 6本ローラー GLMC600V

GBC ラミネーター A3 6本ローラー

メーカー GBC
価格 28,449円
サイズ A3サイズまで対応
厚さ 75~250μm
ローラー数 6本
機能 ウォームアップ60秒、全自動厚み感知機能、最大加工速度1,000mm/分

全自動厚み感知機能で設定手間いらずのラミネーター

商品画像
機能ボタン

ラミネートの仕上がりは、ラミネーターのローラー本数で決まると言われています。ただ、ローラーの本数が大きくなると、機械が温まるまでの時間がかかったり、あるいは加工の速度が遅いなど、何らかのデメリットがあります。

しかし、このラミネーターは他の6本タイプの物とは違います。

250μまでの厚さに対応し、最大で1分間に1000㎜(つまり1m分)のラミネートが可能という速さが売りです。ウォーミングアップ時間も60秒とスピーディです。さらに、全自動厚み感知機能で詳細な設定をしなくても、最適なラミネートが可能です。

価格は高めですが、それを上回る機能が搭載されていますので、会社やお店にあったら嬉しいラミネーターです。

8位ハル ラミネーター A3/A4対応 100μフィルム厚対応 クイックラミ

ハル ラミネーター A3/A4対応 100μフィルム厚対応 クイックラミ

メーカー ハル
価格 5,399円
サイズ A3サイズまで対応
厚さ 125μm
ローラー数 2本
機能 リバース機能搭載、トレイ付

誰でも使えるシンプル操作のラミネーター

簡単3ステップ
場所を取らない大きさ

名刺やハガキサイズといった小さいサイズから大きいサイズまで対応しているラミネーターです。A3サイズまで対応しているので、飲食店や小売店など業務で多種多様なラミネーターを作る職場におススメのラミネーターです。

この商品は、温度調整を機会が自動で行うので、操作も簡単で初心者でも安心して使用することが出来ます。万が一フィルムが詰まっても、ローラーの隙間を広げるリバース機能が搭載されているので、故障の原因になる、フィルムの巻き込みを防ぐことが出来ます。

また、トレイが付いているので、ラミネート後の熱いフィルムをそのまま冷ますことができます。

商品の詳細

7位フェローズ ラミネーター Neptune2 5731401 A3

フェローズ ラミネーター Neptune2 5731401 A3

メーカー フェローズ
価格 115,688円
サイズ A3サイズまで対応
厚さ 75μm~175μm
ローラー数 4本
機能 リバース機能、オートリバース機能、省エネ機能

故障が少なく、長く使えるラミネーター

商品画像
操作ボタン

フェローズはアメリカのイリノイ州に本社のある会社で、ラミネーターやシュレッダーなどのオフィス用品を世界的に手掛ける会社です。

この商品は、価格は多少高く、商品自体も他の商品と比べると大きいです。コンパクト商品と比べると持ち運びもしにくく、場所も広くとります。

しかし、それらのデメリットを考慮してもメリットが多い商品で、まず試用している方々からは故障が少ないと評判のラミネーターです。また、4本ローラータイプなので、仕上がりも美しく、飲食店のメニューなどの作成など、業務用のラミネーターとしてお勧めの商品です。

価格は高く、商品も大きくて重いですが、長く使うことのできるラミネーターと言えるでしょう。

6位アスカ Asmix 4ローラーラミネーター A2対応 150μまで L402A2

6位アスカ Asmix 4ローラーラミネーター A2対応 150μまで L402A2

メーカー アスカ
価格 54,309円
サイズ A2サイズまで対応
厚さ 100μm~150μm
ローラー数 4本
機能 逆転スイッチ、温度コントローラー、スリープ機能

A2サイズまで対応!新聞紙もラミネート出来るラミネーター!

商品画像
操作ボタン

日本で販売されているラミネーターはほとんどがA3サイズかA4サイズまでが対応のものが多いです。中には小型のラミネーターで、ハガキサイズまで対応というものもあります。しかし、その逆はどうでしょうか。

ご家庭では必要ないかもしれませんが、お仕事ではA3サイズよりさらに大きい紙をラミネートすることがあるかもしれません。

そういったお仕事の方におススメの商品です。このラミネーターはA3サイズの倍にあたる「A2サイズ」まで対応しているラミネーターになります。もちろん、ハガキなどの小さいサイズのラミネートにも対応しています。

機能としては、温度コントローラーが付いているので、詳細な仕上がりの調整が出来ます。また、スリープ機能が搭載され、万が一消し忘れても30分でスイッチがOFFになるので安心です。

5位ナカバヤシ ハイスペック ラミネーター 4本ローラー A3 ブラック 72242

ナカバヤシ ハイスペック ラミネーター 4本ローラー A3 ブラック 72242

メーカー ナカバヤシ
価格 12,435円
サイズ A3サイズまで対応
厚さ 100μm・150μm対応
ローラー数 4本
機能 ウォームアップ約40秒、ローラー逆転機能付き

ウォームアップ約40秒!ラミネート加工もスピーディー!

