【おすすめ最強ルーフキャリア20選!】用途別ルーフキャリアランキング

家族や気の合う仲間と出かける、そんな時におすすめなのがドライブでの旅行です。近場へ遊びに行くもよし、泊まりで遠出するのも楽しいでしょう。

みんなで懐メロで盛り上がったり、普段できない会話なんかを楽しめるもの、車移動で旅行する楽しみの1つだと言えます。その際に重要なことが、「車内の快適性」です。人数が多ければ、当然荷物も多くなります。

荷物が多くなると車内が狭くなってしまい、せっかくの旅行も目的地に着いたら疲労困憊…なんてことになりかねません。特に、夏に向けて、キャンプやBBQなど荷物の多いイベントも増えてくるシーズンでもあり、楽しい車でのレジャーを実現するためにも、車内の広さを確保することは大事なこととなるでしょう。

そんな時に大活躍するのが、「ルーフキャリア」です。ルーフキャリアとは、車の屋根に取り付けるアイテムで、車外に荷物を積めるようになるという、超便利アイテムです。車内を広々使いたい方のため、各メーカーのルーフキャリアの特徴や、おすすめのルーフキャリアランキングをご紹介します。

用途によって選べる!ルーフキャリアの種類をご紹介

一言で「ルーフキャリア」と言っても、用途に応じてルーフキャリアには様々な種類が存在します。そもそも、大前提としてアタッチメントとベースキャリアという2つのパーツが必要となることを覚えておきましょう。

そして、アタッチメントと呼ばれるものが、これから紹介するように用途によっていくつかの種類に分かれています。このアタッチメントを車種や用途によって変更することで、車内の広々空間をたもったまま、車にたくさん荷物を積むことができるようになるのです。

それでは、用途に応じたルーフキャリア の種類には、どのようなものがあるのでしょうか。

1.ルーフボックス

天井の上に取り付けて、たくさんのものを収納することができる優れものがルーフボックスです。一番機能性に優れた形状のルーフキャリア であり、ボックスなので、雨が降っても濡れないので、天候を気にせずに出かけることができます。

旅行やキャンプ、大きい荷物や重たい荷物、そもそも荷物が多くなってしまうようなときには、ルーフボックスが1つあるだけで、車内の空間がかなり変わってきます。車中泊をするときなども、ルーフボックスに荷物を入れてしまえば快適に過ごせるのでおすすめです。

2.ルーフラック

ルーフボックスだと高さが出過ぎてしまったり、取り付けが大変という人には、ルーフラックもおすすめです。カーラックとも呼ばれています。ルーフラックは、荷物を乗せてネットやベルトでしばるだけの簡易的なものです。

日帰りで行くBBQや、海で遊んだりするときは、ルーフラックで十分な量を積むことができるし、汚れた物やにおいのある物を乗せても気にならないので、ゴミなどを運ぶのにも便利です。

3.サイクルキャリア

旅行先やキャンプ先で自転車に乗りたい人には、サイクルキャリアが最適なルーフキャリア です。自転車を車内に乗せてしまうと、どんな大きな車でもかなりのスペースを要しますが、天井に乗せてしまえばそんな心配もありません。

レジャー目的はもちろん、子供のお迎え用にサイクルキャリアを付ける人も多く、かなり実用的なルーフキャリア だと言えるでしょう。

4.スキー・スノボーキャリア

スキー道具6セット、スノーボード4枚まで乗せられるスキーキャリア、ウィンタースポーツを楽しむためには必須のルーフキャリアです。ウィンタースポーツに車で行くときに気になるのが、帰りの車内です。

雪にまみれたスキーやスノーボードが、車内の暖房で溶けて車内が水浸し…。しかし、スキーキャリアならば、こんな心配をしなくてOKです。また、軽自動車にも取り付けられるので、車の維持費をかけたくない人にもおすすめです。

