犬 イメージ

雨が続いてしまい、なかなかワンちゃんのお散歩に行けない…。そんな経験、ありますよね?お散歩に行けないと、ワンちゃんのストレスが溜まってしまったり、外でしか排泄をしないワンちゃんなどは体調を崩してしまうケースもあるようです。

かと言って、ずぶ濡れになってお散歩に行くと、帰ってから乾かすのが大変ですよね。そんな時におすすめなのが、犬用のレインコートです。

犬用のレインコートにも様々な種類があり、ワンちゃんの性格に合ったレインコートを選ぶことができるようになっています。今回は、犬用のレインコートベスト20をご紹介します。

雨の日だってお散歩したい!犬用のレインコートはとっても便利

犬 イメージ

近頃のペットブームもあり、室内犬を飼っている方は増えているのではないでしょうか?室内犬を買う時に注意したいのが、体重の管理と運動不足です。

ワンちゃんのストレス解消目的だけではなく、健康面を考えても、犬にとってお散歩はとても大切なものだと言えるでしょう。しかし、雨が降るとお散歩をしないという飼い主さんが多いのも事実です。

梅雨から夏場にかけての雨が多い時期は、わんちゃんは運動不足になりがちです。1週間以上雨が続いてしまうと、中にはストレスで噛み付いたり体調を崩したりするワンちゃんもいるそうです。

そんな時に活躍するのが、ワンちゃんのレイングッズです。雨の日のお散歩も快適にできるように、バッグや靴など、ワンちゃんを雨から守るグッズが多数発売されています。

その中でも特に重要なのが犬用のレインコート。レインコートがあれば、雨も気にせずにお散歩に行くことができるでしょう。犬用のレインコートにデザインが似た飼い主さん用のレインコートを買ったら、お散歩も楽しくなりますね。

犬用のレインコートの役割とは?

犬 イメージ

そもそも、犬用のレインコートにはどのような役割があるのでしょうか?人間用のレインコートというと、服や頭が雨に濡れないために着るイメージです。しかし、犬用のレインコートの場合は、それ以外にも泥や汚れから愛犬の体を守るという役割があります。

人間と違い、犬は地面から近いところを歩いているので、どうしても体が汚れやすくなってしまいます。人間のように、濡れたらお風呂に入るというわけにはいきません。

そのため、濡れや汚れを最低限に保つことで、お散歩後の手入れを楽にするというのが、犬にレインコートを着せる最大の役割となります。また、普段から水に濡れることに慣れていないワンちゃんにとっては、お散歩に行けて嬉しい反面、雨に濡れるのがストレスになることもあります。

体が濡れると、風邪を引いてしまう可能性もあるので、ワンちゃんの体調を考えれば、雨の日のお散歩には、レインコートは必須アイテムだと言えるでしょう。

犬用のレインコートの種類

犬 イメージ

犬用のレインコートといっても、様々な種類が発売されています。フードの有る・無しはもちろん、丈の長い・短いなど、用途やワンちゃんの性格に合わせて選べるようになりました。

その中でも大きく分けて「マントタイプ」と「オーバーオールタイプ」の2種類に分けられるようになっているのが犬用のレインコートです。それぞれの特徴をご紹介しましょう。

マントタイプ

一般的な犬用のレインコートのイメージはこちらのマントタイプです。犬の頭や手足を通さずに脱着が可能なので、服を嫌がる子やそもそも服を着るのに慣れていない子にも、おすすめのレインコートです。

さらに、小さく折りたたむことができるので、1枚あるとレジャーなどでも活躍します。一方で、体をカバーできる面積も狭いので、濡れる部分も広くなってしまいます。胴体を守れるくらいなので、小雨の時には良いかもしれませんが、大雨になるとそこまでちょっと心もとないのも事実です。

オーバーオールタイプ

オーバーオールタイプは、洋服のように完全にワンちゃんの体をガードするようなレインコートになっています。両手・両足をカバーできるので、雨でも安心してお散歩することができる上、少しの泥はねや水たまりでも平気なのでワンちゃんもお散歩を楽しめるでしょう。

