アスタリフトホワイトの美白効果がすごすぎる!口コミの真相を実際に体験してみました

松田聖子さんのCMでも話題になったアンチエイジング化粧品「アスタリフト」が美白に有効な成分を兼ね備えて生まれ変わりました。

アスタキサンチン配合だけでなく、富士フイルムだからできる高い技術によって進化をした「アスタリフトホワイト」。

美白もアンチエイジングも、女性にとっては必ず考える深刻な問題です。アスタリフトホワイトはその救世主となるのか、じっくり5日間使った感想と成分解析から真実を突き止めます。

アスタリフトホワイトとアスタリフトの違いはどこにあるの?


アスタリフトは年齢と共に減少するコラーゲンによる「たるみ」「ハリと弾力」を取り戻してくれるアンチエイジングに対して画期的な化粧品として多くの女性を虜にしました。

アスタリフトホワイトは、これに「透明感」をプラスしたもので、アスタリフトがバージョンアップした商品に見えます。

しかし具体的な違いが分からないとどちらを使うべきなのか迷ってしまうので、まずはアスタリフトホワイトが従来のアスタリフトに比べてどこがパワーアップしたのかを見ていきましょう。

アスタリフトホワイトを開発した富士フィルムについて"] カメラのフイルムを作っているイメージ強いですが、医療機関の精密機械などの研究制作を手掛けていて、内視鏡やDNA解析装置などさまざまな開発を行っています。

フィルムに生かした技術を健康や美容に生かすために80年以上もの間研究を重ねた結果、アスタリフトの発明に繋がったとされています。

アスタリフトホワイトの特徴

アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイトの特徴"]
  • ナノAMA+
  • メラニンを休眠させるアルブチン
  • シミの骨まで届くナノオリザノール配合

化粧水・美容液・乳液すべてが、医薬部外品となっていることからわかるように「美白効果が認められている」化粧品です。

アルブチン・ビタミンC誘導体は、シミやそばかすに高い効果が認められている成分。

アスタリフトホワイトに含まれている「AMA」は、「センテラアジアチカ」という植物に含まれる「アジア酸」「マデカッソ酸」「アジアチコシド」いう抗酸化力の高い成分で、こちらを世界最小クラスまでナノ化したのがナノAMA+です。

ナノAMA+成分が画期的なところは、シミの原因となるメラニンを抑制する効果が約2倍であること。

今までのAMAは肌の奥まで浸透させることが難しく、思うような美白効果を発揮することができませんでした。

しかしナノ化したことによって、深いところに出来てしまったシミにも高い効果を発揮することができるのです。

シミの元となるメラニンは、メラノソームという袋の中でつくられ、蓄積されるとシミとなって浮きでます。メラノソームの中では、メラニンががっちり組んでしまい骨組みを構成し根付いてしまいます。

この頑固なシミの元凶であるメラノソームに働きかけるのが、オリザノールという成分でナノAMAの10倍のパワーを持ち、シミの骨に働きかけ改善します。

ところがオリザノールは水にも油にも馴染みにくい成分で、化粧品に配合しても浸透性が悪いのがデメリットでした。

アスタリフトホワイトでは、このオリザノールをナノ化し浸透性を高めていますので、肌の奥まで浸透します。

アスタリフトの特徴

アスタリフト

アスタリフトの特徴"]
  • アスタキサンチンとナノリコピンの相乗効果が期待できる
  • 人型セラミド配合

アスタキサンチン・ナノリコピン共に、抗酸化作用のある成分であることがわかっています。特にリコピンをナノ化することによって、浸透性を高めて肌の透明感をアップします。

また保水力の高いセラミドの中でも、高保湿の人型セラミドを配合し水分を閉じ込めて離さないのも大きな特徴の一つ。

アスタリフトは乾燥肌・年齢肌に非常に効果のある成分が多く、しわやたるみの改善を望んでいる女性に向いている化粧品です。

成分の配合量や働きかけが違う


女性であればアンチエイジング対策は必須ですし、「保湿」をしっかり行うことが基本です。アスタキサンチン・ナノリコピン・人型セラミド配合したアスタリフトはそんな女性にぴったりのシリーズ。

アスタリフトホワイトには、アスタキサンチンやコラーゲン、ナノAMAという美白効果の高い成分がプラスされています。

冬には使いにくいと言われている「浸透性の弱さ」「さっぱりしすぎる保湿力に低さ」をアスタリフトホワイトはしっかりカバー。美白を中心としつつ、ハリと弾力にも働きかけます。

