【最新】おすすめのチャイルドシート20選!年齢別の特徴別に最強のシートを紹介

小さな子供がいる家庭の欠かせないカーアイテムと言えば、チャイルドシートでしょう。2000年4月より、シートベルトでは守れない子供を守るために、子供を車に乗せる場合の、チャイルドシートの着用が義務付けられました。

チャイルドシートは、何個も購入するものではないので、どんなものにしたらよいのか、どうしても迷ってしまいます。「チャイルドシート」といっても、年齢によって使い方も違います。

当然、子供の成長に合わせたチャイルドシートにしなければ、安全性も失われてしまいます。今回は、おすすめのチャイルドシートを、年齢別にご紹介します。

チャイルドシートの種類をおさらい

車を持ってる人なら、子供が生まれるときに準備するグッズはたくさんあります。入浴セットやベビーベッドやベビーカーはもちろん、車を所有している人ならばチャイルドシートもありますよ。

チャイルドシートとひとことで表しても、対象年齢や子供の身長に合わせて、様々な種類のチャイルドシートが存在します。

また、チャイルドシートは新生児〜6歳未満の子供は着用が法律で定められており、産婦人科から自宅に帰る時も、心配かもしれませんが生まれたばかりの赤ちゃんをチャイルドシートに乗せる必要があるのです。

まずは、チャイルドシートの種類についておさらいしましょう。

ベビーシート

新生児から乳児までまでを対象としたチャイルドシートのことを「ベビーシート」と言います。ベビーシートは、生まれたばかりの新生児から首がすわるくらいまでを目安に使用する乳児用のチャイルドシートです。

ベビーシートは、首が座っていない赤ちゃんのために、進行方向とは逆に向けて設置することがほとんどです。また、座るタイプではなく、寝かせるタイプになっています。

ベビーシートは実際に乗せる機会も少ないので、次に紹介する幼児用チャイルドシートと一緒になっている場合がほとんどです。

幼児用チャイルドシート

4歳までの幼児が使うのが幼児用チャイルドシートと呼ばれており、一般的なチャイルドシートのイメージのシートになります。

2歳くらいからは、子供がチャイルドシートに乗るのを嫌がったり、ベルトの部分から抜け出してしまう場合があるので、チャイルドシートだけではなく、抜け出せなくする工夫も必要でしょう。

ジュニアシート

4歳以上の、比較的大きい子供が乗るシートのことをジュニアシートと呼びます。ジュニアシートは、チャイルドシートと違い子供は車についているシートベルトを使うようになります。

シートベルトの効果を最大限に発揮させるための補助をするのが、ジュニアシートの役割だと言えるでしょう。道路交通法で定められているジュニアシートの使用義務は5歳までなので、それ以上の年齢であれば原則として使用のジュニアシートを使う必要はありません。

ただし、子供の安全面を考えた上で、学童用のチャイルドシートとして、ジュニアシートが発売されているのです。交通事故の危険性を考えれば、10歳くらいになるまでは、ジュニアシートを使用することをお勧めします。

チャイルドシートの選び方のポイント

チャイルドシートの、年齢による区分をご紹介しました。しかし、年齢というのはあくまでも目安でしかありません。当然、子供は一人一人成長の速度が違います。

そのため、3歳〜4歳の子でも、大きい子ならばチャイルドシートよりもジュニアシートの方が合うでしょうし、5歳でも小柄な子なら、チャイルドシートの方がよいでしょう。

義務だからつけるのではなく、子供の安全を確保するためにつけるということを念頭におき、チャイルドシートを選ぶ5つのポイントをご紹介します。

子供の体重を考える

先述したように、一番重要なのは、子供の体重としっかりとマッチしているかどうか、ということです。ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートには、それぞれ適用体重が表記されています。

子供の体重が適用体重とマッチしているかどうか、チャイルドシートを選ぶ上では一番重要になります。年齢は目安であり、平均体重から算出しているものなので、子供の年齢ではなく、体重がマッチするものを選ぶようにしましょう。

安全基準を考える

チャイルドシートにも、国が安全基準を定めていることをご存知でしょうか?毎年実施される試験を突破したチャイルドシートには「Eマーク」という認定のマークが付けられています。

これがついていないチャイルドシートは、安全性が保証されていないので、気をつけましょう。国土交通省のホームページで、毎年の試験の結果が公表されされているので、欲しいチャイルドシートがこの基準に合格しているか、調べるようにしましょう。

