Amazonプライムでできること知っていますか?知らないと損するものばかりですよ?

Amazon(アマゾン)を使ったことがないという人は、それほど多くないことでしょう。インターネットで買い物をするにあたって、楽天、Yahoo!など多くのECサイトと並び利用されているAmazon(アマゾン)。

注文後すぐに届くこともあり、今ではリアルの店舗の存在を脅かすほどメジャーな存在になっていますが、実はただAmazon(アマゾン)を利用するだけでは、十分に活用できているといえません。

無料で利用できるECサイトとして有名なAmazon(アマゾン)ですが、実は年会費を払うことで利用できるようになるサービスが数多くあります。

それが「Amazonプライム」

ここでは、Amazonをより活用できるようになるとともに、みなさんの生活を今よりもずっと豊かにするこれらのサービスについて紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

【注目!】Amazonギフト券チャージキャンペーン中

Amazonギフト券チャージ

現金でギフト券をチャージするとポイントがもらえるキャンペーンが開催中。5000円以上のチャージからで初回は1000ポイントプレゼント、チャージするたびにポイントが加算されるので「現金払い」主義の方におすすめ。

  • キャンペーンにエントリーする
  • チャージタイプのAmazonギフト券を5000円以上注文
  • コンビニ・ATM・ネットバンキングにて支払い

通常会員よりもプライム会員の方がポイントも多く加算されますし、キャンペーンへのエントリーも簡単。現金で支払いよりもギフト券があれば支払いも簡単で便利です。

できることが増える!Amazonプライムとは

できることが増える!Amazonプライムとは何か

簡単にいえば、先述したように年会費を支払うことで利用できるようになるAmazonの有料会員プランです。

通常、商品を購入する際に利用するAmazonですが、プライム会員には特典として多くのサービスにアクセスできる権利が与えられます。

会費は月・年会費の2種類!

一年あたり ひと月あたり 無料体験期間
年間プラン 3,900円 325円 1ヶ月間
月額プラン 4800円 400円 1ヶ月間

Amazonプライムの会費ですが、2つのパターンが存在します。

1年分をまとめて支払うか、毎月少しずつ支払うかを選ぶことができ、年会費一括払いをすることでいくらかお得になるという形式。なお、Amazonプライムは初月が無料になっており、無料期間の終了後に支払いが発生します。

Amazonプライムを申し込むと、初回月は無料で試すことができ、解約をしなければ自動継続となり会費が発生します。

支払い方法はクレジットカードか携帯払いで、クレジットカードの場合はVISA・Mastercard・JCB・AmericanExpress・Dinersが利用可能。携帯払いはdocomo・auのみでSoftBankは対応していません。

なお、プライム会員に登録したものの、会員特典を一度も利用せずに解約した場合には返金されますので、試しに利用してみたとして、結局使わなかったということであれば、損をしない仕組みになっています。

学生はPrime Student(プライム スチューデント)に登録しよう!

一年あたり ひと月あたり 無料体験期間
学生年間プラン 1,900円 159円 6ヶ月間
学生月額プラン 2400円 200円 6ヶ月間

基本はAmazonプライムと内容は同じですが。会費が安いことに加えて無料体験が6ヶ月間、その後も年会費は1,900円とかなり割安になります。アマゾンの学割といったところですが、一人暮らしで日用品は月にまとめて購入すれば十分な方も多いのでこれは便利。

Amazonプライムは特典がいっぱい!

年会費3900円を支払い、それによって得られる特典というのはどのようなものか?これは気になる人も多いことでしょう。2018年の9月現在で、プライム会員になると受けられる特典は18項目あります。

一番はマーケットプレイスなどの一部の商品を除いて、配送料が無料になることです。通販サイトを利用するにあたり、ネックとなる配送料が無料になるのは非常に大きいといえるでしょう。

その外にもアマゾンのサービスをプライム会員特典で受けられますので、一般会員になっているなら切り替えたほうが断然有利になります。

Amazonプライムのメリットはこんなにたくさん!

Amazonプライムの特典でできることはこんなにもある!
Amazonプライム会員になることで利用できる特典は、大きく分けて以下の4種類です。

  • 配送関係
  • 日用品の購入関係
  • 娯楽関係
  • 読書関係

どれをとっても素晴らしい特典であり、お値段以上の魅力的な内容になっていますので、一つ一つしっかりと知っておき、必要に応じて使っていきましょう。

なお、これらの特典のほとんどは追加料金を必要とせず、年会費や月会費を支払っていれば、使い放題になっています。

そのため、会費の金額だけを見れば高いと感じるかもしれませんが、利用することで得られる特典の恩恵を金額価値に変換すれば、非常にコストパフォーマンスが良いことに気付くことでしょう。

