【玄米のおすすめ人気ランキング15選】ダイエットに病気予防に

テレビや雑誌で、美容や健康に気をつけている人は玄米を食べている、と目にすることが多くありませんか?健康志向のカフェや自然派のレストランなどでも白米ではなく玄米のご飯が使われたメニューが多く置いてあって、気になっている人も多いのではないでしょうか。

玄米にはビタミンやミネラル、食物繊維や、注目成分のGABAなど、白米よりもたくさんの栄養素が豊富に含まれていているため、普段食べているお米を白米から玄米に変えるだけで、簡単に健康的な食事に変えることができます。お店で食べるだけでなく、できれば自宅で手軽に玄米を食べたいと思いませんか?

玄米ごはんの人気が高くなってきている昨今は、お米屋さんだけでなくスーパーマーケットやインターネットショップでも簡単に玄米を手に入れることができるため、たくさんの玄米の中からどれを選んだらいいか迷ってしまうことも多いと思います。

そこで今回は、インターネットで購入可能で、口コミ人気が高い玄米をランキング形式でご紹介したいと思います。自分に合う玄米を選んで、健康的な食事をはじめてみましょう!

そもそも玄米ってどんなお米?

そもそも玄米ってどんなお米?

稲の穂先についている籾を取り、籾の表面についている籾殻だけを取り除いた状態で、精白されていないのお米のことを「玄米」と呼んでいます。ヌカや胚芽がついた状態なので、玄米は見た目が茶色やベージュ色。その玄米から表面のぬかを取り除き、胚芽を取り除くと、真っ白な白米になります。

玄米のヌカ部分と胚芽には、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれており、特にビタミンB1が豊富。さらに、アミノ酸の一種でさまざまな健康効果が期待されている注目の成分ギャバ(GABA)が豊富に含まれていたり、白米にも含まれているたんぱく質や脂質、炭水化物を合わせると、健康を維持するために必要な栄養素がほとんど摂取できるため、玄米はまさに完全栄養食と言えます。

白米に比べると、玄米は浸水時間や炊く時間が長くかかり、やや硬めでぽそぽそとした食感やぬかの風味が苦手、という人もいますが、上手に炊けば、白米のもっちりとした食感とは違った独特のプチプチとした食感が楽しめるため、この食感がクセになる、という人もいます。最近ではすでに炊いた状態で、電子レンジで温めるだけで食べられる玄米ご飯もあり、手軽に食事に採り入れられるようになりました。

なお、玄米に含まれている「フィチン酸」が、身体に必要なカルシウムや鉄、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルを排出してしまい、身体に悪影響を及ぼす、という話もありますが、玄米などの種子類にはフィチン酸ではなく「フィチン」という形で含まれており、有害成分を含むさまざまな栄養成分と安定した状態で結合しているので、他の物質と結合することができないと言われています。そのため、正しい炊き方で、適量を食べる分にはその影響を気にすることはありません。

玄米の種類

玄米の種類

ひとくちに玄米と言っても、玄米は大きく分けて3種類に分類することができます。

玄米

稲から実の部分だけを脱穀して、籾から籾殻を取り除いた状態のお米のことです。ぬかや胚芽がついたままです。

発芽玄米

玄米を少しだけ発芽させた玄米のことです。玄米は、籾を取り除いたあとしばらくは発芽する力を持っていて、たっぷりの水につけて浸水させることで発芽します。玄米を発芽させると、それまで眠っていた酵素が活性化し、発芽するのに必要な栄養を増やしていきます。

そのため、玄米そのままよりも栄養価が高くなるというメリットがあるのです。また、発芽させるためにしっかりと水を吸っているため、硬いヌカ層がやわらかくなっており、白米と同じように炊くことができ、栄養の吸収率も良いと言われています。

また、玄米に含まれているアブシジン酸(発芽抑制因子)と言うファイトケミカル(フィトケミカル)の自己防衛機能が、人間の生命維持に重要な役割を果たしているミトコンドリアを傷つけてしまうという説がありますが、アブシジン酸は発芽抑制因子なので、発芽させてしまえば影響がなくなる、というメリットもあります。

