【2019年】おすすめ最強メンズリュック16選!20代メンズの定番・流行・通学・通勤・アウトドアに最適なのは?

「オシャレなリュックを手に入れたい」
「変なリュックを背負って通学時ダサいと思われたくない」
「通勤時、周囲から浮かない程度のリュックが欲しい」
「アウトドアに使えるリュックってどれがいいの?」

リュックは選択肢が多すぎて選ぶのが大変ですよね。
私も過去、散々リュックについて悩み、あれこれ買いあさりました。

そして私は結果的に「30個以上のリュック」を手にとり、色々と検証を行いました。
そんなリュック狂の私が導き出した最強のリュックを用途別、ランキング形式で今回は16個、ご紹介いたします。

当記事を読めばリュック選びに失敗することはまずないでしょう。
ぜひリュック選びの参考にしていただければ幸いです。

リュックの選び方


出典:zozoタウン
まずはリュックを具体的に紹介する前にリュックの前提知識を持っておくことが重要です。
なぜなら知識のない状態でリュックを選んでしまうと、TPOや用途に合っていない使いづらいリュックを買ってしまうから。

そうならないためにも、まずはリュックの選び方について説明していきます。

リュックの素材


出典:yahoo!ショッピング
はじめに、リュックの素材についてです。

素材には基本的にナイロンやポリエステルが使われることがほとんど。
キャンバス生地のリュックなどもありますが、重さや耐久性、撥水性を考えるとナイロン・ポリエステルを使用しているリュックの方がおすすめです。

またナイロンの中にもコーデュラやバリスティックと呼ばれる特殊なナイロンを使用しているモデルもあります。(詳しくは後述します)
コーデュラナイロンもバリスティックナイロンも耐久性に非常に優れており、リュック選びの1つの指標となります。

今回ご紹介するリュックも特殊な素材を使用しているものを優先的に選びました。
リュック選びの際はぜひ素材についても検討してみてください。

ポイント
  • ナイロン・ポリエステルのものを選ぼう
  • コーデュラやバリスティックなどの特殊素材を使用しているものを選択しよう

デザイン


出典:Amazon
次に重要になってくるのはデザインです。

デザインはTPOに合わせるのがポイント。
なぜなら通勤時にあまりにも派手でアウトドア向けのリュックを背負っていたら浮いてしまいますよね。

アウトドア時は派手なデザインでもいいですが、通勤・通学時はなるべく落ち着いたデザインのリュックを使用するのが好ましいです。
リュック選びの指標としてあなたが使う場面を想像して、浮かないデザインのものを選択しましょう。

そして色についてもデザインを左右する重要なポイントです。

通学や通勤におすすめのカラーリングは基本、黒かネイビーです。
なぜなら落ち着いた印象を与えますのでスーツや私服に落とし込みやすいから。

一方でアウトドアをがっつりやりたい人は派手なデザインでも目を惹いていいでしょう。

ポイント
  • TPOに合わせたデザインで
  • 通勤・通学には黒かネイビー
  • アウトドアなら派手なデザインでもOK

機能性


出典:Amazon
機能性も重要です。

機能性とは素材の撥水性や耐久性だけでなく、ポケットの数やチェスト・ウエストストラップの有無なども考慮されます。

高機能になれば値段も上がってしまいますが、それだけ使いやすくなりますので、お財布と相談してできるだけ高機能かつ安価なものを選択すると良いでしょう。

ポイント
  • 素材の耐久性や撥水性をチェック
  • ポケット数や各種ストラップの有無も重要

容量


出典:Amazon
リュックの容量も重要なポイントです。
リュックの大きさとも言い換えることができますが、「リュックにどれだけの荷物が入るか?」がリュック選びの重要なポイントになってきます。

例えば通勤・通学をするならパソコンや参考書などを入れば十分なので、20Lくらいの容量があれば十分でしょう。
逆にアウトドアを行うなら30L近い容量があっても不足しかねません。

リュックを購入する際はサイズと容量について検討してみてください。
あなたの使用する場面を想像すれば、自ずと必要な容量・サイズが見つかるはずです!

