愛犬の健康に最適!最強犬用おすすめおやつ20選!

愛犬と一緒に生活していく上で欠かせないアイテムと言えば、おやつです。しつけをする際のご褒美としてはもちろん、ワンちゃんにとっては貴重な栄養補給の源だとも言えるでしょう。

しかし、犬のおやつとひとことで言っても、たくさんの種類があるのでどれを選んで良いのか、迷ってしまいがちです。しっかりとしたおやつを選ばないと、愛犬の体調が悪くなってしまったり、太りすぎてしまうといった心配事もあるでしょう。

そこで今回は、愛犬の健康にフォーカスした最強犬用おすすめおやつを選んでみました。おやつ選びのポイントはもちろん、健康を考えたおやつをご紹介します。

犬用おやつをタイプ別にご紹介

まず最初に、犬用のおやつにはどのような種類があるのかおさらいしましょう。基本的におやつには、しつけをするためのおやつと、留守番などの際に気を紛らわすためのおやつに分けられます。

実際には、もっと細分化されていますが、犬用のおやつは、空腹を満たすためのものではありません。そのため、犬のおやつをタイプ別に分けると、大きく分けて3つの特徴を持ったおやつの種類に分類されます。

ジャーキーや歯磨きガムなどの長持ちタイプ

ターキーコンボやジャーキー、歯磨きガムなどは1つ与えておくと犬種にもよりますが比較的長い時間大人しくしていてくれることが多いでしょう。これは長持ちタイプのおやつになるので、わんちゃんの気を逸らす時に与えるおやつです。

ピンポンが鳴ったり、来客がいて愛犬が興奮している時に活躍してくれるタイプです。

ビスケットやパンなどの一口タイプ

子犬の時にしつけを行う時に活躍するタイプのおやつが、ビスケットや一口パン、またはジャーキーでも手でちぎってあげやすいおやつです。お手が出来たらおやつ、トイレができたらおやつという具合に、犬のしつけにはおやつが必須アイテムです。

この時に活躍するのが一口タイプのおやつで、ワンちゃんに対して「褒めてもらう=おやつをもらえること」だと思わせることで、1つ1つできることが増えていきます。

ただし、食べ過ぎには注意させなければ肥満の原因となってしまうので、ちぎれるジャーキーでも、本数を決めて細くちぎってあげるようにすると良いでしょう。

知育玩具と組み合わせるタイプ

長時間のお留守番が初めて、苦手という犬のためには、知育玩具と組み合わせて食べさせるタイプのおやつがあります。

犬用のおやつでもジェルタイプのものがあり、ジェルタイプだと匂いが残るのでワンちゃんはいつまで経ってもおもちゃで遊んでいられるというメリットがあります。おやつというより、おもちゃに近いタイプのものです。

犬用おやつの選び方のポイント

愛犬のおやつには、それぞれ大きさや利用シーンにおいて、それぞれのタイプがあるとわかってもらえたでしょうか。それでは早速、犬用のおやつを選ぶポイントをご紹介しましょう。犬用のおやつを選ぶポイントは大きく分けて3つます。

  • 目的や用途
  • 原材料
  • 安全面

です。それぞれ詳しく説明しましょう。

1.おやつを与える目的・用途を明確して選ぶ

おやつをタイプ別に紹介した際に、どのような場面で与えるおやつかご紹介しました。当然おやつを選ぶ時には、「このおやつはこの場面であげよう」という、選ぶ理由を明確にしなければなりません。おやつの基本的な考え方として、犬の栄養は食事で全てまかなうことが可能なので、本来ならば与えなくても良いものを与えるということを理解しましょう。

そのため、「美味しそうだから」とか、「いまのおやつに飽きたようだから」などの、ふわっとした理由で与えることはおすすめできません。

それよりも、無駄吠えの時にあげるおやつ、お留守番で与えるおやつ、しつけで与えるおやつなど、どの場面で使うのかをしっかりと考えて、おやつを選ぶようにしましょう。

2.原材料をしっかりと確認して選ぶ

最近はペットブームもあり、おやつにもいろいろな種類が出ています。「えっ!?これ犬用なの!?」と思うようなおやつが発売されているものです。そのようなインパクトで犬用のおやつを選んでしまうことは多々あるでしょうが、しっかりと原材料を確認して選ぶようにしましょう。