そのままの玄米よりも食べやすく、栄養価が高いのも人気の理由です。

酵素玄米

小豆と塩を入れて炊いた玄米を2~3日間保温し続けると、酵素玄米ができあがります。3日間も玄米を保温し続けたら傷んでしまうようにも思いますが、保温して熟成させることでGABAなどの栄養素が増して、モチモチとして食感も良くなり、玄米の旨味が増す、というメリットがあります。

3日間熟成させて、寝かせてつくることから「寝かせ玄米」や「発酵玄米」とも呼ばれています。市販の酵素玄米ご飯も、人気の高まりとともにアイテム数が増えてきています。

【身体においしい&うれしい】玄米の選び方

玄米の選び方

美容と健康に効果的な玄米食。それでは、どんなポイントに注目して玄米を選んだらいいかチェックしてみましょう。

できる限り無農薬の玄米を選ぼう

もみ殻を外しただけで、精米しないで食べる玄米には、胚芽が残されています。胚芽にはたくさんの栄養素が含まれていますが、それと同時に農薬や化学肥料を溜め込みやすい場所でもあります。そのため、精米して胚芽やヌカ部分を取り除いて食べる白米よりも農薬や化学肥料の影響を受けやすく、心配な人も多いと思います。

そのため、できる限り「無農薬」や「無化学肥料」で育てられた玄米を選んでおくと、安心して玄米食を味わうことができます。有機肥料を使っていたり、残留農薬の検査を受けるなど、農法にこだわって作られている玄米だと安心ですね。

お米の流通は複雑でむずかしく、完全な無農薬玄米を探すことはなかなか難しいですが、土壌や肥料にこだわっている農家さんから直接購入したり、無農薬玄米のみを取り扱っているお店から購入すると、安心安全な玄米に出会うことができると思います。

自然乾燥の玄米がベター

玄米を精製するには、お米を乾燥させる必要があり、この乾燥方法も重要なチェックポイントです。乾燥の仕方によって玄米の成分が大きく変わってきますので、乾燥方法にも注目しましょう。

一般的にはお米用乾燥機を使って、バーナーの高温で一気に、短時間で乾燥させている玄米が多いですが、玄米本来のおいしさと栄養素をそのまま摂りたいと考えているなら、自然乾燥や低温乾燥でつくられた玄米を選ぶのが正解です。

熱風で一気に乾燥した玄米は、水につけても発芽する力を失っており、おいしさも落ちてしまっています。自然乾燥したお米はつくるのに時間がかかりますが、玄米本来のおいしさや栄養がそのまま詰まっており、発芽する力もしっかり生きています。

自然乾燥、または低温乾燥でつくられた玄米を選んでおくと、自分でも発芽玄米をつくることができ、おいしくて健康効果も期待できますよ。

もみ殻や小石がていねいに取り除かれていると便利

玄米によっては、もみ殻や小石などがたくさん混ざっているものがあります。少量なら洗米する際に取り除けばいいのですが、不純物が多いと意外と面倒な作業です。一度購入してみないと判断できない部分ではありますが、もみ殻や小石がていねいに取り除かれている玄米は、生産者さんのこだわりも感じられ、安心して食べることができますね。

銘柄や産地にこだわる

銘柄米の玄米もたくさんあります。コシヒカリやあきたこまち、ミルキークイーン、つや姫、ななつぼしなどの人気銘柄米の玄米もおいしいものが多いですよ。産地によってもお米の味が変わってきますので、農法とともに玄米の銘柄や産地も確認してみましょう。

【銘柄米】玄米のおすすめ人気ランキング5選

それではここから、選び方のポイントを踏まえた通販で購入可能なおすすめの玄米を、玄米、発芽玄米、酵素玄米に分けてランキング形式でご紹介します。まずは本来の味わいを楽しむことができる玄米からランキングをチェックしてみましょう。

