豆腐を使った炭水化物抜きダイエット成功法!食べて痩せたい人必見の豆腐活用術

この世界には様々なダイエット方法がありますが、どの方法をとっても成功者と失敗者の話で溢れており、一体全体どれが本当に役立つダイエット方法なのか分からなくなるでしょう。

豆腐を使った炭水化物抜きダイエットも、良いという話をよく耳にしますが、その例に漏れず失敗者の声も少なくありません。

あなたも豆腐を使った炭水化物抜きダイエットが良いと聞きながら、まだ半信半疑というのが正直なところではないでしょうか?

ここでは、豆腐を使った炭水化物抜きダイエットについて紹介します。

しかし、それはやれば誰でも成功するという話ではなく、失敗しないためにはどうすれば良いかという内容です。

ダイエットを絶対に成功させたいという人は、ぜひ参考にしてください。

豆腐と炭水化物について知る前に知っておきたい!ダイエットが失敗している原因

豆腐と炭水化物について知る前に知っておきたい!ダイエットが失敗している原因
豆腐を使った炭水化物抜きダイエットについて知る前に、そもそもなぜダイエットが失敗するのかについて知っておきましょう。

なぜならば、ありとあらゆるダイエット方法が、何かしらの形で話題になったところで、必ずといって良いほど失敗者が続出する原因がここにあるからです。

つまり、この世界にダイエット方法は様々あるのですが、実のところダイエットを成功させるには、どのような方法をとっても概ね等しく成功させることが可能と言えます。

もちろん、明らかに健康を損ねたり、体重を減らす要素が全くなかったりといった間違った方法もあるにはありますが、少なくともそういった方法以外であれば、誰でもダイエットを成功さることは可能なのです。

それぞれの方法にもし違いがあるとすれば、現実に体調を減らすハードルの高さの違いや体重を減少させるのに必要となる期間、個人の生活スタイルや考え方に対する合うか合わないか。

また、それによって失敗する可能性の大きさでしょう。

そして、ダイエットがなぜ失敗するのかですが、これについては、概ね以下の理由で説明できることがほとんどです。

これは、どのような方法をとったところで、大抵違いがありません。

成功する者は、多様な方法、過程を経て成功しますが、失敗する者は大抵似たような理由あるいは原因によって失敗しているものです。

ストレスがたまる方法をとることが失敗を導く

日本人は忍耐強い人種だと言われますが、その一方でストレスを抱えやすく、そのストレスによって病気を患ったり、自殺したりと悲しい思いを多くしています。

実のところ、ダイエットの失敗もストレスによるものが多く、酷い場合だと摂食障害を引き起こすなど、肥満などよりもよほど深刻な状態になることも決して珍しいとは言えません。

では、そのストレスによるダイエットの失敗ですが、なぜそれは起こり、どのようにして失敗していくのでしょうか?

やりたくもない運動をしようとする

ダイエットをするなら、やはり運動をするのが鉄板です。

体を動かすことによってよけいな脂肪を燃焼させ、体を引き締めるとともに、代謝を良くして太りにくい体や痩せやすい体作りをする。

これは、ダイエットの理想型とも言えるでしょう。

しかし、実のところ日本人の多くは運動嫌いですし、あまり運動をしない傾向があります。

これは、2016年にスポーツ庁によって実施された調査の結果ですが、回答者の半数程度が運動をしないと回答し、30%以上の人が、今後もするつもりはないと回答していることが分かっています。
参考:スポーツ庁調査結果の概要

つまり、それだけ多くの人が自覚的に運動を好んでいません。

これが何を意味するかというと、ダイエットをしようと思い、その方法として運動を考えたとき、多くの人が、嫌々運動するということです。

痩せるという目的のために行うとはいえ、嫌々やるのですから、当然のようにストレスを感じることでしょう。

結果的にどうなるかといえば、間違いなく運動は続きませんし、運動することによって感じたストレスが、発散方法として食べることに向かいかねません。

厚生労働省が運営する健康情報サイト「e-ヘルスネット(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-04-001.html)●●●」によれば、ストレスホルモンによって脂肪がため込まれることで肥満につながるという情報も提供しています。

これは、ストレスによって自律神経に乱れが生じるために起きるのですが、その結果食行動にも影響を与えることで、やけ食いやむちゃ食いを誘発させ、気付いたときには痩せるどころから肥満になっていることは珍しくありません。

