持ち運びにも便利な最強キーボード!おすすめのパンタグラフキーボードランキング

日常的に文字入力の作業をしていると、だんだん気になってくるのがキーボードです。普段ノートパソコンを使用している方が、仕事でデスクトップパソコンやタブレットを操作すると、キーボードの違いに戸惑うことが多いのではないでしょうか。

そういった場合に持っていると便利なアイテムが、ロジクールやバッファロー、エレコムが販売するパンタグラフキーボードです。外付けキーボードがあれば、どんな場面でも指になじんだキーボードで作業ができます。

今回は、文字が打ちやすくて軽量なパンタグラフキーボードについての紹介です。

パンタグラフキーボードで軽やかなキータッチ

気持ちよく文字入力

パンタグラフキーボードは、「パンタグラフ」の部分が示すように、電車の屋根などでおなじみのパンタグラフの構造を採用しています。ノートパソコンに標準搭載のキーボードが、パンタグラフキーボードです。

パンタグラフキーボードのキートップ(キーボードのフタにあたるパーツ)を外すと、四角いスペース内にコの字型のパーツが交差して嵌っています。このパンタグラフの構造になったパーツがキートップを押すことで沈み込むと、中央にある文字入力を認識するスイッチが押され、入力した文字が画面に反映される仕組みです。

古くなったノートパソコンのキートップが外れてしまった経験があるなら、パンタグラフキーボードの構造にピンとくると思います。無理にキートップを外すと修理が難しくなるため、壊れていないノートパソコンでの確認はやめてください。

パンタグラフキーボードは、キートップを押したときにキーが沈む深さを表す「キーストローク」が、他の種類のキーボードに比べて浅くなっています。そのおかげで文字入力のレスポンスが早まり、指への負担を軽減することも大きなメリットです。

外付けパンタグラフキーボードは数多く販売されているため、ノートパソコンからデスクトップパソコンに乗り換えたユーザーでも、外付けのパンタグラフキーボードがあれば今までと変わらない感覚で文字入力ができます。

パンタグラフキーボードは構造上、軽量・薄型で設計できるので、外付けパンタグラフキーボードは収納や持ち運びにも便利です。キーを打つときのタイプ音も静かですから、図書館などで活躍します。

もしキートップを押した際にしっかりとした感触(打鍵感)が欲しいなら、なるべく深めのキーストロークを備えるパンタグラフキーボードが望ましいです。

キーボードには「メンブレン式」や「メカニカル式」もありますが、これらはキーに厚みがあることから主にデスクトップパソコンで使われます。パンタグラフの打鍵感では満足できないようなら、こちらもおすすめです。

どれが最適?パンタグラフキーボードの選び方

どの機器に使う?

パンタグラフキーボードの特徴を理解すれば、自分にピッタリの商品が見つかります。

使いやすさを確認

先ほど述べたとおり、パンタグラフキーボードはキーストロークが浅いので疲れにくく、文字の入力速度が上がります。その半面、キートップを軽く押しただけで文字が入力されるため、新しいキー配置に慣れるまではタイプミスが多くなるかもしれません。

そうしたミスを減らしたい場合、「キーピッチ」が重要なポイントになります。キーピッチとは、ふたつのキーの中心と中心の間隔のことです。キーピッチが広く取られたキーボードなら、キーの押し間違いなどのミスを防ぎやすくなります。

こちらはキーボード全般の話ですが、日本国内で販売されるキーボードの規格は、「JIS配列」と「US配列」の2種類です。JIS配列はみなさんもおなじみの日本語キーボードで、US配列のほうが国際標準規格になります。

JIS配列のキーボードは普段と変わらない感覚で使えますし、US配列のキーボードに慣れればスマートなタイピングが可能です。

JIS配列とUS配列の最大の違いとして、JIS配列特有の「かな入力」ができないことが挙げられます。かな入力が使えないと困る方は、必ずJIS配列のキーボードを選択しましょう。

ソフトの立ち上げなどをワンタッチで行えるホットキーも、キーボードでの作業効率を高めたいなら必須です。

収納に便利なワイヤレスキーボード

軽くて薄いパンタグラフキーボードでも、有線タイプは収納時にケーブルが少しかさばるかもしれません。自宅での使用には問題なくても、鞄に入れておくとケーブルが丸まってしまって大変です。携帯性を重視するなら、無線タイプのキーボードを探しましょう。

