部屋のどこでも気持ちよく音が聴こえるおすすめアイテム!無指向性スピーカー(360度) の最強ランキング

CDプレーヤーやスマホの音楽はイヤホンでも聴けますが、複数人で楽しむ際はスピーカーが必須アイテムです。従来のブックシェルフスピーカーでは、音は前方向にのみ出ていましたが、最近は360度に音を発する無指向性スピーカーも人気となっています。

リブラトーンやボーズが販売している無指向性スピーカーは、サイズもコンパクトで持ち歩きやすく、屋外でもアクティブに活用することが可能です。

今回は、おすすめの無指向性スピーカーについて紹介していきます。

いつでもどこでも活躍できる無指向性スピーカー

丸いデザインが基本

無指向性スピーカーには、スピーカーユニットが全方位に音を発するように配置されています。つまり、家事などで部屋を動き回っていても、音の聴こえ方は全く変わりません。

無指向性スピーカーは、主にBluetoothなどを介した無線接続を利用するので、スマホとの相性が抜群です。ちょっとした作業や寝る前の時間にも気軽に使えるため、日常に音楽を取り入れやすくなります。

上記のとおり、大半の製品がコンパクトサイズで、鞄に忍ばせておけることも無指向性スピーカーの魅力です。全方向に音を飛ばす特性を活用すれば、友人や家族が集まる場面でも、みんなで簡単に音楽を共有することができます。

最近どんどん増えてきているスマートホーム技術に対応するための無指向性スピーカー(スマートスピーカー)なら、音楽を楽しむ以外にもテレビなどの家電を音声コントロールすることが可能です。

使いやすさを重視しよう!無指向性スピーカー(360度) の選び方

スマートに音楽を楽しもう

無指向性スピーカーを生活に導入する際には、以下のようなポイントを見ていってください。

屋外に持っていきやすくしよう

無指向性スピーカーは充電式のモデルが多く、屋外にも手軽に持っていけます。外出時の使用も見据えて無指向性スピーカーを探す場合は、充電式のモデルを購入しましょう。連続で何時間音楽を再生できるのかを把握しておけば、旅行の際も安心です。

また、屋外で使う場合、ボディの頑丈さや防水性能にも目を向けてみてください。多少の水がかかってもビクともしない完全防水仕様(JIS規格で定められた「IPX6」以上だと安心)であれば、あらゆる状況で音楽を楽しむことができます。

いい音で楽曲を楽しもう

無指向性スピーカーは出力数がW(ワット)で表記されているので、この数値が大きいモデルを選ぶと、パワフルかつダイナミックな音が楽しめます。ひとりで音楽を聴くなら5Wモデルで十分ですし、屋外で音を流す場合は10~20Wの出力が備えてあればカンペキです。

各音域の表現力も、製品ごとに特徴があります。自分がよく聴く曲に必要な音域の再現性が高いスピーカーを探してみてください。

最低限のマナーとして、大きな音を出すときは周囲の迷惑にならないように、場所や時間帯に合わせた配慮を欠かさないようにしましょう。

デザインにもこだわろう

無指向性スピーカーはデスクの上にちょこんと置けますから、インテリアとしてもオシャレです。音楽を流しながらLEDライトの光をパターン再生させる機種も、音以外の楽しみを求める方におすすめです。

無指向性スピーカーのデザインはさまざまなので、自分のスマホや音楽プレーヤーに合わせてもいいですし、外で使って注目を浴びるようなモデルを探してみてもいいでしょう。

無指向性スピーカー(360度) のおすすめランキングTOP20

通販サイトのアマゾンで売られている無指向性スピーカーで、人気が高い商品をまとめて紹介します。

20位:Ultimate Ears WS710BK

Ultimate Ears WS710BK

サイズ 幅6.7cmx奥行6.7cmx高さ18cm
重量 550g
出力 20W
連続再生時間 15時間
防水性能 IPX7

生活を豊かにするスピーカー

Ultimate Ears WS710BK

20位はUltimate Earsの「WS710BK」です。握りやすい筒型の本体には、深みのある音をパワフルに伝えるテクノロジーが詰め込まれています。専用アプリの「PartyUp」機能を活用することで、同社のスピーカーを50台以上もペアリングさせることが可能です。大人数で集まるパーティーでも大活躍することでしょう。