商品画像
背面

ラミネーターを使う際、必ずスイッチを入れたら温まるまで待つ必要があります。その待ち時間が長いと、仕事が進まなくてイライラしてしまうものです。

でも、この商品なら、そんなイライラもなくなります。

このラミネーターは、スイッチを入れてからラミネートが可能になるまで約40秒、A4サイズのラミネートなら約44秒で加工が出来るというスピーディーなラミネーターです。他にも、ローラー逆転機能や、スイッチを入れてから30分経つと自動休止する機能が付いています。

お仕事でたくさんラミネートをする方におススメです。

4位アイリスオーヤマ ラミネーター 4本ローラー A3 LFA34AR ホワイト/シルバー

アイリスオーヤマ ラミネーター 4本ローラー A3 LFA34AR ホワイト/シルバー

メーカー アイリスオーヤマ
価格 6,894円
サイズ A3サイズまで対応
厚さ 100μ、150μ
ローラー数 4本
機能 5段階温度調節機能、オートリバース機能、ヒーターオートオフ機能

より綺麗に仕上がる温度調整機能付きの4本ローラータイプラミネーター

商品画像
モード選択ボタン

ラミネーターを扱っている会社で、今注目されているのがアイリスオーヤマです。扱っている商品は、Amazonなどのサイトで、人気上位に挙げられています。

そのアイリスオーヤマが発売している4本ローラータイプの商品で人気なのがこちらの商品。

綺麗で美しい仕上がりが実現できる、4本ローラータイプのラミネーターです。また、ラミネートフィルムに合わせて、温度調整が可能です。さらに、電源を入れてから60分後に自動ヒーターが切れる安全機能が付いていて、過熱による故障を防ぎます。

また、フィルムを斜めに入れてしまったり、ローラーに巻き付いてしまったときでも、ローラーが自動で逆回転し詰まりを解消する「オートリバース機能」が搭載されています。

3位アイリスオーヤマ ラミネーター LFA341D グレー

アイリスオーヤマ ラミネーター LFA341D グレー

メーカー アイリスオーヤマ
価格 10,682円
サイズ A3サイズまで対応
厚さ 150ミクロンフィルムまで対応
ローラー数 4本
機能 フィルムの巻き込み防止機能、温度調節機能、大型板状リアトレー付

美しい仕上がりを求めた4本ローラーのラミネーター

操作ボタン
4本ローラーでA3まで対応

こちらのラミネーターも、4位でご紹介した商品と同じアイリスオーヤマの4本ローラータイプになります。

先ほどのラミネーターは温度調整が5段階でしたが、こちらの商品は温度調整がダイヤル式で、さらに詳細な設定が出来るようになっています。

また、この商品もフィルム厚150μまで対応しており、厚めのラミネートも可能です。仕上がりをより美しく、綺麗にするのにおすすめの4本ローラータイプですが、加えて反りを防ぐために大型板状リアトレーがついています。

飲食店やお店なので、ラミネートを使う際におススメのラミネーターになります。

2位フェローズ ラミネーター Jupiter 5703401 A3

フェローズ ラミネーター Jupiter 5703401 A3

メーカー フェローズ
価格 18,900円
サイズ A3サイズまで対応
厚さ 75/80~175ミクロン
ローラー数 4本
機能 コールドラミネー可能、ヒートガード機能

触っても熱くない!ヒートガード付き

カバーを直接開けられる
操作ボタン

世界的ラミネートメーカー、フェローズの商品で、ちょっとお高いですが、他の商品にない特徴を持つラミネーターがこちらの商品。

ラミネーターは熱を使って加工するため、必ず機械本体は熱くなります。知らずに触って火傷をするおそれもあるので、扱うには注意が必要なのですが、この商品には機械が熱くならないという特徴があります。