無線タイプは、使用機器のUSB端子に専用のレシーバーを取り付けて使う「レシーバー式」と、Bluetoothを利用して接続(ペアリング)を行う「Bluetooth式」の2種類があります。

どちらの種類でもキーボードを動作させるための電池が必要ですから、手軽さでは有線タイプに軍配が上がります。充電式のバッテリーを内蔵したモデルもあるので、電池の管理に自信がない方におすすめです。

スマートに持ち歩けるワイヤレスキーボードは、作業中の見た目がスタイリッシュになります。

使用機器に対応可能かチェック

最近はパソコンだけでなく、スマートフォンなどのモバイル機器や据え置きゲーム機でキーボードを使用している方も多いでしょう。素早い文字入力が可能なパンタグラフキーボードなら、外出先での入力作業やオンラインゲームのチャットに大活躍します。

そこで注意しなければならないのは、自分が使いたい機器にキーボードを接続できるのかどうかです。必ず対応機種の欄をチェックして、キーボードの互換性をチェックしてください。

スマホやタブレットは通常のUSB端子を備えていないため、Bluetoothを利用した接続が主流です。無線タイプでiOSやAndroid端末に使えるキーボードを探してみましょう。

パソコンのOSも従来のWindowsやMacに加え、最近はChrome OSがありますから、自分のパソコンで使えないキーボードを買わないように注意が必要です。

使用が便利になる数々の機能

キーボード選びの際には、個々の商品が持つ機能を把握できたほうが有利です。キーボードに備わっていると便利な機能の一例を紹介してみましょう。

表計算ソフトを利用する方は、テンキー付きのキーボードが便利です。キーボードの横幅は広くなるので、作業スペースに気をつけてください。

外に持ち歩く機会が多い方は、耐水性に優れたキーボードだと安心です。完全防水ではありませんが、誤って液体をかけてしまっても故障せず、本体を丸ごと水洗いできます。

ゲームに使うキーボードを探すなら、専用のゲーミングキーボードがおすすめです。操作に必要な複数キー入力の同時認識、ゲームが有利になる連射機能、便利なマクロ登録など、ゲームのプレイ環境が飛躍的に進化します。ゲーム中は連打などでキーボードの扱いが雑になりがちですが、ゲーミングキーボードは耐久性も段違いです。

マウスが不要になるタッチパッド付きや角度が調節できるチルト機能といった、使い勝手に優れたキーボードもあります。機能が充実するとコストも増加するので、必要な機能を吟味しましょう。

パンタグラフキーボードのおすすめランキングもTOP20

実際に売れ筋のパンタグラフキーボードを、20位までのランキングにまとめました。なお、海外メーカーの製品が含まれる都合上、スペック表に記載できる情報が少ない商品もあります。ご了承ください。

20位:サンワサプライ SKB-SL18BKN

サンワサプライ SKB-SL18BKN

接続方式 有線
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ 19mm
キーストローク 2±0.1mm
サイズ 幅293mm×奥行115mm×高さ19mmx
重量 260g

省スペースで設置可能

20位は、サンワサプライの「SKB-SL18BKN」です。テンキーをなくした小型設計で、取り回しやすいキーボードになっています。平均的なキーピッチに加え、隣接し合うキーの境界線が見分けやすい2段構造キートップのおかげで、操作性についてもバッチリです。

USBケーブルの引き出し口を左右、前方向に設けてあるため、端子の位置が違う複数の機器に使い回せます。

19位:ロジクール KX1000s

ロジクール KX1000s

接続方式 無線(Bluetooth、レシーバー両対応)
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ 19mm
キーストローク 1.8mm
サイズ 幅430mmx奥行149mmx高さ32mm
重量 960g

高性能のプレミアムモデル

ロジクール KX1000s

19位はロジクールの「KX1000s」です。中央がくぼんだキートップが正しい文字入力をサポートし、周囲の照明に合わせた輝度で光るバックライトによりキーの確認がしやすくなります。本体の向かって左上にあるクリエイティブ入力ダイヤルは、Adobe製品やMicrosoft Office(Windowsのみ)の各ソフトの切り替えが瞬時に行えるクリエイター垂涎の装置です。