配送や手数料が無料に!お急ぎの配送も可能になる

一般会員 プライム会員
送料 購入金額2000円未満は350円 無料
お急ぎ便 360円 無料
当日お急ぎ便 514円 無料
日時指定 360円/当日指定は514円 無料

多くの人にとって、Amazonで購入するのは書籍や日用品、雑貨といったそれほど高額にならないものが中心になるはずです。しかし、そういったものを買うにあたって送料がかかるとなると、いくらか割高になって実店舗で買おうか通販で頼もうか迷うことになるでしょう。

まして、書籍や日用品といったものは、月に一度の購入で済むものでもなく、そのたびに送料がかかるとなると、負担も相当なものです。

プライム会員になった場合、書籍や日用品の多くは送料無料で購入することが可能になることから、実のところある程度買い物をするという人であれば、それだけでも十分に元を取ることができるといえるでしょう。

書籍や日用品といった小さな物を購入する機会の多いAmazonでの買い物ですが、中には白物家電など大型の商品を購入する方もいます。

最近では、大手系列の店で購入するよりもAmazonのようなインターネット上で購入した方が、非常に安く購入できるという物も増えており、家電であっても通販で済ませるという機会は珍しくありません。しかし、そういった大型の商品は、サイズや重量の関係で、配送料が高くなりがち。

せっかく実店舗より安価に購入できても、配送料分の金額で損するようならば、インターネットで購入するメリットはなくなってしまいます。プライム会員は、そういった特別取扱商品について、一部手数料が免除されるようになっています。

ただし「特別配送」といった表示がある商品については、その限りではなく、別途手数料がかかるため注意してください。

ポイント
一部地域は対象外地域!
また、通常の送料だけでなく、お急ぎ便やお届け日時指定便も無料で利用することが可能になります。ただし、沖縄や離島といった一部地域は対象外地域に指定されているため、そういった場所に住んでいる人については、事前に確認する必要があるので注意してください。
家族も利用可能

なおこのプライム会員の特典は、同居している家族について最大二名まで家族会員として登録することで、同じように利用することが可能です。つまり、家族も配送料の負担を減らす形でAmazonを利用できるようになります。

そのため、たとえば田舎に住んでいて欲しい本が手に入らなくて困っている子供や、使っている化粧品が近場で売っていなくて困っている妻がいる人などがいれば、一人が登録することで、その人たちも送料の負担がなく必要な買い物をしやすくなるということ。

一人ではそれほど利用しないという人でも、家族で利用すると考えれば、年会費を払った方が経済的になる可能性も高くなるといえるでしょう。

Prime Now

Prime Now
国内においては、東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県において対象エリアに限り利用できるサービス。朝の8時から深夜0時までの間で、2時間刻みで用意されている時間から好きな時間を選択し、その日の内に届けてもらうことができます。

専用アプリが用意されており、注文後お届け状況を地図を見ながらリアルタイムで確認できるため、安心感があるとともに自分のスケジュールと合わせながら必要な商品をすぐに手に入れられるようになるのがポイント。

食品・飲料・日用品だけでなく、家電まで含めて最大6万点揃えているため、突然家電が壊れたり、夕食に使うための食材や調味料が足りなくなったりしたときにも、買い物に出ることなくすぐに調達することが可能になります。

日用品の買い物ももっとお得に!

Amazonでの買い物のメインとなるのは、多くの場合生活必需品や日用品でしょう。とくに食料品や飲料などが購入した物の多くを占めるという人は、決して少なくないはずです。

Amazonプライムでは、そういったECサイトにおいて生活必需品や日用品の購入が多いという人にとっても魅力的な特典があります。

Amazonパントリー

Amazonパントリー
Amazonパントリーは、食料品や飲料、日用品などを1個から購入することのできるサービス。通常、食料品や飲料、日用品といったものは、何個かセットになって販売されていますが、Amazonパントリーでは、自分にとって必要な数量を注文して、それらを一つのセットにしてまとめて購入することが可能になります。

パントリーとは食材庫を意味しており、このサービスはまさしくユーザーにとっての食材庫を作るサービスといえるでしょう。

たとえば、カップラーメン1個、ビール1本、つまみに何か1つといった具合に自分の欲しい食料品などをパントリーBoxに入れていき(スーパーにおけるショッピングカートをイメージしてください)、欲しい物を全て詰めたら、後は配送をお願いするだけ。これで、自分が今欲しい物を欲しい量だけ購入することができます。

このサービスは、手数料として290円が必要になりますが、頻繁に手数料分にあたる290円OFFのキャンペーンを行っているため、実質的に無料で利用できることも少なくありません。

