電子レンジ

今回は電子レンジの選び方とおすすめ製品をご紹介します。電子レンジというと、最近はオーブン機能がついたオーブンレンジやスチームオーブンレンジといった製品が多く、それらのことを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、この記事では文字通りの電子レンジ、あたため機能に特化した単機能電子レンジをご紹介します。

調理に使うことをメインに考えている人はオーブン機能がないと不便ですが、実際にはオーブンレンジを買ってもあたためにしか使っていないという人も多いはずです。そんな人には、単機能の電子レンジは使い勝手も良く低価格なので持って来いの製品です。この記事を参考に、自分にピッタリの製品を見つけてください。

【どんな製品がある?どんな人に向いてる?】電子レンジの種類と特徴

電子レンジと女性

最初にオーブンレンジやスチームオーブンレンジも含めた、広い意味で「電子レンジ」と呼ばれている製品について、どんな種類があって、どんな特徴があるのか簡単に見ておきます。

まず電子レンジ(単機能電子レンジ)からです。電磁波の一種であるマイクロ波によって水分子を振動させて、水分子が含まれる物体をあたためるというのが、その仕組みです。食品の内部からあたためることができますが、焼いているわけではないので、焦げ目をつけたりすることはできません。

この電子レンジにヒーターを付けて、「あたためる」と「焼く」の両方を可能にしたのが、オーブンレンジです。グリル機能で食材を焼くことができるので、魚を焼いたり、パンを焼いたりといったように調理用途に広く使えます。

そしてオーブンレンジにスチーム機能が付いたものがスチームオーブンレンジです。スチームによる蒸し料理が出来るため、更に調理の幅が広がります。100℃を超える過熱水蒸気を噴出することができる製品もあり、揚げ油を使わずに揚げ物調理ができます。

このような過熱水蒸気を用いるタイプをウォーターオーブンレンジと呼んで区別する場合もあります。シャープーのヘルシオ、日立のヘルシーシェフなどはこのタイプの製品の代表格です。東芝の石窯ドームのような高火力のヒーターと高温の水蒸気によるオーブン料理をウリにした製品もあり、このクラスまでくると自動調理機能も充実した万能調理器といったイメージになります。庫内の臭いを取る脱臭機能なんかも付いてきます。

このように電子レンジ、オーブンレンジ、スチームオーブンレンジ、ウォーターオーブンレンジの順番で、作れる料理の幅が広がっていきます。ただ、やれることが増える分、価格帯も上がっていきます。宝の持ち腐れになってしまうケースも十分考えられますから、むやみに高機能の製品を購入するのはおすすめできません。

コンビニのお弁当を買ってあたためる、冷凍食品を解凍するといった使い方の人は、電子レンジで十分ですし、それに加えてパンをトーストしたいという人はトースト機能があるオーブンレンジを購入すべきです。そして更にスチーム調理・蒸し料理をしたいならスチームオーブンレンジ、ヘルシーな揚げ物料理をしたいならウォーターオーブンレンジという感じになります。

あたためがメインで手軽に使える製品が欲しいなら、電子レンジかオーブンレンジを、レンジで色々な調理をしたいという人は、スチームオーブンレンジやウォーターオーブンレンジの購入を検討してください。

ちなみに、ガスオーブンと電子レンジが一台になった電子コンベック(コンビネーションレンジ)という製品もあります(電子コンベックはリンナイ、コンビネーションレンジはパロマの製品名です)。あまり一般的ではありませんが、火が通りにくい素材でも中から加熱して、外からこんがり焼くといった調理ができます。

【もはや生活必需品!】電子レンジの選び方

電子レンジ手元のアップ

ここからは(単機能)電子レンジの選び方についてご説明します。電子レンジが登場してから、冷めたご飯を食べたり、鍋を火にかけて食材をあたためたりすることはほとんどなくなりました。電子レンジは、老若男女を問わず、現代人にとってはほとんど必需品といってもいい調理家電の一つでしょう。以下の記事を参考にして、自分にあった製品を見つけてください。