運動それ自体は、ダイエットにおいて最も優れた方法といえますが、その方法が明らかにストレスを増やすだけのものであれば、結果的にあまり良い方法とは言えず、それどころか太るという形でダイエットを失敗させてしまうのです。

食べたい欲求を無理に押さえる

ダイエットというと、とにかく食べる量を減らすことを考える人が後を絶ちません。

これは、食べる量が増えれば体重が増えるのだから、食べる量を減らせば太らないという安直な考えから生み出される行動であるため、誰の目にも非常に魅力的に映るのでしょう。

確かに、ダイエットを成功させたいなら、食べる量を減らすというのは間違いではありません。

むしろ正解に近いと言えます。

しかし、それはあくまで間食を控えたり、余分な量の摂取をやめたりするという意味においてです。

食べることは、いわば人間が生命を維持するにあたり、しなければいけない行為といえるでしょう。

つまり、本能的に欲するわけです。

それを無理に阻害すればどうなるか?

答えは、拒否反応の発生です。

これはたいていの場合、ストレスとして表れますし、深刻化すれば過食や拒食、摂食障害として体をむしばみ始めます。

ここまでであるていどお分かりかと思いますが、ダイエットにおいて必要以上に食べないという行為は、生命を危険にさらす行為です。

痩せたいという欲求は、およそ自分を素敵に見せたいという思いやより健康的な体になりたいという、自分を高めるために発生するものでしょう。

しかし、そのために食べないという選択をすると、自分の生命を脅かすことになるのです。

これでは本末転倒のそしりを免れません。

何より、食べることは、人間が自身の生命を維持するために必ず欲する行為です。

食べないダイエットは、その欲求を押さえ込むになるため、必ずどこかの時点で反動が起きます。

それは先述したように、過食や拒食、摂食障害といった生命を脅かしかねない危険な状態であったり、軽度であればちょっとしたやけ食いによるリバウンドだったり、結果的に自身の状態を悪化させるものです。

結果的に誘惑に負ける

食べないダイエットについて、いくらか脅かすような内容を書きましたが、実のところここまで深刻な状態になることはそうそうありません。

これは、食べないダイエットをしてもそれほど危険ではないという意味ではなく、たいていの場合、ダイエットそのものが頓挫するからという意味です。

食べるというのが人間の本能的な欲求である以上、食べないダイエットは長く続きません。

人間は確かに欲望を理性で抑えることのできる生き物ですが、それでも生命維持にかかわるほどの欲求にはあらがえないのです。

つまり、食べないダイエットは、たいてい長続きせず、すぐにやめてしまいます。

結果的に失敗してしまうのです。

無理な方法をとって継続できないのがダイエットに失敗する最大の原因

ダイエットがなぜ失敗するのか?

それは、諦めるからです。

精神論など求めていない人がほとんどかもしれませんが、こればかりは厳然たる事実です。

そもそもの話、ダイエットの成功談、失敗談というのはこの世界にいくらでもありますが、本当にダイエットに成功するというのは、どのような状態を言うのでしょうか?

○○kg痩せることでしょうか?

肥満状態から抜け出すことでしょうか?

いずれも正解である一方で、本質的には間違いでしょう。

ダイエットに成功した状態というのは、目標とした体重を維持し続けることです。

貯金や学業と、ダイエットは本質的に異なります。

貯金や学業などは、ある一時点に到達しさえすれば、それで成功。

ゴールがあります。

しかし、ダイエットは結婚などと同様に、ゴールがありません。

○○kgを目指すというのは、あたかもゴールであるかのように錯覚しがちですが、実は結婚がゴールではなく始まりにすぎないのと同じく、あくまで一時的なポイントでしかないのです。

ダイエットの成功に必要なのは無理をせず続けること

それでは、ダイエットに真実成功するためにはどうすれば良いでしょうか?

ここまで読んだ人は、もうその答えをうっすらとでも理解しているかもしれません。

簡単なことです。

ダイエットにおける本当の成功とは、ダイエットをし続けていられること以外にありません。

たとえ目標体重まで体重を減らせていないとしても、ダイエットを続けられているのであれば、その時点で成功しているといって良いでしょう。

こんな話をすると、ダイエットというのは一生し続けないとダメなのか?

