ポーター ボストンバッグ ASSIST

「ポーターのバッグって種類が多くてどれがいいのかわからない」
「おしゃれだけど、今の流行りがわからない」

上記のようにバッグ選びはお店に行ってもとても悩みますよね。
実は私もよく悩みます。

値段も安いわけではないので、しっかりとしたバッグを買いたいのですが、見ているうちに全て同じに見えてきてしまいます

「実際にお店に行く前にネットでしっかり調べられたら迷わなくて済むのでは」と思い、今回はポーターのバッグを徹底的に調べてました。

調査した結果わかったポーターの『今おすすめのバッグ』を一つ一つ紹介していきます。ぜひこの機会にお気に入りのバッグを見つけてくださいね。

ポーターの創業は1962年!「一針入魂」に込められた想いとは?


ポーターは1962年に日本のカバンメーカー「吉田カバン」が展開するバッグブランドです。
現在「吉田カバン」のメインブランドとなっています。

コンセプトは「一針入魂」で、製品の縫製に極限までこだわり抜いており、圧倒的な耐久性を誇ります。

また縫製だけでなく、生地にもこだわりを持っており、多彩なオリジナル生地を使用することで非常にバリエーション豊かな商品展開をしています。

高い耐久性と機能性、シンプルなデザインが人気の秘訣で、カジュアルからビジネスシーンまで対応でき、多くの人々に愛されているブランドです。

ポーターのバッグがなぜ魅力的なのか?秘密は3つのポイントでした

ポーターのバッグは創業時からの「一針入魂」のコンセプトにより、非常に多くの人に愛されて居ますが、人気の秘密はやはりポーター独自の魅力にあります。

カジュアルでもビジネスでも使える使いやすさ

 

View this post on Instagram

 

PORTER YOSHIDA & CO.,LTDさん(@yoshidakaban.official)がシェアした投稿 -


ポーターのバッグが今尚愛され続ける理由の一つとしてカジュアルシーン・ビジネスシーンどちらにも溶け込むことの出来るシンプルでも高いデザイン性が挙げられます。

そしてシンプルながらもどこか遊び心のあるデザインなので、お洒落に気を使う人から長く愛されています。

シーンを選ばず使えるので、ポーターのバッグが1つあるだけで普段使いにもビジネスシーンにも活躍してくれ、非常にコストパフォーマンスが良いです

もちろんカジュアル向けのバッグやビジネス向けのバッグもポーターは生産していますので、シーンごとにバッグを変えるのもおすすめです。

私もいくつかポーターのバッグを所持しており、仕事とプライベートでバッグを使い分けています。

シンプルながらも高機能

 

View this post on Instagram

 

PORTER YOSHIDA & CO.,LTDさん(@yoshidakaban.official)がシェアした投稿 -


ポーターのバッグのデザインは非常にシンプルで、外側からはわかりづらいですが、内側にはたくさんのポケットが備え付けられており、使い勝手がいいです

またポーターのバッグは生地と縫製にとことんこだわり抜いています。
多少ラフに扱っても破れたり壊れたりすることはほとんどありません。

耐久性の面でも非常に心強いでしょう

私は7年ほど使用しているポーターのバッグがありますが、破損したり破れている部分はありません

大切に使えばかなり長い間使用することができるでしょう。

商品展開がバリエーション豊か


ポーターはとにかく商品展開がバリエーション豊かです。
その商品展開は数えきれないほど。

同じ型のバッグでも素材違いでリリースされているので、たくさんのカバンの中からお気に入りの商品を見つける喜びも味わえます(商品選びに迷う人もいますが…)。

他人と被りたくない人は独特の素材使いをしているバッグを選ぶこともできますし、周囲から浮きたくない人は定番のバッグを選択すればOKです。

選択肢の多さがポーターの魅力でしょう。

カジュアル使いにおすすめのポーターのバッグモデル5選

さてポーターのコンセプトや魅力について説明してきましたが、ここからは具体的なポーターのバッグのモデル・アイテムについてご紹介していきます。

まずは私服に落とし込みやすいカジュアルよりのバッグから解説していきましょう!