【あたため時間はレンジにお任せ!】便利なオートメニュー

電子レンジを選ぶ上でポイントとなるものの一つが、「あたため自動」の機能が搭載されているか否かです。自動機能が付いていると、いちいち時間を設定することなく、ワンプッシュであたためが行えて便利です。

もっとも、この自動あたため機能は、概ね実売価格1万円以上の製品にしか搭載されていません。また、自動であたためた場合、熱過ぎたり、ぬるかったりして自分の好みの温度になかなかならないというケースもあります。コストを優先したかったり、自分の好みであたため加減を調節したい人は、自動あたため機能の有無にはこだわらなくてもいいでしょう。

ちなみに、自動あたための際はセンサーによってあたたまり具合を判断しているのですが、この記事でご紹介しているような単機能型の電子レンジに使用されているのは、蒸気センサーと呼ばれているものです。本当は、温度センサーとしては赤外線を使った赤外線センサーの方が正確なのですが、もっと高価格の上位モデルにしか搭載されていないようです。

このタイプのセンサーはあたためられた食材から生じる蒸気を検知しているため、お皿にラップをピッチリかけていると上手く働きません。自動あたため機能を使うときは、ラップはゆるくかける、フタ付きの容器はフタを少しずらしておくのが上手に自動あたため機能を使うコツです。

【あなたの最適サイズは?】庫内容量で選ぶ

次にチェックするのは、庫内容量です。電子レンジの容量は、一般的に20L以下のものは一人暮らし向け、20L~25Lが2人家族向け、25L以上になると3人以上の家族向けといわれています。

単機能電子レンジの場合、そもそも一人暮らし向けの製品が多いので、20L以下の製品が中心です。少し大きめの製品が欲しい場合には、20L以上のものを選ぶようにするといいでしょう。

また庫内容量が同じでも、次の項目でご紹介する庫内形状の違いが実際に使える庫内スペースを大きく左右しますから、この点を合わせてチェックするようにしてください。

【ターンテーブルとフラットタイプ】庫内形状の違い

電子レンジの庫内形状(庫内構造)には、ターンテーブルフラットタイプがあります。ターンテーブルは、庫内でターンテーブルが回転するタイプ、フラットタイプはターンテーブルがなく庫内底面が平らなタイプです。

ターンテーブルは、ターンテーブルが回転することで食材に満遍なくマイクロ波を当てて、あたためムラを失くすものです。テーブルよりも大きなお弁当などを入れてあたためようとすると、テーブルが回転できず、あたためムラが生じます。

これに対してフラットタイプは、庫内全体が無駄なく使えます。同じ庫内容量でもターンテーブルとフラットタイプでは実際に使えるスペースはかなり違う場合が出てきますので、注意してください。またターンテーブルがないため、庫内の底面が平らで掃除がしやすいというメリットもあります。

もっとも単機能電子レンジの場合は、ほとんどの製品がターンテーブルです。フラットタイプを選びたい場合は、かなり選択肢が限られてしまうので、庫内形状についてはあまりこだわらずに選んだ方がいいかもしれません。

【冷凍食品の解凍やお弁当のあたために便利】出力調節が細かくできる機種を選ぶ

電子レンジの出力は、最低でも強・弱の2段階(解凍を含めると3段階)は付いているものが普通ですが、できれば3段階以上のものがおすすめです。

なぜなら、冷凍食品やお弁当のあたため時間の目安は、600Wか500Wで表示されていることが多く、この2つに切り替えられると便利だからです。具体的には700W以上の高出力と、600Wと500Wの切り替えができれば、便利に使えます。

また製品によっては、通常のあたためと解凍に加えて、更に低出力の「煮込み」モードが搭載されているものもあります。煮込みモードがある機種なら、カレーのような煮込み料理が電子レンジで簡単に作れますから、おすすめです。

【転勤族は要チェック!】周波数の違い

最後に、この点は選び方というよりも注意点といった方がいいかもしれませんが、電子レンジには東日本・西日本のいずれかでしか使えないものがありますから注意しましょう。

これは発電所から送られてくる電気の周波数の違いによるもので、東日本は50Hz、西日本は60Hzとなっています。電子レンジの他、洗濯機などの一部の電化製品は、それぞれに対応した製品でなければ使えません。電子レンジを購入する際には、50Hzと60Hzのどちらに対応した製品なのかチェックするのを忘れないようにしましょう。