また、もう1つ「自マーク」というものも存在します。これは、現在の安全基準の1つ前の基準を突破したチャイルドシートに付いているマークです。中古のチャイルドシートや、人からもらう場合は、自マークが付いているかどうか、確認するようにしましょう。

適合車種を調べる

結構重要なポイントなのが、選んだチャイルドシートが自分の乗っている車と適合しているかどうか、ということです。チャイルドシートの取り付け方法は2種類あり、1つが車のシートベルトを使って取り付けるパターン。

もう1つが、ISOFIXという方法で取り付ける方法です。ISOFIX自体が、比較的新しい方法のやり方なので、車も比較的新しくなければ対応していない場合があります。

また、車種によってや、モデルによっても対応している、しないがありますので、購入する前にチャイルドシートのメーカーのホームページで調べてみるとよいでしょう。

通気性を考える

チャイルドシートは、一度つけたらあまり外すこともなく、チャイルドシートを掃除したりすることもそうはないでしょう。子供は体温が高いので、夏の車の温度を考えると、すぐに汗をかいてしまいます。

この時、通気性の悪いチャイルドシートだと、長時間座ってることが大変だったり、汗がそのまま染み込んでしまい、臭いの原因になってしまうこともあります。通気性が良いに越したことはないでしょう。

コストパフォーマンスを考える

チャイルドシートは、子供が生まれてから短ければ5年、長くて10年使うものです。価格もピンからキリまで設定されており、安いものだと5,000円前後から高いものだと5万円くらいするものもあります。

高ければ安全…というわけではなく、販売しているメーカーのバリューなども関係してきます。ただし、高ければ高いほど、子供にとっての快適性は抜群だと言われています。

決して安いものではありませんが、使用の年数を考えると、高いものでも十分な効果を発揮してくれると思います。しかし、安くていいものがあるのも事実なので、コストパフォーマンスはしっかりと検討する必要があると言えるでしょう。

チャイルドシートを設置する際の注意点

チャイルドシートを設置する場所は、通常は後部座席の運転席側が理想だと言われています。しかし、子供がぐずったり、なかなか乗りたがらないと、助手席に設置したりする人も多いでしょう。

しかし、これは大変危険だということを覚えておきましょう。助手席だと、事故を起こした場合にエアバックが飛び出します。チャイルドシートで前に出ている分、衝撃が凄まじく、圧迫されて危険だと言われています。

なるべくなら、チャイルドシートはやっぱり、後部座席に設置するのが理想的です。

おすすめの最強チャイルドシートをご紹介

それではここから、おすすめのチャイルドシートをランキング形式でご紹介していきましょう。コストパフォーマンスを含め、機能性はもちろん、通気性なども考慮してチャイルドシートをご紹介します。

チャイルドシート(ベビーシート)のおすすめTOP20

まずは、ジュニアシート(ベビーシート)のおすすめTOP20です。ベビーシートは、新生児や乳児を車に乗せるときに使いますが、あまり首が座っていない子供を車に乗せる機会も多くないでしょう。そのため、チャイルドシートとベビーシートを兼ねたものをご紹介します。

20位 Aprica (アップリカ) 回転式「ベッド型」チャイルドシート フラディアグロウ

金額 74,520円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 2.5kg〜18kg
方式 回転式

ISOFIX適用!安全性と快適性で人気のチャイルドシート

チャイルドシート

アップリカ人気のフォラディアグロウシリーズ。発育段階の最適な姿勢を保てることから人気のチャイルドシートです。ISOFIXが採用されたので、取付が簡単になり、さらに安全性能も高まりました。金額は多少お高めなので、コストパフォーマンスはあまり良くありません。

19位 ネビオ ポップピット

金額 7,980円〜
対象年齢 1歳〜11歳ごろまで
適応基準体重 9kg〜36kg
方式 固定式

年齢に合わせてモード変更できるチャイルドシート

1歳から11歳くらいまで、子供の成長に合わせたモードチェンジで長期間利用できるチャイルドシートです。10年使えて、お値段もリーズナブルでコストパフォーマンスは高いです。

カラーバリエーションも豊富なので、車に合わせたカラーを選ぶこともできます。ただし、安全性能は価格に見合ったくらいなので、少し大きめのお子さんにおすすめです。

18位 Joie ジョイー チャイルドシート 04 チルト

金額 9,890円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 〜18kg
方式 固定式

華やかなデザインが特徴的なチャイルドシート

チャイルドシートとしては基本的なものですが、特徴はその華やかなデザインです。とにかく派手なデザインとなっており、車内の雰囲気に合わせたデザインを選ぶことでインテリアの1種としても使えるでしょう。