最薄部分は約1cmのスマートボディが、デスク上に圧迫感を与えません。さまざまなソフトを活用するユーザーなら、値段の高さに見合うだけの満足感を得られるでしょう。

18位:ロジクール K750r

ロジクール K750r

接続方式 無線(USBレシーバー)
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ 19.5mm
キーストローク 2mm
サイズ 幅432mmx奥行157mmx高さ7.5mm
重量 750g

光で動くキーボード

ロジクール K750r

18位はロジクールの「K750r」です。本体上部のソーラーパネルで充電を行うため、電池交換や充電作業の煩わしさから解放されます。テンキーなどもきちんと備え、作業には必要十分な性能です。

極薄7.5mmの設計でありながら、デスクトップパソコンのキーボードにも負けない使い勝手を誇ります。充電池が寿命を迎えない限りはずっと使えるため、コスパも良好です。

17位:ロジクール K740

ロジクール K740

接続方式 有線
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ 19mm
キーストローク 3.2mm
サイズ 幅457mmx奥行190mmx高さ9.3mm
重量 1050g

クセになる打鍵感

ロジクール K740

17位はロジクールの「K740」です。キートップの文字はレーザーエッチング(レーザー彫刻)が施され、バックライトの光をよく通します。パンタグラフキーボードでは珍しい深めのキーストロークを実現した「PerfectStrokeキーシステム」によって、心地いい打鍵感とパンタグラフならではの静音性を両立させたタイピングが可能です。

スタイリッシュなデザインで使いやすいキーボードなら、作業にもやりがいが感じられるでしょう。

16位:エレコム TK-FCP097BK

エレコム TK-FCP097BK

接続方式 有線
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ 19mm
キーストローク 2mm
サイズ 幅367.1mm×奥行127.5mm×高さ21.2mm
重量 508g

順応性が高い

16位はエレコムの「TK-FCP097BK」です。キートップの下に鉄板が挟み込まれているため、タイピングの安定感が増しています。ドライバのインストールが不要ですから、自分のパソコン以外にも使いやすいです。

WindowsとMac、それぞれのOSに適した操作モードへの切り替えが可能なので、学校の授業でMacパソコンを使用することが多い学生にもおすすめできます。

15位:マイクロソフト FFP-00039

マイクロソフト FFP-00039

接続方式 マグネット
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ
キーストローク
サイズ 幅295mmx奥行217mmx高さ5mm
重量 310g

タブレットの作業効率がアップ

15位は、マイクロソフトの「FFP-00039」です。こちらはマイクロソフトのタブレットPC「Microsoft Surface Pro」に接続して使うキーボードで、デフォルトのタッチキーボードになじめない方もパソコンと同じ感覚で作業ができます。

薄さ約5mmの軽量ボディは、タブレットと一緒に持ち歩いても苦になりません。カバー素材は、高級自動車のシートにも使用されている高耐久の「アルカンターラ」を採用しています。

商品画像ではUS配列になっていますが、実際に届くキーボードはJIS配列です。

14位:iClever IC-BK03

iClever IC-BK03

接続方式 無線(Bluetooth接続)
キーボードの規格 US配列
キーピッチ
キーストローク
サイズ 幅251.7mmx奥行89.6mmx高さ6.6mm
重量 181g

サッと取り出して使える

iClever IC-BK03

14位は、iCleverの「IC-BK03」です。互換性の高いBluetooth接続で、モバイル機器との相性がよくなっています。フル充電で約80時間使用可能なバッテリーを内蔵しているため、携帯性も高いです。

アルミ合金のボディを折りたためば、鞄の中でもキーボードを確実に保護できます。

13位:バッファロー BSKBU14BK

バッファロー BSKBU14BK

接続方式 有線
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ 19mm
キーストローク 2.5mm
サイズ 幅344mm×奥行138mm×高さ21mm
重量 340g

気持ちいい文字打ち

バッファロー BSKBU14BK

13位は、バッファローの「BSKBU14BK」です。キータッチの感触を確かなものにする硬質アルミプレートが、ほどよい打鍵感を味わわせてくれます。ノートパソコン標準のキーボードに近いサイズで設計されているため、パンタグラフキーボードに慣れている方にピッタリです。