たとえば一人暮らしで食料品や飲料などは欲しいけれど、ケース販売やセット販売で購入しても食べきれずに困るという人には、うってつけのサービスといえるでしょう。

会員限定先行タイムセール

意外と知られていませんが、Amazonでは毎日家電や日用品、ファッション、人気商品について、お買い得な値段で購入することのできるタイムセールを実施しています。

日頃から特定の商品ついては一般的なお店よりも安売りをしていることの多いAmazonですが、タイムセールの対象となったものは、更に破格の値段で購入することが可能になるため、非常に人気の高いサービスになっています。

プライム会員は、このタイムセールにおいて、通常の会員よりも30分早く参加することができ、その分購入を成功させやすくなるのです。

もちろん、現実のタイムセール同様に購入に失敗することもありますが、一般的な会員よりは有利にタイムセールでの買い物を進められるようになることから、それだけ得しやすい立場にあるといえます。

Dash Button

Dash Button
プライム会員は、2017年に話題になったDash Buttonを利用することができるようになります。これは、ボタンを押すだけでそのボタンに登録された商品の購入ができるというもので、欲しいと思ったときに1タップで商品の注文ができるようになります。

つまり、お気に入りの商品やよく購入する商品のボタンを用意しておけば、Amazonのサイトにログインする手間をかけずに商品の配達を注文できるようになるのです。

商品を注文した際にはお金がかかりますが、ボタン自体は500円で購入することができ、初回の注文時には500円分商品代金が引かれるため、実質無料でボタンを手に入れることが可能。

同じ商品を注文するために何度もサイトにログインするのが面倒という人には、非常に役立つ特典といえるでしょう。

Amazonファミリー

Amazonファミリー
Amazonでは、子育て世代の負担を軽減するサービスも展開しています。内容としては、おむつやおしりふきといった育児の必需品など、対象商品を15%で購入することが可能になりました。

おむつやおしりふきといったものは、とにかく数が必要になる上、値段も決して安いものではないため、子育て世代にとって負担の大きなものになりがち。しかし、それが定期おトク便としてつねに15%で購入できるようになるこの特典を使えば、大きな節約に役立てられること間違いなしです。

また、Amazonの特性上、外出せずにそれらの製品を手元に置くことが可能になるので、子育てもしながら買い物にもでなければならないという移動の負担も軽減できるようになります。

ビデオや音楽などが追加料金なしで視聴できる!写真の保存も無制限に!

Amazonプライムの特典として、最も有名で、多くの人から高い評価を得ているのは、もしかするとこの娯楽面かもしれません。

娯楽面でのサービスは、映像や音楽、写真と書籍に関するものなどがありますが、ここではまず書籍を除いた娯楽面での特典について紹介していきましょう。

プライム・ビデオ

プライム・ビデオ
日本国内のユーザーに対して提供されているサービスで、追加料金を支払うことなく映画やテレビ番組を好きなだけ見ることが可能になります。作品は検索可能で、見たい番組を検索窓に入力することで、その番組が見られるかどうかを調べることが可能。

プライム・ビデオの対象になっている映画やテレビ番組、アニメなどのセレクションは常時変更されることから、新しいタイトルが追加になる一方で、過去のタイトルは削除されることもあります。

見られるのは日本の番組だけでなく、海外作品も対象となっており、海外ドラマのほか、中にはAmazonオリジナルの番組も視聴できます。学生にとってはスキルアップやビジネスに関する情報が得られる教育番組があるのも嬉しいことでしょう。

特徴的なのは、古い番組ばかりがあるというのではなく、たとえばアニメなどの場合、つい最近放送されていたような作品も順次追加されることから、ある種テレビの代わりとして利用することもできるという点です。

動画配信サービスは今や数え切れないほどありますが、買い物などの特典と合わせて利用できるサービスはほとんどなく、これだけでも非常に希有な価値があるといえるでしょう。

Twitch Prime

これはアメリカ合衆国を本拠地としたTwitch社が提供しているTwitchというサービスを利用しているユーザーのみが活用できるサービスです。

Twitchはゲームのプレイ動画などを配信しているサービスで、PlayStation4など日本でもおなじみのゲームやe-Sportsと呼ばれる動きの激しいゲームなど幅広く視聴することができます。

通常、動画の視聴にあたっては広告が表示されるなど、いくらか制限が課されるのですが、プライム会員は会員情報を紐付けることで、ある程度制限を取り外すことが可能。Twitchをより充実した環境で楽しむめるようになります。

Prime Music

こちらは、追加料金なしで100万曲以上もの楽曲やアルバムなど音楽を楽しむことのできるサービス。また、プライムラジオを楽しむこともできます。

パソコンの他、スマートフォンやタブレットでも音楽を楽しむことができるため、家の中でも外でも様々な楽曲を聴くことができるようになるでしょう。

オフラインでの視聴も可能なため、通信量を気にせず利用可能。また、Prime Music内の楽曲と自分が購入した楽曲を組み合わせたプレイリストを作成できるので、自分だけのセットリストを聴き続けられます。