しかし、両手・両足・頭を通して着るので、普段からウェアを着ることに慣れていないワンちゃんは、嫌がる可能性が高いです。オーバーオールタイプのレインコートを着ることで、歩かなくなってしまうワンちゃんもいるので、ワンちゃんとの相性が悪いようなら、無理に着せるのはあまりおすすめはできません。

同様に、フードについても、頭が濡れないというメリットがある一方で、視野が狭くなったり、犬の耳が隠れてしまうなど、犬がストレスを感じてしまう場合があります。飼い主さんとしてはフードを被せたいところでしょうが、ワンちゃんが嫌がるようなら無理に被せるのはやめたほうがよいでしょう。

犬用レインコートの選び方のポイントをご紹介

犬 イメージ

犬用のレインコートの目的は、犬を濡らさないためです。そのため、選ぶ上で一番重要なポイントは、サイズ感になります。胴まわりに合わせると丈が長すぎたり、ワンちゃんが嫌がるのでゆとりを持ったサイズにすると、レインコートと体の間に隙間ができてしまいます。

すると、そこから雨が入って結果として濡れてしまうなど、サイズに関してはかなりシビアに選んだほうがいいでしょう。そのため、通販などで購入するよりも、実際のお店で試着をして選ぶことをおすすめします。

通販で購入する場合でも、返品・交換が可能なショップを選ぶようにしましょう。そのほか、レインコートを選ぶポイントは3つあります。

脱着のしやすさ

まず最初に注目したいポイントは、脱着がしやすいか否かということです。犬用のレインコートは、主にマジックテープ、ファスナー、ボタンのいずれかで留めるようになっていますが、マジックテープやファスナーの場合、毛が長いワンちゃんは絡まったりしてしまい、痛くなってしまう可能性があります。

また、脱着が簡単なのはマジックテープですが、ワンちゃんが走ったりリードとの兼ね合いなどで、剥がれてしまい、結果的にワンちゃんが濡れてしまう場合もあるので気をつけましょう。おとなしいワンちゃんであれば、ファスナーやボタンの方が、濡れない可能性は高いでしょう。

洗いやすさと乾きやすさ

レインコートは雨をしのぐための利用するので、1回使用する毎に乾かす必要があります。この時、乾きにくい素材を使っていると、朝の散歩で湿ったレインコートが、夕方でもまだ乾いていない…なんてことも考えられます。

濡れたレインコートを着て出かけると、撥水力も半減してしまうので、乾きやすい素材のレインコートを選ぶようにしましょう。

また、雨の日のお散歩は、泥や砂など汚れが着きやすいので、こまめに洗う必要があります。複雑な作りになっていると、洗う時に大変なので、シンプルな作りのものを選ぶと良いでしょう。

ただし、レインコートのほとんどは撥水加工や防水加工を施しています。撥水加工や防水加工は、合成洗剤、柔軟剤、漂白剤を使用すると、撥水性や防水性が悪くなる可能性があります。

レインコートを洗濯する時は、レインコートに付いている洗濯表示にしたがって洗濯するようにしましょう。

反射材が付いているとなおよし

これは必須条件ではありませんが、犬用のレインコートに反射材がついていると、安全性が高まるのでおすすめです。雨の日というのは、視界が悪くなってしまうので、運転手からワンちゃんが見えづらいことが多々あります。

夕方から夜にかけては、ほとんど見えなくなってしまうので、反射材が付いていればライトと反射し、ワンちゃんの安全を確保することができます。このようなポイントを心掛けてレインコートを選ぶようにしましょう。

犬用レインコート マントタイプのTOP10

それではここから、犬用のレインコートのおすすめランキングをご紹介しましょう。まずは、マントタイプのTOP10をご紹介します。洋服が苦手だったり、普段着慣れていないワンちゃんにはマントタイプから始めることをおすすめします。また、使う、使わないはともかく、1枚持っているとレジャーでも活躍してくれることでしょう。

10位 PAWZ Road ドッグウェア 犬服 レインコート

フード 有り
サイズ S〜XL
留め方 マジックテープ
反射材 なし

チェック柄のかわいいデザインが好評!

