スロージューサーならコレ!スロージューサーおすすめ10選!

健康やダイエットのために、フレッシュな材料を使ってグリーンスムージーなどの野菜ジュースやフレッシュジュースを飲む人が増加中です。従来のジューサーでも十分美味しいジュースが作れますが、今話題のスロージューサーも多く販売されるようになってきました。
シャープや東芝などの国産メーカーの他に、クビンス・ヒューロムなど、様々なメーカーの商品があります。そこでここでは、選び方や機能や価格などを比較し、おすすめのスロージューサーTOP10をご紹介します。

【健康に!ダイエットに!】スロージューサーって一体どんなもの?

スロージューサー
スロージューサー、名前はよく聞きますが、具体的にはどのようなものでしょうか?スロージューサーで絞ったジュースを飲んでダイエットや健康に効果があり、腸にも肌も良くなったといわれています。その理由について調べてみました。

スクリューの回転がゆっくり低速(スロー)だから栄養素を破壊しない

従来のジューサーは刃が1分間に8,000回転以上の高速で材料を切り刻んでしまいますので、摩擦熱も生じて栄養だけでなく酵素も壊されてしまいます。それに比べ、スロージューサーの原理は、スクリューが1分間のうちに40~60回ほどの低速で回転して、材料を圧しつぶすようにしてジュースとして絞り出します。
これによって、材料の栄養素をなるべく壊さずに摂取することができます。また、絞られるジュースの量も多く、素材そのものの濃厚で滑らかな味わいの100%ジュースを作ることができます。

【栄養価がぐんとアップ!】スロージューサーのメリット

回転速度が遅いので、栄養素の破壊も抑えられ、なおかつ空気の攪拌も少ないために、素材の酸化が抑えられます。そのために素材本来の甘みを味わうことができます。また、モーター音も従来のジューサーに比べて静かになっています。

【苦手な食材あり】スロージューサーのデメリット

スロージューサーは、通常のジューサーやミキサーに比べて、大きさがあり価格が高いものがほとんどです。また、パーツが多いために、日ごろのお手入れが面倒だという意見もあります。最新の製品には、なるべくお手入れのしやすい点を意識したものも増えつつあります。
さらに、山芋などの粘り気のある食材など、スロージューサーには使用できない素材もあります。製品に付属の説明書をよく読み、使える素材だけを使うようにしましょう。

【栄養価に大きな違いが!】コールドプレスとの違い

スロージューサーと比較されるコールドプレスですが、こちらは金属製の刃で材料を細かくカットしてから、数トンもの強さで圧縮機によってジュースを絞り出します。スロージューサーとの違いは、圧縮する前に切り刻む点ですので、この時点で栄養素も失われてしまいます。

【無駄がない!】スロージューサーは残った搾りかすも利用

水分を絞った後の搾りかす、捨ててしまうのはもったいない!ということで焼き菓子やカレーなどに混ぜたり、園芸用の肥料としての活用例もあります。

【オススメ】口当たり良くて美味しいグリーンスムージーで健康に!そんな方にバイタミックス(Vitamix)A3500 ブレンダー!


アボカドの種までも粉砕!栄養価も美味しさも得られる驚異のブレンダー

\バイタミックス(Vitamix)A3500 ブレンダー/10年保証付き/

バイタミックスなら野菜&果物を手間なく、丸ごと、なめらかに

野菜や果物は、皮や茎、種なども食べたほうが健康によいとされ、スムージーにするならまるごと使った方がデトックス効果が得られると言われます。でもパワーの弱いミキサーだと繊維質やざらつきが残り、スムージーの口当たりが悪くなってしまいます

バイタミックスと他メーカーミキサーの明らかな違いといえば「圧倒的なパワー」
そのパワーは、包丁も通さないアボカドの種さえも粉々にしてしまうほど。
力強いパワーで食材を極限まで粉砕することで、舌触りのよい滑らかなスムージーが作り出されます

また、野菜や果物の種には植物の成長の源『フィトケミカル』が含まれます。しかし種を食べても固い表皮によって中の成分まで消化吸収することはできません。
バイタミックスなら種の固い表皮もなめらかになるまで粉砕できますので、植物の恵みをしっかりいただくことができるのです。