犬用のおやつの原材料は、チーズや鶏肉が一般的ですが、珍しいタイプで鹿肉や馬肉を原材料としたおやつも販売されています。ワンちゃんのバースデーケーキまで存在しているので、犬のおやつも人間と変わらないほど充実しているのです。

犬も人間と一緒でアレルギーがある子もいるので、原材料を確認した上で食べさせることが絶対に必要です。また、犬用だからと言って、人間が食べないようなものを原材料として使用しているおやつもたまに見かけます。

人間が食べられるものならば、犬も安心して食べることができます。人間が食べられる基準かどうかをしっかりとチェックするようにしましょう。

3.安全面を考慮して選ぶ

原材料もそうですが、その後の製造工程や品質、原産国、製造国などをチェックするようにしましょう。このような表記が無いようなおやつは、安全性に欠けると言わざるを得ません。

また、賞味期限を伸ばすために、添加物を使っているおやつはたくさんあります。特にラムや果物などを使ったものは、添加物をつかている可能性が高いので、注意して見るようにしましょう。人間が食べる物にも添加物はたくさん入っていますが、決して体に良いものではありません。

日本では添加物の規制が緩いので、海外では規制されているようなものも、食品に入れてもOKというものがたくさん存在します。人間の体に入って毒なものが、小柄な犬の体に入ったら人間以上にダメージを受けてしまいます。

できるだけ、無添加のおやつを選ぶようにしましょう。

愛犬の健康を考えた最強おやつ20選

それでは、愛犬の健康面を考慮した、最強のおやつを20個ご紹介しましょう。今回の選んだ基準は以下の4つです。

  • 無添加
  • 原材料
  • 原産国
  • 価格

これらの条件をもとに、商品選びを行いました。

第20位 塩無添加 ワンちゃんにぼし

添加物 無添加
原材料 カタクチイワシ
原産国 日本
価格 787円(税込)

ダイエットに最適な塩分控えめのにぼし

犬の体に不要な塩を使わずに、ワンちゃんの健康に配慮した塩分の少ない煮干しのおやつです。魚のおやつは、ダイエットが必要な愛犬にぴったりです。

豊富なカルシウムは含まれているので、歯や骨を丈夫にする上で欠かせない栄養がたっぷり入っています。栄養バランスを整えたいわんちゃんにはぜひ食べさせたいところです。

第19位ジャパンプレミアム ささみ巻きチーズ

添加物 無添加
原材料 鶏ささみ、プロセスチーズ
原産国 日本
価格 430円(税込)

名前の通りプレミアム感たっぷりの特別なおやつ

香りも味もワンちゃんがやみつきになるおやつです。ジャパンプレミアムシリーズという名の通り、スペシャル感たっぷりのおやつで、カリッとしたささみと、濃厚なチーズの香りが漂います。

犬用のおやつの中でも嗜好性の高いおやつだと言えます。カロリーが高めなので、たまにのご褒美にあげるようにしましょう。

第18位 プラスわん チーズ

添加物 無添加
原材料 ナチュラルチーズ
原産国 日本
価格 702円(税込)

濃厚なナチュラルチーズがやみつきになるおやつ

国産で無添加の手作りおやつです。タンパク質、カルシウム、ビタミンが豊富なチーズタイプなので、愛犬の健康のことも気にしながら食べさせることができます。特に、体の健康に重要な働きをするビタミンBが豊富に入っているチーズはバランスよく摂取させてあげたいところです。

美味しすぎて、しつけ用としては少しペットが気の毒になるほどの美味しさです。

第17位 ペッツルート無添加とりけずりうすうす花

添加物 無添加
原材料 鶏胸肉
原産国 日本
価格 256円(税込)

