猫に魅力的なカタチ

猫を室内飼いにしている場合、運動不足に気をつけてあげるべきです。病気を招く原因の肥満や、欲求不満によるイタズラなど、猫の運動不足が引き起こすトラブルは少なくありません。

そんなとき、SONGMICSやアイリスプラザが販売するキャットタワーがあると役立ちます。猫の習性に合わせた遊具こそが、今回紹介するキャットタワーです。

この記事では、猫を満足させられるキャットタワーのおすすめ商品ランキングを紹介していきます。

キャットタワーがあれば猫もゴキゲン

楽しく遊んで健康に

猫が運動不足でいると、人間と同じように関節や筋肉も衰えてしまいます。キャットタワーは、猫の運動不足解消という目的にピッタリ合致するアイテムです。

猫を飼っている方ならご存知かと思いますが、猫は種族としての習慣で高い場所を好むため、運動不足の解消には上下運動が重要になります。キャットタワーは猫が上り下りしやすいように、ベースとなる柱の各部に腰を落ち着けるためのステップ台などが配置された遊具です。

キャットタワーのサイズやギミックはさまざまで、子猫の時期から使うことができます。柱に爪とぎを巻きつけてある製品も存在するため、ストレス解消やイタズラ防止の効果も高いです。

猫が楽しく遊ぶ姿が見られれば、飼い主にとっての癒やし効果も非常に高いのではないでしょうか。室内飼いの猫にたくさんの恩恵をもたらすアイテムが、キャットタワーです。

猫が喜ぶ場所を作ろう!キャットタワーの選び方

正しく選ぶニャ

キャットタワーを猫が安全に楽しく遊べる場所にすれば、飼い主も安心です。

安定性のあるキャットタワーを選ぼう

キャットタワーは、猫が乗っても揺れない安全な製品を購入しましょう。コストだけを重視すると、大事な猫ちゃんがケガをしてしまうかもしれません。

キャットタワーの種類は、主に「据え置きタイプ」と「突っ張りタイプ」に分かれます。それぞれの特徴を紹介していきましょう。

据え置きタイプのキャットタワーは、そのまま床に置いて設置します。土台がどっしりしているために安定感があり、大型の猫が乗っても大丈夫です。製品サイズが大きくなると、それに見合うだけのスペースを備えた設置場所が必要になります。

突っ張りタイプのキャットタワーは床と天井の2点で柱を支える仕組みで、原理は突っ張り棒と同じです。成猫なら天井に近い位置まで上れるため、ネコ科としての本能を刺激します。天井への固定にネジを使用する都合上、賃貸住宅には不向きです。

据え置きタイプは高さが低めのミニタワーもあるので、子猫に最初に買い与えるキャットタワーとして活躍します。突っ張りタイプは据え置きタイプに比べてスマートな設置ができて、空間を圧迫しないことがメリットです。

メンテナンスの注意点として、突っ張りタイプは猫が上り下りを繰り返すうちに固定部分がゆるんでいきます。定期的に固定の具合を確認する必要がありますから、そうした手間を省きたければ据え置きタイプがおすすめです。

通販で届くキャットタワーは、ユーザー自身の手で組み立てをしなければならないため、しっかりグラつかないようにすることが重要です。説明書にくまなく目を通し、猫ちゃんが安全に使用できるようにしてあげましょう。

品質をしっかりさせたほうがいい

ある程度年齢を重ねた猫には、上り下りを補助する階段やスロープ付きのキャットタワーが便利です。少しでも運動不足を解消することで、猫に長生きしてもらいましょう。

安全性に関連したこととして、各パーツの表面が起毛になっているかに注目してみてください。手触りがいいだけでなく、上の段にジャンプした猫が着地する際の滑り止め効果も発揮します。ただし、掃除などのお手入れは木地がむき出しになっている製品のほうが便利です。

猫がキャットタワーの上で粗相をしてしまうと、後片付けが大変になります。きちんと脇に猫砂を置いて、トイレのしつけをしてください。

爪とぎ部分の素材は、麻やダンボールなどがあります。ニオイやメンテナンス性に違いがあるので、意外と飼い主にも関係してくる要素です。爪とぎは消耗しやすいので、部分的なパーツ交換に対応した製品を購入するか、あるいは爪とぎ用途に特化したポールを別に用意しましょう。

土台や柱の数などの安定性に直結する要素や、飼っている猫の大きさを考慮に入れて、正しいキャットタワーを選択してください。いまいちキャットタワーのサイズ感がつかみにくかったら、店に行って実物を見てみましょう。

