黒ばら本舗の椿油で本当に艶髪になれるの?口コミの真相を直接取材してきました

「髪には椿油がいい」というのは、多くの日本人に共通する認識ではないでしょうか?古くからあるオイルで、小さい頃から家に置いてあったという人も多いでしょう。
ヘアオイルを探していると、おすすめのオイルには必ず椿油があげられ、口コミの評価も高いものばかり。でも実際に椿油を使ってみると、ベタベタや匂いが気になったりもします。

そこでこの記事では、椿油の老舗メーカー「黒ばら本舗」さんに直接取材して、髪への効果やおすすめの使い方について徹底的に調べました。これを見れば、椿油の口コミが果たして真実なのか知ることができます!

椿油の口コミを調べてみました

「黒ばら本舗」への取材の内容に入る前に、椿油に対する口コミを調査しました。良い口コミ、悪い口コミの代表的なものをピックアップして紹介します。

良い口コミ

良い口コミのポイント
  • 髪にツヤが出てきた
  • 髪がしっとりする
  • 全身に使える
  • 乾燥肌が改善した
  • コスパ抜群

女性の口コミ

万能オイル

身体にも、顔にも髪にも使える万能オイルです。少量でかなり潤うので洗い流さないトリートメントの感覚で、髪を乾かす前に数滴馴染ませると髪にまとまりとツヤ感がでます。乾燥による髪の広がりも抑えられるのも良いです。
ヘアケア目的で購入する人が多そうですが、膝や肘、かかとなどの冬場などに乾燥しやすい箇所についでに塗ると乾燥を防いでくれるので重宝します。
パッケージがやや古風ですが、使ってみると昔から根強い人気のある商品なのが分かると思います。(Mさん/35歳)

引用元:amazon

女性の口コミ

いろいろな使い方ができる

使い続けて何年でしょうか?応募券貯めて送るのが楽しみなくらいヘビーユーザーです!もともと広がりやすい上に乾燥もしやすく...ウエット感出したいときには正直これじゃないとウエットにならないくらい乾燥しやすいので。ついこれに戻ってしまいます。少量でもかなり落ち着きますし、クレンジングがわりに口紅落とすとき、頭皮マッサージ...使い方が色々出来てそういった点でもコスパも良いと思います。個人的にハンドクリームもしっとりして好きです。(Tさん/30代)
引用元:@cosme

良い口コミが90%以上と圧倒的に多く、高評価なことに驚きました。「髪に使用してツヤが出た」「しっとりする」などの感想が多いのはもちろん、ボディケアやフェイスケアなど、全身に使っている人が多いのが印象的です。保湿効果や浸透力が高いので、髪だけでなく肌にもなじみやすいということなんですね。「使う量が少しで済むのでコスパがいい」という口コミがすごく多かったのも特徴です。

悪い口コミ

悪いポイント
  • 使いづらい
  • ベタベタする
  • 匂いが気になる
  • 効果を感じない

女性の口コミ

ドバッと出てきて使いづらい

ヘアオイルとして使いたかったのですが、匂いが苦手でした。
あと、瓶の口が大きいのでドバッと出てしまいます。瓶をつたって、置いたところが汚れます。

どうやって使いきろうかと考えた結果、今はシャンプー前のヘアパックとして活用中です。それなら匂いも残らないので許容範囲内となりました。
引用元:@cosme

女性の口コミ

匂いが気になる

ほんの少量でも髪に使うので匂いが気になります。椿油以外の無臭のオイルでも代用可能なのでわざわざ使う理由がありません。これを高評価にする意味が分からない。(Sさん)

引用元:amazon

女性の口コミ

ベタベタになる

これつけたらベッタベタになっちゃいました(泣)ちょっと私には重すぎたかな。。モワンとした香りも苦手でした。(Fさん/20代)

引用元:@cosme

悪い口コミは探すのが苦労するほど少なめでした。共通するのは「ベタベタになる」「匂いが苦手」というものです。1回に使う量は数滴でいいので、ヘアクリームなどと同じ感覚で使うとつけ過ぎになるかもしれません。最初は1滴ぐらいから使い始めて、様子を見ながら適量を覚えていくのがいいかと思います。

匂いについては「無臭で気にならない」という口コミも多く、個人差があるようです。黒ばら本舗の椿油は原料の成分をそのまま生かす製造方法なので、どうしても原料の匂いが出てしまいます。それだけ純度が高いということなんですよね。

椿油を長年製造している「黒ばら本舗」に突撃取材

「黒ばら本舗」は大正時代に創業された老舗メーカーです。椿油といえば黒ばら本舗といえるほど、長い歴史と知名度を誇ります。今回はそんな黒ばら本舗に突撃取材し、人気の秘密を探ってみました!