おやつやご飯のふりかけとして活用できる削り節

鶏胸肉を削り節にした、ペット専用のめずらしいおやつです。おやつとしてはもちろんですが、ご飯にちょい足しのふりかけとしても活用することができます。

鶏の香りがとても強いので、食欲のないワンちゃんに与えると食べるようになるでしょう。犬用のだけではなく猫用でもあるので、ワンちゃんと猫ちゃん両方に与えることが可能です。

第16位 じゃぱん ささみジャーキーカット

添加物 無添加
原材料 国産鶏ささみ
原産国 日本
価格 2,180円(税込)

国産の乾燥ササミがお手頃価格

小型犬にも食べさせやすいカットされたタイプの乾燥ササミのおやつです。国産の素材を使っているので、品質と安全性は担保されています。

他のおやつと比べると少し価格は高いですが、どんなワンちゃんでも必ず好きになってくれるおやつでしょう。しつけの時に使いたいおやつです。

第15位 ベストパートナー 国産鶏ささみ ひとくちハード

添加物 無添加
原材料 鶏ささみ
原産国 日本
価格 1,080円(税込)

その名の通り国産の鶏ささみを使用したハードタイプのジャーキー

国産の鶏ささみをハードタイプに仕上げたジャーキータイプのおやつです。与えやすい一口タイプにカットされているので、トイレや散歩の際に食べさせやすいようになっています。

内容量は250gでこの価格なので、かなりお得なおやつだと言えるでしょう。

第14位 プチ・アンファン わんこ京御膳 チーズスティック

添加物 無添加
原材料 ナチュラルチーズ
原産国 日本
価格 648円(税込)

タンパク質とミネラルが豊富な無添加おやつ

国産の素材を使い、こだわりの製法で作られた無添加のおやつです。人間でも美味しそうと感じるくらいの風味が漂っており、ワンちゃんがやみつきになるのも納得できます。

タンパク質やミネラルが豊富に入っており、しつけやお散歩で与えるのに最適の大きさです。

第13位 オヤツドッグダイナーしらす せんべい

添加物 無添加
原材料 国産さつま芋、国産若鶏ササミ
原産国 日本
価格 1,380円(税込)

犬に必要のない調味料を一切排除したおやつ

 

無添加であることに加え、塩や砂糖など犬に不要な調味料は一切使用しないというこだわり抜いたおやつです。しらすは人間はもちろん、犬にも良い食材と言われており、骨や毛質をよくする成分がたっぷり入っています。

それだけではなく、内臓機能の向上も期待できるという万能素材です。特に、骨に関しては、加齢となるにつれて顕著に症状が現れます。

若いうちから、予防するという意識が必要なのです。

第12位 手作りササミ巻きさつま芋

添加物 無添加
原材料 国産さつま芋、国産若鶏ササミ
原産国 日本
価格 625円(税込)

国産の素材を手作りで仕上げたおやつ

 

鶏肉、さつま芋ともに国内産の素材を使用した、完全無添加のおやつです。全て手作りで作っているので、安心して愛犬に与えることができます。

パリッとしたささみジャーキーと、ほんのり甘いさつまいもは、犬の食欲をそそります。ジャーキーを飲みこないように、注意してあげるようにしましょう。

第11位 ペッツルート ひとくちオードブル ほうれん草チーズ

添加物 添加物あり
原材料 小麦粉、鶏肉、鶏ささみ、チーズ、牛肉、でん粉類、ほうれん草、ソルビトール、グリセリン、膨張剤、食用色素(赤106、黄4、黄5、青1、酸化チタン)、保存料(ソルビン酸K)、pH調整剤、食塩、酸化防止剤(エリソルビン酸Na)、香料
原産国 日本
価格 242円〜(税込)

栄養満点!ほうれん草とチーズという野菜ミックス

ビーフ、チーズという、犬が大好きな食材に加えて、ほうれん草を加えた野菜ミックスタイプのおやつです。栄養バランスの良い仕上がりとなっています。

1つ1つが小さいので、トレーニングやしつけに最適のおやつです。

第10位 グリニーズ ニュートロジャパン グリニーズプラス カロリーケア

添加物 添加物あり
原材料 小麦粉、グリセリン、小麦タンパク、オーツ麦繊維、ゼラチン(豚由来)、レシチン、タンパク加水分解物、乾燥リンゴ、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、カルシウム、クロライド、マグネシウム、マンガン、ヨウ素、リン、亜鉛、鉄、銅)、L-カルニチン、着色料(スイカ色素、ゲニパ色素、ウコン色素)
原産国 アメリカ合衆国
価格 2,528円〜(税込)

