便利な片手鍋

新生活で調理器具を揃える際に、まず持っておくと便利なアイテムがお鍋です。しかし、同じような鍋をいくつも持っていても、実際に毎日使う鍋は自然と決まってくるのではないでしょうか。

ひとり暮らしで最初に準備したい調理器具は、宮崎製作所やパール金属が販売する片手鍋です。扱いやすい片手鍋があると、さまざまな場面に役立ちます。

この記事は、片手鍋のおすすめ商品ランキングの紹介です。

片手鍋1コでいろいろな料理が作れる

片手鍋でクッキング

フライパンより底が深い片手鍋があれば、自分で味噌汁や煮物を作れます。他にも本人のやる気次第で、料理のレパートリーがどんどん増やせるでしょう。

もちろん疲れたときに便利なインスタントラーメンを作ったり、ひとり分の麺を茹でたり、日常的な用途にもピッタリです。大人数にカレーなどを用意する際は両手鍋のほうが便利ですが、ひとり暮らしだったらちょうどいいくらいの量が作れる片手鍋でも問題ありません。

片手鍋でもコツがつかめればご飯を美味しく炊けるため、炊飯器が不要になります。なるべくキッチンに物を増やしたくない方には、とても魅力的なのではないでしょうか。

デザイン性にこだわった片手鍋も多いので、置いておくだけでもキッチンが華やぎます。一念発起して自炊を始める場合、まずは片手鍋を準備してみてはいかがでしょう。

いい鍋で楽しく調理!片手鍋の選び方

楽しく料理

自分に合った片手鍋は、活躍するシーンが非常に多いです。便利な道具を活用して、料理上手になってみましょう。

使い方に合わせて賢くサイズを選ぶ

片手鍋は、上で書いたような用途に適しています。商品名に「片手鍋」と入るお鍋のサイズは、だいたい14~24cmほどです。

それより小さな片手鍋は「ミルクパン」と呼ばれます。ミルクパンはコンパクトで取り回しやすく、ひとり暮らしに備えてあると便利なアイテムです。

ちなみに底が浅めの片手鍋は「ソテーパン」で、炒めものや付け合せのソース作りで活躍します。逆に底が深い片手鍋の「ソースパン」は、この記事で紹介している片手鍋のことです。

片手鍋のサイズが大きくなれば重量も増えますから、自分が作る料理に最適なサイズを見つけてください。汁物をメインに使う場合は、底の深さや水が入る容量にも注目しましょう。

完全なひとり暮らし用の片手鍋なら、中くらいのサイズに位置する16cmでほとんどのシーンに対応できます。友人や恋人を家に招く機会が多いようなら、ふたり分以上の料理を作っても余裕のある20cm以上の片手鍋もおすすめです。

最初の片手鍋選びは、店頭に並ぶ商品でサイズ感や重みを確認しておいたほうが、実際に料理をする際のイメージがつかめます。通販で購入する場合は、使い勝手に関係してくる重量などを念入りに確認しておきましょう。

料理の後の洗い物をなるべく楽にしたいなら、コンパクトサイズの片手鍋で使いやすそうなものを探してください。

料理の完成度にも関わる鍋の素材選び

片手鍋に使われる主な素材は、アルミニウム(アルミ)、ステンレス、ホーロー、鉄、銅の5種類です。ここでは、それらの素材の特徴を見ていきます。

アルミ製は軽くて扱いやすく、食材への熱の通りやすさを示す「熱伝導率(熱伝導性)」も比較的高めです。多くのメーカーの片手鍋で、素材にアルミが採用されています。汎用性が高い半面、表面にフッ素加工がされていない製品は料理が焦げ付きやすいので、調理中もその後のお手入れも気をつけてやらないといけません。

ステンレス素材は丈夫さがウリで、サビなどに強いです。熱伝導率は5つの素材で最も低いですが、保温性能は非常に高くなっています。メリットとデメリットを把握して、上手に使いこなしましょう。

ホーローは、アルミや鉄といった素材にガラスのうわぐすりでコーティングを施したもののことで、素材の弱点がカバーされています。耐久性などは全体的に高水準ですが、お鍋自体に重量があるため、取り回しづらさが弱点です。カレーなどの煮込むとさらに美味しくなる料理には、ホーロー鍋がピッタリといえるでしょう。