そう感じるかもしれませんが、どのみち目標体重にいたれたとしても、それを維持するにはダイエットを続ける必要があるのですから、事実上ダイエットに終わりなどありません。

ここで、多くの人は絶望するかもしれません。

一生ダイエットし続けなければいけないなんて、地獄かと思うことでしょう。

ところが、そもそもその時点でダイエットについて大きな誤解をしているのです。

何度でもいいますが、ダイエットの成功とは、ダイエットを続けていられること。

しかし、多くの人はダイエットが辛いものだと思っているので、そんなのは地獄でしかないと感じることでしょう。

違います。

苦しいダイエットというのは、その時点で失敗しているのです。

なぜダイエットにおいて運動が最高の方法となるのか?

それは、ダイエット効果を持続させられる体そのものを作れるからです。

だから、減食などを必要以上に続けなくて良くなり、また運動することのストレスを感じないのであれば、楽しく自然に継続できます。

だからこそ、最高の方法たりえる。

これは無理に運動してくださいという意味でも、運動を好きになってくださいという意味でもありません。

そういうダイエットが最高であり、正解だというだけの話です。

つまり、あなたなりに無理なく継続できるダイエット方法を確立できるのであれば、それは運動するのと同じように最高のダイエット方法と言えます。

けれど、そんな方法は思い浮かばないという人は多いでしょう。

だいいち、何かを継続するというのは、それほど簡単なことではありません。

だからこそ、お勧めなのが、食べながら行うダイエットなのです。

先述したように、食べることは人間の本能ですから、避けることができません。

逆をいえば、食べることにダイエットを組み込めるのであれば、継続するのは簡単ですし、ストレスを感じることもありません。

そこで、役立つのが「豆腐を使った炭水化物抜きダイエット」です。

豆腐よりも摂取が勧められている炭水化物!実はダイエットの成功にとっては天敵!

豆腐よりも摂取が勧められる炭水化物!実はダイエットの成功にとっては天敵!
炭水化物という名称を誰でも一度は聞いたことがあるでしょう。

それほど日常的に使う言葉ではありませんが、それでも多くの人が耳にする名称です。

炭水化物はお米やパンといった主食として食べられるものに多く含まれていることもあり、よくなるべく毎日食べることを勧められます。

少なくとも、ジュースやお菓子などと異なり、食べない方が良いとは言われません。

けれど、実はこの炭水化物が太る原因になります。

つまり、ダイエットにとっては天敵なのです。

そもそも炭水化物とは何か?

簡単に言ってしまうと、炭水化物は、たんぱく質・脂質と並ぶ三大栄養素であり、人間が活動するために使用するエネルギー源となるものです。

炭水化物は、化学的特徴である重合度と呼ばれるもので、分類上は、糖類・少糖類・多糖類に分類されるいわゆる化合物。

より細分化すると、ぶどう糖・果糖・ガラクトース・しょ糖・乳糖・麦芽糖・マルトオリゴ糖・オリゴ糖などに分類されます。

多糖類と言われても聞き覚えがないかもしれませんが、これは、でんぷんと非でんぷん性のものに分かれて、でんぷんとしてアミロースやアミロペクチン、非でんぷん性のものとしてセルロース、ヘミセルロース、ペクチンなどがあり、それぞれはどこかしらで耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

加えて、炭水化物にはいわゆる食物繊維というものも含まれます。

これは、人の消化酵素で消化できない物質で、腸を調える働きを持ち、脂質や糖質、ナトリウムといったものを体の外に排出する働きがあることから、肥満や脂質異常(高脂血症)、糖尿病、高血圧といった生活習慣病の予防、改善効果を期待できる物質です。

つまり、炭水化物は、糖質と食物繊維からなる、人間にとって貴重な栄養素ということになります。

炭水化物は太る原因になっている

炭水化物は、エネルギー源となることから摂取することが推奨されています。

誰でも子供の頃に「ごはんをしっかりと食べましょう」と言われて記憶が一度や二度あると思いますが、それは炭水化物を摂取できるごはんを食べることで、一日生活するためのエネルギーを作り出すことができるからです。

いわば、人間にとってのガソリン。

ガソリンの入っていない車が走れないように、炭水化物が不足すると人間も上手く機能しなくなるというわけです。

しかし、先述したように、炭水化物は糖で構成されているため、血糖値を上げやすく、それによってインスリンというホルモンの分泌が促されることで脂肪を溜めやすい体にしてしまいます。