それが「ヒートガード」です。

「ヒートガード」は、本体が二重構造で中に空気の層があり、触っても熱くないという画期的な特徴です。他にも、カバーを開けることが出来るので、中が詰まっても直接フィルムを取ることが出来ます。

1位アイリスオーヤマ ラミネーター 高速起動 A3 HSL-A34-R レッド

アイリスオーヤマ ラミネーター 高速起動 A3 HSL-A34-R レッド

メーカー アイリスオーヤマ
価格 9,823円
サイズ A3サイズまで対応
厚さ 100μ、150μ
ローラー数 4本
機能 ウォームアップ時間35秒、ワイヤートレー付

思い立ったらすぐにラミネートが出来る!驚異のウォームアップ35秒ラミネート!

場所を取らない大きさ
A3サイズまで対応

仕事で使う際におススメしたいラミネーター第1位はこの商品です。

ラミネートを使う際の待ち時間が短かったらと、誰でも必ず一度は思ったことがあるでしょう。アイリスオーヤマが開発・販売したこの商品は、驚異のウォームアップ時間を実現しました。

ウォームアップ時間が35秒(100μの場合)という、高速起動。ラミネーターは熱を使うため、待ち時間が必要となりますが、このラミネーターは従来の商品の3分の1という速さでの起動が可能になりました。そのため、急にラミネートが必要になったとき、すぐに使えるので、店舗や事務所などで大活躍間違いなしのラミネーターです。

仕事で使う際には、とてもおススメのラミネーターです。

家庭でおすすめのラミネーター10選

次に、ご家庭でラミネートをされる際に、おススメしたいラミネーターをご紹介いたします。

10位アイリスオーヤマ ラミネーター LFA441D グレー

アイリスオーヤマ ラミネーター LFA441D グレー

メーカー アイリスオーヤマ
価格 8,026円
サイズ A4サイズまで対応
厚さ 150μmまで対応
ローラー数 4本
機能 テキスト

4本ローラーで美しい仕上がり

4本ローラーで美しい仕上がり
使いやすい操作ボタン

仕事でおすすめのラミネーター4位のアイリスオーヤマ ラミネーター 4本ローラー A3 LFA34AR ホワイト/シルバーの姉妹品になります。家庭用で使うとなると、A3サイズの需要はそれほど多くなく、ハガキサイズなど小さいサイズの需要が高くなります。

こちらはA4サイズまでの対応となりますが、家庭用としてお使いになるには機能性や操作性はもんふぁいありません。また、、4本ローラータイプなので、2本ローラータイプと比べても綺麗な仕上がりになります。こちらの商品にも、ダイヤル式の温度調節機能がついているの、細かい温度調整が可能です。

9位フェローズ ラミネーター Lunar 5718401 A3

フェローズ ラミネーター Lunar 5718401 A3

メーカー フェローズ
価格 8,200円
サイズ A3サイズまで対応
厚さ 75~100μm
ローラー数 2本
機能 リリースレバー

ON・OFFだけのシンプル設計!初心者でも簡単に使えるラミネーター

スイッチだけのシンプル設計
持ちやすいデザイン

ご家庭でラミネーターを使う際は、純粋にラミネート機能だけを使うことが多く、他の機能はあまり必要ないという方もいらっしゃると思います。逆に、様々な機能が付いていると使いにくいという思われる人も。

そのような方におススメなのが、こちらの商品です。

大きさはA3サイズまで対応し、厚さは100μmまで対応しているラミネーターです。スイッチのON・OFFのみのシンプルな設計で、初心者でも使いやすいのが特徴のラミネーターです。また、フィルム詰まりについては、リリースレバーで対応が可能です。誰でも安心して使えるので、家庭向けの商品です。

8位アスカ Asmix ラミネーター 厚口可 4本ローラー A4対応 L406A4

アスカ Asmix ラミネーター 厚口可 4本ローラー A4対応 L406A4

メーカー アスカ
価格 8,777円
サイズ A4サイズまで対応
厚さ 100・150㎛
ローラー数 4本
機能 未加温時ラミネート防止機構

熱くならないうちはラミネートは出来ません!未加温時ラミネート防止機構装備!

小さいものから大きなものまで何でもOK
A4サイズまで対応

ラミネートは、ラミネーターが熱くならないうちに加工しようとすると、綺麗に仕上がりません。急いでいるときに、まだ熱くならないうちにラミネートをして失敗した経験がある方も多いのでは?