お手入れ簡単&高い耐久性

バイタミックスはお手入れも簡単。全自動プリプログラムにてミキサーが自動で調理・洗浄を行ってくれます。 面倒なミキサー内のお手入れもとってもラクチンなんです。
「スムージーは飲みたいけれど面倒で続けられるか不安…」そんな方にこそ試してほしい逸品です。

また、バイタミックスは耐久性に自信があるため、長期間の保証に対応しています。

とくにこのお店では各シリーズごとに10年・7年・5年間の保証期間を設けており、実際に10年20年と同じバイタミックスを使い続けていらっしゃる方も。
コンテナやブレード、ソケットなど部品のみの販売も行っているので、不具合が出た部品のみを交換することでさらに長く使い続けることができます。

レシピも保証も!両方得られる欲張りなセットはここで

せっかく買うなら毎日の料理にも活用したい!そんな方にはレシピ付きが絶対オススメです。今なら日本語説明書と82ページにわたるレシピがついたセットが手に入るチャンス!これがあれば毎日使いこなすことができますね!

【もう迷わない!】スロージューサーの選び方

それでは、様々なポイントからの選び方についてご紹介します!

【こんなに違う!】縦型か横型かで選ぶ

スロージューサーには、縦型タイプ横型タイプがあり、それぞれデザインの違いだけでなく、材料の投入の仕方や、得意な材料も異なっています。使用頻度やジュースの量など、使用するスタイルによってどちらかを選ぶとよいでしょう。

投入口が広く静音設計の縦型機種

スロージューサー
縦型のスロージューサーの特徴は、投入口が広いこと。食材を細かく刻む必要がなく、そのまま投入できます。一度にたくさんの材料からジュースを絞ることができます。また、静音設計の製品が多いのが優れた点です。
ただし、縦型のスロージューサーは、繊維質の多い葉物野菜などを絞るのが、やや苦手です。

少量なら横型機種、繊維質の多い葉物もOK

スロージューサー
横型のスロージューサーは投入口が小さいので、材料を入れるのは少しずつとなり、一度に絞れるジュースは少量となります。ただし、縦型のスロージューサーが苦手としている繊維質の多い葉物などが得意です。
また、野菜や果物のジュースの他に、米粉、大根おろし、山芋のすりおろしなどを作ることができ、便利な調理器具として活用できます。

【お手入れが大変?】スロージューサーなのにお手入れ楽ちんもあり!

スロージューサーのデメリットとして、お手入れが大変だという点があります。様々な形や大きさのパーツが組み合わされている場合が多く、洗浄した後、再び組み立てるときにわからなくなる場合も。

しかし、最新の製品には、このメンテナンスの面倒さをなくしたものも多くあります。まず、パーツ構造がシンプルなものや各パーツが大きいものは、扱いがしやすくメンテナンスが楽になったと評判です。

【これは便利!】調理機能つき!

スロージューサーには、果物や野菜のジュースを絞るだけでなく、調理ができる製品もあります。

人気のフローズン機能

スロージューサーの部品としてフローズン用のアタッチメントがあるモデルは、フローズンデザートを作ることもできます。

スムージー・スープ機能・豆腐型

スロージューサーによっては、スムージー・スープ用、豆腐用のアタッチメントが付属している製品があります。スムージー・スープ用のアタッチメントはジュース用に比べフィルターが粗目になっています。
また、豆腐用のアタッチメント型を使うと、自家製の豆腐を作ることができます。

スロージューサーのおすすめ人気ランキングTOP10!

それではここから、選び方のポイントを参考に、おすすめのスロージューサーを、ランキング形式でご紹介します!