カジュアルのおすすめバッグ第1位:【TANKER(タンカー)】


出典:楽天
ポーターのおすすめカジュアルバッグ第1位は『タンカー』です。

タンカーとは

『タンカー』はフライトジャケットのMA-1をモチーフに作られたバッグです。
柔らかいナイロンの生地に中綿を入れることで独特のくったりとした質感を持っています。

内側はMA-1と同様にオレンジ色になっており、バッグ内の荷物を探しやすいというメリットもあります。

ジップはシルバーで程よく主張しデザインのアクセントに、ホックなどの金具はわざと塗装が剥がれやすくデザインされ、使用につれてオリジナルの経年変化を楽しむことも可能です。

ポーターの代表的なモデルとして長い間愛されており、ポーターのバッグ選びに迷ったらとりあえずはタンカーを選択すれば間違いはないでしょう

抜群の安定感を誇る『タンカー』がおすすめ第1位にランクインしました。

タンカーのおすすめバッグ『ウエストバッグ』


タンカーの中でもおすすめしたいバッグは『ウエストバッグ』です。

製品仕様
価格:19,980円
素材:ナイロンツイル
サイズ:W270×H170×D130mm
重量:430g

ショルダーストラップも付属するため、ウエストバッグとショルダーの2wayで使用することができるのも嬉しいポイント。

コンパクトに見えますが、意外にも大容量です。
財布、スマホ、手帳、ペットボトルなどたくさんのものを入れることができるので便利です。

ちょっとしたお出かけやお買い物で活躍すること間違いなしでしょう。

タンカーのおすすめバッグ『デイパック』


次におすすめするのはタンカーの『デイパック』です。

製品仕様
価格:18,900円
素材:ナイロンツイル
サイズ:W280×H400×D130~160mm
重量:440g

デイパックは学生の通学にちょうどいいサイズ感のバッグです。

ウエストバッグでは物足りない時に活躍するでしょう。
約440gと非常に軽量で、背負っていても疲れにくいのが特徴です。

またスマホや文房具を入れることができるポケットがあり、細かいものを収納するのにも向いています。

裏地のオレンジもデザイン的に目を引くだけでなく、中のものを探しやすいというメリットもある機能的なバッグです。

カジュアルのおすすめバッグ第2位:【FREE STYLE(フリースタイル)】


ポーターのおすすめカジュアルバッグ第2位は『フリースタイル』です。

フリースタイルとは

『フリースタイル』の生地は高い密度で織り上げたキャンバス生地にPU(ポリウレタン)加工を施したもので、素材感はまるでレザーのようです

今回はカジュアルの分野でおすすめしますが、バッグによってはビジネスで使用できるシックなデザインのものもあります。

本革ではないため雨や水を気にすることなくガシガシ使えることがメリットです。
レザーのような質感とタフさを両立したバッグといえばフリースタイルでしょう。

ただし本革ではなく、見た目の高級感がやや劣るため今回は第2位にランクインしました。

フリースタイルのおすすめバッグ『ワンショルダーバッグ』


出典:楽天

フリースタイルの代表的なモデルとしては『ワンショルダーバッグ』が挙げられます。

製品仕様
価格:16,740円
素材:高密度キャンバス(PUコーティング)
サイズ:W170×H290×D20mm
重量:430g

ワンショルダーバッグはボディバッグのようなデザインで細かな荷物をサッと持ち運ぶことができます。

財布やスマホなどの最小限の荷物をスマートに持ち運ぶことができる点が優秀です。
デザインもフリースタイルならではのレザーライクな生地感がおしゃれで目を引きます。

夏場など軽装になるときにファッションのアクセントになるのでぜひ取り入れて欲しいバッグです。

フリースタイルのおすすめバッグ『ショルダーバッグ』


次はワンショルダーより一回り大きい『ショルダーバッグ』です。

製品仕様
価格:24,840円
素材:高密度キャンバス(PUコーティング)
サイズ:W380×H260×D150mm
重量:680g

縦に入ったシーム(縫い目)がアクセントになり、全体的に丸みを帯びたデザインが可愛らしいバッグとなっています。

底面の幅が大きく、見た目以上にものを収納することが可能です。