アプリ経由でソフトウェアのアップデートが可能なので、今後の性能強化にも期待できます。

19位:Ultimate Ears WS600BK

Ultimate Ears WS600BK

サイズ 幅13.5cmx奥行13.5cmx高さ4cm
重量 330g
出力 9W
連続再生時間 9時間
防水性能 IPX7

音楽を身に着けよう

Ultimate Ears WS600BK

19位はUltimate Earsの「WS600BK」です。世界の有名ミュージシャンも愛用するUltimate Earsならではの高音質を、コンパクトボディのスピーカーでも楽しむことができます。本体後方にはケーブルストラップがあるため、ベルトに通して常時音楽を流すといった使い方もOKです。

スピーカーに紛れて配置された音量ボタンも、ユニークさを演出しています。

18位:オウルテック OWL-BTSP05-BK

18位:オウルテック OWL-BTSP05-BK

サイズ 幅12.2cmx奥行12.2cmx高さ6.15cm
重量 314g
出力 3W×4
連続再生時間 10時間
防水性能

心地いいサウンドが耳に届く

オウルテック OWL-BTSP05-BK

18位はオウルテックの「OWL-BTSP05-BK」です。クラウドファンディングを利用して開発された製品で、小型の高性能スピーカーを4つ組み込むことで360度を完全にカバーしています。

同じ機種を2台用意すれば、ダイナミックな音響効果が楽しめるワイヤレスステレオモードが使用可能です。

17位:VICTORSTAR Bluetooth磁気浮上スピーカー

VICTORSTAR Bluetooth磁気浮上スピーカー

サイズ スピーカー:幅7.8cmx奥行7.8cmx高さ7.8cm
台座:幅17.5cmx奥行17.5cmx高さ4.5cm
重量 850g
出力 3W
連続再生時間 8時間
防水性能

視覚にも訴えてくる

VICTORSTAR Bluetooth磁気浮上スピーカー

17位はVICTORSTARの「Bluetooth磁気浮上スピーカー」です。画像からは伝わりづらいかもしれませんが、電源オンにすると磁気が発生して、球体型のスピーカーが浮かんで回転するというユニークな製品になっています。

スピーカーとしての性能は平均的であるものの、珍しモノ好きのユーザーにはたまらないアイテムなのではないでしょうか。

16位:JBL JBLPULSE3BLKJN

JBL JBLPULSE3BLKJN

サイズ 幅9.2cmx奥行9.2cmx高さ22.3cm
重量 960g
出力 20W
連続再生時間 約12時間
防水性能 IPX7

光らせて楽しめる

JBL JBLPULSE3BLKJN

16位はJBLの「JBLPULSE3BLKJN」です。最大出力20Wの音楽再生もさることながら、広範囲に光を放つLEDが見た目を華やかにしています。専用アプリを使用すれば、イルミネーションのパターンを細かく設定可能です。

高品質のマイクが搭載されているため、スマホのハンズフリー通話もしっかりこなせます。

15位:SONY SRS-BTV5/B

SONY SRS-BTV5/B

サイズ 幅6.5cmx奥行6.5cmx高さ6.76cm
重量 約135g(充電池を含む)
出力 1.2W
連続再生時間 約5時間
防水性能

可愛らしさもあるスピーカー

15位はSONYの「SRS-BTV5/B」です。ワンタッチでスマホなどと繋がるNFC機能に対応しているため、手軽な接続が行えます。非常にコンパクトでシンプルな球体デザインは、どこに置いてあっても空間の雰囲気を崩しません。

出力は低めなので、ひとりでのんびり音楽を楽しみたい方におすすめです。少しサイズが大きくなりますが、防水機能を付加したモデルの「SRS-X1」もあります。

14位:Anker Soundcore Flare

Anker Soundcore Flare

サイズ (約)幅8.9cmx奥行8.9cmx高さ15.1cm
重量 約530g
出力 6W×2
連続再生時間 12時間
防水性能 IPX7

力強い音を楽しもう

Anker Soundcore Flare

14位はAnkerの「Soundcore Flare」です。Ankerが展開するSoundcoreブランドの製品で、独自のBassUpテクノロジーで低音の表現力が増しています。底部にはLEDライトを備えているので、アプリを使ってさまざまな光も楽しんでみてください。