5位:ホクレン Happy Belly ななつぼし

Happy Belly ななつぼし

銘柄 ななつぼし
産地 北海道産
農薬 農薬節減
内容量 5kg

農薬使用回数を5割以下にした農薬節減米

ホクレン Happy Belly ななつぼし

北海道の人気の品種「ななつぼし」の玄米です。ツヤと粘り、甘味のバランスが良く、お弁当などにもぴったりの銘柄米。しっかりと長時間浸水して炊くとやわらかく炊けて、冷めてもおいしいのが人気のポイントです。

栽培地域で従来から慣行的に行われている化学合成農薬の使用回数を5割以下に削減して生産された農薬節減米で、まったくの無農薬ではありませんが、試しに玄米を食べてみたい、という人が購入しやすい価格の玄米です。

4位:木村米穀店 ななつぼし

木村米穀店 ななつぼし

銘柄 ななつぼし
産地 北海道産
農薬 残留農薬検査済み
内容量 5kg

偽装米の混入防止のためのDNA検査済み

日本穀物検定協会の食味ランキングで特A常連の「ななつぼし」の玄米です。厳しい品質基準をクリアした安心安全な原料玄米のみを使用してつくられており、偽装米の混入を予防するDNA検査を受けていて安心ですね。もちろん残留農薬検査済み。

ななつぼしは、粘りがあって甘みがあり、冷めてもおいしいお米です。ややもみ殻が入っている、という口コミもありますが、もっちりとしてバランスのいい味わいの玄米です。

3位:弁次郎商店 ミルキークイーン

弁次郎商店 ミルキークイーン

銘柄 ミルキークイーン
産地 長野県東御産
農薬 残留農薬検査済み
内容量 5kg

放射線不検出&残留農薬不検出

弁次郎商店 ミルキークイーン

東御産湯ノ丸高原下で栽培されている「ミルキークイーン」の玄米です。残留農薬や放射線の検査などすべて不検出で、どの田んぼから採れたかもわかるように、トレーサビリティの確保も徹底しているというこだわった作り方をされています。

低アミロース米のミルキークイーンは、粘りが強くしっとりとした舌触りが特徴で、こだわって作られているにもかかわらずお手頃な価格も人気の理由。味や安全性とともに、目を引くパッケージも◎ですね。

2位:信州ファーム荻原 特別栽培米 こしひかり

信州ファーム荻原 特別栽培米 こしひかり

銘柄 コシヒカリ
産地 長野県産
農薬 残留農薬検査済み
内容量 5kg

栽培期間中農薬不使用

信州ファーム荻原 特別栽培米 こしひかり

農薬・化学肥料を一切使用していない特別栽培の「こしひかり」の玄米です。残留農薬検査済みで不検出。栽培期間中は除草剤も使用せず、長野県の自然の中で育てられた、香りと甘み、粘りのバランスがいいこしひかりです。

水に漬けておくと自然に発芽するため、自分で発芽させて発芽玄米にして食べる、という口コミも多くあり、身体にも良く、味もおいしい玄米を探している人におすすめのアイテムです。

1位:アイリスオーヤマ あきたこまち

アイリスオーヤマ あきたこまち

銘柄 あきたこまち
産地 秋田県産
農薬
内容量 5kg

Amazonベストセラー1位の玄米

アイリスオーヤマ あきたこまち

農林水産大臣登録の検査機関が行う米殻検査で最高品質の一等米を100%使用した「あきたこまち」の玄米です。モチモチとした粘りと食感で、バランスの良い味わいが楽しめます。玄米そのままで食べるのはもちろん、5分づきや7分づき、精白米など、自分好みの加減に精米したり、水に漬けて発芽玄米にして食べるのも人気ですよ。

冷めてもおいしく食べられ、おにぎりやお弁当にもぴったり。Amazonの玄米ランキングでベストセラー1位常連のアイテムで、リピーターも多い大人気の玄米です。

【発芽玄米】玄米のおすすめ人気ランキング5選

次に発芽玄米をランキング形式でご紹介します。発芽玄米は自分でもつくれますが、あらかじめ発芽させてから売られているので、発芽玄米食をはじめたいと思ったときにすぐスタートすることができて便利ですよ。