とくに、人間の肝臓には炭水化物から摂取できるぶどう糖をグリコーゲンとして溜めておける限度があり、これを超えた場合、余分に摂取した分は体脂肪に変えるシステムが組み込まれているため、結果的に太ってしまうのです。

炭水化物は太る原因になるが完全に抜くのは間違い

ここまで読むと、炭水化物はダイエットの天敵であり、摂取してはいけないと考えるかもしれません。

しかしその一方で、炭水化物を摂取することによって、人間は活動するためのエネルギーを作ることから、摂取しなければしないで問題が生じます。

ダイエットに熱中するあまりに体調を崩したり、貧血で倒れたりした人の話を誰でも一度は聞いたことがあると思いますが、それは結局のところ、本来必要である量の炭水化物や他の栄養素まで、そのほとんどを片っ端から排除してしまうからです。

その行き着く先はダイエットの挫折であったり、摂食障害だったり、栄養失調などによる重篤な状態だったりするため、これでは丸っきり本末転倒でしょう。

ですから、炭水化物が太る原因になるとしても、炭水化物を完全に抜いてしまうのは間違いなのです。

日本人の食事摂取基準を知っておこう

炭水化物の摂取に関して、厚生労働省がその摂取基準を提示していることを知っている人はあまり多くないかもしれません。

炭水化物は、不足すれば機能不全を起こしますし、過剰になれば太るのはもちろん、生活習慣病などのリスクを抱えてしまうため、可能な限り適切な量を摂取するのが好ましいといえます。

ダイエットを成功させるのには、何よりも継続でき、かつそれが自然に行えることが理想であることは既に伝えましたが、その上で、この摂取基準を知っておくことはとても役に立つことでしょう。

さて、その炭水化物の摂取基準ですが、厚生労働省によれば、炭水化物に含まれるぶどう糖は最低1日あたり100g程度の摂取が必要だと推定されているようです。

しかし、これはあくまで推定されているだけであり、厳密にどれくらい必要になるか、その目安は設定しないという結論が出されています。

それはなぜか。

理由としては、乳児以外は通常相当に多い炭水化物を摂取しており、また炭水化物自体は、糖尿病を除けば特別健康障害の原因になるものだといえないからとのこと。

また、肥満など生活習慣病の原因としても、炭水化物全体としてその原因になるというよりも、食物繊維やグリセミック・インデックス、先述した糖類の細分類などの影響が関係しており、炭水化物全体としてよりもそれぞれの質に注目する必要がある以上、まだまだ研究が必要であるからということです。

ここまで読むと、「それではどれだけ摂取すれば良いのか分からない」と感じることでしょう。

しかし、これはあくまで炭水化物全体の話であり、たとえば生活習慣病の原因となるものとしてあげられている食物繊維については、ある程度具体的に示されているため、ここではそちらを提示します。

ただし、ここで誤解して欲しくないのは、ここで示す食物繊維は、あくまで穀物由来の食物繊維であり、果物や野菜由来の食物繊維はまた別の話ということです。

前者は糖尿病の発症との関連性において有意な負の関連が観察されていますが、後者については関連が認められていません。

ですので、ここでは区別してください。

なお、食物繊維は、最低でもこれくらいは摂取して欲しいというものです。

たとえば、成人だと1日あたり24g以上の摂取が必要だとされており、あわせて糖などから摂取されるカロリーについては、1日あたり1000kcal以上を摂取することが必要としています。

これを逆に捉えれば、1日の摂取を24g/1000kcal程度に設定し、過剰に食べ過ぎず、また不足しすぎないようにすれば、食べながら健康的なダイエットを継続させることができると言えるでしょう。

ただし、これはあくまで標準的な成人を対象としたものですので、年齢や性別、体重などによっても変わってくることに注意してください。

自分にとって適切な量や食事はどれくらいなのかが気になる場合、現在様々な医療機関において、肥満症治療や食事療法などの専門としている科があることから、そちらで確認してみても良いでしょう。

完全に抜くのではなく代替することを学ぼう

結局のところ、理想的なダイエットをするためにどのように食事に気をつければ良いのでしょうか。

ここまでの内容を踏まえれば、炭水化物を完全に抜くのではなく、かといって主食として食事の中心に据えるのでもなく、あくまでエネルギー源を確保するための補助として位置づけることが理想と言えます。