鉄製の片手鍋は、油がしっかりなじんで熱の通りが早いため、炒めものにも適しています。当然ながら鉄は重たいため、片手鍋でも結構な重さになることを覚悟しておいてください。調理中に鉄鍋から料理に移った鉄分を、効率的に補給できるメリットも備えています。

銅の熱伝導率は5つの素材の中でも最高で、調理中の火の通りにムラが起こりません。その恩恵で、煮物などを非常に美味しく仕上げられます。ただし、銅はお手入れが非常に難しい玄人向けの素材で、値段も高めの高級品です。お手入れ次第で一生使うこともできますが、料理の初心者には少しハードルが高い素材であることを覚えておきましょう。

ここでは主な特徴を並べてみましたが、それぞれの素材には長所と短所がたくさんあります。特徴をよく調べた上で、自分が作ってみたい料理と相性がいい素材を選択してください。

料理を便利にするその他の要素

片手鍋には、蓋が付属する製品としない製品があります。積極的に料理をするようになると蓋の存在が重要になってくるため、最初の片手鍋は必ず蓋付きのものか、バラ売りの蓋を本体と合わせて用意しましょう。

自宅の熱源が電磁調理器(IH)になっている場合、きちんとIHに対応している片手鍋を準備しなければなりません。最近はIH対応の片手鍋も多く、商品説明や注意書きに対応・非対応が記載されています。

時短料理を可能にする圧力鍋の機能を備えた片手鍋や、いろいろとエコな無水調理ができる無水鍋の機能が使える片手鍋も便利です。

いざ使おうとした片手鍋に、必要なものが足りていなかったということがないように、自分が納得できるまで仕様を調べてください。

片手鍋のおすすめランキングTOP20

実際に売れ筋の片手鍋を、20位までのランキングにまとめました。

20位:和平フレイズ EM-8119

和平フレイズ EM-8119

鍋の素材 ステンレス
サイズ 16cm(幅17.6×全長32.8×高さ10.2cm)
重量 575g
容量 1.6L
IH対応

煮炊きにちょうどいい

和平フレイズ EM-8119

20位は、和平フレイズの「EM-8119」です。野菜の下茹でや出汁の準備だけでなく、本格的な煮物も作れる雪平鍋になっています。両側に注ぎ口が設けられているため、汁気が多い料理にも強いです。

蓋は付属しないので、お鍋のデザインに合うものを準備してください。

19位:貝印 DZ-2001

貝印 DZ-2001

鍋の素材 ステンレス
サイズ 14cm(幅15×全長27.5×高さ12cm)
重量 493g
容量 1.2L
IH対応

手頃なひとり用サイズ

貝印 DZ-2001

19位は、貝印の「DZ-2001」です。小サイズの片手鍋があれば、忙しい朝でも味噌汁の準備が手早くできます。ささっと料理を作れるため、疲れて帰ってきたときでも温かいおかずを1品追加することが可能です。

画像から分かるように、取っ手や蓋のつかみ部分は熱を持ちやすくなっています。調理中のやけどに気をつけましょう。

18位:パール金属 HB-114

パール金属 HB-114

鍋の素材 ステンレス
サイズ 16cm(幅17.5×全長33×高さ13.5cm)
重量 450g
容量 1.8L
IH対応

あらゆる熱源で料理

パール金属 HB-114

18位は、パール金属の「HB-114」です。ガスやIHはもちろん、幅広い熱源に対応できます。持ち手が熱くならないので、アウトドアの調理にも活躍しそうです。

表面のミラー加工が、見た目にちょっとした高級感を演出します。

17位:宮崎製作所 GEO-14N

宮崎製作所 GEO-14N

鍋の素材 ステンレス、アルミ
サイズ 14cm(幅15.8×全長35.2×高さ10.9cm)
重量 890g
容量 1.0L
IH対応

素材の利点を合体

宮崎製作所 GEO-14N

17位は宮崎製作所の「GEO-14N」です。アルミとステンレスを交互に挟んでいく「アルミ芯全面7層鋼」によって、食材の温めやすさと保温性が両立しています。すべての部位がステンレス製であることを活かし、オーブンにそのまま入れて料理を仕上げることも可能です。