愛犬の歯の健康を守るカロリーオフの歯磨きガム

添加物は使用されていますが、体に害のない原材料となっているので安心です。徹底した品質管理が行われており、製造はもちろん、輸送に到るまで温度管理までされており、安心・安全な歯磨きガムです。

肝心の味も、犬からは大好評で、1日1本あげても飽きずに食べてくれます。

第9位リモナイト わんこリモナイト 超小粒ソフト

添加物 添加物あり
原材料 鶏ささみ、澱粉、リモナイト、澱粉分解物、おから、鹿の角、高麗人参、ソルビトール、カゼインNa、保存料(ソルビン酸カリウム)、ミネラル類(Na、Cl)、リン酸Na
原産国 日本
価格 2,268円〜(税込)

食べるだけで口臭やフンの消臭効果が期待できるおやつ

 

ペットショップから来たばかりのワンちゃんの困った行動の1つに「食糞」が挙げられます。日中、一人でお留守番をさせる場合、なかなか食糞が直らなくて困ったという人は多いことでしょう。

リモナイトでは、おやつとして食べさせるだけで、フンの臭いを抑えることができます。犬は、臭いで物を特定する性質があるので、フンの臭いが無くなると、食糞を改善しやすくなります。

鶏ささみがベースとなっているので、ワンちゃんの食いつきも抜群です。

第8位ドギーマン hello! ドギーチーズ

添加物 添加物あり
原材料 チーズ、でん粉類、乳化剤、酸味料、着色料(酸化チタン)、保存料(デヒドロ酢酸ナトリウム)
原産国 日本
価格 358円(税込)

犬用の定番しつけからお散歩まで様々なシーンで使えるおやつ

1つ1つ包装されているので、常に新鮮な風味を感じられるおやつです。栄養もバランスよく入っているので、1日1本ならばエネルギーの補給になるでしょう。

スティック状でちぎってあげやすいので、散歩中に1本持って行き、無駄吠えを抑えるという使い方にも最適です。また、薬が嫌いなワンちゃんには、1口サイズにちぎったチーズの中に薬を埋め込むと食べてくれることでしょう。

第7位ペッツルート ささみで軟骨サンド 野菜入

添加物 添加物あり
原材料 鶏肉(ささみ、胸肉)、でん粉類、小麦粉、魚軟骨、にんじん、ほうれん草、ソルビトール、グリセリン、プロピレングリコール、食塩、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンE)、発色剤(亜硝酸Na)、食用色素(赤102、赤106、黄4、黄5、青1)
原産国 日本
価格 255円(税込)

栄養たっぷり!愛犬の健康のために食べさせたいおやつ

魚の軟骨をにんじんやほうれん草入りの鶏ささみで挟んだおやつです。栄養素がたっぷり入っているので、加齢で弱った愛犬や、ご飯が食べられない状態のワンちゃんに対して、サプリの代わりにあげても良いでしょう。

犬のおやつとしてはかなり人気の高いものとなります。

第6位ドギーマン 無添加良品 ガムのささみ巻ジャーキー

添加物 無添加
原材料 鶏ササミ、牛皮
原産国 中国
価格 753円〜(税込)

牛皮をささみで包んだかためのささみジャーキー

完全無添加で、安心して食べられる固めのジャーキーです。歯と歯ぐきを鍛えることのできるおやつです。

固くて食べ終わるまでに時間がかかるので、ワンちゃんが興奮している時に与えて落ち着かせたり、出かける前に与えることで、お留守番が楽しいものだと思わせることができるでしょう。