遊びを充実させるオプションに注目

キャットタワーには、猫が離れたくなくなるようなオプションを備えた製品がたくさんあります。どんな機能が猫ちゃんを喜ばせるのでしょうか。

猫がまったりくつろげるハンモックやU字ベッドは、休憩スペースとしても最適です。中に入って休めるハウスもあると、猫の安らぎスペースとしての価値が高まります。

猫パンチ用に吊り下げられたおもちゃがあれば、猫が熱狂すること間違いなしです。運動をしたがらない猫の興味を引けるため、無精気味の猫ちゃんに効果てきめんではないでしょうか。

いつも自宅の猫がどんな風に遊んでいるかを観察して、何時間でも遊んでいられるキャットタワーを用意しましょう。

キャットタワーのおすすめランキングTOP25

Amazonで人気のキャットタワーをまとめたランキングです。形状やギミックがさまざまな製品が揃っています。

25位:ottostyle.jp キャットシェルフ

ottostyle.jp キャットシェルフ

設置方式 据え置きタイプ(※壁に立て掛け)
サイズ 幅60cm×奥行75cm×高さ175cm
重量 20kg
表面の起毛 なし

上り下りが楽しい

ottostyle.jp キャットシェルフ

25位はottostyle.jpの「キャットシェルフ」です。壁に立て掛けて設置するキャットタワーで、左右交互に配置されたステップ台が上下運動をしやすくしています。角が丸いステップ台にはセットの滑り止めマット(本体のみのバリエーションもあり)を貼ることができるため、猫の安全に配慮した使い方が可能です。

カラーは3色から選択できて、お部屋のインテリア性を損ないません。ネジ隠し用のシールも貼れるので、有効活用してください。

24位:マウ Mauタワーホイップ

マウ Mauタワーホイップ

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅54cm×奥行54cm×高さ74.5cm
重量 8kg
表面の起毛 あり

気軽な上下運動

マウ Mauタワーホイップ

24位は、マウの「Mauタワーホイップ」です。設置がラクラク行える小型のキャットタワーで、子猫の運動にも使えます。全身が収まるもこもこ丸型ベッドが、遊び疲れた猫ちゃんの休憩にピッタリです。

キャットタワーの中では比較的軽くて移動がしやすいため、晴れて暖かい日は日が当たる場所に、天気が悪くて肌寒い日は暖房器具の近くに置くといった使い方ができます。

23位:CAT WINGS CW-T0923

CAT WINGS CW-T0923

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅51cm×奥行51cm×高さ139cm
重量 20kg
表面の起毛 あり

気分はアスレチック

CAT WINGS CW-T0923

23位はCAT WINGSの「CW-T0923」です。人間用の家具にも使われる高密度MDF木材を採用していて、とても堅牢な作りになっています。猫の成長に合わせて運動量を増やせる配置になったステップ台が便利です。

台座の裏はネジが床と直接触れないようになっているので、猫の激しい運動で位置がズレても床を傷つけません。

22位:ottostyle.jp CROWN170

ottostyle.jp CROWN170

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅88cm×奥行55cm×高さ170cm
重量 25.2kg
表面の起毛 あり

みんなで遊べる

ottostyle.jp CROWN170

22位はottostyle.jpの「CROWN170」です。各部にハウスや猫パンチ用のおもちゃがあるので、多頭飼いの猫ちゃんたちもたっぷり楽しめます。階段が老猫の運動をサポートし、幅広い年齢の猫に対応可能です。

カラーバリエーションは4色で、周りの家具と合わせて選べます。パーツ交換に対応しているため、一部のパーツだけ消耗した場合も安心です。

21位:SONGMICS NPCT25Z

SONGMICS NPCT25Z

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅60cm×奥行55cm×高さ145cm
重量 16.4kg
表面の起毛 あり

ゆったりくつろげる

SONGMICS NPCT25Z

21位はSONGMICSの「NPCT25Z」です。いろいろな場所に猫が腰を落ち着けていられるスポットがあり、ピョンピョン飛び跳ねた後はゆっくり休めます。最初の段差は子猫にもジャンプしやすい25cmの高さになっているので、キャットタワーに少しずつ慣れていってもらえるのではないでしょうか。