14cmの片手鍋としては重さがあるほうですが、それに見合うだけの使い勝手を誇ります。

16位:下村企販 四角いラーメン鍋

下村企販 四角いラーメン鍋

鍋の素材 ステンレス
サイズ 15cm(幅19.5×全長33.4×高さ10cm)
重量 460g
容量 1.8L
IH対応

四角い麺にピッタリ

下村企販 四角いラーメン鍋

16位は下村企販の「四角いラーメン鍋」です。まさしくインスタントラーメンと相性抜群の片手鍋で、ポンと入れれば麺がキレイに収まります。冷凍うどんなどにも活用できるため、食事の用意が面倒な日の強い味方です。

内側に500mlと1Lの目盛りが表示されているので、鍋に入れる水の目安量が分かりやすくなっています。

15位:ビタクラフト アリゾナ 17cm

ビタクラフト アリゾナ 17cm

鍋の素材 ステンレス、アルミ
サイズ 17cm(内径17cm×深さ8.5cm)
重量 1.5kg
容量 1.9L
IH対応

新しい料理に挑戦しよう

ビタクラフト アリゾナ 17cm

15位はビタクラフトの「アリゾナ 17cm」です。ステンレスの間にアルミを挟んだ5層構造で、2種類の素材の特性を活かした調理ができます。さまざまな料理に対応できるため、キッチンに備えておくと便利です。

この製品をさらに役立てるためのレシピブックが付属しますから、自分が普段作らないような料理にもチャレンジしてみましょう。

14位:和平フレイズ SRA-9471

和平フレイズ SRA-9471

鍋の素材 アルミ(フッ素樹脂加工)
サイズ 14cm(幅17×全長24.5×高さ17.5cm)
重量 783g
容量 2.2L
IH対応

小さくても大活躍

和平フレイズ SRA-9471

14位は、和平フレイズの「SRA-9471」です。やかんのような形状になった片手鍋で、小さいながらも料理がたっぷり作れます。ご飯を1回で2合炊けるので、炊飯器の代わりにいかがでしょうか。

カラーバリエーションは4色で、イエローとライトブルーがMサイズ(14cm)、レッドとネイビーがLサイズ(16cm)になります。住人の数や好みに合わせて購入してください。

13位:パール金属 H-5871

パール金属 H-5871

鍋の素材 ステンレス
サイズ 18cm(幅19.5×全長35.5×高さ19cm)
重量 932g
容量 3.7L
IH対応

蒸し料理も作れます

13位は、パール金属の「H-5871」です。蒸し料理に対応できる目皿が付属するため、お鍋としての用途だけでなく、蒸し器としても活躍します。水がたっぷり入るので、大量の野菜や麺類を茹でるときにも最適です。

満杯まで水が入ると相当な重さになりますから、お湯を捨てるときは注意しましょう。

12位:柳宗理 ステンレス片手鍋

柳宗理 ステンレス片手鍋

鍋の素材 ステンレス
サイズ 18cm(幅21.8×全長35.1×高さ11.7cm)
重量 840g
容量 2L
IH対応 ×

独特の形状が魅力

柳宗理 ステンレス片手鍋

12位は、柳宗理の「ステンレス片手鍋」です。柳宗理の特徴ともいえる独自デザインの注ぎ口は、蓋と組み合わせて湯切りがしやすくなったり、調理中の吹きこぼれを防止するなどの恩恵があります。

利便性の高い18cmの片手鍋なので、さまざまな場面に役立つでしょう。

11位:和平フレイズ MR-7050

和平フレイズ MR-7050

鍋の素材 アルミ(フッ素樹脂加工)※底面はステンレス、外面に焼付塗装
サイズ 18cm(幅19.4×全長36.6×高さ15.8cm)
重量 920g
容量 2.1L
IH対応

具材がこびりつかない

和平フレイズ MR-7050

11位は、和平フレイズの「MR-7050」です。金属製のお玉やフライ返しにも対応する「クイックマーブル」加工で、非常に扱いやすくなっています。底部をステンレスにしているため、対応できる熱源も幅広いです。