レインコートに見えない、普通の洋服のようなチェックのかわいいデザイン人気のレインコートです。お散歩のためだけではなく、愛犬に似合うレインコートを選びたい人におすすめです。

レインコートとしての機能もしっかりしており、脱着が簡単で、通気性もよく、手軽に洗うこともできるので梅雨の時期のお散歩にぴったり。

9位 ハッピーレインコート レッドチェック

フード なし
サイズ 1号〜8号
留め方 ボタン
反射材 有り

止めるのは4箇所のみ!服を着るのが苦手なワンちゃんでもOK

ボタンは4箇所止めるだけでOKなので、ワンちゃんに服を着ているという感覚を与えないレインコートです。防水性はそこまで高くありませんが、小雨程度ならこのレインコートで十分ワンちゃんを雨から守ることができるでしょう。

8位 Plus Nao(プラスナオ) 犬用レインコート レインポンチョ

フード 有り
サイズ XS〜XL
留め方 ボタン
反射材 なし

安さと豊富なカラーバリエーションが人気

「レインコート」というより「かっぱ」というイメージがぴったりの、簡易的なレインコートです。ピンクやブルーなど、豊富なカラーバリエーションと、安さが人気の秘密。

ワンちゃんがレインコートに慣れるための、練習用として1つ購入するのにぴったりの、レインコート初心者用です。

7位 Speedy Pet 犬服 レインコート

フード なし
サイズ S〜XXXL
留め方 マジックテープ
反射材 有り

高い防水性を誇るトレンチコートタイプ

シックなデザインと高い防水性が人気のレインコートです。脱着は少し複雑なので最初は戸惑うかもしれませんが、気温に合わせて厚さを調整できるので、通年利用できるのは嬉しいポイントです。

6位 【レインコート】大型犬向け ポンチョ 着せやすいカッパ

フード 有り
サイズ 6号〜12号
留め方 なし
反射材 なし

大型犬におすすめ!高いデザイン性と機能性を兼ね備えたレインコート

ポンチョタイプなので、かぶせるだけなので、脱着も簡単で、中型犬〜大型犬におすすめしたいレインコートです。撥水性・通気性は抜群。

また、ツートーンのシックなカラーバリエーションなので、デザインもよく、お散歩以外にもレジャーでも洋服代わりに着せるとおしゃれに見えますね。

5位 【PushPushi】レインボーラインドッグレインコート

フード 有り
サイズ TC〜XXL
留め方 ストラップ
反射材 無し

ワンちゃんの視覚を遮らない透明フードで頭もカバー

フード付きのレインコートは多いですが、実際に使うとなるとワンちゃんの視界を遮ってしまったり、耳を覆ってしまうのでワンちゃんが嫌がってしまうことが多いものです。

しかし、こちらのフードは、フード部分のみスケルトンになっているので、ワンちゃんの視界を遮ることなく、傘のような感じでフードを使えるので、ワンちゃんの頭を雨から守ることができます。

4位 Okdeals 犬のレインコート ラージドッグレインコート

フード 有り
サイズ M〜XXL
留め方 マジックテープ・ストラップ
反射材 有り

締め付けが緩いので普段洋服を着慣れていないワンちゃんにおすすめ!