ポイント
  • リュックの容量に注意
  • 通勤・通学なら20Lあれば十分
  • アウトドアなら30L付近を狙うのがおすすめ

用途


出典:サンワサプライ
最後に紹介するのは用途についてです。
先ほど「リュックはTPOに合わせて選ぼう!」と言いましたが、そのTPOが用途。

通学なら教科書・参考書が入ればOKですし、通勤に使用するならパソコンが入れば大丈夫でしょう。
一方でアウトドアに使用するなら、たくさんの荷物を入れなければならないですし、荷物の取り出しも素早く行えるものを選択する必要があります。

「どんな風にリュックを使いたいか?」をよく考えてからリュックを選択するようにしましょう。

ポイント
  • 通学には教科書が入ればOK
  • 通勤にはPCが入ればOK
  • アウトドアでは大容量かつ、素早くカバン内にアクセスできることが重要

定番のおすすめメンズリュックブランド4選

それでは具体的なリュックのブランドとアイテムについて解説を行なっていきます。
まずは「定番」についてです。

「これを購入しておけば通学・通勤は大丈夫」そんな定番リュックを3つ選びました。
「流行とかよくわかんないけど、定番は外したくない」という方は参考にしてみてください。

第1位:PORTER(ポーター)


出典:PORTER
「ポーター」は「吉田カバン」が手がける老舗の日本のブランドです。
「一針入魂」をモットーに高品質のカバンをいまなお作り続けているブランド。

ポーターのカバンは耐久性に非常に優れ、ラフに扱っても破れたり壊れたりしにくいので、多くの学生やサラリーマンに支持されています。
特にサラリーマンが出張時にパソコンを持ち運ぶ際は重宝されており、サラリーマン・社会人に人気のブランドといえるでしょう。

カバン選びに迷った時、間違いなくおすすめできるブランドです。

PORTERのおすすめリュック

ポーターのおすすめリュックは「TIME デイパック」です。

商品詳細
商品名:[ポーター]PORTER タイム TIME デイパック 655-06169
価格:34,560 円
素材:【表地】コーデュラナイロンツイル、【裏地】ナイロンオックス
ポイント
  • 素材:コーデュラナイロンツイルのタフな素材。
  • デザイン:ブラックでシンプルなデザイン、どんなコーディネートにも落とし込める。
  • 機能性:2層構造でノートパソコンも安心に持ち運べる。
  • 容量:約 W290×H430×D160(mm)
  • 用途:ビジネス・通勤から通学まで幅広く対応できるシンプルかつ高機能なリュック。

素材は最高級のコーデュラナイロンを使用し、ガシガシ使える高機能仕様。

  • コーデュラナイロンとはナイロンの7倍の耐久性を持つ素材。
  • 高い耐摩耗性や耐久性を誇る。
  • 頑丈な生地でありながら、しなやかでリュックに最適。

PORTERのリュックはデザインがシンプルでタウンユースにぴったり。

パソコンも持ち運びできる安心の二層構造ですので、通勤から通学にも使えるまさに定番の王者ともいえるリュックです!
素材の耐久性、デザイン、大きさ三拍子そろっておすすめできるため、定番リュックの第一位にランクインしました。

第2位:MAKAVELIC(マキャベリック)


出典:MAKAVELIC
「マキャべリック」はタウンユースや旅を最優先に考えるブランドです。
快適に過ごすためにストラップや背面パッドに工夫が施されており、使用者の負担を軽減します。

そんなマキャべリックのバッグは耐久性に優れたコーデュラナイロンなどを使用し、ガシガシと使えるタフなバッグとなっています。
ノートPCの持ち運びなども考慮されており、まさにタウンユースの王道のブランドといえるでしょう。

MAKAVELICのおすすめリュック

マキャべリックのおすすめリュックは「TRUCKS DOUBLE BELT ZONE MIX」です。

商品詳細
商品名:[マキャベリック] TRUCKS DOUBLE BELT ZONE MIX 3106-10118
価格:17,280円
素材:表地】ポリエステル、【裏地】ポリエステル
ポイント
  • 素材:ポリエステル
  • デザイン:シンプルな2ベルトデザイン。ロゴデザインがアクセントに。
  • 機能性:内側のポケット数も多く、細かい荷物を持ち運ぶにはぴったりのリュック。
  • 容量:A4サイズ収納可能、タテ20cmxヨコ(上部30cmx底部22.5cm)xマチ11cm、20L
  • 用途:タウンユースにぴったりのシンプルなデザイン。

シンプルで落ち着いたデザインのマキャべリックのリュック。
全体的なデザインはタウンユースにぴったりの落ち着いた雰囲気となっています。

ただし、肩にあたるストラップは重さを軽減するようなデザインになっており、収納力も20Lと十分です。
デザインと機能性を両立したおすすめの定番リュックです。

ただしデザインが多少若者向けなのと、容量が20Lと大容量ではないため、第2位にランクインしました。
学生にはポーターよりデザイン性が高いためおすすめといえるかもしれません。