上部には円形の爪とぎボードもあり、ストレス対策はバッチリです。ポリプロピレン繊維が表面をしっかりコーティングしていますから、猫ちゃんが安全に気持ちよく遊べます。

20位:ミッション のびのびキャットポール

ミッション のびのびキャットポール

設置方式 突っ張りタイプ
サイズ 幅43cm×奥行24cm×高さ230cm~286cm
重量 9kg
表面の起毛 あり

シンプルなポールタイプ

20位はミッションの「のびのびキャットポール」です。かなり高い天井まで使えるようになっていて、猫も相当な高さまで上れます。段差以外のギミックはありませんが、飛び跳ねるのが大好きな猫ちゃんにはたまらないのではないでしょうか。

ステップ台の表面は起毛でふわふわですから、猫の足に優しいキャットタワーです。

19位:マウ Mauタワー トルテ

マウ Mauタワー トルテ

設置方式 突っ張りタイプ
サイズ 幅50cm×奥行50cm×高さ234~266cm
重量 20.4kg
表面の起毛 あり

スマートだけどいろいろ遊べる

マウ Mauタワー トルテ

19位は、マウの「Mauタワー トルテ」です。さまざまな形状のステップ台や高い位置にあるハウスで、猫の好奇心を満足させます。天井付近のステップ台まで上ったら、愛猫が野生の本能に目覚めるかもしれません。

この製品独特のニオイに関してはメーカーからも注意が促されているので、鼻が敏感だという方は一応注意しましょう。

18位:アイリスプラザ キャットランド おうち付き

アイリスプラザ キャットランド おうち付き

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅75cm×奥行55cm×高さ172cm
重量 20kg
表面の起毛 あり

ダラ~っとリラックス

アイリスプラザ キャットランド おうち付き

18位は、アイリスプラザの「キャットランド おうち付き」です。最も高い位置にあるU字ベッドが、猫がいろんな体勢でくつろげる癒やしのスペースになっています。ハウス部分の屋根は取り外し可能なので、メンテナンス性も高いです。

爪とぎも思う存分できるため、この1台で猫ちゃんはストレス知らずになるでしょう。ベッドやハウスは寝床にもピッタリです。

17位:Finether キャットタワー

Finether キャットタワー

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅50cm×奥行35cm×高さ146cm
重量 8.48kg
表面の起毛 あり

至れり尽くせりのキャットタワー

Finether キャットタワー

17位はFinetherのキャットタワー(製品名、型番なし)です。ハウスに直接入れるはしごや体を丸めて眠れるハンモック、爪とぎにおもちゃもあり、猫が喜ぶ要素がてんこ盛りとなっています。

最大3匹で遊べるように設計されているため、多頭飼いの家庭にもおすすめです。

16位:ottostyle.jp GRANDE170

ottostyle.jp GRANDE170

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅70cm×奥行60cm×高さ175cm
重量 23kg
表面の起毛 あり

老猫の運動不足解消に

ottostyle.jp GRANDE170

16位はottostyle.jpの「GRANDE170」です。どの段差も高低差が30cm以下になっていて、運動能力が落ちてきた猫でも上り下りしやすくなっています。最上段を省いて組み立てると高さ150cm以下にできるため、どの年齢の猫でも楽しく運動可能です。

これだけでいろいろな猫が上下運動に挑戦できますから、1台準備してみてはいかがでしょうか。

15位:ボンビアルコン キャットポール

ボンビアルコン キャットポール

設置方式 突っ張りタイプ
サイズ 幅53cm×奥行70cm×高さ220~265cm
重量 15kg
表面の起毛 あり

スタイリッシュに登頂

ボンビアルコン キャットポール

15位はボンビアルコンの「キャットポール」です。螺旋状に配置されたステップ台がオシャレで、インテリアとしても映えます。ステップ台やハンモックは回して位置を調節できますから、壁の近くに設置したいときも安心です。

ポールに爪とぎはないので、別途用意してあげてください。ハンモックの耐荷重は最大5kgです。

14位:ワンモード CT-A2305

ワンモード CT-A2305

設置方式 突っ張りタイプ
サイズ 幅43cm×奥行43cm×高さ235~255cm
重量
表面の起毛 あり

部屋の角が猫のナワバリ

ワンモード CT-A2305

14位は、ワンモードの「CT-A2305」です。スラッとした省スペース型のデザインで、部屋の角にキレイに設置できます。上下運動、ストレス解消の爪とぎ、隠れ家になるハウスと、シンプルながら要素をきちんと押さえたキャットタワーです。