自然と部屋に溶け込むデザインが、くつろぎの時間に華を添えます。

13位:VASIVO Bluetoothスピーカー

VASIVO Bluetoothスピーカー

サイズ 幅8.9cmx奥行8.9cmx高さ10.8cm
重量 615g
出力 5W
連続再生時間 約10~12時間
防水性能

いろんなシーンで活用できる

VASIVO Bluetoothスピーカー

13位はVASIVOのBluetoothスピーカー(メーカー型番なし)です。スピーカーとしてだけではなく、スマホのワイヤレス充電(対応機種のみ)が可能な携帯ホルダーの役割も果たします。クセの少ないデザインは、作業デスクと親和性が高いです。

内蔵マイクでハンズフリー通話もできるので、作業シーンが格段に便利になります。

12位:B&O PLAY BO1280480

B&O PLAY BO1280480

サイズ 幅14cmx奥行8cmx高さ2.8cm
重量 約275g
出力 15W×2(最大出力50W×2)
連続再生時間 10時間
防水性能

どこへでも連れていきたい

B&O PLAY BO1280480

12位はB&O PLAYの「BO1280480」です。圧迫感がない薄型で、本体にはボタン類が一切ありません。アプリを使わないときは、ダブルタップやシェイクの動作で本体操作ができる個性的なスピーカーです。

なお、今回ランクインしているティールカラーは、2018年春夏の数量限定モデルになっています。

11位:COMISO X26

COMISO X26

サイズ 581g
重量
出力 6W×2
連続再生時間 36時間
防水性能 IPX5

遠出のお供に音楽を

COMISO X26

11位はCOMISOの「X26」です。通常の使用にはまず困らないIPX5等級の防水機能で、アウトドアにピッタリとなっています。スペック上は驚きの36時間再生が可能なので、なおさらアウトドアと相性がいいのではないでしょうか。

サイズの記載がないため、画像から大まかなサイズを判断してください。

10位:TaoTronics TT-SK11JP

TaoTronics TT-SK11JP

サイズ
重量 610g
出力 10W×2
連続再生時間 15時間
防水性能 IPX6

優れた筒型スピーカー

TaoTronics TT-SK11JP

10位はTaoTronicsの「TT-SK11JP」です。本体前面にボタンや端子が集中しているので、直感的な操作ができます。2基の10Wドライバーがパワフルな音を作り出すため、広い部屋でも快適に音楽を聴けるでしょう。

こちらもサイズ表記がされていませんから、画像を参考にしてください。

9位:UDISON A9LHJ

UDISON A9LHJ

サイズ 幅8.3cmx奥行8.3cmx高さ4cm
重量 220g
出力 5W
連続再生時間 8時間
防水性能

コスパもバッチリ

UDISON A9LHJ

9位はUDISONの「A9LHJ」です。2枚のBluetoothチップで、各デバイスに高速で接続できます。低価格帯に位置しながらも5Wの出力を確保しているため、必要十分な性能を発揮することでしょう。

音楽の再生中は、底部のLEDライトが青く光ります。

8位:Bose SLink REV BLK

Bose SLink REV BLK

サイズ 幅8.2cmx奥行8.2cmx高さ15.2cm
重量 670g
出力
連続再生時間 12時間
防水性能 IPX4

日常に置いておきたいスピーカー

Bose SLink REV BLK

8位はBoseの「SLink REV BLK」です。出力の記載がありませんが、いわずとしれた音響メーカーのボーズ製品なので、音に対する心配は杞憂というものでしょう。ちなみにIPX4等級は水の飛沫に対する保護効果しかないため、屋外やお風呂での使用において過信は禁物です。

充電が便利になるスタンドがオプションとして用意されていますから、必要に応じて購入を検討してみてください。

7位:Harman Kardon HKAURASTUDIO2BLKJN

Harman Kardon HKAURASTUDIO2BLKJN

サイズ 幅21.5cmx奥行21.5cmx高さ27.5cm
重量 2.3kg
出力 15W×2+30W
連続再生時間 ―(AC電源方式)
防水性能

思わず部屋にいたくなる

Harman Kardon HKAURASTUDIO2BLKJN

7位はHarmanの「Kardon HKAURASTUDIO2BLKJN」です。今回紹介している無指向性スピーカーでは最大サイズで、高音も低音もキレイに表現するポテンシャルを秘めています。普段はおとなしい印象を与えるボディも、ひと度音楽を鳴らせば圧倒的な存在感を見せてくれるでしょう。