これによって、最低限必要なエネルギー源を摂取しつつ、余分に脂肪がつくのを抑えることで、健康的な体作りを行うというものです。

中には、食べるのだからそれだけでは痩せないだろうと思う人もいるかもしれませんが、そもそもたいていの人間は食べ過ぎによって体重を増加させてしまっています。

もちろん、身長や体格などによって理想的な体重も必要な食事量も変わるのですが、それを鑑みても、意図せず食べ過ぎている人が多いのです。

この世界になぜ食べるダイエットが存在し、それで成功している人がいるのかといえば、たいていの人が普段食べ過ぎているのを適切な量にすることで、より適切な体作りを行うことができるからです。

人というのは、意図せず食べ過ぎていますし、寝たきりでもなければそれなりにエネルギーを消費しているもの。

だから、食事の量を適切にするだけでも、体重は徐々に適切な量へと調整されていくようになるのです。

炭水化物というのは、基本的にたいていの食品に含まれています。

これまで当たり前に食べていたものが、実は想像以上に多くの炭水化物を含んでおり、それが原因で過剰摂取していたなんてことが多いのです。

だからこそ、食べるものを変えて調整していく食べるダイエットが成立します。

何を食べて、何を食べないか?

この取捨選択によって、摂取する炭水化物を適度に抜き、適切な食事によって体を作っていくのが、炭水化物抜きダイエットの本質と言えるでしょう。

豆腐が炭水化物抜きダイエットに効果的な理由

豆腐が炭水化物抜きダイエットに効果的な理由
ここからは、なぜ豆腐がダイエットに効果的なのか、その理由を説明します。

豆腐がダイエットに良いと言われても、それがなぜなのか、そもそも豆腐を食べることにどのような意味があるのか分からないという人も少なくないでしょう。

実際のところ、豆腐がなぜ良いのかを知ることは、それ自体がダイエットに役立つことにつながるため、知っておくにこしたことはありません。

ぜひここで、豆腐がなぜダイエットに役立つのか、豆腐の持つすごい力を知りましょう。

炭水化物が太る原因になるのは糖質のせい!豆腐は糖質制限に役立つ

ここまで説明したように、炭水化物を摂取することによって太るのは、過剰摂取によるものであることはもちろん、糖が多く含まれていることによります。

つまり、炭水化物が多く含まれているものを可能な限り避けて、必要最低限の炭水化物量に抑えることができれば、食事を普通にしながらでもダイエットを成功させることができるようになります。

そして、そのときにとても役立つのが「豆腐」です。

カロリーカットに役立つ豆腐

豆腐には古くから人々に親しまれてきた食品であり、近年栄養学が確立されたことで、良質のタンパク質を得られる、栄養食品として認知されるようになりました。

タンパク質は、炭水化物、脂質と並び、食事によって摂取すべき三大栄養素の一つとして示されており、あらゆる動植物の細胞を構成する主要成分として、重要な役割を持っています。

筋肉を作る栄養素としても知られ、筋肉がつくことにより基礎代謝が高まり、痩せやすい体作りに貢献します。

豆腐は、良質なたんぱく質が摂取できるだけでなく、脂質の含有量も多いため、三大栄養素の内二つを動じに取ることが可能です。

また、決して多いとは言えませんが炭水化物も摂取することが可能。

炭水化物は先述したように、そもそもあらゆる食品に含まれていることから、主食を豆腐に置き換えることで、必要な栄養素の摂取を上手く調整しやすくなり、同時にカロリーカットにも繋げることができます。

また、機能性食品として注目されていることからもわかるように、様々な効用があるとされています。

たとえば、タンパク質やリノール酸によって血圧やコレステロール値を下げることによる動脈硬化、脳出血、心筋梗塞、狭心症他成人病などの防止、レシチンによる脂肪代謝、脂肪肝、血流改善への効果、記憶力の向上、脳の老化・ボケ予防などにも効果を発揮すると言われています。

そもそも、豆腐を作るための素材である大豆が健康に良いということは広く知られており、豆腐だけでなく納豆が健康食品として好まれているのも、やはり大豆によるもの。

大豆の持っている脂質に多く含まれている不飽和脂肪酸は成人病予防に役立つ体に良い脂質とされていますし、大豆イソフラボンや大豆ペプチドといった物質が美容に良いというのも様々な美容品で謳われている通りです。