第3位:HERSCHEL SUPPLY(ハーシェルサプライ)


出典:HERSCHEL SUPPLY
「ハーシェルサプライ」は2010年に始動したカナダのバッグブランドです。
ハーシェルは地名で、ブランド設立者のルーツがある土地の名前を使用しているとのこと。

アイテムはクラシックな要素と現代的な要素を組み合わせて作られており、懐かしくも新しい商品をリリースしています。
シンプルながら遊び心が効いた粋なデザインのアイテムが多いブランドです。

HERSCHEL SUPPLYのおすすめリュック

ハーシェルサプライのおすすめリュックは「Dawson Black/Tan Synthetic Leather」です。

商品詳細
[ハーシェルサプライ]Dawson Black/Tan Synthetic Leather
価格:9,504円
素材:ポリエステル
ポイント
  • 素材:ポリエステル
  • デザイン:印象的な三本のベルトのデザイン。
  • 機能性:ポケットの数:3(外側2/内側1)
  • 容量:A4サイズ収納可能、タテ39cmxヨコ28cmxマチ15cm
  • 用途:タウンユースにちょうどいいミニマルなサイズ感。

三本ラインが印象的なハーシェルサプライのリュックです。
ポケット数もデザインも最小限のミニマルなデザインとなっています。

そのためタウンユースに落とし込みやすいデザイン、機能性を持っています。
ミニマルなデザインでもA4サイズが収納可能と、通勤通学で活躍するちょうどいいサイズ感も魅力的なポイントです。

カジュアル要素が強いデザインなので通勤には使いにくいかもしれないので第3位にランクインしました。
一方で大学生には最高なアイテムといえるでしょう。

若者向けという意味なら1位、2位に引けを取らないおすすめの商品です。

第4位:patagonia(パタゴニア)


出典:patagonia
第4位は「パタゴニア」です。
パタゴニアはアメリカのアウトドア、サーフィン、軍用品などを手がけるブランドです。

環境保全に力を入れており、製品の多くはエコな素材を使用して生産されていることで知られています。

パタゴニアのアイテムはシンプルながらもどこか遊びの効いたデザインで男心をくすぐるものになっているので、細やかなデザインが好きな人にはたまらないブランドといえるでしょう。

patagoniaのおすすめリュック

パタゴニアのおすすめリュックは「Arbor Classic Pack」です。

商品詳細
patagonia パタゴニア Arbor Classic Pack アーバー クラシック パック バックパック リュック リュックサック デイパック バッグ
価格: 10,480円
素材:6.2オンス・600デニール・原料染めリサイクル・ポリエステル100%・ポリウレタン・コーティングとDWR(耐久性撥水)加工済み・ブルーサインの認証済み/裏地:3.3オンス・200デニール・リサイクル・ポリエステル100%・ポリウレタン・コーティングとDWR加工済み
ポイント
  • 素材:6.2オンス・600デニール・原料染めリサイクル・ポリエステル100%・ポリウレタン・コーティングとDWR(耐久性撥水)加工済み・ブルーサインの認証済み/裏地:3.3オンス・200デニール・リサイクル・ポリエステル100%・ポリウレタン・コーティングとDWR加工済み
  • デザイン:フラップがついた雨よけのデザインが可愛らしい
  • 機能性:ラップトップスリーブ(15インチまで対応)×1・ファスナーポケット(フラップ内側にあり)×1/外部収納:ファスナーポケット×1
  • 容量:25L
  • 用途:アウトドアシーン、通学で活躍

アウトドア色の強いパタゴニアのリュックサックですが、意外にもタウンユース、通学で使いやすい容量とカラーリング

使用している素材がリサイクルポリエステルと環境に配慮したものを使用している点もポイント高いです。
さらに素材に耐久加工と撥水加工をしてあるのでガシガシと雨天で使うことも可能。

またラップトップスリーブが付いているので学生などパソコンを持ち歩く際に役立つでしょう。

ただアウトドア色が若干強く、使用するシーンを選ぶことから今回は第4位のランクインとなりました。

流行のおすすめメンズリュックブランド3選

次は「流行」に焦点をあてておすすめのメンズリュックを紹介していきます。
定番のリュックに比べると一癖、二癖あるアイテムばかりです。

流行好きな方にはたまらないアイテムでしょう。

第1位:cote&ciel (コートエシエル)