ただし、この周波数の違いにかかわず、東日本・西日本のどちらでも使える「ヘルツフリー」の電子レンジもあります。頻繁に引越しをする、いわゆる転勤族の人などは、最初からヘルツフリーの製品を選ぶと良いでしょう。

なお、上では「使えない」と書きましたが、東日本・西日本専用の電子レンジを周波数が違う地域で使うことも不可能ではありません。ただ、この場合は、高圧コンデンサーや高圧トランスといった部品を交換することが必要になります。保証期間内であれば部品代は無料というメーカーもありますが、この場合も取替え技術料や出張料といった費用がかかります。

電子レンジのおすすめ人気製品ランキング

ここからはおすすめの電子レンジをご紹介します。自分に合った製品がないか、探してみてください。

第10位 アイリスオーヤマ グリルクックレンジ IMBY-T172-6

アイリスオーヤマグリルクックレンジIMBY-T172-6

庫内容量 約17L
高周波出力 600W 500W 解凍(200W)
自動メニュー 自動あたため(ごはん1杯/2杯、飲み物、お弁当) グリルクック(ハムエッグ、焼きウインナー、冷凍ぎょうざ、焼き魚(サケ切り身)、焼き魚(アジ開き)、しょうが焼き)
消費電力 1,150W
サイズ(幅×奥行×高さ) 44.0×32.5×25.5cm
庫内サイズ(幅×奥行×高さ) 30.6×30.7×19.0cm
質量 10.35kg

専用容器で焼く・煮る・蒸すの調理も

アイリスオーヤマグリルクックレンジIMBY-T172-6調理風景

単機能型の電子レンジは、基本的に調理には使えません。これは機能的に仕方のないことですが、この製品は付属する専用の容器(グリルクッカー)を使えば、焼いたり・煮たり・蒸したりといった調理が可能になります。

グリルクッカーの底面に発熱する素材が使われていて、しっかり焦げ目が付く調理が出来ます。逆に言えば、電子レンジ本体は他の製品と基本的に変わりありません。

グリルクッカーを使わない場合、単なる値段が高めの普通の電子レンジということになってしまいます。「グリルクックメニュー」という自動メニューが搭載されていますが、これもグリルクッカー使用時限定のものですから、グリルクッカーありきの製品といって良いでしょう。

グリルクッカーは中々の優れもので、実際に使った人の感想としては、「材料を入れておくだけでハムエッグが作れる」「餃子がしっかり焼けた」といったものがあります。朝の忙しい時間の朝食作りや、おかずを一品足したいといったときに非常に便利です。

もっとも、レンジ自体もグリルクッカーもあまり大きいサイズではないので(グリルクッカーの内径は20cm)、家族全員分の食事を作るといった使い方は難しいでしょう。一人暮らしの人などで、オーブンレンジを買うほどではないといった人に丁度いい製品です。

第9位 アイリスオーヤマ 電子レンジ ricopa(リコパ) IMB-RT17

アイリスオーヤマ電子レンジricopaIMBRT17

庫内容量 約17L
高周波出力 500W/600W(50Hz/60Hz) 400W 200W
自動メニュー なし
消費電力 950W/1300W(50Hz/60Hz)
サイズ(幅×奥行×高さ) 約44.0×32.5×25.8cm(つまみ含まず)
庫内サイズ(幅×奥行×高さ) 約30.6×30.7×19.0cm
質量 約10.8kg

かわいらしいカラーリングが魅力の電子レンジ

アイリスオーヤマ電子レンジricopaIMB-RT17背景あり

電子レンジという製品は全般的に地味なカラーが多く、あまりおしゃれな印象ではないものが多くなっています。この点に不満を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この製品は、アイリスオーヤマが展開しているricopa(リコパ)というシリーズの一つで、他にオーブントースター、ミニホットプレート、IH鍋セット(IH調理器と対応鍋のセット)があります。いずれも、パステル調のちょっとレトロな配色で、シリーズで揃えれば、おしゃれな空間を演出することができます。どの製品も、一人暮らしの人に向いた小さめのサイズです。