90年以上愛され続ける「黒ばら本舗の純正椿油」

黒ばら本舗は1923年に東京都墨田区で創業。1954年に日本で初めてのヘアクリームの製品化に成功し、1962年に現在の「株式会社黒ばら本舗」に社名変更しています。その代表的な商品である純正椿油は、90年以上続いているロングセラー商品です。

いろいろと高機能なヘアオイルが販売される中で、黒ばら本舗の椿油は一貫して人気を保ち続けています。今回は、そんな黒ばら本舗の阿部さんに、椿油についてインタビューしてみました。

浸透率90%!?高級化粧品に匹敵する椿油の効果とは

黒ばら本舗の純正椿油は浸透率が90%と、高級化粧品に匹敵する効果があるとされています。その効果について、さっそく阿部さんに伺ってみました。

インタビュワー阿部さん、今日はよろしくお願いします。まずは椿油の浸透率についてお伺いしたいのですが、90%という数字は本当なのでしょうか?

これにはかなりびっくりしたんですが、最新の高級化粧品も敵わないような浸透率ですよね!?

椿油担当者はい。椿油には人の皮脂に一番多く含まれているオレイン酸が、どの植物油よりも多く含まれています。オリーブオイルが75%程度なのに対し、椿油はなんと85%以上。そのため、非常に肌なじみが良く、浸透率が90%にもなるわけです。
インタビュワーなるほど〜!椿油はオレイン酸がダントツなんですね。

最近はいろいろ開発が進んで浸透率の高さをアピールしている高級化粧品も多いけど、それに匹敵するものが90年以上前からあるってすごいですよね!

椿油担当者そうですね。しかもオレイン酸は酸化せず、固まりにくい性質を持っています。その性質から、髪や肌につけると水分の蒸発を防いで保湿するという効果も期待できるわけです。
インタビュワーそれはすごい!浸透力と保湿力があるなんて、かなり高機能ですよね。それが100%天然のオイルだなんて、驚きです。髪だけでなく、お肌にもいい効果が期待できそうですね!

メーカー直伝!椿油の効果的な使い方

ヘアケア以外にも効果的な使い方があるのか、気になりますよね。それについても、しっかり伺いました。

インタビュワー

椿油はヘアケアやボディオイル、マッサージオイルとして使うのが一般的だと思います。さらにおすすめの使い方はあるのでしょうか?

椿油担当者椿油は浸透力が高いので、普段使っているシャンプーやスキンケア商品に数滴混ぜて使うと効果が倍増するのでおすすめですね。

例えば化粧水に1滴混ぜると、椿油の浸透力によって化粧水の浸透がこれまでよりもずっと高くなります。シャンプーに入れたときも、トリートメントがいらないくらい、洗い上がりがしっとりしますよ。

インタビュワーこれはいいことを聞きました!ぜひ試してみたいですね。
椿油担当者ただし、オイルなので入れ過ぎるとベタつきの原因になります椿油は肌にたくさんつけ過ぎるとかぶれる場合もあるので、入れる量には十分注意して欲しいですね。
インタビュワーそれは気をつけないと。最初は1滴ぐらいから試して、使い心地を見ながら足していくのがいいかもしれませんね。

日本の女性が安心安全に美しくなれるように

ここからは、黒ばら本舗の製品がどのように作られているのかを紹介したいと思います。実際に製造の現場にお邪魔し、取材させていただききました。

工場では、1つ1つが手作業で丁寧に作られています。ひとつの製品が出来上がるまでたくさんの人がその工程に関わり、安全性を確かめながら作業を行なっていました。

どの工程でも細心の注意を払って作業が行われています。たくさんある中の1本であっても、手に取る人にとっては唯一の1本です。そんな思いを込めた製品作りが行われていました。

コンベアに乗せた製品を、複数でチェックしていきます。機械に任せず、人の五感と経験を生かして厳しくチェックを繰り返し、それをクリアできた商品だけが出荷されます。

最後のチェックも、複数で入念に行われます。皆さんの真剣な表情からは、製品作りへのこだわりや愛情がたくさん伝わってきました

丁寧な手作業で作られ、厳しいチェックを終えた商品がどんどん箱詰めされていきます。

今回の取材で、黒ばら本舗の椿油が口コミで大人気な理由がよくわかりました。有効成分を壊さない製法で純度が高く、保湿力や浸透力が抜群。全身ケアや、スキンケアに混ぜて使うこともできるというマルチな点が高い評価を受けているんですね。高品質なのに価格が安いのも、大きな魅力のひとつです。

工場の見学では作業に携わる皆さんの真剣な表情に、「良い製品を作りたい」という思いを感じることができました。インタビューを受けていただいた阿部さんをはじめ、今回の取材にご協力いただいた黒ばら本舗の皆様、本当にありがとうございました!