装着も簡単で、金額も安いので車にこだわりのある人におすすめのチャイルドシートです。

17位 ネビオ スリムピット

金額 6,980円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 〜18kg
方式 固定式

とにかくコスパ重視!コンパクトカーに最適サイズのチャイルドシート

とにかく安く、そんなに車移動しない、車で赤ちゃんを連れて出かけないという人におすすめのチャイルドシートです。新生児から乳児の子供を連れて出かける機会はそんなに無いので、最初はとにかく安く済ませたいという人におすすめ。

サイズもコンパクトなので、軽自動車やコンパクトカーに最適なチャイルドシートです。

16位 ジョイー Joie チャイルドシート Arc360°

金額 29,700円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 〜18kg
方式 回転式

コンパクトサイズで車内を広々したい人におすすめのチャイルドシート

イギリスのチャイルド用品メーカーの、ジョイーが発売しているチャイルドシートです。イギリスのメーカーということもあり、シンプルでどんな車にも合うデザインで人気です。

高いデザイン性と品質はもちろん、リクライニングも調節が可能なタイプなので、子供が寝てしまっても快適に過ごすことができるでしょう。

15位 エールベベ 『日本製・安心トリプル保証付』回転型チャイルドシート クルットNT2ノーブルプレミアム

金額 39,596円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 2.5kg〜18kg
方式 回転式

新生児とママに嬉しい4つのポイント

「360°片手ワンステップターン」「ふんわり『ママの手』クッション」「Wらくらくウォッシャブルカバー」「広々サンシェード」のチャイルドシートの使い方を追求した、4つのポイントが最大の特徴です。

片手で回転させられるので、楽々乗り降りさせられることもでき、日差しなどから赤ちゃんを守るサンシェードは、意外と重宝します。

14位 タカタ 04ビーンズ

金額 10,800円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 〜18kg
方式 固定式

チャイルドシート初心者におすすめ!お手頃価格とコンパクトで人気

タカタの04ビーンズは、そのコンパクトさが大好評。ベビー用敷布団にも使われている固綿をシートに採用しているので、ベビーベッドで寝ているような感覚で、赤ちゃんも眠りにつくことができます。

価格も良心的なので、チャイルドシートを購入するのが初めてという人から、高い人気を誇るチャイルドシートです。

13位 GRACO (グレコ) チャイルドシート G-FLOW

金額 12,800円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 2.5kg〜18kg
方式 固定式

ふわっとクッションで快適な乗り心地を実現

ヘッドレストは、ふわっとクッションを採用し、柔らかな素材なので新生児はもちろん、乳幼児期にも快適な乗り心地となっているチャイルドシートです。

シートと座面がメッシュ生地となっているので、汗をかきやすい子供が快適なドライブをできるように設計されています。

12位 日本育児 チャイルドシート Bambino

金額 12,800円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 〜18kg
方式 固定式

安全・安心・快適・簡単!と評判のバンビーノ

あまり種類はありませんが、価格はもちろん、安全性や快適性で高い評価を得ているバンビーノのチャイルドシート。軽くてコンパクトな設計なので、軽自動車に乗ることが多い、ママにオススメのチャイルドシートです。

11位 ジョイー Joie チャイルドシート バリアント

金額 18,552円〜
対象年齢 新生児〜7歳ごろまで
適応基準体重 〜25kg
方式 固定式

新生児から長く使いたい人におすすめのチャイルドシート

ジョイーのチャイルドシート「バリアント」は、新生児から7歳まで使える、万能のロングユースチャイルドシートです。子供の成長に合わせて、ヘッドレストの調整が可能となっています。