5位:こばやし農園 発芽玄米コシヒカリ

こばやし農園 発芽玄米コシヒカリ

銘柄 コシヒカリ
産地 新潟県産
農薬 減農薬
内容量 1kg

減農薬&減化学肥料栽培米

こばやし農園 発芽玄米コシヒカリ

一般的な栽培方法に比べて、農薬使用を約7割減、化学肥料の使用を半分以下に抑えて栽培された「コシヒカリ」の発芽玄米です。米糠や菜種粕、魚粕など、7種類の良質な有機質肥料を主肥料に使い、深い味わいに仕上がっているとのこと。

まったくの無農薬ではありませんが、類残留農薬検査で3成分について不検出なので、安心して食べられると思います。1kg入りなので、発芽玄米をはじめて食べる、という人におすすめです。

4位:大潟村あきたこまち生産者協会 あきたこまち発芽玄米 無洗米

大潟村あきたこまち生産者協会 あきたこまち発芽玄米 無洗米

銘柄 あきたこまち
産地 秋田県産
農薬 残留農薬検査済み
内容量 900g

無洗米タイプの発芽玄米

秋田県産の「あきたこまち」を100%使用している発芽玄米です。発芽玄米に鉄分を添加している栄養機能食品(鉄分)なので、鉄分不足に悩んでいる人に人気です。また、無洗米タイプだから、サッと流すだけで研ぐ必要がなく、家事や育児、仕事で忙しい人にもぴったり。

白米と同じように炊飯器で炊いてもやわらかくもっちりと炊けるので、子どもからお年寄りまでおいしく食べることができますよ。

3位:神明 ファンケル 発芽米ごはん

神明 ファンケル 発芽米ごはん

銘柄 うるち米
産地 国内産
農薬
内容量 160g×24個

レトルトタイプの発芽玄米

研ぐ必要も炊く必要もない、レトルトパックの発芽玄米です。ファンケルの発芽米を100%使用しており、美味しさと食べやすさは折り紙付き。炊飯には富山のアルプスの天然水を使用していて、もっちりとした食感が楽しめます。

クリーン蒸気を利用して、水と原料米に「短時間高温殺菌」を行ってから炊いているため、酸味料を使用せず、無添加にすることができました。玄米を炊く時間がなく、すぐに発芽玄米を食べたい、という人や、いざと言うときのためのストック用にも便利なアイテムです。

2位:ファンケル 発芽米

ファンケル 発芽米

銘柄 うるち米
産地 国内産
農薬
内容量 2kg×4袋

発芽玄米の人気の火付け役

今の発芽玄米の人気の火付け役のひとつとなったアイテムです。「ふっくら白米仕立て」のこちらは、玄米の表面についているぬかを半分削って五分づきにしているため、白米のような白くツヤのある、ふっくらとした炊き上がりになる、と人気が高いです。

発芽米だけで食べるのはもちろんですが、食べにくいと感じる人は、白米に混ぜるとさらに食べやすくなります。玄米食を挫折した経験がある人も、これなら食べられる、という口コミが多く、ファンが多い定番アイテムです。

1位:大潟村あきたこまち生産者協会 特別栽培米使用 大潟村あきたこまち 発芽玄米 無洗米

大潟村あきたこまち生産者協会 特別栽培米使用 大潟村あきたこまち 発芽玄米 無洗米

銘柄 あきたこまち
産地 秋田県大潟村産
農薬 残留農薬検査済み
内容量 1kg

無洗米タイプだから手軽

秋田県の認証制度に合格した、無洗米タイプの発芽玄米です。特別栽培米は、堆肥などの有機質肥料によって土作りが行われている場所で、化学肥料や農薬の使用量が平均の半分以下に抑えられた状態でつくられたお米に対して認証されます。