サイドに小さなポケットが付いているなど、気の利いたデザインが魅力的。

機能性とデザインを両立したバッグとなっています。

カジュアルのおすすめバッグ第3位:【BEAT(ビート)】


出典:楽天

ポーターのおすすめカジュアルバッグ第3位は『ビート』です。

ビートとは

『ビート』はウォッシュ加工をかけたコットンキャンバス生地を使用しているバッグです。

中には防水素材であるターポリンや止水ジップを使用した高い防水性を有するバッグもあります。

またデザイン面では革を随所に使いアクセントとなっており、丸みを帯びた形が可愛らしいのが『ビート』です。

高い防水性やキュートなデザインなど魅力的な部分も多いですが、『タンカー』や『フリースタイル』に比べるとやや地味な印象なので第3位にランクインしました。

ファッションをシンプルにまとめたい場合はおすすめのバッグといえるでしょう。

ビートのおすすめバッグ『ショルダーバッグ』


ビートの代表的なバッグは『ショルダーバッグ』です。

製品仕様
価格:10,260円
素材:コットンキャンバス
サイズ:W160×H235×D60mm
重量:350g

ショルダーバッグも内装に防水素材ターポリンを使用しており止水ジップも完備と防水性能が非常に高いです。

さらにコンパクトながらポケットが複数付属するため、十分な収納力を実現しています。

ちょっとしたお出かけにはぴったりなサイズ感、お手頃なお値段と手に取りやすいバッグです

カジュアルのおすすめバッグ第4位:【COPPI(コッピ)】


出典:楽天

ポーターのおすすめカジュアルバッグ第4位は『コッピ』です。

コッピとは

『コッピ』は自転車レースに使われるバッグからインスピレーションを受けて制作されたバッグです。

ヴィンテージ感のあるくったりとした素材を使用していることから、古着などのファッションと非常に相性がいいのが特徴です。

ただし、収納力に欠けるため第4位にランクインしました。
一方であまり荷物をたくさん持ち運ばない人にはおすすめできるバッグでしょう。

コッピのおすすめバッグ『サコッシュ』


コッピのおすすめバッグは『サコッシュ』です。

製品仕様
価格:7,340円
素材:コットンポリエステル(パラフィン加工)
サイズ:W320×H235mm
重量:200g

200gと非常に軽量で、コンパクトなバッグなのがサコッシュ。

デザイン上たくさんの荷物は入りませんが、かさばらないのでコーディネートに取り入れやすいというメリットがあります。

たとえばジャケットの内側にインしてもアクセントになっておしゃれです。

スマホと財布は収まるサイズですので、手ぶらでちょっと出かけたい時には最適なバッグでしょう。

カジュアルのおすすめバッグ第5位:【UNION(ユニオン)】

ポーターのおすすめカジュアルバッグ第5位は『ユニオン』です。

ユニオンとは

『ユニオン』は、アメリカの工具バッグやガーデニングバッグからインスパイアを受けて製作されたバッグです。

そのままでは無骨すぎるデザインにスポーツテイストを加えることで、タウンユースに馴染むよう設計されています。

ポリエステル100%の素材は、使用につれてくったりとした雰囲気に経年変化するため、長く使い込むのが楽しいバッグです。

また生地の裏側には塩化ビニル加工を施してあり撥水性も期待できます。

いい意味で男臭いバッグでかっこいいのですが、これまで紹介してきたバッグに比べるとややデザインの主張が強い印象を受けるため今回は第5位にランクインしました。

個性を出したい人にはおすすめといえるでしょう。

ユニオンのおすすめバッグ『リュック』


ユニオンのおすすめバッグは『リュック』です。

製品仕様
価格:16,740円
素材:ポリエステル
サイズ:W300×H420×D180mm
重量:890g

おおぶりなデザインで収納力は抜群。

タフな素材で作られているため、多少ラフに扱っても大丈夫な安心感があります。

外側に付属するポケットにはスマホなど細かいものを入れておけばすぐに取り出せて便利です。

ビジネス使いにおすすめのポーターのバッグモデル5選

次に紹介するのはビジネスシーンに最適なポーターのバッグです。

ビジネスということで、型はどれもブリーフケース型になります。