肝心の電子レンジの機能としては、あたためが強・弱の2段階、それに解凍ができて、15分までのタイマーが付いています。このサイズの単機能電子レンジとしては、標準的な機能です。カラーバリエーションにアイボリーとアッシュブルーもあり、カラー・デザインに魅力を感じる人におすすめです。

第8位 ツインバード 電子レンジ DR-D419W6

ツインバード電子レンジDR-D419W6

庫内容量 17L
高周波出力 700W 600W 500W 弱(300W相当) 解凍(200W相当) 煮込み(120W相当)
自動メニュー なし
消費電力 1100W
サイズ(幅×奥行×高さ) 45.5×33.0×26.5cm
庫内サイズ(幅×奥行×高さ) 30.5×28.0×17.5cm
質量 約10.5kg

ご高齢の方にも!使いやすさに配慮した製品

ツインバード電子レンジDR-D419W6操作パネル

シンプルで使いやすい」ことにこだわった製品。操作パネルにはかなり大きめのダイヤルが2つ配置され、その2つだけで全ての操作ができます。

上側のダイヤルは出力の調整。出力調節は、700W・600W・500Wの3段階に加えて、弱と解凍、そしてさらに弱い出力(120W相当)でじっくり調理することができる「煮込み」モードも搭載しています。細かく出力調節ができるのは嬉しいポイントです。

下側のダイヤルでは、あたため時間を設定します。通常よく使う5分間までの目盛の間隔が幅広く取ってあり、見やすく使いやすいよう配慮されています。大きめの文字でクッキリと見やすく表示されているのも使いやすさを追求した結果です。

細かな点まで使いやすさに配慮されており、シンプルな機能で使い方に迷うこともないので、特にご高齢の方におすすめしたい製品です。

第7位 アイリスオーヤマ 電子レンジ ターンテーブル IMB-T2201

アイリスオーヤマ電子レンジターンテーブルIMB-T2201

庫内容量 約22L
高周波出力 900W 700W 500W 200W(解凍)
自動メニュー センサー自動 飲み物 解凍
消費電力 1420W
サイズ(幅×奥行×高さ) 約48.5×39.7×29.2cm
庫内サイズ(幅×奥行×高さ) 約31.4×34.7×20.8cm
質量 約9.8kg

単機能電子レンジとしては大型の庫内容量22L

アイリスオーヤマ電子レンジターンテーブルIMB-T2201寸法

単身者向けの製品が多い単機能電子レンジは、容量も小さなものが多くなります。この製品はその中では比較的大きめの22Lの容量があるタイプで、ターンテーブルの大きさも直径約27cmあります。

出力も900Wあり、かなり高めです。この900Wというのは短時間高出力機能によるもので最大3分間です。その後は自動的に700Wに切り換わる仕組みになっているのですが、短い時間で効率的に温めることができます。

また、センサーであたたまり具合を判断する「センサー自動」も付いているので、ワンタッチであたためを行うこともできて便利です。「飲み物」「解凍」の自動メニューもあります。オーブン機能がない電子レンジとしては高めの価格ですが、その分高機能の製品です。

第6位 ネオーブ マイコン電子レンジ NGM720A

ネオーブマイコン電子レンジNGM720A

庫内容量 20L
高周波出力 700W 600W 500W 解凍
自動メニュー なし
消費電力 1050/1350W(50/60Hz)
サイズ(幅×奥行×高さ) 45.2×34.0×26.2cm
庫内サイズ(幅×奥行×高さ) 31.5×32.9×18.0cm
質量 11.5kg

ワンタッチメニューボタンで簡単操作

ネオーブマイコン電子レンジNGM720A庫内

この製品には「ワンタッチメニュー」というボタンがあります。これはいわゆる自動メニューではなく、30秒・1分・2分・3分の各ボタンを押すと、設定した時間の加熱を即時に開始するというボタンです。

一般的な電子レンジでは、温め時間の設定はダイヤルを回したり、ボタンを複数回押したりして行いますが、この製品ではボタン一つで「3分間温める」ということが簡単にできます。温め時間について「○分○秒」といったように細かな指定をあまりしない人にとっては、手軽に使える便利な機能です。