出典:cote&ciel
流行のメンズリュックブランド第1位は「コートエシエル」です。
コートエシエルはApple公認のアクセサリーブランドであり、その高い機能性や収納力は本物。

また素材にも気を使っており、エコな素材(エコヤーン)などを使用してバッグを作っています。
特徴的なデザインを有しながらも、環境保全にも意識を向けている素敵なブランドです。

独特なデザインから2019年流行中です!

cote&ciel のおすすめリュック

コートエシエルのおすすめメンズリュックは「コートエシエル Isar Rucksack M」です。

商品詳細
COTE&CIEL/コートエシエル/コートシエル Isar Rucksack M
価格:21,780円
素材:エコヤーン/カーゴキャンバス
ポイント
  • 素材:エコヤーン/カーゴキャンバス
  • デザイン:独特なデザインのシルエット。他のリュックブランドとは一線を画す唯一無二のデザイン。
  • 機能性:外側:ファスナーポケット×2/固定バンド×2/内側:前面収納:PC収納ポケット×1/ファスナーポケット×1/仕切りありオープンポケット×1
  • 容量:縦×横×厚:約55×32×21.5cm
  • 用途:Apple製品の公式アクセサリーでもあり、ビジネスシーンでも通学にも役立つ汎用性の高さがポイント。

Appleの公式ハイエンドアクセサリーブランドのコートエシエル。
13インチのMACを持ち運ぶのに最適なサイズです。

独特なデザインをしているため、このリュックを背負うだけで一目置かれます。

またデザインの面だけでなく扱っている素材は「エコヤーン/カーゴキャンバス」と呼ばれる耐久性・撥水性に優れながらも環境に優しい素材を使用している点もおすすめの理由。

独特なデザイン、高い機能性、タフながら環境に優しい素材感と三拍子そろった流行のおすすめリュックです。
上記の理由から流行のリュックおすすめ部門で第1位にランクインしました。

第2位:master-piece(マスターピース)


出典:master-piece
「マスターピース」は傑作を意味する言葉です。
その名の通り、間違いなく最高峰の技術で作成されるカバンは定評があります。

マスターピースの魅力はシンプルながらも存在感のあるデザインと高い機能性です。
まさに傑作を生み出すブランドで、リュック選びに困った際、候補にいち早く上がってくるブランドといえるでしょう。

デザインは若者向けのものが多いので、通勤より通学向けの商品が多いです。

master-pieceのおすすめリュック

マスターピースのおすすめメンズリュックは「master-piece Density リュック」です。

商品詳細
[マスターピース]master-piece Density リュック 01359
価格:24,840円
素材:本体/高密度ナイロンツイル、付属/オイルドカウレザー、付属/カウレザースエード
ポイント
  • 素材:本体/高密度ナイロンツイル、付属/オイルドカウレザー付属、/カウレザースエード
  • デザイン:レザーとナイロンを組み合わせたハイセンスなデザイン。
  • 機能性:サイドファスナーからメイン収納へ直接アクセスが可能なため、中の荷物取り出しに便利。
  • 容量: W26・H46・D19cm
  • 用途:現代的なデザインで、タウンユースに最適。

デザイン面においてレザーとナイロンを組み合わせた現代的なルックス
また機能面でもサイドファスナーが付いており、簡単に内側にアクセスできる利便性もあります。

さらにショルダーストラップにはクッション材が入っており、肩への負担が少ないのも使いやすいポイントです。
現代的なデザインと高い機能性を兼ね備えているため、特におすすめできるリュックといえるでしょう。

ただ通勤に使うには少しデザインが若者向けですので、汎用性の面から第2位へのランクインとなりました。

第3位:Supreme(シュプリーム)


出典:Supreme

「シュプリーム」は言わずと知れたストリートファッションの王道的ブランド
ニューヨークのスケーターに「クールなストリートファッションを提供する」をテーマに立ち上がったブランドです。

シュプリームは2019年非常に流行しており、「流行のブランドは?」と聞かれたら間違いなく「シュプリーム」と答えるでしょう。
流行の最先端を攻めたいならシュプリームに挑戦してみてください。