5.サーフキャリア

サーファーには、サーフキャリアかSUV車が必須アイテムだと言えるでしょう。SUV車でも、ロングボードだとかなりのスペースが必要となるので、サーフキャリアが持っておいたほうがいいでしょう。

スキーキャリアと同じく、砂や海水で汚れてしまったサーフボードで車内を汚したくない人には、ぜひサーフキャリアをおすすめします。

ルーフキャリアを使う目的は「車内の快適性」

街中で見かける車の中で、天井に何か着けている車を見かけたことはありませんか?それこそが、ルーフキャリアと呼ばれるものであり、より高い車内の快適性を保つための秘密兵器となります。ルーフキャリアを着けている車種を観察すると、SUVやミニバンなどの、アウトドアに適した車種が多いことに気付くでしょう。

キャンプなどのアウトドアやサーフィン、スノーボードなどのレジャーでは、大きい荷物や重い荷物を運んだり、荷物が多くなる傾向があります。そのため、ルーフキャリアを使い、車外に荷物を積むことで、車内の快適性を保っているのです。

また、軽自動車でも、サイクルキャリアを取り付けている場合もあります。これは、子供が自転車で通学している場合、雨が降ったときなど送り迎えが必要になった時に、軽自動車では自転車を車内に積むことが難しいためです。

このように、ルーフキャリアを取り付けることで、車外に荷物を積むことができ、車内を広々した快適な空間として過ごしやすくすることが可能なのです。

ルーフキャリアを選ぶ理由は「安く快適」な車内にするため

では、ルーフキャリア以外に車内を広くする方法はないのでしょうか?結論から言うと、車内を広々使う方法は2つ考えられます。

まず1つは、ルーフキャリアを使う方法です。車内に積む予定の荷物を車外に出すだけで、車内の居住性は格段に高まります。サイクルキャリアやスキー・スノボーキャリア、サーフキャリアを着ければ、大きい荷物も車外に積んで運べるので、車内の空間を圧迫しません。

ルーフキャリアを使わずに車内を広くする方法は、大きい車を買うしかありません。しかし、車を買い換えるとなると、数百万円の出費となるので現実的ではありません。

ルーフキャリアならば、数万円から手に入るので、そこまでお金をかけなくて済みます。車に荷物が乗らないせいで、スノボーやサーフィンを諦めた経験のある人は、ルーフキャリアの導入を検討すると良いでしょう。

ただし、ルーフキャリアを取付ると車高が高くなってしまって、高さ制限のある駐車場などに引っかかってしまう可能性があるので注意しましょう。

メーカー別!ルーフキャリアの特徴と選び方

では、ルーフキャリアを選ぶときには、どのような選び方があるのでしょうか。日本では、主に3社がルーフキャリアを販売しており、各メーカーによって特徴があります。

当然、適合車種も異なるので、自分の車に合ったメーカーを選ぶようにしましょう。また、キャリアとアタッチメントで違うメーカーを選んでしまうと、取り付けがうまくいかない場合もあるので注意してください。

車種によっては、フックが必要のない場合もあるので、初めて選ぶ場合はカー用品店などで店員さんに聞いて選ぶと良いでしょう。それでは、ルーフキャリアを販売している3社それぞれの特徴をご紹介します。

1.テルッツォ

カーランプなどの自動車部品や自動車用品のメーカーである、PIAAのルーフキャリアブランドとされているのが「TERZO(テルッツォ)」です。

数あるカーグッズの中でも、特にルーフキャリア に力を入れているので、コンパクトカーからワンボックスカーまで、様々な車種をカバーしているメーカーです。

他の2社と比べると、ベースキャリアのバーのサイズが異なるので、テルッツォのベースキャリアの場合は、アタッチメントもテルッツォで統一する方がいいでしょう。

特にルーフボックスに力を入れており、主力商品であるローライダーシリーズは、高さが変えられたり、薄型だったりとスタイリッシュなデザインで、若者に人気のブランドです。

