動画制作会社5選。クオリティの高いWEB広告を作るポイント

動画制作会社はどのように選んだらいい?この記事を読めば動画制作会社の選び方が理解できます!

昨今は企業でも動画の活用が進み、商品のPR動画や設立記念の会社紹介動画、求人目的の動画など、さまざまな映像を使った広告が作られるようになっています。
それにともない、動画制作を担当することになった経験がある人も少なくないでしょう。

また、社内で内製するのはリソースやスキル、ノウハウなどが不足することから、動画制作のプロに依頼するケースも多々あります。

一方で、いざ動画制作の会社に依頼しようと思っても、かなりの数の制作会社があるため、何を基準に選べば良いのかわからず、悩んでしまう場合もあるのではないでしょうか。
下手に制作会社を選んでしまって、失敗したらどうしようという不安もあることでしょう。

そこで今回は、動画制作のプロジェクトを失敗させないための制作会社の選び方、およびおすすめの制作会社をご紹介します。

映像・動画制作会社を選ぶ3つのポイント~失敗しない動画作りは会社選びから~

動画制作の会社を選ぶための基準は、細かく数え上げればキリがありません。
そこで今回は、特に重要な3つのポイントに絞って説明します。

動画制作会社選び 重要な3つのポイント
  • 得意分野
  • 提案力
  • コストパフォーマンス

【ポイント1:得意分野】自社のニーズに合うか?実績や形態などから制作会社の得意分野をチェック

一口に動画といっても、そのジャンルや形態、活用方法はいろいろあります。

また、制作会社もそれぞれ、用途や表現方法など、得意とするジャンルが異なります。
実写に強いのか、アニメや3DCGに強いのか、あるいはドローン撮影やVR映像に強いのかなど、制作会社によっても強みはさまざまです。

制作会社によって得意分野は異なる"]
  • 実写に強い
  • アニメやCGが得意
  • ドローン撮影が可能
  • VR映像を作れる

⇒作りたい動画の用途やジャンルによって制作会社を検討しよう

こうした得意分野をチェックせずに、自社のニーズに合わない制作会社を選んでしまうと、わざわざプロに依頼するメリットを十分に享受できないという失敗につながりかねません。

得意分野のチェックには制作実績を確認しよう

映像・動画制作会社がどのような動画制作を得意としているかは、これまでの制作実績や所属クリエイターなどから確認します。

特に大手クライアントを手がけた制作実績は、成果物以外にプロセスも評価されているので、非常に信頼性が高いといえるでしょう。

また、制作した動画がクライアントによってYouTubeなどで公開されている場合、制作会社の実績リストから実際の動画を視聴することもできるため、ぜひ確認するようにしましょう。
さらに、下記の「クラウドソーシング型」と「非クラウドソーシング型」のどちらであるかも、制作会社の得意分野を判断する一助になります。

さまざまなジャンルへの対応力が高いクラウドソーシング型

クラウドソーシング型の制作会社では、カメラマンや映像編集者など、外部の多数のクリエイターと提携し、都度依頼して制作を進めます。

案件に応じて最適なスキルを持ったクリエイターが制作に参加するため、幅広いジャンルに対応できるのがクラウドソーシング型の特徴です。

また、多数のクリエイターの中からリソースをすぐに確保しやすいため、比較的短期間で制作が可能です。外注でありながらコストを抑えやすいといったメリットもあります。

さらに、海外での撮影の場合、現地のカメラマンを起用すれば移動に関するコストを大幅に削減できるなど、動画制作ならではのクラウドソーシング型のメリットがたくさんあるのです。

ただし、以下の二つのポイントをしっかり確認しないと、クラウドソーシング型を選ぶことが逆に失敗につながりかねないので注意しましょう。

①クラウドソーシング型ではクリエイターの質に注目
外部のクリエイターに依頼する以上、そのクリエイターの質がきわめて重要です。高度なスキルやノウハウを持ったプロフェッショナルだけと提携しているか、自社のニーズに合うようなジャンルのクリエイターと提携しているかなどをチェックしましょう。

②クラウドソーシング型では制作会社によるプロジェクト管理が重要
クラウドソーシング型の中には、クライアントが直接、個別にクリエイターとやり取りする必要があるケースもあります。このような形ではクライアント側の負担が大きくなり、制作プロジェクトもスムーズに進められません。
制作会社がクライアントとクリエイターとの間に入り、プロジェクトを管理してくれるかどうかを確認しましょう。

