知らなきゃ損?遮熱ガラスのフミンコーティングで快適な暮らし&電気代を節約

毎年のように猛暑の話題が注目され、今後も、地球温暖化の影響で日本の気温は現在よりもさらに高くなると言われ、ますますエアコンや扇風機などの家電製品がない生活は考えられない時代になってきています。

そうなると私たちの頭を悩ませるのが暑い夏、寒い冬にかかる冷暖房の電気代です。
 

請求書をみて、『今月は交際費や食費を抑えないと…』と毎回、思う方も多いのではないでしょうか?家計を圧迫する光熱費は1円でも安くしたいところです。

そこでオススメしたいのが、世界で注目されている環境にやさしいエコ技術「フミンコーティング」です。

「フミンコーティング」は部屋の窓ガラスを塗装するだけで暑いときに涼しく、寒いときに暖かいという効果を発揮し、そのため光熱費にかかる電気代を抑えることが期待できる画期的な技術です。

一年中部屋の温度を快適に保つ効果が期待できる、フミンコーティング。
なぜ、どういう仕組みで効果を発揮するのでしょうか?
ご家庭に取り入れる方法や、類似商品との違いはどこにあるのか?

などなど、今回は日々の暮らしをより快適にする「フミンコーティング」の特長やメリットをご紹介します。

部屋の温度を快適に保つ……キモは「窓ガラスの遮熱」!

夏の窓辺を思い出してください。
降り注ぐ太陽光がまぶしく、窓ガラス越しにも照り付ける太陽の熱を感じますよね。
反対に冬の窓辺はどうでしょう。
窓をピッタリ閉めているはずなのに外から冷気が伝わって、底冷えするような寒さを感じますよね。

このように、外気の暑さ・寒さ、太陽からの熱は、主に窓から伝わります。

つまり、窓ガラスが外気からの影響を受けないように対策できていれば、部屋の温度は外気の影響を受けにくくなり、室温が快適に保たれることで、結果的に冷暖房費も節約にもつながります。

部屋の温度が快適に保たれて、光熱費もお得になるなんて一石二鳥ですよね。

そのための重要な対策が、窓ガラスの「遮熱」です。

遮熱とは、太陽光の中でも熱をもたらしやすい赤外線を集中的に反射することです。
主に夏場の日差しによる暑さを和らげることができます。

逆に寒い冬では暖房していても窓際は冷放射のため冷えを感じますが、室内の熱(遠赤外線)がフミンコーティングで部屋側へ反射されるので、熱を外に逃がしにくい効果があります。

窓ガラスを遮熱することで……"]
  • 夏⇒太陽光からの赤外線を外に外に反射させ、日差しによる暑さを和らげる
  • 冬⇒室内の遠赤外線を部屋に反射させ、暖気を外に逃がさない

遮熱をしていない普通の窓ガラスは、室内の暖気を50%以上も室外に逃がしています。
じつはその分暖房に使う電気代がかかっているんですね。
しかし窓ガラスの遮熱性を高めれば、夏は涼しく冬は暖かくなり、エアコンにかかる負荷も軽減され、電気代の節約につながります。

また、窓辺の室温が一定に保つことは、冬に発生する結露の対策にもなります。
結露が防げるということは、結露水に繁殖するカビや雑菌も防ぐことになり、室内はより快適になりますね。

フミンコーティングとは?スプレーするだけで遮熱ができる優秀な塗膜

フミンコーティングとは、ガラス面に赤外線や紫外線を吸収・カットする伝導性金属酸化物をスプレーガンでムラなく透明に塗膜を形成する特許技術です。
地球温暖化防止とコスト削減に貢献する環境にやさしい商品として世界から注目されています。


(フミンコーティング商品パンフレットより)