豆腐は、それらの要素を大豆同様に持っており、カロリーカットはもちろんとして、美容や健康にも良い食品と言えるでしょう。

豆腐ダイエットは無理なく続けられる

豆腐ダイエットの利点は、炭水化物を適度に抜きつつも食事をしっかり摂ることができるため、空腹感に苛まれることがなくなることでしょう。

ダイエットを失敗させる原因の最たるものとして挫折があげられますが、これはひとえに食欲に負けてしまからです。

食欲が最も高まるのが空腹時である以上、ダイエットにおいて空腹というのは、何よりも回避したいもの。

豆腐を使ったダイエットは、主に豆腐を中心とした食生活に変えることによって行う形となるため、過度な食事制限を必要とせず、豆腐は見た目と打って変わって、しっかりとカロリーを摂取できるので、空腹になることがほとんどありません。

食事を我慢するという忍耐力が不要となり、無理なく継続することができます。

ホルモンバランスを維持しながらダイエットができる

豆腐には、先述した栄養素の他に、女性ホルモンと似た働きをする植物エストロゲンとも呼ばれるイソフラボノイドが多く含まれており、更年期障害など女性ホルモンの減少によって表れる様々な不調に効果を及ぼすことが期待できます。

ダイエットに励む人の多くは、食事制限をすることによって、様々な不調を抱え、それを原因として挫折することが多いことは、先に書いた通りですが、その不調の中でもホルモンバランスの崩れは、とりわけ女性にとっては苦しいもの。

ただでさえ定期的に生理などによって体調不良を抱えることになる女性からすれば、食事制限によって普段から体調を崩すのは好ましくないでしょう。

その意味でも、豆腐は体調管理に役立つことから、ダイエットを成功させる上で貴重な食品と言えます。

炭水化物抜きダイエットに最適!豆腐活用方法

炭水化物抜きダイエットに最適!豆腐活用方法
ここまでで、豆腐を使った炭水化物抜きダイエットにどれだけ優れた点があり、ダイエットを実現させる方法としてメリットがあるかわかっていただけたでしょう。

ところで、実際のところ豆腐を使って炭水化物抜くというのはどのようにすれば良いのか疑問を感じるかもしれません。

ここからは、具体的にどのように豆腐を使えば良いかを紹介していきます。

簡単な方法ですので、ぜひ試してみてください。

主食を豆腐に置き換える

豆腐を使ったダイエットにはよく誤解が見られます。

それは、豆腐以外は食べてはならないというものです。

ここまで読んだ人ならば分かると思いますが、それではせっかく豆腐という栄養成分が豊富に含まれた食品を利用する意味がありません。

豆腐を使った炭水化物抜きダイエットの大きなポイントは、主食として頻繁に食べられるお米やパン、麺類といった穀物由来の食品を豆腐に置き換えることにあります。

もちろん、何でもかんでも食べて良いというわけではありませんが、基本的にはそういった主食を豆腐に変えるだけで問題ありません。

たとえば、減量したいけれどそこまで大きく減らす必要はないという人であれば、3食すべてについて主食を豆腐に変えなくても良いです。

たったそれだけかと思うかもしれませんが、実のところお米やパンなどに含まれる炭水化物量は、多くの人が思っている以上に多く、それを1日の間に複数回、それも毎日摂るというのは、少なくとも減量には良くない程度の炭水化物量になってしまいます。

よく普段からたくさん運動しているのに痩せないという人がいますが、その場合、食事に原因があることが多い。

お米やパンを食べることが悪いことだとは言いませんが、実はダイエットをする上では、炭水化物量が過剰になりがちです。

言い換えれば、糖質の摂り過ぎとも言えます。

先述したように、炭水化物自体はあらゆる食品に含まれているため、あえてそれが豊富に含まれているからといってお米やパンなどを多く摂取する必要はありません。

もちろん、成長期など体をとにかく成長させたいときであれば、お米やパンはそれなりに高い価値を持つのですが、そうでもなければそこまで多く摂ることもないのです。

よって、そういった主食部分を豆腐に変えて、炭水化物の摂取量を減らす。

これだけで、実はダイエット効果が出るのです。

豆腐がダイエットに良いといっても食べ過ぎや減らしすぎには注意する

豆腐を使った炭水化物抜きダイエットは、主食であるお米やパンといった炭水化物が豊富に含まれているものを抜いて、それを豆腐に変えることでそれなりの効果を得られるということは分かっていただけたと思います。

しかし、中にはお米やパンを豆腐に変えるだけでダイエット効果が出るのであれば、他の食品も豆腐に変えることでより高いダイエット効果が得られるかもしれないと考える人もいるかもしれません。