もちろん細かく設定したい場合は、出力は4段階(700W・600W・500W・解凍)、時間は10秒単位で15分まで指定できます(解凍のみ30分まで)。

容量が20Lある少し大きめのサイズとしては、かなり低価格なのも魅力です。手軽の使える、ちょっと大きめサイズのコスパが良い製品をお求めの方にピッタリです。

第5位 シャープ 電子レンジ RE-TS3-W5

シャープ電子レンジRE-TS3-W5

庫内容量 20L
高周波出力 700W 600W 500W 200W
自動メニュー センサー自動 解凍 牛乳
消費電力 1,310W
サイズ(幅×奥行×高さ) 46.0×35.0×27.5cm
庫内サイズ(幅×奥行×高さ) 30.0×33.5×20.0cm
質量 約12kg

あたため自動のハイパワーな電子レンジ

シャープ電子レンジRE-TS3-W5操作パネル

センサーが搭載されて、あたためを自動で行える製品です。蒸気を検出するタイプのセンサーなので、ラップをかけてあたためるときは、ラップをふんわりとかけるようにすると上手くセンサーが働いてくれます。

その他には、「解凍」は100g単位で重さを設定したら、後は自動で行ってくれますし、「牛乳」は杯数を指定したら、後は自動です。解凍の際に「強め」「弱め」が設定できますし、牛乳ボタンは他の飲み物にも使用可能です。

また最高出力は700Wで、最大15分の連続運転が可能です。最高出力での運転は数分程度の製品も多い中で、15分の連続使用が可能というのは、かなりハイパワーの製品であるといえます。

少し大きめのサイズの製品で、コンビニのお弁当をあたためるときなどにも不自由を感じません。単機能の電子レンジとしては少し高めの価格になっていますが、ハイパワーの製品をお求めの方におすすめです。

第4位 ツインバード ミラーガラスフラット電子レンジ DR-D269B

ツインバードミラーガラスフラット電子レンジDR-D269B

庫内容量 20L
高周波出力 600W~煮込み(約100W相当)
自動メニュー なし
消費電力 900/1200W(50/60Hz)
サイズ(幅×奥行×高さ) 約46.0×35.0×27.5cm
庫内サイズ(幅×奥行×高さ) 約32.0×33.0×18.5cm
質量 約13.5kg

デザイン性に優れた電子レンジ

ツインバードミラーガラスフラット電子レンジDR-D269Bフラットな庫内

この製品のキャッチコピーは「見られるために存在する電子レンジ」。デザイン性にこだわった製品です。ミラーガラスが採用されていて、調理中以外は中が見えないようになっています。操作パネルも、シンプルでシャープなデザインです。

機能面ではメモリー機能が搭載されていて、普段良く使う設定を記憶させておくと、毎回設定する手間が省けます。そして、単機能電子レンジでは珍しく、ターンテーブルがないフラットタイプです。庫内のスペース全体が有効に利用できるため、かなり広く使えます。庫内がフラットなので掃除も簡単です。

さらに細かな点では、ブザー音が鳴らないようにする消音機能があります。「夜中にレンジを使うときに寝ている家族に気を使う」といった人には便利な機能です。消音機能を使っているときは、バックライトが点滅することであたため終了を知らせてくれます。

実売価格で1万円前後の機種なので、自動あたため機能がないのが少し残念なのですが、他にはない個性を持った製品です。

第3位 ハイアール 電子レンジ JM-17F

ハイアール電子レンジJM-17F

庫内容量 17L
高周波出力 600W~煮込み(約100W相当)
自動メニュー なし
消費電力 1150W
サイズ(幅×奥行×高さ) 44.0×35.4×25.8cm
庫内サイズ(幅×奥行×高さ) 30.6×30.7×19.0cm
質量 11kg

コスパに優れたハイアール製電子レンジ

ハイアール電子レンジJM-17F操作パネル

ハイアール製の電子レンジ。ハイアールは中国の家電メーカーです。昔は中国製は質が悪いという印象もありましたが、現在では技術力も向上していて、品質の点でも問題ありません。ハイアールが白物家電(生活家電)の分野で世界No.1のシェアを誇っていることも、同社の評価が高いことを示しているといえるでしょう。