ポンチョタイプなので、被せてストラップで止めるだけです。普段洋服を着慣れていないワンちゃんには、締め付けが緩いので大変おすすめです。

マントタイプなので、サイズ選びもそこまでシビアにならなくて良いのも特徴的です。反射材もしっかりと付いているので、夜のお散歩にも安心して行くことができます。

3位 Fortem 犬服 レインコート

フード 有り
サイズ 3XL〜5XL
留め方 マジックテープ
反射材 有り

メッシュ素材で梅雨のジメジメシーズンにおすすめ

シンプルでありながら、ワンちゃんの快適性が保たれているレインコートです。メッシュ素材なので、ジメジメした日でも通気性が抜群。

それでいて、しっかりと撥水性も高いので、雨もしっかりと弾くことができます。排泄もしやすくなっているので、これ1枚あれば雨のお散歩も楽しめるでしょう。

2位 犬 レインコート ペットレインコート 犬カッパ

フード 無し
サイズ S〜2XL
留め方 マジックテープ
反射材 有り

気軽に着れて高い撥水性!豊富なサイズ設定で様々な犬種に対応

見た目も機能性も、とにかくシンプルなレインコートです。露出している箇所が多いので、雨を避けるには少し心許ないですが、脱着と着やすさはトップクラスです。

サイズも豊富に揃っており、まずはこのレインコートから始めてみると、ワンちゃんも徐々に慣れてくれることでしょう。

1位 AWHAO 中型犬 大型犬用 服 防寒 レインコート

フード 無し
サイズ S〜XL
留め方 マジックテープ
反射材 有り

豊富なサイズと高い撥水力!防寒着としても活用できるレインコートでレジャーにおすすめ

シンプルではありますが、レインコートよりもベストに見えるので、レジャーシーンでも大活躍してくれるマント型のレインコート。

超撥水加工が施されているので、雨はもちろん、川や海で遊ぶときにもおすすめです。お値段もお手頃で、サイズも豊富に揃っているので、1着あるととっても便利。

犬用レインコート オーバーオールタイプのTOP10

続いては、オーバーオールタイプの犬用レインコートのTOP10をご紹介します。マントタイプに比べて、カバーする面積が大きいので、犬の体をあまり濡らさずにすむことができるオーバーオールタイプは、雨の日の散歩には欠かせないアイテムだと言えます。ただし、サイズ感が難しいので、選ぶときは慎重に選ぶようにしましょう。

10位 アイリスオーヤマ レインコート

フード 有り
サイズ MD〜4L
留め方 マジックテープ・ファスナー
反射材 有り

お腹も足も全身を雨から守る高い防御力を誇るレインコート

これぞオーバーオールタイプのレインコートのメリット!と言わんばかりの、全てが感じられるアイリスオーヤマのレインコートです。

背中開きで脱着させやすいことはもちろん、お腹も足も首も、全身をしっかりとカバーしてくれます。デザインが微妙なのは目を瞑りましょう。

9位 犬 レインコート 雨具 レインパーカー

フード 有り
サイズ XS〜XXL
留め方 ボタン
反射材 なし

気軽に着れて防水効果抜群!バイザー付きのフードも特徴的!

オーバーオールタイプのレインコートで有りながら、脱着が比較的簡単なことで人気のレインコートです。高い撥水効果と、広いカバー範囲は、強い雨の日でも安心してお散歩に行けるでしょう。

また、フードにはバイザーも付いており、目にかかる雨を避けられるので、ワンちゃんがフードを嫌がらなければ便利な装備となるでしょう。

8位 Paruru ワンちゃん 高品質 レインコート

フード 有り
サイズ S〜M
留め方 ボタン
反射材 なし

高い防水性と容易なサイズ調整で人気のレインコート

大きなボタンで、止めるところが少なく、脱着が簡単です。高い防水性ということもあり、快適なワンちゃんのお散歩を実現できるでしょう。

手足の部分には絞りもついているので、サイズ調整もできることから、強い雨の日にも安心してお散歩に行くことが可能です。

7位 大型犬向けレインコート 2タイプより選べる

フード 有り
サイズ 12号〜20号
留め方 マジックテープ
反射材 なし

背中開閉タイプのレインコート!大型犬でも簡単に脱着が可能

犬用のレインコートの多くはお腹が開閉するタイプのものです。そのため、首を通した後に手足を通して、お腹で止める必要があるので、レインコートを着せるのも慣れていないと大変です。

しかしこのレインコートは、背中が開閉するタイプなので、手足を通してしまえば簡単に開閉させることが可能です。

6位 フルッタ (Hurtta) レインブロッカー ストリーム

フード 有り
サイズ 25cm〜70cm
留め方 マジックテープ
反射材 有り

北欧のメーカーならではのおしゃれなデザインが人気

北欧で人気のペット用品メーカーである「フルッタ」が発売しているレインコートです。そのデザイン性の高さが人気の秘密です。

北欧メーカーだけあり、レジャー向けの機能が抜群!高い防水性能はもちろん、内にこもりがちな湿気や熱気を外に逃すような工夫がされており、ワンちゃんの快適性も抜群になっています。