ゲーム機との接続が可能なので、仕事にも遊びにも活躍するでしょう。

12位:JETech 2156-KB-BT-UNIVERSAL-WH

JETech 2156-KB-BT-UNIVERSAL-WH

接続方式 無線(Bluetooth接続)
キーボードの規格 US配列
キーピッチ
キーストローク
サイズ 幅285mm×奥行120mm×高さ6mm
重量 286g

どこでも使用可能

JETech 2156-KB-BT-UNIVERSAL-WH

12位はJETechの「2156-KB-BT-UNIVERSAL-WH」です。1台で多彩なデバイスに対応できるので、小型サイズを活かして家の中でも外でも幅広く使用できます。入手しやすい単4電池で動くため、外出先での使用中に電池切れが起きても安心です。

人間工学に基づくエルゴノミクスデザインが、作業中の手首への負担を軽減してくれます。

11位:Ewin EW-RB05

Ewin EW-RB05

接続方式 無線(Bluetooth接続)
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ
キーストローク
サイズ 幅150mm×奥行50mm×高さ3mm
重量 90g

極小サイズで高機能

Ewin EW-RB05

11位はEwinの「EW-RB05」です。片手に収まるコンパクトサイズでありながら、キーボードとマウス両方の機能が備わっています。超軽量で接続できる機器も多いので、アイデア次第で多様な使い方が可能です。

側面にLEDライトが搭載されていますから、停電時の照明にもなるでしょう。

10位:SENGBIRCH SB-PB-IPAD9.7-7BG-B

SENGBIRCH SB-PB-IPAD9.7-7BG-B

接続方式 無線(Bluetooth接続)
キーボードの規格 US配列
キーピッチ
キーストローク
サイズ
重量 453.6g

iPadがもっと便利に

SENGBIRCH SB-PB-IPAD9.7-7BG-B

10位は、SENGBIRCHの「SB-PB-IPAD9.7-7BG-B」です。iPad専用のキーボードで、接続部を変形させることで画面が見やすいポジションに固定できます。キーボードを光らせるバックライトは7色から選択できるため、見た目にも楽しいです。

タブレット対応のキーボードカバーで、iPad本体の保護効果を高めながら、効率のいい文字入力をしましょう。

9位:エレコム TK-FDP099TBK

エレコム TK-FDP099TBK

接続方式 無線(USBレシーバー)
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ 19mm
キーストローク 2mm
サイズ 幅367.1mm×奥行127.5mm×高さ21.2mm
重量 488g

好みに合わせて選べる

エレコム TK-FDP099TBK

9位はエレコムの「TK-FDP099TBK」です。16位で紹介したキーボードの無線タイプで、有線タイプと無線タイプの違い以外は同等の性能になっています。接続は安定感のあるレシーバー式で、キーボードの状態を知らせるLEDランプが便利です。

電池の用意が面倒なら有線タイプ、作業スペースをすっきりさせたいなら無線タイプで使い分けるといいでしょう。

8位:Ewin EW-ZR-050

Ewin EW-ZR-050

接続方式 無線(Bluetooth接続)
キーボードの規格 US配列
キーピッチ
キーストローク
サイズ 幅290mm×奥行99mm×高さ6mm
重量 157g

財布と間違えてしまいそう

Ewin EW-ZR-050

8位はEwinの「EW-ZR-050」です。半分に折りたためるキーボードで、鞄に忍ばせやすい抜群の収納性を誇ります。レザーが使用された外観は財布にしか見えないのに、内側はしっかりしたキーボードという発想は、なかなかユニークではないでしょうか。

スマホやタブレットを自立させるスタンドが付属するため、モバイル機器との組み合わせがおすすめです。

7位:ロジクール K480BK

ロジクール K480BK

接続方式 無線(Bluetooth接続)
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ 19mm
キーストローク 2mm
サイズ 幅299mm×奥行195mm×高さ20mm
重量 815g

モバイル機器の相棒

ロジクール K480BK

7位はロジクールの「K480BK」です。最大3台のマルチペアリングさせた機器を、ダイヤルで自由に切り替えることができます。キーボードにスマホなどをセットできる溝が設けられているため、スタンドを別に持ち歩く必要がありません。

もちろんパソコンとの接続もできますから、場面ごとに使用機器を切り替えていきましょう。

6位:iClever IC-BK06

iClever IC-BK06

接続方式 無線(Bluetooth接続)
キーボードの規格 US配列
キーピッチ 19mm
キーストローク
サイズ 幅330mmX奥行120mmX高さ12mm
重量 176g