2.スーリー

世界的なルーフキャリアメーカーとして有名な、スウェーデンのブランドが「Thule(スーリー)」です。老舗のカーキャリアメーカーだけあり、サイズやデザインの種類が豊富で、国産車から輸入車まで幅広い車種に対応していることが特徴です。

ベビーカーやチャイルドシート、トラベルラゲッジなど、近年ではルーフキャリア以外にも様々なアイテムを発売しています。ただし、海外のメーカーなので、商品は全て輸入されていることから、他の2社に比べると価格が高い傾向にあります。

3.イノー

カー用品メーカーである「カーメイト」のカーキャリアブランドが「INNO(イノー)」です。バブル期の1987年に公開された映画「私をスキーに連れてって」の劇中で、イノーのルーフキャリアが使われたことで、大ヒットとなりました。

アタッチメントやオプション類がもっとも豊富に揃っているメーカーでもあります。国産車はほぼ適合しており、その他主要の輸入にも対応しているのも嬉しいポイントです。

超便利なルーフキャリアランキング

ルーフキャリアは、日本では主に3社が取り扱っており、各メーカーでそれぞれ特徴があることがわかりました。それでも、自分が使うときにはどのルーフキャリアがいいのか迷ってしまうことでしょう。

キャリア毎におすすめランキングをご紹介します。アタッチメントは含まない、ベースキャリアだけのおすすめランキングになるので、アタッチメントは必要に応じて選ぶと良いでしょう。

第20位 steman--net 車用ルーフキャリア ルーフラック ソフトフォームカールーフラック

メーカー steman
金額 ¥6,750
重さ 不明
おすすめ度 ★★

本格的なルーフキャリアが必要ない人はこちらで代用

レジャーなどは特に行わないけれど、車内に入りきらない物を運ばなければいけない、そんな時にはこちらのアイテムで代用する方が良いでしょう。取り付け簡単、軽々持ち運びなので、たまに必要になった時に1つ持っておくととても便利でしょう。

 第19位 THULE スーリー ベースキャリア TH775 ラピッドクロスロードフットセット ルーフレール用 TH775

メーカー スーリー
金額 ¥18,473
重さ 2.07kg
おすすめ度 ★★

取り付け簡単なルーフキャリア

幅広いレールサイズに適合している、スーリーのルーフキャリアです。取り付けが簡単なので、ルーフキャリア 初心者にもおすすめのアイテムです。お値段が少々高めなので、頻繁にキャリアを使用する人には、良い商品です。

第18位 THULE(スーリー) BMW X1専用ベースキャリアセット(ウイングバー エッジ9595+キット4023) F48 ダイレクトルーフレール付き 2015~

メーカー スーリー
金額 ¥41,310
重さ 2.5kg
おすすめ度 ★★

BMW X1に適合したルーフキャリア

SUVタイプのBMW X1に適合したルーフキャリアです。フットとバーが一体化している、スーリー独自の画期的なルーフキャリアであり、見た目がスタイリッシュに見えることで人気です。ルーフキャリアとしては、お値段がかなり高めなのが痛いところです。

第17位 カーメイト ルーフキャリア inno ベーシックステー ドリップタイプ INSDG

メーカー イノー
金額 ¥9,580
重さ 3.98kg
おすすめ度 ★★

カヌーを載せても平気な頑丈さを誇る

デリカスペースギア専用に作られたルーフキャリアですが、一部のSUV車でも適応しています。ハイルーフ・ロールーフのどちらにも対応しているおり、イノーならではの取り付けやすさが人気の秘密です。

第16位 THULE スーリー ベースキャリア TH9594B ウイングバーエッジ ブラック S&M セットTH9594B

メーカー スーリー
金額 ¥34,537
重さ 5.6kg
おすすめ度 ★★

スタイリッシュなデザインで車の外観を損なわないデザインが人気

人気のブラックで、どんな車にも合うので人気のルーフキャリアです。高速走行でも風切り音がしないなど、技術の進歩が感じられるアイテムです。鍵が固すぎるので、女性には取り扱いが難しいところが欠点ですが、1度つけてしまえばOKです。