ほとんどのラミネーターは熱くならなくてもローラーが動いており、ラミネートをすることが可能です。しかし、この商品はそのような心配はいりません。

熱くなる前にラミネートをするのを未然に防ぐため、このラミネーターには「未加温時ラミネート防止機構」が装備されています。これは、本体が十分に加熱しないと、ラミネートをすることが出来ないという機能です。また、4本ローラータイプなので、綺麗に仕上がります。

7位アイリスオーヤマ ラミネーター 省スペース A3 LTA32W ホワイト/グレー

アイリスオーヤマ ラミネーター 省スペース A3 LTA32W ホワイト/グレー

メーカー アイリスオーヤマ
価格 5,800円
サイズ A3サイズまで対応
厚さ 150μmまで対応
ローラー数 2本
機能 縦型トレー

縦型トレー省スペース!狭い場所でもラミネートが出来る!

2通りの使い方
3段階の温度調節

ラミネーターを使う時、スペースを広く使うため、机を毎回片づけたり、あるいは床の上で使ったりすることがありませんか。

こちらのラミネーターは、狭いスペースでも使えることを考慮したラミネーターになります。

この商品の特徴は、装備されている縦型トレーです。ラミネートする際は、フィルムが曲がったりするのを防ぐために、広いところで行うことが多いです。しかし、この縦型トレーを使うことによって、奥行きのない狭いところでラミネート作業をおこなうことが可能になります。

場所を選ばず、作業が出来るので、ご家庭で使うラミネーターとしておススメです。

6位ナカバヤシ ラミネーター A4 ブラック HEL-01A4BK

ナカバヤシ ラミネーター A4 ブラック HEL-01A4BK

メーカー ナカバヤシ
価格 4,889円
サイズ A4サイズまで対応
厚さ フィルム厚100㎛専用
ローラー数 2本
機能 テキスト

仕上がりとスピードを両立!家庭向けのラミネーター

商品画像
ローラーフリー機能

ラミネーターによっては、対応している厚さやフィルムの大きさの範囲が広いものがあります。しかし、家庭用で使う際、そんなに対応の範囲が広くても使うことが無いということがあります。

このラミネーターは対応のフィルムの厚さやフィルムのサイズの範囲を絞り込み、その分、ラミネーター自体の機能性を高めた商品になります。

ウォーミングアップ時間が約2分、ラミネートの仕上がりとスピードを意識したラミネーターです。ラミネーターで一番使われるA4サイズと100μmに対応しているので、ご家庭で不自由なく使うことが出来るラミネーターです。価格も安価でおススメです。

5位GBC ラミネーター A3 2本ローラー CLA302

GBC ラミネーター A3 2本ローラー CLA302

メーカー GBC
価格 6,980円
サイズ A3サイズまで対応
厚さ 75μm~100μm
ローラー数 2本
機能 コールドラミネート、リリースレバー

加工に合わせた温度設定が可能!お買い得なラミネーター

商品画像
様々なラミネートが可能

A3サイズまで対応で、価格が6,980円とお買い得なラミネーターです。もし、A3サイズもラミネートされるご家庭にお勧めの商品です。

こちらのラミネーターは、温度設定を加工に合わせて「75μm」「コールド」「100μm」の3つ可能に絞り込んでいますが、ご家庭で使用する分には不自由しません。しかし、厚紙などをされる際は、注意が必要です。

また、軽くコンパクトな設計で、持ち運びし易いラミネーターです。機能を絞り、操作もしやすいので、家庭でのラミネート加工におススメです。フィルムが詰まっても、リリースレバーで簡単に取り除けます。

4位MONOLITH (モノリス) ラミネーター (IDからA3サイズまで)

MONOLITH (モノリス) ラミネーター (IDからA3サイズまで)

メーカー MONOLITH
価格 4,082円
サイズ A3サイズまで対応
厚さ 75μm~125μm
ローラー数 2本
機能 コールドラミネート

熱に弱い写真もラミネート可能!