使い手に負担をかけない

iClever IC-BK06

6位は、iCleverの「IC-BK06」です。折りたたみ状態から展開すると、折れ目を中心とした左右どちらにも角度がついていて、両手をしっくりなじむポジションに置いて文字入力ができます。

かなり独特な形状には慣れが必要ですが、キーボードで人と違った個性を演出したい方におすすめです。

5位:ロジクール K780

ロジクール K780

接続方式 無線(Bluetooth、レシーバー両対応)
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ 19mm
キーストローク 2mm
サイズ 幅380mmX奥行158mmX高さ22mm
重量 875g

テンキーが必要ならコッチ

ロジクール K780

5位はロジクールの「K780」です。先ほどの「K480」とは違う形状のモバイル用スタンドを備え、テンキーも搭載しています。こちらはマルチペアリングした機器を3つのボタンで切り替えられるため、使い勝手は少し上かもしれません。

テンキーの分だけ横幅が広くなるので、自分の作業に必要かどうか検討してください。

4位:バッファロー BSKBM01WH

バッファロー BSKBM01WH

接続方式 有線
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ 19mm
キーストローク 2.5mm
サイズ 幅444mm×奥行129mm×高さ23mm
重量 516g

Macユーザーにおなじみ

バッファロー BSKBM01WH

4位は、バッファローの「BSKBM01WH」です。Macパソコンのキー配列になっていて、コマンドキーに代表されるApple製キーボード独自の操作が行えます。Macパソコンのキーボードが壊れてしまったユーザーも、このキーボードなら今までと同じように使えて安心です。

キーの底にメタルシートが入っているため、打鍵感はしっかりしています。

3位:JTT Online IPBKYSKWH

JTT Online IPBKYSKWH

接続方式 無線(Bluetooth接続)
キーボードの規格 US配列
キーピッチ 16mm
キーストローク 2.5mm
サイズ 幅203mm×奥行90mm×高さ8mm
重量 165g

面白い縦折りキーボード

JTT Online IPBKYSKWH

3位はJTT Onlineの「IPBKYSKWH」です。縦に2分割された珍しいキーボードで、収納袋に入れれば手持ちもできます。本体の正面に内蔵スタンドを展開させられるため、モバイル機器との親和性が高いです。

左右分割の折りたたみに比べてキーの隙間が空かないので、非折りたたみ式のキーボードに近い感覚で使えます。

2位:ロジクール K380BK

ロジクール K380BK

接続方式 無線(Bluetooth接続)
キーボードの規格 JIS配列
キーピッチ 18mm
キーストローク 1.5mm
サイズ 幅279mm×奥行124mm×高さ16mm
重量 423g

長く使えてエコ

ロジクール K380BK

2位はロジクールの「K380BK」です。単4電池2本で最長2年間も作動するため、電池交換の頻度が少なく経済的にも優しくなっています。「K780」と同じく、マルチペアリングした機器をボタンで切り替える「Easy-Switch」方式です。

3色のカラーバリエーションがあるので、キーボードを接続する機器と雰囲気が合わせられます。

1位:Anker AK-A7726121

Anker AK-A7726121

接続方式 無線(Bluetooth接続)
キーボードの規格 US配列
キーピッチ
キーストローク
サイズ 幅284mm×奥行122mm×高さ18.5mm
重量 200g

普段使いに手頃なキーボード

Anker AK-A7726121

1位は、Ankerの「AK-A7726121」です。使いやすいキー配置で、テンキーを除けば過不足なく揃っています。サイズも狭すぎず広すぎず、持ち運びにちょうどいいです。

US配列は慣れると病みつきになるユーザーが多いですから、リーズナブルなキーボードで体験してみるといいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。US配列のキーボードも多くランクインしているので、ユーザーからの人気は半々といったところでしょうか。商品画像から分かりますが、US配列はエンターキーやスペースキーの大きさなどの細かな違いがあるため、最大の決め手となる要素はユーザーの好みです。

お気に入りのパンタグラフキーボードが見つかったら、2台3台とリピート買いをしてもいいかもしれません。使い勝手が異なるキーボードは慣れるまでが大変ですから、少し保守的になってもいいでしょう。

みなさんもパンタグラフキーボードで、楽しく便利に文字入力をしてください。