第15位 TERZO(テルッツオ) ルーフレール用フット ブラック EF11BL

メーカー テルッツォ
金額 ¥6,935
重さ 2.2kg
おすすめ度 ★★★

コストパフォーマンスの高いテルッツォのルーフキャリア

様々な車種に適応しているだけではなく、価格帯も恩恵を感じられるテルッツォのルーフキャリアです。ルーフキャリアを使い慣れている人には、かなり高評価されています。取り付け方が少し複雑なので、初心者には少しハードルが高いかもしれません。

第14位カーメイト ルーフキャリア inno ベーシックステー ルーフレールタイプ INAR

メーカー イノー
金額 ¥7,490
積載量 2.22kg
おすすめ度 ★★★

工具不要で楽々取り付け

専用シリンダー付きなので、工具が不要で取り付けられるルーフキャリアです。慣れるまでは少し苦戦するかもしれませんが、1つ付けて容量を掴めば、かなり早くセッティングが可能です。

第13位 カーメイト ルーフキャリア inno エアロベース ステー フィックスポイント用 XS300

メーカー イノー
金額 ¥16,421
重さ 3.4kg
おすすめ度 ★★★

極限までローダウンし車との一体感を実現

極限までローダウンすることを追求し、車との一体感を実現したルーフキャリアです。まるで純正オプションのようにどの車にも合うので、非常にデザイン性の高い作りになっています。

第12位 THULE スーリー ベースキャリア TH951 レインガーターフットセット 15cm TH951

メーカー スーリー
金額 ¥8,032
重さ 2.7kg
おすすめ度 ★★★

レインガーターに付けるタイプのルーフキャリア

レインガーターがある車なら、おすすめしたいルーフキャリアです。最近では商用車などでしか見かけませんが、旧車に最適でレインガーターに取り付けるので、取り付け金具も特に必要がないので、とにかく取り付けが楽チンです。女性でも10分もあれば取り付けができるでしょう。

第11位 カーメイト ルーフキャリア inno エアロベースステー スル―タイプ スムースルーフレール用 XS250

メーカー イノー
金額 ¥16,421
重さ 3.9kg
おすすめ度 ★★★

適合車種には違和感なく装着できる

トヨタのプリウスやホンダのN-BOXなどの適合車種には、ジャストフィットするルーフキャリアです。デュアル取り付けにも対応しているので、ルーフボックス+サイクルキャリアなど、付けたままで走行できるのも便利なポイントです。

第10位 カーメイト ルーフキャリア inno ベーシックステー ルーフレールタイプ INTR

メーカー イノー
金額 ¥6,290
重さ 1.06kg
おすすめ度 ★★★

取り付け楽チン!少し古い車種にぴったり

スバルの車種のユーザーから高い評価を得ているルーフキャリアです。取り付けの簡易さも高い人気の1つです。

第9位 カーメイト ルーフキャリア inno エアロベースステー スル―タイプ フィックスポイント用 XS350

メーカー イノー
金額 ¥14,951
積載量 3.3kg
おすすめ度 ★★★

デュアル取り付け可能で便利なルーフキャリア

多積載が可能なタイプのルーフキャリアなので、様々な用途にルーフキャリアを活用したい人におすすめのタイプです。キーロックが標準装備されているので、頑丈なところもポイントです。

第8位 カーメイト ルーフキャリア inno エアロベースステー スムースルーフ用 XS201

メーカー イノー
金額 ¥16,393
積載量 3.9kg
おすすめ度 ★★★

人気タイプをより使いやすくした改良版

イノー人気のルーフキャリア「XS200」を、より使いやすい形にマイナーチェンジしたタイプのルーフキャリアです。デザイン性や性能の評判は高かったものの、取り付け方が複雑だった旧モデルの反省点を活かし、より簡単に取り付けられるようになりました。