底が深いので、少人数用のカレー鍋としても大活躍します。

10位:宮崎製作所 GEO-20N

宮崎製作所 GEO-20N

鍋の素材 ステンレス、アルミ
サイズ 20cm(幅21.8×全長43.8×高さ13cm)
重量 1.49kg
容量 2.7L
IH対応

ちょっとの水でメリットいっぱい

宮崎製作所 GEO-20N

10位は宮崎製作所の「GEO-20N」です。蒸気穴を設けていない蓋が鍋にピタッと密着すると、調理中の鍋と蓋の隙間に「ウォーターシール」という水分の膜が形成されます。この膜の効果によって、鍋の中の温度と圧力が一定になり、ほんの少しの水で料理を作れる無水調理が可能です。

ジオ・プロダクトシリーズは、すべてのお鍋で無水調理を行えます。無水調理は食材の栄養が逃げていかないなど、多数の利点を備えている調理法なので、上手に活用してください。

9位:パール金属 H-1864

パール金属 H-1864

鍋の素材 アルミ(フッ素樹脂加工)※底面はステンレス、外面に焼付塗装
サイズ 18cm(幅18.5×全長33.5×高さ14cm)
重量 870g
容量 1.9L
IH対応

お手入れカンタン

パール金属 H-1864

9位は、パール金属の「H-1864」です。IH対応の扱いやすい片手鍋で、フッ素樹脂加工の効果で汚れが取れやすく、洗い物も便利になっています。シンプルなフォルムなので、スポンジが届きにくい場所もありません。

食後に余った料理を鍋に入れたままにすると、コーティングの寿命が縮まるため、皿に移しておきましょう。先が鋭いタイプの金属ヘラなども厳禁です。

8位:和平フレイズ WR-6293

和平フレイズ WR-6293

鍋の素材 アルミ(フッ素樹脂加工)※底面はステンレス、外面に焼付塗装
サイズ 18cm(幅18.9×全長37.3×高さ15.2cm)
重量 966g
容量 2.3L
IH対応

キズに強い

和平フレイズ WR-6293

8位は、和平フレイズの「WR-6293」です。真ん中のコーティングに2種類のマーブル(大理石)を挟む「ダブルマーブル」加工で、こびりつきを気にせず快適な調理が楽しめます。

フッ素樹脂加工の製品は、表面のコーティングが剥がれてきたら買い替えどきです。消耗品と割り切ったほうが気楽に使えるでしょう。

7位:和平フレイズ MR-7049

和平フレイズ MR-7049

鍋の素材 アルミ(フッ素樹脂加工)※底面はステンレス、外面に焼付塗装
サイズ 16cm(幅17.4×全長34.5×高さ14.7cm)
重量 810g
容量 1.5L
IH対応

正しいサイズが選べる

和平フレイズ MR-7049

7位は、和平フレイズの「MR-7049」です。11位で紹介した製品のサイズ違いになっています。使い勝手は同じですから、自分の食事量から計算して、適切なサイズを選択してください。

持ちやすい取っ手と蓋は、完成した料理をそのままテーブルに運ぶ際に便利です。

6位:パール金属 HB-153

パール金属 HB-153

鍋の素材 アルミ(フッ素樹脂加工)※外面に焼付塗装
サイズ 14cm(幅15.5×全長28.5×高さ7.5cm)
重量 270g
容量 0.9L
IH対応 ×

ガス調理の相棒

パール金属 HB-153

6位は、パール金属の「HB-153」です。取っ手と鍋を繋げるためのリベットを使用していないため、カレーなどを作ってもリベットの隙間部分に汚れが入り込んでしまうことがありません。3層の「ブルーダイヤモンドコート」で、角丸の金属ヘラが使えます。

他の熱源では使えない、完全なガス火専用片手鍋です。その代わりに重量が非常に軽いので、ガスコンロの家庭なら便利に使えるでしょう。この製品には蓋が付属しません。

5位:パール金属 H-495

パール金属 H-495

鍋の素材 アルミ(フッ素樹脂加工)※外面に焼付塗装
サイズ 18cm(幅18.5×全長35×高さ13.5cm)
重量 770g
容量 1.8L
IH対応 ×

便利な蓋付き

パール金属 H-495

5位は、パール金属の「H-495」です。中身を確認しやすいガラス製の蓋には蒸気穴が設けてあり、煮込み料理や鍋物を作りやすくなっています。フッ素コーティングでお手入れも簡単ですから、活躍の幅が広いです。