Supremeのおすすめリュック

シュプリームのおすすめリュックは「Supreme Backpack 17FW (シュプリーム バックパック 17FW)」です。

商品詳細
Supreme Backpack 17FW (シュプリーム バックパック 17FW)
価格:42,800円
素材:リップストップナイロン
ポイント
  • 素材:リップストップナイロン
  • デザイン:リフレクターで豪快にプリントされたロゴが印象的
  • 機能性:止水ジップ、ブランドロゴのリフレクター
  • 容量: 20L
  • 用途:街で使用するのに最適なデザインと機能性

流行ど真ん中のブランドのリュックですので、流行モノが好きな方にはたまらない一品でしょう。
ストリートファッションとの相性がよく、容量は20Lと程よい大きさでタウンユースに最適といえます。

人気のブランドですので、すぐ売り切れてしまいます。
手に入れたい場合はお早めに購入するのが得策でしょう。

流行という点では間違いなく1位なのですが、値段が高いため手に入れにくく今回は第3位にランクインしました。
お財布に余裕があり、流行のアイテムを手に入れたい場合は間違いなく一押しの商品です。

大学生の通学におすすめメンズリュックブランド3選

大学生の通学におすすめのリュックをご紹介していきましょう。
大学生とのことですので、「お財布にそこまで余裕はないけど、かっこいいリュックを背負いたい!」という願望があるかと思います。

今回は大学生向けということで「参考書が入る容量のかっこいいリュック」をご紹介いたします。
お値段も高すぎないアイテムを選択しましたので、大学生は今回ご紹介する3つのリュックからチョイスしてみてください。

第1位:ARC'TERYX(アークテリクス)


出典:ARC'TERYX

第1位は「アークテリクス」です。

アークテリクスはカナダ発のアウトドアブランドです。
本格派のアウトドアギアを生産するブランドですのでリュックも超一流の機能性を誇ります。

ブランドのロゴはブランド名の由来でもある「始祖鳥」の学名からとられています。
アークテリクスはブランドロゴを見れば一目でわかるのも嬉しいポイントです。

アークテリクスの服はかなり値段が高いのでなかなか手を出しづらいですが、リュックなら比較的気軽に手を出せるのではないでしょうか。
最高の機能性とかっこいいデザインを両立した最高峰のリュックを生産しています。

ARC'TERYXのおすすめリュック

アークテリクスのリュックでおすすめしたいのは「アロー22」です。

商品詳細
[アークテリクス]ARC'TERYX リュック 6029 ARRO 22 BACKPAC 22L
価格:29,1600円
素材:Invista Ballistic Superpack ナイロン
ポイント
  • 素材:nvista Ballistic Superpack ナイロン
  • デザイン:三角形のような特徴的なデザイン。ブランドロゴが印象的
  • 機能性:止水ジップ、バリスティックナイロンの耐久性
  • 容量: 22L
  • 用途:22Lと程よいサイズ感で通学にはぴったり。デザインもカッコよく一目置かれること間違いなし。

文句なしのカッコいいデザイン、アークテリクスのアロー22。
22Lとサイズも大きすぎず、小さすぎず通学にはぜひおすすめしたいリュックです。

さらにバリスティックナイロンを使用するなど、機能性はさすがアウトドアブランドといえるところ。

バリスティックナイロンの特徴"]
  • 通常のナイロンの5倍の強度を誇る特殊素材
  • デュポン社が開発した特殊なナイロン
  • 高い耐久性、耐摩耗性、防水性がある

オーバースペックでもタウンユースしやすいアロー22は大学生の通学におすすめの一品。

通学部門、堂々の1位にランクインです。

第2位:NIXON(ニクソン)


出典:NIXON
「ニクソン」はアメリカ発の腕時計ブランドで、現在はバッグの生産なども手がけています。
ブランドの特徴としては「安価で高品質な商品を提供する」というものです。

他のブランドに比べてもニクソンは安価でありながら、高い機能性を誇るため大学生や高校生におすすめのブランドです。

NIXONのおすすめリュック

ニクソンのおすすめリュックは「LANDLOCK III BACKPACK」です。

商品詳細
[ニクソン] リュックサック LANDLOCK III BACKPACK NC2813
価格:10,206円
素材:600D ポリエステル&1200D PU加工のリップストップ
ポイント
  • 素材:600D ポリエステル&1200D PU加工のリップストップ
  • デザイン:シンプルなルックスに四本のベルトが目を引く
  • 機能性:ポケットの数:7(外側3/内側4)
  • 容量: A4サイズ収納可能、タテ49cmxヨコ33cmxマチ20cm
  • 用途:A4サイズの収納と、大量のポケットから通学におすすめ