どんな窓にも施工できる?フミンコーティングの施工方法

フミンコーティングはスプレーガンを使って、窓にコーティング剤を吹き付けるだけ。屋外、室内共に吹き付けができるほか、さまざまな大きさ、形状のガラスに対応します。

つまり、今ある窓ガラスを取り替えたり、無駄にすることなく導入できるということ。

また遮熱フィルムを張る場合には窓の大きさによってはつなぎ目ができることもありますが、フミンコーティングの場合はスプレーで吹き付ける為、つなぎ目は発生しません。

金網入りガラス、曲面ガラス、巨大ガラス、すりガラスにも対応します。

もっと知りたい!フミンコーティングのメリット

フミンコーティングを使うメリットは、他にはどのようなものがあるのでしょうか。
電気代を抑えるだけではない特長をご紹介します。

フミンコーティングのさらなる特長"]
  • 紫外線カット
  • 害虫飛来抑制
  • 部屋の明るさはキープ
  • 結露の防止

■紫外線のカット

家具や壁・床・畳の日焼け・色あせや劣化は、日光に含まれる紫外線が原因です。
紫外線を約90%カットするフミンコーティングなら、家具や壁・床・畳の日焼け・色あせ、劣化を大幅に遅らせることができます。

■赤外線のカット

太陽光に含まれる赤外線は、物体に吸収されると熱に変わるという特性を持っています。
フミンコーティングではこの赤外線を約70%カットするので、夏でも涼しく過ごすことができます。

■害虫飛来抑制

ガ・アブ・ハチ・カメムシなどの虫は、蛍光灯の紫外線に集まる習性があります。
室内から室外への蛍光灯の紫外線をカットできるため、窓ガラスに虫が集まりにくく、室内に入ってくるのを防ぐ効果があります。

■施行しても部屋の明るさはキープ

窓ガラスにシートを貼って断熱するフィルムなどもありますが、窓に貼ると窓がみすぼらしく見えてしまいますし、視界が遮られてしまいます。でも、フミンコーティングはガラスに塗っても透明度や視界を損ないません。


(フミンコーティング商品パンフレットより)

また、紫外線は90%以上ブロックしますが可視光線透過率を約80%確保できるため、施行しても昼間の室内の明るさにほとんど影響がありません。室内外の景観を損なうこともなく、景色を楽しむことができます。


(フミンコーティングHPより)

結露防止

冬になると室内と室外の気温差から窓ガラスに発生してしまう結露は、雑菌を繁殖させカビやダニの発生を促してしまいます。
フミンコーティングは結露対策にも効果があり、本来結露が発生してしまう温度でもガラスが曇る程度で水滴がたれません。カビや雑菌繁殖のもとになる結露水を防ぐことは、室内の空気を清潔に保つことにつながります。
 施工前・施工後

既製のガラスに「遮熱」性を加えられる優れた塗装工法、フミンコーティング。
既に公共施設でもフミンコーティングは使われており、その効果を発揮しています。
フミンコーティングの使用事例として一部ご紹介いたします。

フミンコーティングで光熱費はお得になる?電気代が最大26%も削減!

大きなガラス張りのK美術館もフミンコーティングを行い、一月にかかる電気代をなんと最大26%も節約しました。
気温の高い8月でも25%以上電気代を削減し、一月でなんと30万円以上お得に。
通年では合計約20%の電気代の節約に成功しました。


(フミンコーティング商品パンフレットより)

どっちが安い?フミンコーティングと窓ガラス交換の費用感

ここまで読んで、
「コーティングするより、いっそ断熱・遮熱の効果を持つ窓ガラスに交換した方がお得じゃないの?」
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

フミンコーティングにかかる費用と窓ガラスを交換する費用の相場で比べてみましょう。

フミンコーティング 高遮熱・断熱窓ガラス相場
14,700円~ 30,400円

※どちらも1平米あたりの概算価格です。まずはお問合せください

フミンコーティングは、窓ガラス交換の約半額。窓ガラスの交換に比べて、かなり安いことがわかりますよね。
肝心の耐久年数は、なんと約10年。熱割れしにくい特性と、高い硬度で傷つきにくい特長もあるんです。

さらに、窓ガラスやサッシを交換するよりフミンコーティングの方がお手軽に施行できるというメリットもあります。特殊な形状やデザインの窓ガラスの場合、同じものを入手するのも一苦労ですよね。フミンコーティングなら、今ある窓ガラスをそのまま活かせます。

フミンコーティングをしてくれる業者の探し方

フミンコーティングの効果・メリットについてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。
自宅の窓ガラスをフミンコーティングして、厳しい暑さの夏や寒い冬を快適に過ごしながら電気代を節約してみましょう。

フミンコーティングの資料請求・問い合わせはこちら


>郵便番号がわからない時は

※郵便番号を入力すると市区町村が自動で入力されます。