この片手鍋もガス火専用なので、購入の際には注意してください。

4位:宮崎製作所 GEO-16N

宮崎製作所 GEO-16N

鍋の素材 ステンレス、アルミ
サイズ 16cm(幅17.8×全長39.5×高さ12cm)
重量 1.08kg
容量 1.5L
IH対応

両手でお鍋を支えられる

宮崎製作所 GEO-16N

4位は宮崎製作所の「GEO-16N」です。ジオ・プロダクトの片手鍋には持ち運びに役立つ補助ハンドルがあり、細やかな気遣いが光ります。機能性とデザインを両立した片手鍋があれば、料理の面白さに早く目覚められるのではないでしょうか。

フチに注ぎ口がなくても液体を注ぎやすく、キッチンやテーブルが汚れる心配がなくなります。

3位:パール金属 H-1863

パール金属 H-1863

鍋の素材 アルミ(フッ素樹脂加工)※底面はステンレス、外面に焼付塗装
サイズ 16cm(幅16.5×全長31.5×高さ13.5cm)
重量 680g
容量 1.4L
IH対応

毎日の料理が便利に

パール金属 H-1863

3位は、パール金属の「H-1863」です。こちらは9位のサイズ違いとなります。手軽なフッ素樹脂加工の片手鍋は人気が高く、さまざまな種類のコーティングを選択することが可能です。

特徴を調べて、自分好みのフッ素樹脂加工鍋を購入しましょう。

2位:宮崎製作所 GEO-18N

宮崎製作所 GEO-18N

鍋の素材 ステンレス、アルミ
サイズ 18cm(幅19.8×全長41.7×高さ12.8cm)
重量 1.29kg
容量 2.0L
IH対応

この1コで大満足

宮崎製作所 GEO-18N

2位は宮崎製作所の「GEO-18N」です。ジオ・プロダクトの片手鍋で最も人気のサイズは、汎用性の高い18cmになりました。食の権威である服部幸應先生が開発に携わったジオ・プロダクトシリーズは、プロも納得の品質を誇ります。

製品の保証期間はなんと15年もあり、世代を超えて使いつづけることもできる驚異の片手鍋です。

1位:パール金属 H-4236

パール金属 H-4236

鍋の素材 アルミ(フッ素樹脂加工)※底面はステンレス、外面に焼付塗装
サイズ 18cm(幅19.5×全長37×高さ14cm)
重量 960g
容量 1.9L
IH対応

キッチンユーザーのための片手鍋

パール金属 H-4236

1位になった片手鍋は、パール金属の「H-4236」です。鍋の内側に4層、外側には3層のコーティングを施した「プレミアムマーブル」の片手鍋になっています。丈夫に使えて、お手入れもラクチンです。

フッ素樹脂加工製品は、調理直後の熱くなった状態に水をかけると、コーティングの寿命が急激に縮まります。きちんと磨けば汚れは落ちるので、正しい扱い方で長持ちさせましょう。

まとめ

やはり全体的には、フッ素樹脂加工のアルミ鍋やステンレス製の鍋に人気が集中しているようです。片手鍋では、扱いやすさを優先するユーザーが多い傾向にあるということでしょうか。

和平フレイズの回答によると、鍋に水を注ぐ量(適正容量)は、鍋を水でなみなみと満たした状態の容量(満水容量)の7割ほどで止めると、調理中に沸騰したお湯が吹きこぼれないようにできるそうです。参考にしてください。

本格的な炒め料理ならフライパンがあったほうが便利ですし、最初のほうで書いたように大人数用の料理を作るなら両手鍋のほうが使えます。適材適所をモットーに、片手鍋以外の調理器具も適宜揃えていきましょう。

片手鍋はいろいろな料理を覚えるための、最初のステップにピッタリのアイテムです。片手鍋を入手したら、まずはカンタンな料理から挑戦してみてはいかがでしょうか。