美容液を比較してみると、コラーゲンは同等に配合されていてもアスタキサンチンの配合量はアスタリフトが多く、アスタリフトホワイトにしか配合されていない成分もあります。

美白とアンチエイジングケアでは、発揮する成分が異なりますがジェリー状先行美容液をプラスすることで、もっちりした艶肌と透明感のある美肌を手にいれることができます。

潤いを重視したい方に向いているのはアスタリフトですが、日焼けによってシミがひどくなった・透明感がなくなってきた・くすみが気になる方は迷わずアスタリフトホワイトを選びましょう。

同じシリーズだからできるミックス使い


アスタリフトシリーズの中でも、特に口コミ評価が高いのは化粧水とエッセンスである美容液です。

ジェリー状先行美容液はアスタリフト、美白化粧水・美白美容液でスキンケアを完了させる人も多く「季節や肌に合わせて組み替えられる」のもアスタリフトシリーズの魅力です。

肌は季節や年齢で変化が激しいもの、美白も・保湿も手に入れたい方はアスタリフトホワイトのライン使いに、ジェリー アクアリスタ(ジェリー状先行美容液)をプラスして求める肌を手に入れましょう。

アスタリフトホワイトは一体どんな化粧品なの!?気になるその特徴をチェック


エイジングケアのイメージが強いアスタリフトですが、アスタリフトホワイトは肌のハリと美白を同時に叶えてくれるという贅沢な化粧品です。

アスタリフトホワイトの特徴1:独自の赤の成分で美しくそして透明感のある美白へ


アスタリフトは赤い化粧品としても有名ですが、それは全てにアスタキサンチン液が含まれているからです。

アスタキサンチンは、鮭や海老、カニなどの赤い色素を持っている海産物や、ニンジンやトマトなどの赤の野菜に含まれており強い抗酸化作用があることが分かっています。

この独自の技術とナノAMA、美白有効成分アルブチンとビタミンC誘導体が一体となって肌に浸透し、真皮の奥からメラニンを抑制。

肌のターンオーバーを正常化することによって、美白と肌のハリが同時に叶えられるのです。

アスタリフトホワイトの特徴2:オールシーズン美白できる、しっとりした使い心地


美白はとにかく根気が必要ですから、本気で肌の透明感アップを目指している・紫外線ダメージをケアしたいのであれば一年中美白ケアをする必要があります。

美白化粧品は、保湿ケア化粧品のようにしっとりしたものは少なく「さっぱり」した使い心地のものが多いので、美容液だけを美白にしたり紫外線のダメージが気になる夏だけ美白化粧品を使っている人も多いでしょう。

アスタリフトホワイトは、アスタリフトの保湿力と美白ケアが同時にできる化粧品でしっとりした使い心地。

「美白化粧品は、さっぱりして使いにくい」とクリーム系だけを使っている人も、化粧水・美容液・クリームとすべてのラインを試したくなります。

アスタリフトホワイトの特徴3:レフィルを簡単装着!衛生的でコスパもいい

洗顔石鹸やシャンプーではレフィル(詰め替え)があります。アスタリフトホワイトにもレフィルがありますが、本体に詰め替えるのではなく付け替えるので衛生面でも安心です。

公式サイトでは、自分の好きなペースで購入できる定期購入制度があります。それを利用すれば、レフィル価格に定期購入割引だありますのでお得に継続することもできます。

アスタリフトホワイトの特徴的な成分をピックアップ!成分からみた期待できる効果は?

アスタリフトホワイトローション

アスタリフトホワイトローション

アスタリフトホワイトローションの全成分

アルブチン、グリチルリチン酸ジカリウム、コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、アスタキサンチン、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、ヒアルロン酸Na-2、海藻エキス、リン酸L-アスコルビルマグネシウム、天然ビタミンE、大豆リン脂質、濃グリセリン、DPG、POEメチルグルコシド、BG 、PEG-1540、エタノール、POE水添ヒマシ油、グリセリンエチルヘキシルエーテル、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン、フェノキシエタノール、香料、pH調整剤