シートの素材は、化学物質を一切使用していないというこだわりを持っており、抵抗力の弱い赤ちゃんを乗せるにはうってつけのチャイルドシートだと言えるでしょう。

10位 レカロ スタート ゼロセブン

金額 41,038円〜
対象年齢 新生児〜7歳ごろまで
適応基準体重 2.8kg〜25kg
方式 固定式

人気急上昇中のレカロのチャイルドシート

スポーツカーで多く採用されているレカロ社が出しているチャイルドシートです。新生児から7歳まで使用できるように、ヘッドレストが13段階の調節が可能。

ずっと5点式ハーネスで車に乗ることができるので、万が一の事故の時にも高い安全性能を誇っており、それが人気の秘密です。

また、レカロのシートは、座面のフィット感がとても心地よいので、乳児用として購入しても、乗り心地がよくてウトウトする赤ちゃんもいるでしょう。

9位 コンビ Combi チャイルドシート コッコロ

金額 19,999円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 〜18kg
方式 固定式

重さはペットボトル3本分!超軽量&コンパクトなチャイルドシート

コンパクトであり、さらに軽量化が図られているチャイルドシートです。1.5Lのペットボトル3本分の重さなので、取り外しも簡単にすることができます。

さらに、サイズもコンパクトなので、子供が二人いても、後部座席で左右に2つ設置することも可能。普通車ならば、間にママが入ることもできるサイズ感となっています。

8位 タカタ 04アイフィックス

金額 39,800円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 〜18kg
方式 固定式

使用性の評価は抜群!通気性と快適性で子供の快適なドライブを

タカタのチャイルドシート、最大の特徴はシートとベースをそれぞれ別で取り付ける、セパレート設計です。ベースの取り付けが簡単なことはもちろん、シートを外せば掃除も楽々できます。

取り付けも、しっかりできているかどうかが一眼でわかるようになっているので、女性でも楽々取り付けできるようになっています。

7位 コンビ EX COMBI グッドキャリー YWアルティメットブラック

金額 17,100円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 〜18kg
方式 固定式

1つで3役をこなす乳幼児のためのチャイルドシート

チャイルドシートとしてはもちろん、お出かけ時はベビーキャリー、自宅ではロッキングチェアーとして使用できる、1人3役をこなす、万能型のチャイルドシートです。

エッグショックも導入されているので、首の座っていない赤ちゃんに使いたいチャイルドシートです。

6位 コンビ Combi チャイルドシート クルムーヴ

金額 39,800円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 〜18kg
方式 回転式

360°回転&3段リクライニングの使いやすいチャイルドシート

4歳児くらいまでの子供を車に乗り降りさせるときに便利な360°回転式のチャイルドシートです。通気性抜群の3Dメッシュシートを採用しているので、長時間のドライブも快適に過ごすことが可能です。

5位 ジョイー Joie チャイルドシート Arc360°(アーク360°) ダークピューター 38811

金額 29,800円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 18kg以下
方式 回転式

360°回転&3Dメッシュ素材で快適なドライブと楽々乗り降りを実現

ジョイーの360°回転チャイルドシートは、片手でワンプッシュで回転させられるので、新生児や乳幼児期には、抱っこしながらでも楽々回転させることができます。

ISOFIX対応のチャイルドシートなので、赤ちゃんの安全も確保できるます。ISOFIX対応のチャイルドシートとしては、お値段もリーズナブルです。

4位 コンビ Combi チャイルドシート ウィゴー エッグショック

金額 25,000円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 18kg以下
方式 固定

コンビのエッグショックを採用したスタンダードモデル

卵を落としても割れないことから「エッグショック」と名付けられた、抜群の衝撃吸収素材で赤ちゃんを守ります。コンビのチャイルドシートで、エッグショックを採用したモデルは多数ありますが、こちらは一番スタンダードなモデルとなります。

3位のチャイルドシートと比べると、サイドプロテクションが付いていないので、側面からの衝突には弱いですが、その分価格は安くなっています。

3位 コンビ Combi チャイルドシート ウィゴー サイドプロテクション エッグショック

金額 30,000円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 18kg以下
方式 固定

コンビ社のオリジナル衝撃吸収素材「エッグショック」で赤ちゃんの安全を守ります

コンビ社オリジナルで、高い衝撃吸収能力を誇る「エッグショック」が採用されたチャイルドシートです。さらに、側面からの追突に備えた「サイドプロテクション」もついており、事故時に赤ちゃんを守るための、鎧のような設計がされています。

メイドインジャパンなので、品質の高さにも定評があります。

2位 Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート ディアターン プラス

金額 38,000円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 2.8kg〜18kg
方式 回転式

ベッド型にできるので長距離運転にも適したチャイルドシート

多少価格は張りますが、安全性や利便性を兼ね備えた、使いやすいチャイルドシートです。ベッド型にすることもできるので、長距離移動が必要なときにうってつけ。強度も高いので、万が一の事故でも衝撃を吸収してくれます。

1位 Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート クルリラ AC

1位

金額 47,512円〜
対象年齢 新生児〜4歳ごろまで
適応基準体重 2.8kg〜18kg
方式 回転式

シートの回転が片手で楽々できる!取り付けも簡単なチャイルドシート

1位

使い勝手はもちろん、安全性と乗り心地を追及した、アップリカの回転式チャイルドシートが第1位です。シートベルトとISOFIXの両方に対応しているので、どんな車にも乗せることが可能となっています。