ただし素材使いが全て異なり、あなたのお気に入りのバッグを選択することができるでしょう。

ぜひポーターのビジネスバッグを手に入れて毎日の通勤を楽しいものにしてくださいね。

ビジネスのおすすめバッグ第1位:【CLIP(クリップ)】


出典:楽天

ポーターのおすすめビジネスバッグ第1位は『クリップ』です。

クリップとは

『クリップ』はブリーフケースをメインとし、システムバインダー・ガーメントケースなどを取り揃えたビジネス対応のバッグシリーズです。

値段を抑えつつ、高い収納性・機能性を有するためビジネスバッグの初心者に特におすすめできるバッグといえるでしょう。

ポリエステル生地の裏面に塩化ビニル加工を施しているため撥水性が期待でき、雨天でも浸水しにくいという点も嬉しいポイントです。

とにかく手に取りやすく、機能性も抜群なのでビジネスバッグの第1位にランクインしました。

クリップのおすすめバッグ『ブリーフケース』


クリップのおすすめバッグは『ブリーフケース』です。

製品仕様
価格:15,660円
素材:ポリエステル
サイズ:W410×H290×D60~120mm
重量:880g

ブリーフケースはショルダーとの2wayで使用できます。

重量はそこそこありますが、それは頑丈さの裏返し。

タフな素材で、頑丈に縫製されていますので、ガシガシ使用しても壊れることはほとんどありません。

デザインもシンプルでビジネスシーンにバッチリきまります。

ビジネスのおすすめバッグ第2位:【TENSION (テンション)】


出典:楽天

ポーターのおすすめビジネスバッグ第2位は『テンション』です。

テンションとは

『テンション』コーデュラナイロンを使用した超頑丈なバッグモデル。

コーデュラナイロンとは"]
  • 通常のナイロンに比べ2~3倍の耐磨耗性、引裂強度を持つ
  • インビスタ社が販売する特殊素材

非常に強度の高いコーデュラナイロンの裏面にウレタンコーティングをしており、撥水性まで期待できる優れものです。

さらにハンドルにはシートベルトの素材を使用しており、ちぎれたり破損したりすることがほとんどありません。

強度に絶対的なこだわりを持っているバッグが『テンション』なのです。

ただし、使用している素材にこだわり抜いているため少々値段が高いのが唯一の欠点で、今回は第2位にランクインしました。

お金に余裕があり、耐久性に優れたバッグが欲しい場合は『テンション』を選択すると良いでしょう。

テンションのおすすめバッグ『ブリーフケース』


テンションのおすすめバッグは『ブリーフケース』です。

製品仕様
価格:23,220円
素材:コ-デュラナイロンウレタンコーティング
サイズ:約W400×D60×H315mm
重量:1070g

テンションのブリーフケースも2way仕様です。

付属するショルダーストラップもシートベルトの素材を使用しています。

先述しましたがコーデュラナイロンを使用しており、タフな使用感です。

パソコンなどの精密機器も安心して持ち運べるのでビジネスマンにはおすすめできるバッグといえるでしょう。

ただしコーデュラナイロンは重みがあり、重量も1キログラムを超えるため、人によっては疲れてしまうかもしれません。

軽いバッグをお探しの場合はテンションよりクリップのブリーフケースを選択することをおすすめします。

一方でより頑丈なバッグが欲しい場合はテンションのブリーフケースを選択しましょう

ビジネスのおすすめバッグ第3位:【BOND(ボンド)】


出典:楽天

ポーターのおすすめビジネスバッグ第3位は『ボンド』です。

ボンドとは

『ボンド』GAIFU生地(航空機のタイヤコードなどに使われる、世界最高の強度をほこる超強力66ナイロンの色で織った超強力な素材)を使用したバッグです。

デザイン面では、ミリタリーを思わせるようなポケットが配置されていておしゃれです。

さらに随所にレザーをあしらい、ほどよくビジネススーツに落とし込めるデザインとなっています。

ノートPCなどの精密機器を持ち運ぶことを想定した作りになっていますので、ビジネスマンに最適なバッグといえるでしょう。

一方で特殊素材を使用しているため値段がかなり高いのが欠点です。

ブリーフケースに30,000円以上を出すのは結構難しいですよね。