アスタリフトホワイトの特徴的な成分1:潤いと弾力を与えるコラーゲントリペプチド

水溶性コラーゲンは、アスタリフトホワイトにも含まれていますが、粒子が大きいためにそのままでは、皮膚から浸透しにくくなっています。

そこで3つのアミノ酸から構成されたコラーゲントリペプチドは、浸透性が高く素早く角質層に浸透し表皮もしっかりと潤いで満たしてくれます。

アスタリフトホワイトの特徴的な成分2:赤の力・アスタキサンチン

細胞膜の過酸化抑制効果があることから、アンチエイジングに欠かせない成分になったのがアスタキサンチン。

抗酸化物質のある成分はたくさんありますが、ここまで強力な抗酸化力を持っている成分は他になくアスタリフトホワイトの核に当たる成分ともいえます。

天然の赤い色素、アスタキサンチンはサケやエビ、カニなどの海洋生物に多く含まれるカロテノイドの一種です。

同じ赤のリコピンやカテロイドよりも、高い抗酸化作用があることからアンチエイジングや美白成分として注目されています。

アスタキサンチンのパワーは、抗酸化作用だけでなく、疲労回復・抗炎症。免疫力アップなどもあり美容だけでなく健康効果も期待できるものとして色んな製品に使われています。

紫外線から肌を守り美白をサポート・コラーゲンの減少を予防し肌の弾力をキープ・そして保水力アップの、3つの力をこのアスタキサンチンが担います。

このアスタキサンチンは化粧水・美容液・乳液すべてに配合されていますので、肌に潤いを与えるだけでなくキープする力もしっかり発揮してくれます。

アスタリフトホワイトの特徴的な成分3:コラーゲンから抽出したN-アセチル-L-ヒドロキシプロリン

ヒドロキシプロリンはコラーゲンの中にしか含まれていないアミノ酸。アセチル化処理したものが、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリンとなります。

コラーゲンの合成促進や皮膚細胞の働きを高めると同時に、肌への浸透吸収・保湿効果が高くなるのです。

アスタリフトホワイトの特徴的な成4:富士フイルム独自の成分!ナノAMA(ナノツボクサエキス)

富士フィルム独自技術でつくられた成分で、美白効果が期待できます。

ナノAMAのナノは「ナノツボクサエキス」の頭を取った名前で「アジア酸、マデカッソ酸、アジアチコシド」の3つの高い抗酸化作用で肌の透明感をアップします。

この成分を肌に浸透しやすいようにナノ化したことで、メラニン生成を抑制していきます。

それだけでなく、アルブチンやリン酸L-アスコルビルマグネシウムと共同して効果を倍増していきますので、より透明感が高くなります。

アスタリフトホワイト美容液

アスタリフトホワイト美容液

アスタリフトホワイト美容液の全成分

リン酸L-アスコルビルマグネシウム、グリチルリチン酸ジカリウム、コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、アスタキサンチン、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、水溶性ツボクサエキス、酵母エキス、天然ビタミンE、大豆リン脂質、BG、濃グリセリン、ペンチレングリコール、アルカリゲネス産生多糖体、ベタイン、ジグリセリン、DPG、ピロ亜硫酸Na、エタノール、POE水添ヒマシ油、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料、粘度調整剤、pH調整剤

化粧水に配合されている成分は、この美容液にもしっかり含まれていますが「美容液だけに加えられている成分」もいくつかありますので紹介しましょう。

アスタリフトホワイト美容液の特徴的な成分1:最も重要な若返りのハーブ「水溶性ツボクサエキス」

化粧水に含まれているのは「ツボクサエキス」のみですが、美容液にはこのツボクサエキスに加えて「水溶性ツボクサエキス」を配合しています。

古くから薬用の植物として、火傷などの治療に用いられてきました。コラーゲンの生成を促し、肌の柔軟性をアップ・しわやたるみを防いでくれます。また皮膚の修復機能がありますので、毛穴の開きにも効果を発揮します。

美容液は、化粧水のみずみずしさに加えてとろみがありますので、水溶性ツボクサエキスを加えることでより肌に浸透しやすくしているのです。

アスタリフトホワイト美容液の特徴的な成分2:保水効果が高い!酵母エキス

酵母エキスと聞くと、食品に含まれる旨味成分を思い浮かべますが、化粧品に配合されるものは美肌に効果を発揮します。

特に保水力が高く、肌本来が持つ天然保湿因子NMFと構造が似ていることから、肌に与えることで水分をキープし肌に潤いを与えます。

馴染みやすい性質を持っていますので、水分の蒸発を防いで皮脂コントロールをするのも特徴です。

肌の角質細胞に水分を与えて潤いのある肌にしてくれますから、加齢によって減少する潤いをカバーするだけでなく、肌細胞の新陳代謝をサポートしまうのでアンチエイジング効果も抜群です。