かなり高い位置でネジを使った固定作業を行うため、飼い主の方もケガをしないように気をつけましょう。

13位:ボンビアルコン キャットウォーク

ボンビアルコン キャットウォーク

設置方式 突っ張りタイプ
サイズ 幅65cm×奥行37cm×高さ228~273cm
重量 15kg
表面の起毛 あり

毎日違う配置で上下運動

ボンビアルコン キャットウォーク

13位はボンビアルコンの「キャットウォーク」です。壁にピッタリくっつけることができて、ダブルの突っ張りポールが安定感を増しています。ステップ台の位置は自由に変更可能なので、飼っている猫の運動能力に合わせた配置が可能です。

価格は少し高めですが、省スペースと機能性が両立しています。爪とぎ用のポールも用意してあげれば、猫ちゃんはストレスから解放されるでしょう。

12位:SONGMICS NPCT60H

SONGMICS NPCT60H

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅75cm×奥行45cm×高さ148cm
重量 15.85kg
表面の起毛 あり

バッチリ安定

SONGMICS NPCT60H

12位はSONGMICSの「NPCT60H」です。画像のとおりにドッシリとしたデザインで、きちんと平らな床に設置すれば猫の体重をしっかり支えます。転倒防止用の帯で壁にネジ止めすることもできて、さらなる安定感を実現することが可能です。

台座にも爪とぎボードがあるので、いろんな場所をガリガリして遊べます。てっぺんにあるウレタンフォーム入りの高台は、猫同士で場所の取り合いになってしまいそうな居心地のよさです。

11位:マウ Mauタワー ミルキーエッグ

マウ Mauタワー ミルキーエッグ

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅49cm×奥行49cm×高さ156cm
重量 16kg
表面の起毛 あり

ジャンプが大好きになる

マウ Mauタワー ミルキーエッグ

11位は、マウの「Mauタワー ミルキーエッグ」です。上り下りがしやすいキャットタワーで、途中の寄り道になるハウスとぐっすり眠れるてっぺんのベッドが、猫が上った際の楽しみを増大させてくれるでしょう。

全体に丸みを帯びたデザインは、猫のケガ防止にも役立ちます。

10位:SONGMICS NPCT15Z

SONGMICS NPCT15Z

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅61cm×奥行51cm×高さ140cm
重量 19.1kg
表面の起毛 あり

猫の遊園地

SONGMICS NPCT15Z

10位はSONGMICSの「NPCT15Z」です。遊んだり休んだり、猫の楽しみを増やすさまざまな仕掛けが施されています。どの場所もきちんと広く、猫をたくさん飼っていても心配ありません。

ふわふわ感がタワー全体から伝わってくるため、猫は自然と引き寄せられていってしまうでしょう。

9位:Panana ふわふわ猫ハウス

Panana ふわふわ猫ハウス

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅55cm×奥行30cm×高さ96cm
重量 7kg
表面の起毛 あり

小さめだけどゆったり

Panana ふわふわ猫ハウス

9位は、Pananaの「ふわふわ猫ハウス」です。全体的にコンパクトなサイズになっていて、子猫から老猫まで対応します。休憩スペースは幅が広い高台やハンモック、ハウスもある充実ぶりで、猫のリラックスタイムにピッタリです。

子猫にキャットタワーというアイテムを体験させたいときにも、ちょうどいい高さになっています。

8位:SONGMICS NPCT68M

SONGMICS NPCT68M

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅45.5cm×奥行45.5cm×高さ67cm
重量 4.35kg
表面の起毛 あり

手触りモフモフ

SONGMICS NPCT68M

8位はSONGMICSの「NPCT68M」です。こちらも子猫向けに高さが低いミニタワータイプで、どこでも設置しやすくなっています。最初の1段は気持ちいいハンモック、各柱には爪とぎ部分もあり、小型サイズでも遊びの幅が広いです。

全体がふかふかの起毛で覆われているため、台座にも快適に寝そべることができます。

7位:pacific8 キャットタワー

pacific8 キャットタワー

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 高さ185cm
重量 25.2kg
表面の起毛 あり

飼い主よりも高い目線に

pacific8 キャットタワー

7位は、pacific8のキャットタワー(製品名、型番なし)です。3つのベッドと大小のハウスが備え付けられているので、猫がいろいろな場所から部屋を見渡せます。老猫も高所まで上りやすい2箇所の階段付きです。