こんな使い方も?椿油で全身ケアする方法

黒ばら本舗の椿油は髪だけでなく、全身ケアができるのがメリットです。それぞれのケア方法を紹介しますので、ぜひ試してみてください!

髪のお手入れ

髪のお手入れ方法は3つあります。

トリートメントケア

毎日行う基本のお手入れです。しなやかな艶髪に仕上がるでしょう。椿油の適量は3~4滴で、髪の長さによって加減してください。

  1. ①シャンプーの後、洗面器に半分ほどのお湯を入れる
  2. ②その中に椿油を落とし、よく混ぜる
  3. ③洗面器のお湯を髪にかけ、全体になじませる
  4. ④そのまま洗い流さずに、タオルドライしてドライヤーで乾かす

集中ケア

髪のパサつきがひどい、毛先の傷みが気になるというときは、集中ケアを行いましょう。月に2回程度行うことで、美しい髪が蘇ります。

  1. ①洗髪後、タオルドライして半乾きの状態にする
  2. ②椿油を手のひらに数滴取る
  3. ③髪の傷みの激しい部分や乾燥した部分に、もみ込むようになじませる
  4. ④そのまま洗い流さず、ドライヤーで優しく乾かす

椿油の量は、髪の状態に合わせます。少しずつ手のひらに取り髪になじませ、髪の手触りが良くなる程度につけてください。

マッサージケア

週1回程度行う、頭皮のケアです。毛穴の汚れを椿油が無理なく浮かせるので、頭皮を清潔にします。フケやかゆみを抑え、髪の健康な成長を促すでしょう。

  1. ①シャンプー前の髪の乾いた状態で行う
  2. ②手に椿油を取り、直接地肌に行き渡らせる
  3. ③爪で頭皮を傷つけないよう、指の腹を使うこと
  4. ④小さな円を描くようにマッサージし、頭皮にすり込ませる
  5. ⑤頭皮全体にすり込んだら、約40℃のホットタオルで髪全体を包む
  6. ⑥そのまま15分ほど置く
  7. ⑦お湯で髪と頭皮を洗い流し、余分な椿油が頭皮に残らないように丁寧にシャンプーする

お肌のお手入れ

毎日の肌のお手入れとして、メイク落としとスキンケアの両方に使えます。さらにスペシャルケアのフェイスパックもおすすめです。

メイク落とし

  1. ①椿油を10滴ほど指先に取り、メイクとなじませる
  2. ②汚れをよく浮き上がらせ、ぬるま湯で洗い落とす

洗顔石けんなどに数滴垂らして泡立てて洗う方法もあります。

フェイスケア

  1. ①洗顔後、水分が少し残った状態、あるいは化粧水をつけた後につける
  2. ②椿油1~2滴を手のひらに乗せてよく伸ばし、顔全体を覆ようにしてつける
  3. ③カサつきが気になるところは念入りになじませる

少量の化粧水と椿油2~3滴を手のひらで混ぜ、顔、首筋から全身になじませて使う方法もおすすめです。べたつきが気になるときは、ティッシュなどを押さえるようにして拭き取ってください。

フェイシャルパック

乾燥が気になるときに行うと、しっとりプルプルの肌が蘇ります。2週間〜1ヵ月に1回程度がおすすめです。

  1. ①洗顔後、少量の椿油を手に取る
  2. ②手のひらを顔に優しく押し当てるように、頰、額、あごなど顔の広い部分につける
  3. ③顔の中心から外に向かって、顔全体に伸ばしていく
  4. ④約40℃のホットタオルで顔を覆い、そのまま10分ほどパックする
  5. ⑤タオルを外す際に、軽く押さえるようにしながら拭き取る

全身のお手入れ

お風呂上がりの少し肌が湿った状態で行いましょう。肌の状態に合わせて、週1回程度のケアがおすすめです。

  1. ①椿油を少量手のひらに取り、手のひら全体に薄く伸ばす
  2. ②首筋から肩や腕などにかけ、マッサージするように上半身になじませる
  3. ③さらに足先から太ももお尻にかけ、下半身全体になじませる
  4. ④カサつきの気になるひじ、ひざ、かかとの部分は念入りになじませる

今までもこれからも使い続けたい至極のオイル

黒ばら本舗さんへの直接取材を通して、純正椿油の素晴らしさを確認していただけたでしょうか?90年以上もロングセラーを続けている理由が、今回の取材でよくわかりました。口コミは驚くほど高い評価ばかりですが、今回の取材で十分それを裏付けることができたと思います。黒ばら本舗の椿油は、その最大の効果である艶髪を実現できるのはもちろん、全身ケアやスキンケアなど、幅広く使えることも大きな魅力です。昔から多くの家庭で一家にひとつ常備していた椿油、これからもずっと長く使い続けたい至極のオイルです