こちらは米ぬか発酵肥料を使用して育てられており、まったくの無農薬栽培ではありませんが、収穫後は残留農薬や重金属などの検査を行い、自社サイトで結果を開示しているのも安心ですね。さらに吸水性が良く、炊飯器で白米と同じように簡単に炊くことができるのも人気のポイントです。

【酵素玄米】玄米のおすすめ人気ランキング5選

最後に、おすすめの酵素玄米をランキング形式でご紹介します。レトルトパックタイプや冷凍タイプもたくさんあるので、レンジや湯せんで温めればすぐに食べることができ、玄米を炊いている時間が取れない忙しい人にもぴったりですよ。

5位:運呑春日 発芽酵素玄米ごはん 冷凍

運呑春日 発芽酵素玄米ごはん 冷凍

銘柄 ひとめぼれ
産地 大分県玖珠郡産
農薬 低農薬
内容量 125g×15個

冷凍タイプの酵素玄米

運呑春日 発芽酵素玄米ごはん 冷凍

残留農薬ゼロの大分県産発芽玄米と、北海道産の小豆、大分県産の塩を使ってつくられた酵素玄米です。すでに炊かれた状態で冷凍パックになっているので、レンジや湯せんで温めるだけですぐに食べられるのがうれしいですね。

大分県の大自然で、低農薬で大切に育てられた玄米を使った酵素玄米。まだ酵素玄米を食べたことがなく、試してみたい、という人におすすめのアイテムです。

4位:和日庵 酵素玄米 一週間セット

和日庵 酵素玄米 一週間セット

銘柄 冬期湛水不耕起栽培米
産地 千葉県産
農薬 完全無農薬栽培
内容量 90g×7個

酵素玄米のおにぎり

和日庵 酵素玄米 一週間セット

農薬、化学肥料は一切使用しない健全な田んぼで作られた千葉県産の玄米と、北海道十勝地方「平譯農園」の小豆、くん液ミネラル塩でつくられた酵素玄米です。急速冷凍し、真空パックになっているので、添加物や保存料は一切不使用。安心して食べることができる、との口コミが多くあります。

おむすび型に握られた状態で1食分がパックになっており、湯せんやレンジで温めて食べることができる手軽さがうれしいですね。

3位:はつが なでしこ健康生活 玄米酵素ごはんセットB

はつが なでしこ健康生活 玄米酵素ごはんセットB

銘柄 コシヒカリ
産地 福井県産
農薬 残留農薬検査済み
内容量 玄米5kg・玄米酵素ブレンド500g・佐渡のみしお深海塩50g

酵素玄米が自宅で手軽に作れるキット

はつが なでしこ健康生活 玄米酵素ごはんセットB

自然農法で育てられた福井県産の玄米と、国内産100%の小豆や黒豆などを7種類ブレンドした雑穀、佐渡の深海塩がセットになった、自分で手軽に酵素玄米をつくることができるキットです。虫や小動物、微生物が生息しやすい健全な田んぼで育ち、自然乾燥でつくられた玄米なので、安心して食べることができますね。

洗った玄米に雑穀ブレンドと塩を混ぜ、水をしっかり浸水させて発芽させてから炊き、炊き上がったら1日1回ほどかき混ぜ、3日ほど保温すればできあがり。自分で酵素玄米を作ってみたいけど、別々に材料を用意するのが面倒、という人にぴったりです。

2位:グローリー・インターナショナル 酵素玄米 黒テンペ粥

グローリー・インターナショナル 酵素玄米 黒テンペ粥

銘柄 ひのひかり
産地 香川県丸亀市産
農薬 無農薬栽培
内容量 250g×12個

消化が良く栄養価も高い酵素玄米粥

グローリー・インターナショナル 酵素玄米 黒テンペ粥

酵素肥料を使った酵素農法で育てられた、ミネラルやビタミンが豊富な玄米と古代黒米を使っている酵素玄米のおかゆです。ミネラルを多く含む水と、ベテラン職人が丁寧に作った竹焼き塩を使っており、お米の甘みと旨味をそのまま味わうことができます。