10位:アイリスオーヤマ スロージューサー SJC-75-W

アイリスオーヤマ スロージューサー SJC-75-W

タイプ 横型
1分あたりの回転数 75rpm
定格使用時間 20分間
サイズ W320mm×D162mm×H410mm
重量 4kg
付属品 ジューストレーナー(ソフト用・ハード用)、ドラムキャップ、トレイ、押し棒、受け容器(大)、受け容器(小)、気泡ボード、電源コード、お手入れブラシ、レシピブック、取扱説明書

【搾りかすも活用できちゃう】レシピブック付きの高機能横型ジューサー

横型スロージューサー
1分間に75回転の低速回転で、食材を圧しつぶして搾り出しますので、ビタミンなどの栄養素が破壊されず、素材そのままの新鮮なジュースを楽しむことができます。
搾りかすも、工夫次第でお料理に活用できるよう、スロージューサーを使ったヘルシーレシピ本がついていますので、様々なメニューに挑戦できます。

9位:siroca crossline スロージューサー ホワイト SSJ-201WH

siroca crossline スロージューサー

タイプ 縦型
1分あたりの回転数 65rpm
定格使用時間 15分間
サイズ W182mm×D173mm×H431mm
重量 3kg
付属品 掃除ブラシ、ジュースカップ、絞りかすカップ、レシピブック、取扱説明書(保証書)

【キッチンにそのまま置いてもおしゃれ】スタイリッシュな縦型スロージューサー

縦型スロージューサー
スロージューサー特有の刃を使わない構造は、安全で扱いやすくなっています。低速でじっくりジュースを絞り出しますので、口当たりのよい、濃厚で栄養満点のジュースを楽しむことができます。
スマートな縦型のデザインに加え、ジュースカップと搾りかすカップを重ねて収納でき、キッチンで場所を取ることもありません。

8位:KAIHOU Everia スロージューサー KH-SJ100

KAIHOU Everia スロージューサー

タイプ 縦型
1分あたりの回転数 60-70rpm
定格使用時間
サイズ W220mm×D170mm×H430mm
重量 4.1kg
付属品 カップ×2、取扱説明書、ブラシ

【低価格でも機能充実】スロージュース入門用に!

KAIHOU Everia スロージューサー
スロージューサーとして基本的な機能は備わった低価格の製品です。デザインも洗練され、機能がシンプルであるので、お手入れも簡単になっています。重さも4.1kgと、軽めですので、扱いやすくなっています。
初めてスロージューサーを買う方に、入門用としておすすめの製品です。

7位:ゼンケン ZJ-D1 ベジフル [マルチジューサー・クッカー]

ゼンケン ZJ-D1 ベジフル

タイプ 横型
1分あたりの回転数 90rpm
定格使用時間 15分間
サイズ W260mm×D175mm×H215mm
重量 5.6kg
付属品 ジュースカップ、押し棒、ブラシ

【ジュースからうどんまで調理できる!】万能スロージューサー

スロージューサーの低速回転で絞り出されたジュースは、野菜や果物の栄養をそのまま摂取可能で、味もまろやかでおいしく新鮮です。
また、ジュースを絞るほかに、おろす、練る、混ぜるなど多種の調理機能も充実していますので、レシピの幅も広がります。

6位:SHARPヘルシオジュースプレッソEJ-CP10A

SHARPジュースプレッソEJ-CP10A

タイプ 縦型
1分あたりの回転数 32rpm
定格使用時間 30分間
サイズ W137mm×D192mm×415mm
重量 5.2kg
付属品 ジュースカップ、清掃用ブラシ、取扱説明書、メニュー集

【粒上の食材もジュースに!】樹脂製のスクリューで栄養価の高いジュースを

SHARPジュースプレッソEJ-CP10A
金属刃などで素材を切り刻むのではなく、樹脂製のスクリューを低速(32回転/分)で回転させながら、石臼のように栄養価の高いジュースを絞り出します。
従来の高速回転ジューサーでは難しかった、コーンなどの粒状の食材、生姜などの固い食材なども食材としてジュースにすることができます。

5位:ベジフルⅡ ZJ-VC1

ベジフルⅡ ZJ-VC1

タイプ 縦型
1分あたりの回転数 80rpm
定格使用時間 30分間
サイズ W160mm×D226mm×高さ408mm
重量 6.2kg
付属品 こし網、ブラシ、フルタニマサエ先生監修のレシピブック

【毎日のビタミン補給に!】シンプル操作でお手入れ簡単

ベジフルⅡ ZJ-VC1
低速搾汁方式(SSS方式)を採用したシンプルな操作で簡単にビタミン補給ができるスロージューサーです。高速回転式ジューサーに比べ、野菜や果物の栄養をそのままにフレッシュジュースを絞ることができます。
静音設計で、回転音も気にならず、使用後のお手入れも構造がシンプルなので、メンテナンスが楽にできます。定格使用時間(連続運転時間)が30分間までありますので、ゆっくり時間をかけてジュースを搾ることができます。