コストパフォーマンスに優れ安価で高い機能性とデザイン性を両立しています。
特にポケットの数が多く、荷物の多い学生にはちょうどいい機能性を有しています。

素材はリップストップ(格子状の生地で破れにくい)を採用しており、タフに使えるのもおすすめポイントです。
通学には最適な一品といえるでしょう。

ただしデザインの面において、アークテリクスのアロー22に比べると地味な印象を与えるため今回は2位にランクインしました。

よりシンプルなデザインの方が好み、あるいは値段が安い方がいいという場合はニクソンを選択するのもアリかと思います。

第3位:THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)


出典:THE NORTH FACE

「ノースフェイス」はサンフランシスコ発のアウトドアブランドです。
ブランド名は登山時に過酷になってくる「北側」が由来となっています。

過酷な環境に耐えられるような高機能なアイテムを次々とリリースしており、キャンプグッズや登山ギアなどが有名なブランドです。

THE NORTH FACEのおすすめリュック

ノースフェイスのおすすめリュックは「ヒューズボックス2」です、

商品詳細
[ザ・ノース・フェイス]リュック BC ヒューズボックス2
価格:12,037円
素材:表地: 1000DTPEファブリックラミネート(ポリエステル100%)、1680Dナイロン
ポイント
  • 素材:表地: 1000DTPEファブリックラミネート(ポリエステル100%)、1680Dナイロン
  • デザイン:四角いかわいらしデザイン。マチが大きく大容量。
  • 機能性:ポケットの数:8(外側3/内側5)
  • 容量: B4サイズ収納可能、タテ41cmxヨコ32cmxマチ14cm
  • 用途:コンパクトかつ収納ポケットの数が多く、学生の通学には特におすすめ。

パッド付きのPCスリーブが付いているため安心してパソコンを持ち運べます。
特に大学生の通学にはおすすめのリュックです。

容量も大きすぎず、コンパクトなので背負った時に重くならないのもグッド。
ポケットの数が非常に多いので細かい荷物をたくさん持ち運ぶ時も役に立ちます。

ただスポーティすぎるデザインですので、1位、2位には一歩及ばず第3位にランクインしました。

一方でスポーティが好き、アウトドアでも使いたいという場合はノースフェイスのモデルを利用する方がマッチするでしょう。

会社員の通勤におすすめメンズリュックブランド3選

次は会社員・ビジネスマンの通勤におすすめのメンズリュックブランドとアイテムをご紹介していきます。

通勤時に使うものなので派手なデザインのものはNG
容量もパソコンと書類が入れば十分ですので、20Lほどのものを選びましょう。

では会社員・ビジネスマンにおすすめの第1位のリュックからご紹介していきます。

第1位:INCASE(インケース)


出典:INCASE

第1位は「インケース」です。
インケースは1997年に立ち上がりました。
そして現在ではApple社のアイテムに対応するアクセサリーを生産するApple公認のブランドです。

Apple社の製品を運ぶ際にベストなパフォーマンスを出せるようなアクセサリー・バッグを生産しており、その高い技術力と落ち着いたデザインは非常に魅力的。

会社員やビジネスマンにとってはまさにおすすめのブランドといえるでしょう。

INCASEのおすすめリュック

インケースのおすすめリュックは「リュック CL55532」です。

商品詳細
インケース INCASE バッグ リュック メンズ レディース CL55532
価格:19,800円
素材:耐性840Dナイロン
ポイント
  • 素材:耐性840Dナイロン
  • デザイン:一切の無駄がないデザイン。マットな質感でビジネスシーンでも活躍
  • 機能性:ラップトップを収納可能なクッション付きポケットをはじめとして、多数のポケットを完備
  • 容量: 約48×33×23cm
  • 用途:ビジネスシーンに最適なデザインと機能性

なんといってもシンプルで飽きのこないデザインはビジネスシーンで大活躍します。
耐久性の高い840Dナイロンを素材に使用しており、ラフにガシガシ使っても大丈夫。

またApple公認のブランドであるためMACやiPadなどを持ち運ぶのに最適なクッションポケットを有している点もポイントが高いです。
ビジネスシーンでも浮かないシンプルなデザインと高い機能性を併せ持つため堂々1位にランクインしました。

第2位:Samsonite(サムソナイト)


出典:Samsonite

「サムソナイト」はアメリカ発祥のビジネスマン向けのバッグ・スーツケースブランドです。
ビジネスマン向けに作られているので、デザインは落ち着いたものが多く、機能性に富んでいます。