これについては、あまりお勧めとはいえません。

お米やパンといった主食を豆腐に変えるのは、お米やパンといった炭水化物が多く含まれているものを避けることで、食事全体から摂取できる炭水化物量を減らし、過剰摂取にならないよう調整するためです。

このとき、他の食品まで豆腐に変えてしまえば、今度は炭水化物が不足することになりかねません。

また、カロリーカットの代名詞と見まがうばかりにもてはやされている豆腐ですが、脂質量はそれなりに多く、決して低カロリーとは言い切れません。

お米と比較すれば確かにカロリーカットにもなりますが、それでも極めて低カロリーの食品と言えるわけではないため、あくまで1食につき1丁あたりを目安に食べるのが良いといえます。

逆に減らしすぎれば、今度は空腹感が強まり、それこそダイエット失敗の典型的なパターンにハマってしまうため、こちらもお勧めできません。

ちなみに、主食を豆腐に変えてしまうと、ボリュームが足りず満足感が得られないだけでなく、空腹感も出てくるのではないかと思うかもしれません。

しかし、豆腐は高タンパクであるため、ある程度満腹感をえることができます。

もしそれで不足するというのであれば、スープやこんにゃく、おからといった、やはりカロリーカットを念頭においたおかずを増やすことで、ボリュームだけを増やすという方法を取れば良いだけです。

飲み物も、ジュースなどよりは豆乳を飲むなど、カロリーカットに注意するとなお良いでしょう。

豆腐ダイエットに役立つ簡単レシピ

豆腐はただ食べても良いですが、それでは味気ないという人もいるかもしれません。

一般的に多くの過程では、豆腐は、主食ではなく何かしらの料理の材料として使われるものですし、ほとんどの人は木綿か絹ごしかにもこだわらないくらいに、豆腐というものについて強く意識したことはないでしょう。

まして白米の代わりにするなんて、今日まで考えたこともなかったかもしれません。

そういった人のためにここからは、豆腐を使ったレシピと豆腐料理のレシピが掲載されている本を紹介します。

豆腐ハンバーグ

豆腐を使ったレシピとして、最も手軽なのは冷や奴や湯豆腐ですが、それでは食べている実感が薄いという人にとって、一番手頃なのは豆腐ハンバーグでしょう。

多少手間がかかるかもしれませんが、それほど複雑ではありませんので、ちょっと時間があるときや夕食などにはぴったりです。

  1. ハンバーグに入れるネギや大葉などの野菜を刻んでおく。
  2. 刻んだ野菜を豆腐、鶏の挽肉、小麦粉などと一緒に粘りが出るまでボウルの中でかき混ぜる。(このとき豆腐は事前に水分を抜いておくと良い)
  3. かき混ぜたものを手で取って、ハンバーグの形にする。
  4. フライパンに油を入れ、いくらか熱したあとで、ハンバーグの形にしたものを焼く。
  5. 焼き色がついたら裏返し、反対側も同じように焼き色がつくまで焼いて完成。

たったこれだけの工程で作れて、かつ食べ応えがあるため、豆腐を使った炭水化物抜きダイエットにおいては、とても役立つメニューです。

新しい食べ方で肉よりおいしく&やせられる! 高野どうふレシピ

豆腐を使ったレシピというのは、案外思い浮かばない人も多いかもしれません。

そこで役立つのがこちらの1冊。

豆腐を食材に使った毎日使えるそぼろや健康に役立つ料理のレシピについて、料理家であり国際薬膳師でもある石沢清美氏が解説しています。

料理が苦手という人でもできる簡単なレシピが多いので、豆腐を使ったダイエットを考えている人にとっては大いに役立つ1冊と言えるでしょう。

豆腐を使って効果的に炭水化物を抜いてダイエットを成功させよう!

豆腐を使って効果的に炭水化物を抜いてダイエットを成功させよう!
ダイエットは苦しいと思ったら、その時点で失敗しています。

そもそも苦しむようなダイエットは、明らかに間違った方法なのです。

何度も書いたように、食べないダイエットは長続きせず、体も壊してしまうことでしょう。

本当にダイエットを成功させたいのであれば、確実に痩せ、痩せた状態を維持できる、豆腐を活用した、食べながら、苦しまずに続けることのできるこのダイエット方法をぜひ試してみてください。