第5位シーザー シーザースナック やわらか厳選コロコロビーフ

添加物 添加物あり
原材料 小麦粉、ビーフ、小麦たん白、粉末水あめ、乳清たん白、動物性油脂、コラーゲン(豚由来)、ビール酵母、植物性油脂、酵母エキス、加工でん粉、グリセリン、プロピレングリコール、乳酸ナトリウム、pH調整剤、リン酸塩(Na、K)、香料、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール抽出ビタミンE)、着色料(二酸化チタン、赤106)
原産国 日本
価格 298円(税込)

低脂肪の赤身を使用し美味しさを追求したおやつ

全8種類から選べるシーザーの人気シリーズです。その中でも人気の高いコロコロビーフは、厳選した赤身を使用して作られているので、低脂肪でワンちゃんに優しいおやつです。

一口サイズで食べられるので、お出かけの際の携帯性が高いというのも高評価のポイントです。

第4位 ペッツルート 無添加 ヤギミルクでやわらか煮込み鶏

添加物 無添加
原材料 鶏ささみ、ヤギミルク
原産国 日本
価格 614円〜(税込)

厳選ささみをじっくり煮込みヤギミルクで絡めたおやつ

鶏のささみをじっくりと煮込み、やぎのミルクと絡めたおやつです。やぎのミルクは、犬の母乳に味が近いとされており、ワンちゃんは喜んで食べてくれます。

無添加で体に優しい上に、価格もお手頃で、最大級のご褒美にあげたくなるおやつです。

第3位 ドギーマン 無添加良品アキレススティック

添加物 無添加
原材料 鳥すじ肉
原産国 日本
価格 645円(税込)

完全無添加!栄養たっぷりで噛みごたえのあるガムスナック

添加物を使用していない、メイドインジャパンのガムスナックです。100g入りでこのお値段は、飼い主さんには嬉しいところです。

原材料は鳥すじ肉のみなので、たんぱく質やコラーゲンが豊富で、栄養満点。固さもちょうど良いので、わんちゃんのストレス解消も期待できるおやつです。

第2位 スマートドッグ グリーンラベル 無添加ササミ 細切り

添加物 無添加
原材料 鶏ササミ
原産国 日本
価格 2,376円(税込)

素材の味を活かした極上のササミジャーキー

少々値は張りますが、手間暇かけて作ったササミジャーキーのおやつです。スマートドッグのコンセプトは「シンプルに賢く」というもので、その名の通り素材の味を活かしたおやつとなっています。

しつけの際やお散歩の時に、ちぎって与えると愛犬の満足度も上がることでしょう。

第1位 ペッツルート カロリーカットチーズ

添加物 添加物あり
原材料 チーズ、とうもろこしでん粉、小麦粉、植物性油脂、乳清たん白、じゃがいもでん粉、ソルビトール、炭酸カルシウム、乳化剤、食塩、pH調整剤、保存料(ソルビン酸K、デヒドロ酢酸Na)、酸化防止剤(エリソルビン酸Na、ビタミンE)、香料、食用色素(β-カロテン)
原産国 日本
価格 262円(税込)

コストパフォーマンス抜群!しつけにぴったりのおやつ

一口サイズのチーズタイプのおやつです。カロリーも低いので、しつけの際に使うおやつに最適です。お手やおすわり、まてといった基本的はしつけは、愛犬との主従関係を結ぶためには必要なものです。

その時にあげるおやつは、カロリーの低いものを選ばないと肥満の原因となってしまいます。一口サイズなので犬種関係なく与えられるのも嬉しいポイントです。このボリュームでこのお値段は、コストパフォーマンス抜群でしょう。

まとめ

愛犬の健康を意識した、犬用のおすすめおやつを20個ご紹介しました。犬のおやつにはいろいろなタイプのおやつがありますが、それぞれ与える場面によって選ぶ必要があります。お留守番用、しつけ用、お散歩用など、それぞれのシーンによって選ぶようにしましょう。

ただし、原材料や添加物の有り、無しなど、安全面を考慮して選ぶようにしてください。ワンちゃんは家族の一員です。愛情を持って接するのは、甘やかすことだけではなく、時には厳しくすることも大切です。

飼い主がしっかりとコントールし、愛犬が長生きできるように心がけましょう。