さらに北海道十勝の契約栽培農家さんが丹精込めて育てた黒大豆や、ミネラルをバランス良く含んだ巴馬火麻の実も入っていて、ファスティングをしている人にも人気の高いアイテム。レトルトパックなので、健康維持もダイエットもおいしく続けたい人に便利ですよ。

1位:結わえる 寝かせ玄米ごはん 小豆ブレンド

結わえる 寝かせ玄米ごはん 小豆ブレンド

銘柄 コシヒカリ・あきたこまち・ミルキークイーンのブレンド米
産地 茨城県稲敷市産
農薬 化学肥料不使用・除草剤1回
内容量 180g×12個

もっちもちでおいしい寝かせ玄米

結わえる 寝かせ玄米ごはん 小豆ブレンド

茨城県産の厳選した農家直送のブレンド米と、北海道十勝産小豆を自社工場で職人さんがていねいに炊き上げて、レトルトパックにした寝かせ玄米です。1パック180g入りと多めに入っている理由は、ほかにおかずを用意しなくても、寝かせ玄米だけで十分な栄養が摂れるから。

レトルトパックをあたためて、具だくさんのお味噌汁を用意する「一汁一菜」だけでバランスの良い食事を摂ることができるため、手軽に健康食を続けられるのが人気の理由です。長期間保存も可能なので、ストック食材としても便利な逸品ですよ。

玄米の基本的な炊き方

玄米の基本的な炊き方

玄米は、ちょっとしたコツさえつかめば炊飯器でも上手に炊くことができます。

洗米はさっとでOK

玄米は、白米のように研ぐ必要はありません。お米のまわりについているホコリを流す程度でいいので、さっと2~3回水を変えて洗い流しましょう。

浸水はしっかりと

玄米は白米よりも水を吸わせるのに時間がかかります。そのため、白米よりも長く水に漬けておきましょう。最低でも6時間、やわらかめが好みの場合は8時間程度浸水してから炊きはじめるといいですね。特に冬場は長めに浸けておきましょう。水に浸ければつけるほど芯からやわらかく炊き上がりますよ。

水加減は炊飯器に合わせて

炊飯器に「玄米モード」がある場合は、炊飯器の使い方に合わせて炊飯します。玄米モードがない炊飯器を使う場合は、玄米の量の1.5~2倍の水を入れて炊きましょう。玄米1合に対して水は300cc~340cc程度が目安です。

炊飯器やお米の種類によっても炊き具合が変わってきますので、何度か試してみて好みの炊き上がりを探してみてくださいね。

塩を加えると味わいUP

米1合に対して1g程度塩を入れると、ヌカや胚芽の臭み、アクが取れます。水の吸収も良くなるので、ふっくらと炊けますよ。わずかに塩味が残るので、玄米がより美味しく炊き上がります。

ゆっくり蒸らす

玄米が炊き上がったら、炊飯器のフタを開けずにそのまま蒸らします。最低でも15分は蒸らしてください。お釜の中に充満している蒸気が玄米に含まれて、ふっくらと炊けますよ。

多めに炊くと失敗が少ない

玄米を炊飯器で炊く場合、炊く量が少ないと失敗しやすいと言われています。炊飯器を使う場合は、最大炊飯量の半量を目安に炊くと失敗が少ないですよ。玄米は炊くのに時間がかかりますので、ある程度まとめて炊くのがおすすめです。

残りは小分けしてラップで包み、温かいうちに冷凍しておけばOK。食べるときに電子レンジで温めれば、炊き立てのおいしい状態に戻すことができます。

まとめ

いかがでしたか?気になる玄米は見つかりましたか?玄米はヌカの匂いがあって、ぼそぼそとした食感が食べにくく、消化が悪い、というイメージを持っている人も多いですが、長時間しっかり浸水させて正しく炊けば、胃腸が弱い人もおいしく食べることができますよ。

ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富で、しっかり噛んで食べることから満腹感が得られやすく、ダイエットや糖質制限、療養食にもぴったり。今回ご紹介したアイテムを参考にして、いつもの白米から玄米食にチェンジしてみませんか?