ビジネスリュックを探しているのであればインケースに次いであげられるブランドでしょう。
まさにビジネスに特化したブランドですので、会社員・ビジネスマンは要チェックです。

Samsoniteのおすすめリュック

サムソナイトのおすすめリュックは「ヴァイゴンラップトップバックパック」です。

商品詳細
[サムソナイト] ビジネスバッグ ヴァイゴンラップトップバックパック
価格:18,144円
素材:ポリエステル
ポイント
  • 素材:ポリエステル
  • デザイン:シンプルで無駄のないデザイン。内側の赤色がアクセントに。
  • 機能性:ポケットの数:8(外側2/内側6)
  • 容量: A4サイズ収納可能、タテ41cmxヨコ32cmxマチ17cm
  • 用途:ビジネス専用リュックサックですので、通勤に最適

通勤時に必要な機能が全て詰まったサムソナイトのビジネスリュック。
シンプルなデザインながらも8個ものポケットが付いており、収納性は抜群です。

ビジネス書類と私物をしっかりと分ける二層の構造になっているため、出張などでも大変活躍するでしょう。

ただデザインの面でインケースと比較すると、年齢層が高めの男性に似合うデザインになっているので、若者向けではないという点から第2位にランクインしました。

30代以降のメンズにはおすすめしたいリュックです。

第3位:LORINZA(ロリンザ)


出典:LORINZA

「ロリンザ」は日本のバッグブランドで、「最高の品質と縫製」をモットーに製品を作り続けています。
製品の多くは耐久性にすぐれたバリスティックナイロンを使用しており、タフなバッグをお探しの方には刺さるブランドでしょう。

デザインは遊びの効いたものからシンプルなものまであるので、ビジネスシーンでも活躍すること間違いなしです。

LORINZAのおすすめリュック

ロリンザのおすすめリュックは「LORINZA バックパック」です。

商品詳細
[ロリンザ] LORINZA バックパック
価格:35,640 円
素材: Ballistic Nylon
ポイント
  • 素材: Ballistic Nylon
  • デザイン:リュックの上部だけでなく横側にもグリップがついており、スーツケースのように持つことができるデザイン。
  • 機能性:ショルダーストラップが付属するため、ショルダーバッグとしても使用可能
  • 容量:タテ50cmxヨコ30cmxマチ14cm
  • 用途:ビジネス・通学・タウンユース、どの場面でも使用できるクセのなさが魅力

素材には耐久性にすぐれたバリスティックナイロンを使用。
ラフに扱っても破れたり傷がつくこともほとんどありません。

またデザイン面でもクセのないデザインでビジネスシーンはもちろん、学生の通学やタウンユースにもおすすめです。
またショルダーストラップを付けることでショルダーバッグとしても使用できることから汎用性の高いバッグ。

ただし、値段が高く手にとりづらいのがネックとなるため、惜しくも第3位にランクインしました。

アウトドアのおすすめメンズリュックブランド3選

最後に紹介するのは「アウトドア」で使うリュックです。
アウトドアでのリュック選びのポイントは「容量」です。

アウトドアでは大容量(20L以上)のリュックを選択することで、多くの荷物を運ぶことができます。

アウトドアでリュックを選ぶ際は容量と、バッグの中へのアクセスの良さを基準に評価するとよいでしょう。

第1位:MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)


出典:MYSTERY RANCH

まずアウトドア部門第1位のブランドは「ミステリーランチ」です。
ミステリーランチはアメリカ軍の特殊部隊でも採用されている本格仕様のアウトドアリュックブランド

軍隊の過酷な環境に適応するための高い機能性と耐久性を持っているため、オーバースペックともいわれるほどの製品の完成度です。

「機能性・背負い心地・品質・耐久性」を極限までつきつめたブランドですので、アウトドアシーンで大活躍すること間違いなしでしょう。

MYSTERY RANCHのおすすめリュック

ミステリーランチのおすすめリュックは「クーリー25」です。

商品詳細
MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)リュックサック クーリー25 バックパック mr-coulee25
価格:19,800円
素材: ナイロン
ポイント
  • 素材: ナイロン
  • デザイン:Y字の特徴的なジッパー
  • 機能性:Y字に開くメインポケットは内部のものにアクセスしやすく、機能性は抜群
  • 容量:(約)幅36x奥行25x高さ60cm、25L
  • 用途:アウトドアシーンに最適(米軍特殊部隊も使用している機能性とタフさ)

Y字のデザインが特徴的なミステリーランチのリュック。

他のブランドと被らない特徴的なデザインだけでなく、Y字のジッパーがバッグ内部へのアクセスを素早くする機能性を兼ね備えています。

また容量も25Lと大容量ですので、アウトドアシーンで大活躍すること間違いなしでしょう。
アウトドアで目立ちたい!そんな方にはおすすめのリュックじゃないでしょうか?