4位:VIKURA マルチクッカー(ZJ-B2)

VIKURA マルチクッカー(ZJ-B2)

タイプ 横型
1分あたりの回転数
定格使用時間 15分間
サイズ W192mm×D280mm×H218mm
重量 5.2kg
付属品 カップ、こし網、ブラシ、レシピブック

【1台で何役もこなすマルチクッカー!】多機能キッチン家電

VIKURA マルチクッカー(ZJ-B2)
低回転のジューサー以外にも、フードプロセッサー・コンパクトミキサー機能を一台にしたキッチン家電です。栄養価の高いジュースが絞れるだけでなく、食材と小麦粉や調味料などを挽いたり、練ったりすることもできる優れものです。
うどんやパスタ、食材の下ごしらえやデザートまで、レシピの幅が一層広がる便利アイテムです。

3位:パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-S

パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-S

タイプ 縦型
1分あたりの回転数 45rpm
定格使用時間 15分間
サイズ W185mm×D176mm×H432mm
重量 4kg
付属品 フローズンアタッチメント、ジュースカップ、絞りかすカップ、ブラシ、レシピブック

【硬い食材も搾れる!】フローズンスイーツも作れるスロージューサー

パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-S
独自のステンレスパーツ一体スクリューを採用していますので、スロージュースが苦手としていた葉菜類や豆類などや、かたい素材もジュースに絞り出すことができます。
付属のフローズンアタッチメントで、冷凍素材をシャーベットのようなフローズンスイーツにでき、様々なスイーツへ応用することができます。

2位:クビンスホールスロージューサー JSG-721M レッド

クビンスホールスロージューサー JSG-721M レッド

タイプ 縦型
1分あたりの回転数 60rpm
定格使用時間 30分間
サイズ W228mm×D208mm×H446mm
重量 6.9kg
付属品 押し込み棒、回転洗浄ブラシ、洗浄ブラシ、排出口洗浄ブラシ、繊維質カップ、ジュースカップ、レシピブック、取扱説明書、保証書、フローズンストレーナ

【広い投入口で素材丸ごと搾れる!】お手入れも簡単にできるスロージューサー

投入口が広いので、材料を細かく切らずなくても、丸ごと入れることができますので、素材の栄養と味を維持したまま、ジュースを搾ることができます。素材に摩擦熱や衝撃を与えない石臼方式ですので、栄養素も破壊されません。
使用後は、回転ブラシにストレーナーを差し込んで、水を入れながら回転させ、ストレーナーを簡単に洗うことができますので、お手入れも楽ちんです。

1位:ヒューロムスロージューサー フェラーリレッドHUROM H-AA-RBA17

縦型スロージューサー

タイプ 縦型
1分あたりの回転数 43/48rpm
定格使用時間 30分間以下
サイズ W180mm×D223mm×H407mm
重量 4.8kg
付属品 ストレーナー、スムージーストレーナー、フローズンストレーナー、ジュースカップ、搾りかすカップ、押し棒、豆腐キット、レシピブック

【フローズンデザートも作れる!】多機能スロージューサーのベストセラー

ヒューロムスロージューサー
ジュース用のストレーナーの他に、スムージー用・豆腐型なども付属。凍らせた食材でフローズンスイーツ、アイスクリームやシェイクなど、豊富な調理器具としても活用できます。
ドラム内の回転ブラシの回転数を1分間あたり17回転までスローにすることができますので、上質な素材そのままの味のジュースを楽しむことができます。
縦型でモーターをコンパクト化してさらにスリムなボディを実現、高性能でデザインもおしゃれなキッチンで邪魔にならないサイズです。

まとめ

栄養素やビタミンを、効率よく野菜や果物から摂ることができる、スロージューサー。グラス1杯のジュースで、1日に必要な栄養素を摂ることができる手軽さが人気となっています。
栄養素を効率よく摂り、健康的な偏りがない食生活と美容のために、スロージューサーを活用してみませんか?