ジュニアシートTOP5

続いては、ロングユースが可能なジュニアシートのTOP5をご紹介します。チャイルドシートに比べて、比較的価格帯が安いという特徴があるジュニアシート。大きな子供を載せるからこそ、乗り心地も重要となります。

5位 リーマン ジュニアシート リーマンジュニア コレット

金額 1,980円〜
対象年齢 3歳〜10歳ごろまで
適応基準体重 15kg〜36kg
方式 固定式

ソフトな座り心地で取り外しも簡単

重さが1.1kgというジュニアシートとしてはトップクラスの軽さを誇るジュニアシートです。車の乗り換えや、取り外しが簡単なので、2台持ちの家庭でも、これ1つで活用することが可能です。

4位 GRACO (グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス メトロポリタン

金額 5,980円〜
対象年齢 3歳〜11歳ごろまで
適応基準体重 15kg〜36kg
方式 固定式

成長に合わせてヘッドレストとアームレストが調整可能

ロングユースタイプなので、ヘッドレストが調整可能なジュニアシートは多いですが、このジュニアプラスメトロポリタンは、アームレストも2段階の調整が可能となっています。

カップホルダーもついており、収納式なので、コンパクトカーや軽自動車につけてもゆったりとした車内をキープすることが可能です。

3位 Aprica (アップリカ) エアグルーヴ AGレッド 軽量ジュニアシート

金額 18,500円〜
対象年齢 1歳〜11歳ごろまで
適応基準体重 9kg〜36kg
方式 固定式

1歳〜11歳まで使えるロングユース仕様のジュニアシート

乳幼児期から小学生まで、長い期間これ1つで過ごせる、ロングユースタイプのジュニアシートです。そのため、コストパフォーマンスは最高レベルだと言えるでしょう。

首と頭を支えるヘッドサポートと3Dクッションが自慢なので、子供が寝ても首が曲がらずにしっかりと支えてくれる設計にしてありますが、実際に使うと必ずしも安定感があるわけではないようです。

長距離ドライブにはあまり向かないタイプのジュニアシートなので、セカンドカーに着ける、保育園などの送り迎え用として考えると良いでしょう。

2位 コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショック

金額 19,800円〜
対象年齢 1歳〜11歳ごろまで
適応基準体重 9kg〜36kg
方式 固定式

軽量化で女性でも楽々取り扱いができるチャイルドシート

軽量化されたことで、女性でも取り付けや取り外しが楽々できるチャイルドシートです。価格も安く、長期間使えるので、コストパフォーマンスの良さはトップクラスです。さらに、丸洗いが可能なので、汚れても安心できます。

1位 レカロ スタート ジェイスリー シュヴァルツ RC270.001

金額 13,700円〜
対象年齢 3歳〜12歳ごろまで
適応基準体重 15kg〜36kg
方式 固定式

快適なドライブにはレカロのジュニアシートがおすすめ

自動車や航空機のシートが有名な、レカロ社のジュニアシートです。3歳〜12歳頃まで使える、ロングユース仕様となっています。車好きのパパ・ママから人気が高く、親子揃ってレカロシートでドライブを楽しむ家族も多いです。

チャイルドシートは安全性と子供の乗り心地を大切にしよう

チャイルドシートはたくさん種類が出ていて迷ってしまうところですが、実際に乗るのは子供です。親はデザインや装備で選びがちですが、一番大切なのは子供の乗り心地と、いざという時に子供を守ってくれる安全性能です。特に乗り心地は大切で、子供が嫌がってしまい、なかなかチャイルドシートに乗らないという子も多いそうです。

原因は、座り心地が悪かったり、振動がうるさかったりと様々ですが、小さな子供はその原因をうまく伝えることができません。子供が快適なドライブを過ごせるような、最適なチャイルドシートを選ぶようにしましょう。

まとめ

おすすめのチャイルドシートをご紹介しました。愛する我が子を守るために必要なカーグッズである、チャイルドシート。毎日使うものだからこそ、子供にとって座り心地が良く、通気性のいいものを選んであげ、快適なドライブを行えるようなチャイルドシートが理想的です。

今回は順位を紹介しましたが、子供は成長速度も違ければ、感性も違います。親の意見で選ぶのではなく、子供と一緒に選ぶようにすると良いでしょう。