こちらの生地はフルッタがオリジナルで開発した素材である「Houndetex」を採用しており、ゴアテックスに劣らない性能と好評です。

5位 PET P PET 犬用レインコート

フード 有り
サイズ S〜XL
留め方 なし
反射材 なし

防水性・通気性ともに優れた強い雨でも安心してお散歩ができるレインコート

フード部分と手足の部分が、紐でサイズを調整できるので、高い防水性能を誇ります。通気性も高いので、多少強い雨の日でも、ワンちゃんを濡らさずにお散歩できるでしょう。

締め付けが結構強いので、普段洋服に慣れていないワンちゃんには少しハードルが高いかもしれませんが、慣れているワンちゃんだったら快適なお散歩を実現できます。

4位 M's Dice 大型 中型 犬 用 レインコート

フード 有り
サイズ 3XL〜7XL
留め方 ボタン
反射材 有り

軽くて動きやすいのが最大の特徴!

愛犬の体へのフィット感と、動きやすさを追求したレインコートです。とにかく軽いので、普段通りお散歩することもできます。

サイズも豊富で、色も3パターンから選べるので、多頭飼いしていたり、仲良しのワンちゃん同士でペアルックでお散歩するのも楽しいですね。

3位 adidog つなぎレインコート

フード 有り
サイズ XS〜XXL
留め方 ボタン
反射材 有り

某スポーツメーカーのパロディ商品「adidog」

有名スポーツブランドのパロディであるadidogのレインコートです。デザインはモデルとなったスポーツブランドをそのままに、3本ラインならぬ3本の骨で構成されています。

飼い主さんのお散歩ウェアも合わせれば、雨の日でもお散歩が楽しくなりますね。リードの穴も付いているので、ワンちゃんの快適性も損なわないような設計となっています。

リーズナブルな価格なのもおすすめのポイントです。

2位 OAK 中型犬 大型犬 レインコート カッパ

フード 有り
サイズ 18号〜30号
留め方 マジックテープ
反射材 無し

背中開きで簡単脱着!高い防水性能を持つレインコート

高い防水性を誇りながらも、背中開きで脱着簡単!さらにフードは取り外し可能と、とにかく機能性の高いレインコートです。

雄犬のために、カットできる目安となる印がついているので、男女兼用で使えます。袖口や尻尾部分など、雨が入りやすいところは調節が可能なので、ワンちゃんの性格に合わせて着させられるのは嬉しいですね。

1位 S-BBG 大人気つなぎレインコート

フード 有り
サイズ XS〜XXL
留め方 ボタン
反射材 有り

コストパフォーマンス抜群!通気性・脱着のしやすさ・防水力の全てを兼ね揃えたレインコート

お手頃価格でありながら、機能性はもちろん、デザイン性も優れていて、コストパフォーマンスの高いレインコートです。単色のカラーでもいいですが、おすすめは迷彩柄です。

釣りやキャンプなど、レジャーシーンでこれを着ているとおしゃれで水も気にせずに遊ぶことができるでしょう。

犬用のレインコートで雨の散歩も楽しく過ごそう

犬 イメージ

雨の日は散歩に行かないという飼い主さんは多いでしょう。しかし、犬用のレインコートがあれば、犬が濡れたり汚れたりすることをあまり気にせずお散歩に行けるようになります。

ワンちゃんのストレスも軽減されるので、ぜひ1着購入することをおすすめします。また、雨の日はなかなか外に出ることが億劫になりがちですが、雨のお散歩だからこそ、飼い主さんにも見えてくる景色があったり、新たな発見もあるでしょう。雨の日のお散歩、実はおすすめです。

まとめ

犬 イメージ

犬用のレインコートを、マントタイプ、オーバーオールタイプのタイプ別に合わせてそれぞれご紹介しました。犬用のレインコートも最近はかわいらしいデザインのものや、高い機能を持ったものが発売されており、雨の日でも快適にお散歩ができるようになっています。

今回ご紹介したレインコートはほんの一部で、より防水性が高い生地を使ったレインコートや、ゴアテックス素材を使ったものなど、お散歩以外でも利用できるレインコートがたくさんあります。

ワンちゃんのレインコートのデザインに合わせて、お子さんや飼い主さんもお揃いのレインコートを買うと、雨の日のお散歩が楽しくなるかもしれませんね。