第7位 THULE スーリー ベースキャリア TH952 レインガーターフットセット 20cm TH952

メーカー スーリー
金額 ¥9,638
重さ 3.51kg
おすすめ度 ★★★

旧車にぴったりのルーフキャリア

13位で紹介したモデルの長いバージョンです。レインガーター自体、最近の車にはありませんが、旧車にはほぼ確実にあるので、旧車愛好家にはおすすめのルーフキャリアです。

 

第6位 THULE スーリー ベースキャリア TH757 ラピッドルーフレールフットセット TH757

メーカー スーリー
金額 ¥15,251
重さ 1.9kg
おすすめ度 ★★★★

最大積載量100kgの容量を誇るルーフキャリア

世界展開してるスーリーで、No,1の売れ筋となっているルーフキャリアです。装着した時のフィット感や、安定感は抜群です。ライニングがラバー製なのも嬉しいポイントでしょう。

第5位 THULE スーリー ベースキャリア ラピッドルーフオンフットセット TH754

メーカー スーリー
金額 ¥15,261
重さ 2.44kg
おすすめ度 ★★★★

国産車から輸入車まで幅広く対応

国産の人気車種はもちろん、輸入車にも幅広く対応しているスーリーのルーフキャリアです。鍵付きのルーフキャリアなので、取り付けも安心して行うことができます。

第4位 THULE スーリー ベースキャリア TH753 ラピッドフィックスポイントローフットセット TH753

メーカー スーリー
金額 ¥12,370
重さ 1.09kg
おすすめ度 ★★★★

トップメーカーの強度が自慢

世界的なルーフキャリアのメーカーであるスーリーだからこそ、安心の強度性を誇ります。事故の衝撃にもしっかりと耐えるほどの強度があるので、強風時にも安心して付けていられるルーフキャリアです。

第3位 TERZO(テルッツオ) ルーフオンフット ブラック EF14BL

メーカー テルッツォ
金額 ¥6,843
重さ 2.7kg
おすすめ度 ★★★★★

頑丈だと評判のルーフキャリア

頑丈さが取り柄であり、重い荷物をよく運ぶ人にはおすすめのルーフキャリアです。取り付けは多少大変かもしれませんが、日本のメーカーの製品だけあり、説明書も丁寧に書かれています。

第2位 カーメイト ルーフキャリア inno ベーシックステー ルーフレールタイプ INFR

メーカー イノー
金額 ¥9,690
重さ 2.38kg
おすすめ度 ★★★★★

とにかく取り付けやすいと評判!

価格も安く、とにかく取り付けやすいと評判のルーフキャリアです。頻繁に脱着しなければならないという人には、とにかくおすすめのアイテムです。バーと合わせても2万円前後で揃うので、お買い得感もあります。

第1位 カーメイト ルーフキャリア inno スクエアーベースステー スムースルーフ用 INSUT

メーカー イノー
金額 ¥9,368
積載量 3.1kg
おすすめ度 ★★★★★

取り付けやすさ・使いやすさ共にNo,1の実績

強度、使いやすさ、取り付けやすさは他を圧倒するタイプのルーフキャリアです。とにかく使いやすさを重視する人には、おすすめのアイテムです。価格もお手頃で、コストパフォーマンスの高いルーフキャリアです。

まとめ

ルーフキャリアの特徴や、メーカーをご紹介しました。ルーフキャリアは目的によって様々なキャリアが揃えられています。大きな車が無いからといって、趣味や、やりたいことを諦めずに、便利なルーフキャリアを活用すると良いでしょう。

ルーフキャリアを初めて購入する時には、車種によって適合しているのかどうかをしっかり調べて購入しましょう。取り付けも簡単なものから難しいものまであるので、初心者は通販での購入よりも、店頭で購入することをおすすめします。

ルーフキャリアを有効利用して、快適なカーライフをお楽しみください。