持ち運びに不向きではありますが、自宅のオーディオ環境をレベルアップさせたい方に断然おすすめです。

6位:Bose SLink REV PLUS BLK

Bose SLink REV PLUS BLK

サイズ 幅10.5cmx奥行10.5cmx高さ18.4cm
重量 910g
出力
連続再生時間 16時間
防水性能 IPX4

いつでも一緒

Bose SLink REV PLUS BLK

6位はBoseの「SLink REV PLUS BLK」です。まるでランタンのようなデザインで、いろいろな場所に持ち歩きやすくなっています。一部軟質素材が使われたボディは、耐久性もバッチリです。

壁際にスピーカーを設置すれば、跳ね返ってきたサウンドがまた違った魅力を楽しませてくれます。

5位:Anker Soundcore Motion Q

Anker Soundcore Motion Q

サイズ 幅8.8cmx奥行8.8cmx高さ10.8cm
重量 約416g
出力 8W×2
連続再生時間 約10時間
防水性能 IPX7

水場でも安心

Anker Soundcore Motion Q

5位はAnkerの「Soundcore Motion Q」です。小さなボディでも、全方向へディープなサウンドを伝えてくれます。水没してもしばらくは平気なIPX7防水なら、水に関わるレジャーも安心です。

付属のリストストラップも、屋外への持ち運びに重宝します。

4位:Tronsmart JP-T6

Tronsmart JP-T6

サイズ
重量 839g
出力 12.5W×2
連続再生時間 15時間
防水性能

どんどん音楽が身近に

Tronsmart JP-T6

4位はTronsmartの「JP-T6」です。合計25Wの高出力で、価格に対して上質な音が耳を刺激します。本体サイズの表記はありませんが、500mlペットボトルよりも小さく設計してあるそうです。

操作ボタンは上部に集約されているので、スピーカーを置いた状態でも操作がしやすくなっています。

3位:B&O Play 1140026

B&O Play 1140026

サイズ 幅13cmx奥行6.8cmx高さ17cm
重量 約1kg
出力 36W×1、30W×2(最大出力時215W)
連続再生時間 16時間
防水性能 IP54(防塵防滴)

価格に見合った衝撃

B&O Play 1140026

3位はB&O Playの「1140026」です。アルミボディが高級感を演出し、サイズを忘れさせるダイナミックサウンドを響き渡らせます。スッキリしたデザインを邪魔しないボタン配置で、難しいことは考えずに極上のサウンドを体験することが可能です。

防塵防滴仕様は屋外でもバッチリ役立ちます。サイズに対して重さがあるので、持ち運びの際は注意してください。

2位:Abramtek Bluetoothスピーカー(グレー)

Abramtek Bluetoothスピーカー(グレー)

サイズ 幅9.1cmx奥行9.1cmx高さ24.1cm
重量 1.44kg
出力 10W×2
連続再生時間 8時間
防水性能

光沢が映える

Abramtek Bluetoothスピーカー(グレー)

2位はAbramtekのBluetoothスピーカー(グレー)(メーカー型番なし)です。遠目にはスピーカーと分からないような見た目で、周囲のインテリアと上手く調和します。出力も必要十分なので、みんなが集まるシーンもバッチリです。

カラーバリエーションには、光の照り返しが映えるシルバーがあります。

1位:Libratone LH0032010JP2001

Libratone LH0032010JP2001

サイズ 幅12.2cmx奥行12.2cmx高さ26cm
重量 1.5kg
出力 100W
連続再生時間 12時間
防水性能

着せ替えも可能

Libratone LH0032010JP2001

1位はLibratoneの「LH0032010JP2001」です。最大100Wのパワフルサウンドを、専用アプリで自分好みにカスタマイズできます。1台で音が部屋中を包み込むので、さまざまなシチュエーションを楽しい音楽で満たしましょう。

別売りの着せ替えカバーも売られていますから、その日の気分に合わせた色でスピーカーを彩ってみてください。

まとめ

いかがでしたか。音質やコスパなど、スピーカーに求めるものは人によって異なると思います。商品選びの前に、自分のスピーカーには何が必要かを頭の中で整理しておきましょう。

ネットの口コミもチェックして、自分にピッタリなスピーカーを見つけてください。製品によっては実機レビューの記事も見つかるので、型番などで検索してみましょう。

みなさんもお気に入りの無指向性スピーカーを入手して、心が弾む音楽ライフを過ごしてみてください。