サイズは高さ以外のデータが提供されていないため、全体を見て判断してください。

6位:Amazonベーシック CT-80-MODEL

Amazonベーシック CT-80-MODEL

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅40cm×奥行40cm×高さ80cm
重量 7.2kg
表面の起毛 あり

とことんまでシンプル

Amazonベーシック CT-80-MODEL

6位は、Amazonベーシックの「キャットタワー Mサイズ」です。パーツ構成からギミックまでシンプルさを追求していて、その分だけリーズナブルに購入できます。柱は麻縄が全面に巻かれていて、猫が爪を使って登るのもラクチンです。

昼寝中の猫がベッドから落ちることを防ぐために、ベッドの縁は高くなっています。

5位:マーキュリーエイト mer-150braun

マーキュリーエイト mer-150braun

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅60cm×奥行50cm×高さ150cm
重量
表面の起毛 あり

過去モデルからパワーアップ

マーキュリーエイト mer-150braun

5位は、マーキュリーエイトの「mer-150braun」です。メーカーが過去に販売していたモデルから設計や素材を一新させ、猫と飼い主の両方が満足する製品となっています。

爪とぎの素材が麻から綿に変更されているため、麻のニオイが苦手な方も安心です。現在商品ページからベージュカラーが選択できなくなっているので、購入を検討している方は注意してください。

4位:アイリスプラザ ZJS-09016-1

アイリスプラザ ZJS-09016-1

設置方式 突っ張りタイプ
サイズ 幅78cm×奥行54cm×高さ223~248cm
重量 21.1kg
表面の起毛 あり

天井にガッチリ固定

アイリスプラザ ZJS-09016-1

4位は、アイリスプラザの「ZJS-09016-1」です。天井への固定は2箇所で、部屋の角にフィットする設計も相まって、安定感が非常に高くなっています。柱の爪とぎ部分が多く、ストレス解消にはもってこいです。

最上段には猫が通り抜けられる丸い穴を設けているので、普段狭い場所に潜り込む癖がある猫ちゃんにピッタリでしょう。

3位:アイリスプラザ キャットランド 据え置き ハンモック付き

アイリスプラザ キャットランド 据え置き ハンモック付き

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅70cm×奥行45cm×高さ155cm
重量 13kg
表面の起毛 あり

設置しても部屋から浮かない

アイリスプラザ キャットランド 据え置き ハンモック付き

3位は、アイリスプラザの「キャットランド 据え置き ハンモック付き」です。外に大きく張り出すパーツがないため、見た目がスッキリしています。ステップ台としっかり結合させた安全なハンモックが、遊び疲れた猫に上質の眠りを提供することでしょう。

カラーバリエーションは3色で、フローリングの色などに合わせて選べます。

2位:Amazonベーシック CT-120-MODEL

Amazonベーシック CT-120-MODEL

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅40cm×奥行40cm×高さ120cm
重量
表面の起毛 あり

ステップアップのLサイズ

Amazonベーシック CT-120-MODEL

2位は、Amazonベーシックの「CT-120-MODEL」です。製品としての特徴は、先ほどのMサイズと変わりません。段差が増えているので、Mサイズよりもテンポよく上下運動ができます。

あまり大きなキャットタワーを設置したくない飼い主の方におすすめです。

1位:SONGMICS NPCT86M

SONGMICS NPCT86M

設置方式 据え置きタイプ
サイズ 幅50cm×奥行50cm×高さ154cm
重量 16.9kg
表面の起毛 あり

猫ちゃんもご満悦

SONGMICS NPCT86M

1位のキャットタワーは、SONGMICSの「NPCT86M」です。休憩スペースや好奇心を刺激するおもちゃ、ストレス解消の爪とぎがすべて揃っています。支柱は4本になっているので、安定性もバツグンです。

価格も手頃で、非常にコスパが優れたキャットタワーといえるでしょう。カラーはベージュとグレーから選択可能です。

まとめ

キャットタワーは組み立て必須のアイテムですから、DIYの経験がない方は苦戦するかもしれません。最初は分解もしやすい小型の製品を購入して、組み立て方のコツをつかんでください。パーツやネジの紛失にも注意しましょう。

飼い主さんの中には、キャットタワーを自作している方もいます。インテリアとの調和が高まるデザインを自分で設計できるので、ある程度キャットタワーの特徴が把握できるようになったら検討してもいいでしょう。

猫ちゃんが遊びに満足する姿を見られれば、それは飼い主にとって極上の喜びです。愛猫のケガにだけ気をつけて、キャットタワーでたくさん遊ばせてあげてください。