得意ジャンルへの特化が多い非クラウドソーシング型(内製型)

非クラウドソーシング型の制作会社では、営業やプロデューサー、制作スタッフなどすべてのクリエイターが社内に所属する内製型のスタイルで制作を進めます。
そのため、得意ジャンルに関して非常に高いスキルやノウハウ、実績を持つことが多いのが特徴です。
また、ワンストップで対応してもらえる安心感も非クラウドソーシング型のメリットです。

一方で、コストが比較的高くなりがちなことに加え、リソースが社内に限られるため、制作期間も長くなる傾向にあります。

制作会社選びポイント①まとめ"]
  • 制作会社の得意分野をチェック
  • クラウドソーシング型:低コストで幅広いジャンルに対応できる
    ⇒ただしクリエイターの質の管理が重要なのでプロジェクト管理できる制作会社を選ぼう
  • 非クラウドソーシング型:専門性が高く、ワンストップで発注できる
     ⇒ただし、制作時間がかかりやすく、コストがかさみがちな傾向にある

【ポイント2:提案力】イメージ通りの動画を作るには提案力を重視

映像・動画制作会社への依頼において、ぜひ重視したいのが提案力の有無です。
提案力がない制作会社を選んでしまうと、完成した動画がイメージからかけ離れてしまうなど、そもそもの目的を達成できないような動画しか作れないといった失敗に陥りがちです。

クライアント側にとって大切なのは、何を目的として動画を活用するのか、どのようなシーンで、誰に動画を見せるのかなどをくみ取ってもらい、それらを達成できるようなイメージ通りの動画を作ってもらうことです。

提案力がない制作会社の場合、技術力の高さを活かして見栄えの良い動画を作れたとしても、肝心の目的を達成できないこともあります。
あるいは、ただクライアントからいわれたままに作るだけで、結果的にイメージからかけ離れた動画になってしまうこともあります。

こうした失敗を防ぐためにも、提案力があるかどうかを重視しましょう。

提案力は営業や相談、コンサルの段階で判断しよう

提案力の有無を判断するには、営業や無料相談、あるいはコンサルなどの段階で以下の点をチェックしましょう。

提案力のある制作会社か チェック項目"]
  • ニーズをしっかりと捉えてくれるか
  • どんな動画を作りたいかというイメージをくみ取ってくれるか
  • クライアント側のぼんやりとしたイメージを引き出し、さらに固めてくれるか
  • 曖昧な状態の目的や用途を、明確にする手伝いをしてくれるか

【ポイント3:コストパフォーマンス】明確な見積もりと作業スケジュールを確認

映像・動画制作会社へ依頼をする際は、目指している動画の内容にどの程度の予算が必要なのか、事前に見積もりを出してもらいましょう。クライアント側の予測だけで選ぶと失敗しがちなので注意が必要です。

動画制作の費用や料金は、作る動画のクオリティ、制作にかかわるスタッフの数、制作にかかる時間などで大きく変わります。

この見積もりが甘いと、見栄えを追求して後からどんどん撮影を追加したり、編集時間が延びたりして費用が追加され、予算を大幅にオーバーするといった事態に陥りかねません。

予算とスケジュールのバランスをとるには、以下のポイントを押さえることが肝心です。

動画制作予算とスケジュールのチェックポイント
  • 何を目的にどんな動画を制作し、どんな効果を求めるのか
  • クオリティはどこまで追求するのか
  • 制作工程とスケジュール、費用の内訳はどうなっているのか
  • 費用と時間はどれくらいまでなら増えてもよいのか

まずは、制作会社から費用とスケジュールについての明確な見積もりを出してもらった上で、コストパフォーマンスに見合うかどうかを判断基準とするようにしましょう。

動画マーケティングにおすすめの動画制作会社5選

ここまでに説明した3つのポイントを押さえた上で、映像で情報を効果的に伝えることができる動画マーケティングを成功へと導く、パートナーとしておすすめの映像・動画制作会社を5つご紹介します。