上記の理由からアウトドアにおけるおすすめリュック第1位にランクインしました。

第2位:Columbia(コロンビア)

次に紹介するのは「コロンビア」です。
コロンビアはアメリカのオレゴン発のアウトドアブランドです。

防水や防寒などアウトドアで活躍するウェアやギアの生産を行なっています。
なかでもリュックは機能性とデザイン性を両立させたバランス感覚にすぐれた商品が多く、おすすめです。

Columbiaのおすすめリュック

コロンビアのおすすめリュックは「ThirdBluff30LBackpack」です。

商品詳細
[コロンビア] ThirdBluff30LBackpack PU8224-010
価格:6,600円
素材:合成繊維
ポイント
  • 素材: 合成繊維
  • デザイン:横に走った2ベルトが印象的
  • 機能性:背負いやすいショルダーストラップが特徴的、ポケットの数:3(外側2/内側1)
  • 容量:A4サイズ収納可能、タテ53cmxヨコ28cmxマチ15cm
  • 用途:アウトドアからビジネスシーン、通学まで対応可能

十分な収納力を兼ね備えながら、シンプルで落ち着いたデザインが特徴のアウトドアブランド「コロンビア」。
アウトドアシーンでは派手なリュックが多いですが、コロンビアのリュックはシンプルでタウンユースにも落とし込みやすいデザインです。

アウトドアで使用可能な上、タウンユースにも使える汎用性がおすすめの理由。
また、内側が赤色になっており、アクセントになる他、荷物を探しやすいというメリットもあります。

扱いやすいカラー、デザインと高い機能性、そして値段が安いとメリットが非常に多いのがコロンビアのリュックの特徴です。

強いていうなら素材がコーデュラやバリスティックナイロンなど特殊な素材を使用していない点がマイナスポイントで、今回は第2位にランクインしました。

第3位:GREGORY(グレゴリー)


出典:GREGORY

第3位のブランドは「グレゴリー」です。
「グレゴリー」はカリフォルニア発のバッグブランド。

「最高の背負い心地」を追求した製品作りを30年以上続けている質実剛健なブランドです。
お値段もお手頃でアウトドア初心者には手に取りやすいアイテムが揃っているので、アウトドアをこれから始めたい方にはおすすめのブランドといえるでしょう。

GREGORYのおすすめリュック

グレゴリーのおすすめリュックは「デイパック」です。

商品詳細
[グレゴリー] バックパック 公式 デイパック
価格:13,766円
素材:600Dポリエステル
ポイント
  • 素材: 600Dポリエステル
  • デザイン:斜めに入ったジップが印象的。
  • 機能性:ポケットの数:3(外側1/内側2)
  • 容量:A4サイズ収納可能、タテ45cmxヨコ36cmxマチ16cm
  • 用途:アウトドアシーンで活躍

チェスト、ウエストストラップが付属しているため、荷物の重さを分散することができる機能性を有しています。

また、豊富なカラーバリエーションでお気に入りの色、柄を見つけることができるでしょう。

さらに容量もA4サイズの収納が可能と十分。
マチも大きいため大きな荷物を収納できるのがおすすめポイントです。

ただし、コストパフォーマンスの面でコロンビアのリュックに比べて少し値段が高く、機能性の面ではどちらも優秀なので、今回は値段の高いグレゴリーが第3位という結果でした。

一方でカラーバリエーションはグレゴリーに軍配があがりますので、派手なアイテムが欲しい方はコロンビアよりもグレゴリーを選択するのがいいでしょう。

おすすめのメンズリュックでお出かけを楽しもう!

以上、定番・流行・通学・通勤・アウトドアの5種類のリュックについておすすめブランド、アイテムを紹介してきました。

用途別におすすめのブランドとアイテムをご紹介してきたので、あなたの目的をしっかりと踏まえた上でリュックを選べば失敗はしないでしょう。

当記事を参考にあなたの用途に合わせた適切なリュックを手に入れて、外出を楽しんでくださいね!