アスタリフトホワイト乳液

アスタリフトホワイト乳液

アスタリフトホワイト乳液の全成分

アルブチン、グリチルリチン酸ジカリウム、コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、アスタキサンチン、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、ヒアルロン酸Na-2、アンズ果汁、スクワラン、天然ビタミンE、大豆リン脂質、ペンチレングリコール、DPG、濃グリセリン、PEG6000、ベタイン、BG、シア脂、サラシミツロウ、ベヘニルアルコール、親油型ステアリン酸グリセリル、イソステアリン酸POEグリセリル、ジメチコン高重合ジメチコン-1、シクロペンタシロキサン、アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80、エタノール、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン、フェノキシエタノール、香料、粘度調整剤、pH調整剤

アスタリフトホワイト乳液の特徴的な成分1:シア脂

シアバターの名前で有名なシア脂は、水分を閉じ込めてキープする力があります。また抗炎症・抗酸化作用もあるので、リップクリームやボディクリームにも配合されます。

刺激がなく、敏感肌でも安心して使えるほか、アンチエイジング・美肌・美白を求めながら「保湿力」を求める女性には嬉しい成分です。

アスタリフトホワイト乳液の特徴的な成分2:サラシミツロウ

蜜ろうはミツバチの巣からつくられた成分で、シアバターと同じ保水・保湿効果があります。軟膏の基材にも使われる成分で、安全性もたかく肌をなめらかにしてくれます。

アスタリフトホワイトの強み"] 化粧水・美容液・乳液すべてに、アスタキサンチンを配合しているだけでなく、保湿・美白効果のある成分がしっかり含まれています。

「美白化粧品は保湿効果が弱い」デメリットに対して十分な成分を配合しており、肌の基礎は保湿ですから美白するにあたっても忘れてはいけない要素です。

これをしっかりカバーしたのがアスタリフトホワイトであり、今までの美白化粧品との違いです。

アスタリフトホワイト パーフェクトuvクリアソリューション

パーフェクトuvクリアソリューション

アスタリフトホワイト パーフェクトuvクリアソリューションの全成分表示

水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、酸化チタン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、エタノール、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、BG、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、水酸化Al、イソステアリン酸、セスキオレイン酸ソルビタン、グリセリン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、アセチルヒドロキシプロリン、(アクリル酸ブチル/ジメタクリル酸グリコール)クロスポリマー、トコフェロール、ヘマトコッカスプルビアリス油、グリチルリチン酸2K、クエン酸Na、ツボクサエキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ペンチレングリコール、(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー、ヒドロキシアパタイト、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、(メタクリル酸メチル/ジメタクリル酸グリコール)クロスポリマー、ステアロイルグルタミン酸2Na、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、カルボマー、オレイン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸スクロース、DNA、レシチン、ダマスクバラ花油、シリカ、マイカ、酸化鉄、硫酸Mg、香料、フェノキシエタノール

アスタリフトホワイトは肌の土台作りから、美白効果を与えながら透明感ある肌をキープする成分がつまっています。

そのシリーズの中でも「守るケア」をしてくれる、パーフェクトuvクリアソリューションは紫外線から肌を守る役目があります。

基礎化粧品と違い、単独でも高い効果を発揮することで「アスタリフトホワイト パーフェクトuvクリアソリューションだけは使っている」女性も多いようです。

アスタリフトホワイト パーフェクトuvクリアソリューションの特徴

[POINT]
  • D-UVガード
  • UVアクションカプセル配合
  • ライトアナライジングパウダー配合
  • リフレッシュテクスチャーで馴染みやすい
  • ライトアナライジングパウダー配合

近年は冬でも急に日差しが強くなったりするので、uvケアをしっかりしなけでば美白化粧品を使っていても新しいシミ予備軍を作ってしまうからです。

そんな時に使いたいのが、パーフェクトuvクリアソリューション。これが1本あれば、下地も日焼け止めも必要ありません。

非常にやわらかいクリームで伸びもよく、日焼け止めにありがちな「白浮き」もまったくありません。そしてつけるだけで透明感がアップ、肌の奥までやってくる憎き紫外線をシャットアウトするんです!

アスタリフトホワイト パーフェクトuvクリアソリューションの特徴的な成分

[POINT]
  • アスタキサンチン
  • ナノAMA
  • 3種のコラーゲン
  • シトラスエキス