上記の理由からビジネスにおすすめのバッグ第3位にランクインしました。

ボンドのおすすめバッグ『ブリーフケース』


ボンドのおすすめバッグは『ブリーフケース』です。

製品仕様
価格:37,800 円
素材:GAIFU
サイズ:W400×H290×D90mm
重量:915g

前面には2つの立体的なポケットが配置されていて印象的です。

デザインはさることながら、耐久性・機能性どれをとっても一級品です。

ショルダーストラップもついているため2wayでの使用もできます。

ノートPCも収納可能な大きさでたくさんの荷物を持ち運ぶことができるので荷物の多いビジネスマンにおすすめできるバッグです。
s

ビジネスのおすすめバッグ第4位:【VIEW(ビュー)】


出典:楽天

ポーターのおすすめビジネスバッグ第4位は『ビュー』です。

ビューとは

『ビュー』は光沢を抑えたナイロンポリエステルツイルの生地を使用しており、オフィスカジュアルのスタイルに馴染むデザインのバッグシリーズです。

『ビュー』のほぼ全ての型には、クッション材の入ったPCポケットを配置しており安心してパソコンを持ち運ぶことができます

そして内装は中のものを探しやすいようグレーの配色になっており、気が利いています。

今回ご紹介するビジネスバッグの中では、もっともカジュアルなバッグモデルです。

『きっちりとしたビジネスシーンには少し不向き』という理由から、第4位にランクインとなりました。

オフィスカジュアルが適応されている職場の場合は、仕事用のバッグとしてとてもお洒落でおすすめです。

ビューのおすすめバッグ『ブリーフケース』


ビューのおすすめバッグは『ブリーフケース』です。

製品仕様
価格:44,280 円
素材:ナイロンポリエステルツイル
サイズ:W410×H300×D110mm
重量:1320g

ビューのブリーフケースはフロントの斜めに走ったジップが印象的です。

3wayの汎用性の高さも魅力的なポイントで、トート、リュック、ショルダーと好きな持ち方ができます。

また生地裏には塩化ビニル加工を施してあり、撥水性も期待することが可能です。

デザインとしてはステッチが目立たないように工夫されており、スッキリした印象。

ビジネス用のブリーフケースの中でも特にスタイリッシュなバッグです。
ただし値段が高いのがネック。

お金に余裕があれば検討してみてくださいね。

ビジネスのおすすめバッグ第5位:【SORT(ソート)】


出典:楽天

ポーターのおすすめビジネスバッグ第5位は『ソート』です。

ソートとは

『ソート』レザーを使用したビジネスバッグのシリーズ

ポーターはナイロンやポリエステルを使用したバッグが多いなか、異質な存在感を発揮するバッグです。

セミアニリン仕上げという加工法で仕上げられたレザーは、透明感のある表面で使用につれツヤが出てくるという経年変化を楽しむこともできます。

レザーということで水に弱く、ビジネスでタフに使うにはシーンを選ぶということから今回は第5位にランクインとなりました。

ですが晴れの日に使用する分には問題ありませんので、シーンでバッグを変えたい場合などにおすすめできるバッグです。

ソートのおすすめバッグ『ビジネスバッグ』


ソートのおすすめバッグは『ビジネスバッグ』です。

製品仕様
価格:49,680 円
素材:レザー
サイズ:W390×H295×D85mm
重量:1020g

レザーの質感が高級感を醸し出しています。

お値段もかなり高いのですが、機能性は抜群。
外装はシンプルなのに対し、内側には多数のポケットが付属しており収納力に優れています。

A4サイズに対応しており、書類やパソコンの持ち運びにぴったりでしょう。

ネイビーとブラックのカラーバリエーションはどちらもスーツによく似合うので、お好きなカラーを選択してください。

ポーターのおすすめバッグでお出かけを楽しもう!


以上、ポーターのおすすめバッグをご紹介してきました。
お気に入りのバッグは見つかりましたでしょうか。

ポーターのバッグはたくさん種類がありますが、どれも非常に魅力的です。
ぜひ当記事を参考にあなたに最適なポーターのバッグを見つけてくださいね!

ポーターのバッグを手に入れれば毎日の生活がより楽しくおしゃれに、そして豊かになるでしょう。