商品画像
A3サイズまで対応

ラミネーターはとても便利な道具ですが、熱を使って加工するため、感熱紙や熱に弱い写真などは、ラミネートが難しいという弱点があります。

そのため、感熱紙や写真をラミネートするには、コールドラミネートを使うのですが、そのような機能があると値段が割高になります。

しかし、こちらのラミネーターは、お買い得な価格でコールドラミネーター機能が搭載されています。

A3サイズまで対応しており、このラミネーターを使えば、感熱紙や、熱に弱い写真もラミネート加工が出来ます。お買い得な価格なので家庭用としておススメです。家庭で一台は持っておきたいラミネーターです。

ただし、コールドラミネーターには、専用のラミネーターフィルムを使いますので、注意が必要です。

3位ホットラミネーター、Camking A4ラミネートラミネーターと2ロールシステム3分間ラピッドプレヒートラピッドラミネートスピードマシン

ホットラミネーター、Camking A4ラミネートラミネーターと2ロールシステム3分間ラピッドプレヒートラピッドラミネートスピードマシン

メーカー Camking
価格 3,279円
サイズ A4サイズまで対応
厚さ 80μm~125μm
ローラー数 2本
機能 失速スイッチ、温度調節

鉄カバーで耐久性抜群!

場所を選ばないデザイン
操作がシンプル

ラミネーターはプラスチックで作られているものが多く、落としたら壊れるのでは心配される方もいるかと思います。このラミネーターは、本体が鉄カバーで出来ており、耐久性に優れたラミネーターです。

落としただけでは、簡単には壊れません。

操作性もシンプルで、スイッチのON・OFFのみなので、誰でも使うことが出来るのでご家庭で使用するラミネーターとしておススメいたします。

ただ、ウォームアップに時間が3分かかり、2本ローラータイプのラミネーターですが、仕上がりは4本ローラータイプに負けない仕上がりと評判のラミネーターです。

2位ナカバヤシ パーソナルラミネーター A4 2本ローラー ブラック NEL-101A4D

ナカバヤシ パーソナルラミネーター A4 2本ローラー ブラック NEL-101A4D

メーカー ナカバヤシ
価格 4,980円
サイズ A4サイズまで対応
厚さ 100μm
ローラー数 2本
機能 温度設定オート、ウォーミングアップ時間4分

軽量で持ち運びも操作も簡単!ご家庭でおススメのラミネーター

商品画像
軽量ボディ

ナカバヤシはアイリスオーヤマと人気を分け合うラミネーターのメーカーです。このナカバヤシのラミネーターで評価が高いのが、この商品です。

ラミネーターは重量が1kg以上のものが多く、中には数kgというものもありますが、このラミネーターは重量が0.86kgという軽量ボディが特徴の商品。

ご家庭では、毎日ラミネーターを使うという所は少ないので、どこかにしまっておいて、使うたびに事が多いでしょう。このラミネーターは軽量なので持ち運びが簡単なので、出すのに苦労しません。

サイズはA4サイズまで対応ですが、厚さについては150μまで対応しています。また、温度はオート設定なので、操作も簡単です。家庭にあったら便利なラミネーターです。

1位アイリスオーヤマ ラミネーター 簡単 A4 LM42E ホワイト

アイリスオーヤマ ラミネーター 簡単 A4 LM42E ホワイト

メーカー アイリスオーヤマ
価格 2,914円
サイズ A4サイズまで対応
厚さ 100μフィルム専用
ローラー数 2本
機能 フリーレバー付きで詰まったフィルムを簡単に取り出せる

機能をシンプルにしたコンパクト設計のラミネーター

シンプルな操作性
商品画像

アイリスオーヤマが販売しているラミネーターで一番人気の商品で、Amazonの最新版のラミネーターランキングでも一番人気となっているラミネーターです。

あえて様々な機能を着けず、純粋に機能をラミネートのみに絞ったシンプル設計のラミネーターです。ウォームアップには4分から6分かかりますが、対応サイズは100μのみに絞り、温度設定や速度設定が必要のない、シンプルな操作性を実現しました。

フィルムが詰まってもフリーレバーで簡単に取り除くことが出来ます。

コンパクト設計なので、場所も取らず、誰でも使いやすいラミネーターで、価格も安価で多くの方から支持を受けている商品です。ご家庭でお使いになるのに、おすすめの商品です。

まとめ

人気のラミネートを価格や操作性、機能性から「仕事」「家庭」に分けてご紹介いたしました。少し前までは、ラミネーターは会社やお店にしかない物でしたが、価格も安くなり購入されているご家庭も多くなっています。

ラミネートで身の回りの書類などを整理したり、はがきやカードを綺麗に保存したりなど、使い方は多種多様にあります。ぜひ、この機会にラミネーターの購入を考えてみてはいかがでしょうか。