中国メーカーの製品の特徴といえば、まずは価格が安いということが挙げられると思いますが、この製品もかなり低価格です。低価格の製品なので自動あたためなどの機能は搭載されていませんが、700Wのハイパワーで素早くあたためを行うことができます。

「電子レンジはあたためができれば十分」という人で、コスパを優先して製品選びをしたい人にはイチオシです。

 

第2位 アイリスオーヤマ 電子レンジ ターンテーブル IMB-T171-5

アイリスオーヤマ電子レンジターンテーブルIMB-T171-5

庫内容量 約17L
高周波出力 700W 500W 200W
自動メニュー なし
消費電力 1,150W
サイズ(幅×奥行×高さ) 44.0×32.5×25.5cm
庫内サイズ(幅×奥行×高さ) 30.6×30.7×19.0cm
質量 11.0kg

ユーザーからの評価も高い売れ筋製品

アイリスオーヤマ電子レンジターンテーブルIMB-T171-5スピードあたため

アイリスオーヤマはジェネリック家電のメーカーとして有名ですが、電子レンジにもかなり力を入れているようで、多くの機種をラインナップしています。この記事でも最も多くの製品がランクインしているメーカーです。

この製品はその中で最も売れている製品です。機能面ではあまり特筆するようなものはありませんが、ハイパワーの700W、冷凍食品やお弁当のあたために便利な500W、解凍に使える200Wの3段階の出力の切り替えが可能で、電子レンジに要求される基本的な性能は十分に満たしています

ユーザーからの評価も高く、Amazonのレビューでは約50%が星5つという高い評価を獲得しています(2017年12月)。低価格の製品であり、かなりコスパが高い製品であるといえるでしょう。幅広くおすすめすることができる製品です。

第1位 パナソニック 単機能レンジ NE-EH229

パナソニック電子レンジNE-E229

庫内容量 22L
高周波出力 自動出力:850W 手動出力:700W 500W 150W
自動メニュー あたためセンサーオート 飲み物
消費電力 1320W
サイズ(幅×奥行×高さ) 48.8×36.8×27.9cm(ハンドルなどを含めた最大奥行39.1cm)
庫内サイズ(幅×奥行×高さ) 31.5×35.3×20.6cm
質量 9.4kg

連動調理でごはんが炊ける!

パナソニック電子レンジNE-E229扉開放

単機能の電子レンジとしては高機能の製品で、「連動調理」という機能があります。これは高出力と低出力を組み合わせて調理を行うことで、最初は強火でそれから弱火に切り替えるといった調理法が自動的にできるという機能です。

この機能があるとどういった点が便利かというと、例えば「電子レンジでご飯を炊く」ことができます。普段は家でご飯を炊かない人も、炊飯器を買わなくても炊き立てのご飯が食べられます。工夫次第で煮込み料理などにも応用できる機能です。

その他には、短時間高出力機能による850Wのハイパワー加熱(最大1分30秒間)、蒸気センサーによる自動あたため機能、ブザー音を消せる消音機能といった機能も搭載しています。

またターンテーブルの大きさは28.5cmあり、大きめのコンビニ弁当などのあたためにも使いやすくなっています。それにもかかわらず本体重量は9.4kgしかありません。持ち運びしやすく、東日本・西日本を問わずに使えるヘルツフリーでもありますから、引越しなどの機会が多い人にもおすすめです。

少し高めの価格ですが、とても使いやすい製品で、Amazonのレビューでは60%以上が星5つの評価を獲得していて、星4つまで含めれば高評価が85%にもなります。どなたにも自信を持っておすすめすることができる製品です。

まとめ

電子レンジの選び方とおすすめの製品をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。単機能の電子レンジというと、どの製品もあまり違いがないと思っていた方も多いのではないかと思いますが、様々な特徴を持った製品があることがお分かりいただけたのではないかと思います。

今回の記事も参考にして、自分にピッタリの電子レンジを見つけてください。