VIDWEB|世界中のプロフェッショナルと連携したクラウドソーシング型制作会社

国内47都道府県のみならず、世界中の映像クリエイターと連携したクラウドソーシング型制作会社であるVIDWEB。

クリエイターの選考基準が厳しく、コミュニケーション力、過去の制作実績、柔軟性、所有機材、スキル、得意なジャンルなどさまざまな基準で厳選しているのが特徴です。

あらゆるジャンルのプロフェッショナルがたくさん登録しているため、多様なニーズに応えられるだけでなく、スピーディーな制作も可能になっています。

また制作にあたっては、工程管理をVIDWEB側でしっかりと行って、制作速度とクオリティ、ひいてはコストを予算内に保ってくれます。
VIDWEBがクライアントとクリエイターの間に入って制作進行を担当してくれるので、クライアント側には余計なストレスがかからない点も安心です。

さらに、制作した動画をフルに活用した総合プロモーションサービスも提供しているので、単に制作だけでなく動画マーケティング全般について相談しやすい会社といえるでしょう。最初の無料相談から、独自のヒアリングシートを用いて丁寧に意図をくみ取ってくれるため、クライアント側の希望と制作側の提案がずれる心配もありません。

VIDWEBの強みは……"]
  • 国内47都道府県及び世界中のクリエイターと連携
  • クリエイターは厳しい審査を潜り抜けた人材ばかり
  • 幅広いジャンルのクリエイターが在籍し、多様なニーズに対応
  • コスト管理・工程管理はVIDWEBが行うので低コストスピーディ

⇒動画制作はもちろん、動画マーケティング全般において相談できるエージェント!

VIDWEBは動画制作の基礎的な部分から関わってもらえます。動画を使ったプロモーション全般について知りたい方はまずアクセスしてみるといいでしょう。優良な制作会社はたくさんありますが、VIDWEBのようにスケールメリットのある会社を選ぶと、制作進行中も安心感が強いですね。

\動画づくりの基礎から、効果的なプロモーションノウハウまで/

Borderless|クリエイター自身が営業や提案も担当


非クラウドソーシング型ですべてを内製するBorderlessは、実際に制作を担当するクリエイターが営業や提案、打ち合わせなどを担当するという特徴を持っています。

ビジネス感覚とアート感覚を兼ね備えたクリエイターが直接担当するため、コミュニケーションがスムーズかつズレが生じにくいという安心感があります。

所属クリエイターには海外の映像コンペでの入賞履歴もあり、事業の海外展開における動画活用なども相談できるでしょう。

Borderlessの強みは…"]
  • 実際に制作するクリエイターが営業や提案を行う
  • コミュニケーションのミスが少ない
  • 所属クリエイターは海外での受賞歴ありの高いスキル

⇒内製化でコスト削減したい方に最適!

MOBERCIAL|マーケティングも含めた総合サポートを提供

MOBERCIALは動画制作だけでなく、デジタルビデオマーケティングの総合サポートを特徴とする制作会社です。

企画から制作、配信までのすべてを内製し、クライアントに対してフルサポート。動画の活用方法を相談したい、効果測定までしっかり行ってほしいなど、マーケティング面での期待にも応えてくれる制作会社といえるでしょう。

MOBERCIALの強みは……"]
  • 動画を使ったマーケティング全般に強い
  • 動画の活用方法の提案ができる
  • 動画導入後の効果測定も行える

⇒作った動画で効果的な販売促進がしたい方へ

LOCUS|コンサルティングと手軽な動画制作サービスが特徴

約700名のクリエイターと提携するクラウドソーシング型の制作会社であるLOCUSは、綿密なコンサルティングが大きな特徴。動画を軸として、他のさまざまな手法も用いて問題解決を図ってくれるでしょう。

また、素材をテンプレートに当てはめて自分で動画を作れるサービス「FastVideo」も展開。安く、手軽に動画を作りたいというニーズにも対応しています。

Shibuya Movie|シネマティックな世界観の表現が得意


非クラウドソーシング型の制作会社であるShibuya Movieは、シネマティックな映像表現に特化型した会社です。

宣伝色を抑え、他との差別化を図った動画が作れるため、作りたい動画のイメージとShibuya Movieの得意な世界観がマッチする場合、非常に頼れるパートナーになってくれるでしょう。

【まとめ】ポイントを押さえた上で、自社に合う制作会社を選ぼう

映像・動画制作の会社を選ぶ際のポイント
  • 1.得意分野
  • 2.提案力
  • 3.コストパフォーマンス

上記の3つのポイントをしっかりとチェックするようにしましょう。

その上で、自社のやりたいことや目指すもの、イメージする動画などに合うかなど、さまざまな点を吟味して制作会社を決めることをおすすめします。