Amazon Music Unlimited

100万曲の選択肢では足りない。そういう人のために、40倍以上の4000万曲以上の楽曲から音楽を選んで楽しむことのできるAmazon Music Unlimited。

音楽のエキスパートたちが選曲したプレイリストを楽しむことができるので、自分の趣味だけで音楽を選んで聴いていても飽きてしまうという人にも楽しめる設計になっています。楽曲は広告表示なしで楽しめ、再生数に制限もないので、純粋に音楽を楽しめることでしょう。

このサービスは通常月額980円必要になるのですが、プライム会員については割引価格で利用できるほか、月額払いではなく年額払いもできます。

無料で利用できるわけではないのは残念かもしれませんが、追加料金なしでも100万曲以上の楽曲を聴くことができるAmazon Musicが使えるわけですから、これについてはより多くの楽曲が聴きたくなったときに、お得に利用できるサービスだと考えるのが良いかもしれません。

プライムフォト

あまりイメージがないかもしれませんが、Amazonはクラウド企業でもあり、クラウドサービスも展開しています。

プライムフォトは、簡単にいえば、写真の保管をクラウド上にできるというサービスで、普段パソコンのHDなどに保存している写真をAmazonが管理するクラウド上に保存することが可能。

これによって、パソコン内に保管するデータ容量を減らすことができるだけでなく、パソコンが破損してもデータを損ねないようバックアップすることができるようになるでしょう。

プライムフォトでは、Amazon Driveを容量無制限で使用することを許可しており、これによって写真などの画像を安全かつ安心の環境で保存しておけます。

またプライムフォトでは、それに加えて画像以外の動画などのファイルを保存できる5GBの無料ストレージも開放しており、こちらも自由に使用可能。

保存したデータは、パソコンだけでなく、Amazon Driveアプリを使用することでスマートフォンなどからもアクセス可能ですので、実質的に携帯している端末の容量を圧縮して、余裕を持たせることに寄与することでしょう。

読書生活も大きく変わる!

読書体験については、別に月額980円程度で利用できるKindle Unlimitedという読み放題のサービスも出していますが、プライム会員は追加料金なしで、似たような特典を受けることができるなど、お得なサービスがあるので、ぜひここで知っておきましょう。

Kindleオーナーライブラリー

Kindle端末やFireタブレットを持っている人で、プライム会員に登録しているならば誰でも利用できるサービス。Amazonが用意した数多くの書籍の中から、好きな本を1ヶ月に1冊無料で読める特典です。

電子書籍のみの対応になってしまいますが、好きなときに好きな場所でお金をかけずに本が読めるため、たとえば仕事用に月に1冊程度本を読んでいるという人や読書家ではないので、多くは読まない人などにとっては、毎月の書籍代を節約できるので、嬉しいサービスといえるでしょう。

注意が必要なのは、Kindleアプリから利用できるわけではないという点です。そのためこの特典は、スマートフォンでは利用できません。

Prime Reading

Kindleオーナーライブラリーは1ヶ月に1冊でしたが、こちらは何冊でも読み放題の特典になります。Amazonが指定した本、雑誌、マンガなどについて、追加料金なしで読み放題になるのがこの特典。

対象となるコンテンツは随時更新されるため、プライム・ビデオのように読めるものは定期的に増えますが、同じく読めなくなるものも増えます。

こちらは無料のKindleアプリでも利用できるため、スマートフォンにも対応しており、好きな時に好きな場所で好きなだけ本を無料で読めるようになることでしょう。

ただし、同時に読めるのは10冊までと決まっており、11冊目以降を読むためには、既に利用している本の利用を停止する必要があることに注意が必要。

なお無料で読めるようになる本などのコンテンツは、全てKindle Unlimitedを利用することで読めるようになる本であり、その一部といえます。

そのため、より多くの本を読み放題にしたくなったらKindle Unlimitedを利用するという使い分けをすると良いでしょう。

Amazonプライムにデメリットはない?

Amazonプライム会員の方は「使いやすい」「お得」に感じていることが多いのですが「この機能はいらない」「使えない」と思っていることもあるようです。

世界的なサービスなこともあるので、必要がない・需要がないサービスも存在するのは確かです。色んなサービスをすべて使うこととを目的とするのか、自分が受けたいサービスに対して会費を払う価値を見出すのかは個人の自由。

以外に「使いにくい」サービスを紹介します。

Amazonパントリーは使う人を選ぶ

パントリーは食材庫の意味があり「食品や日用品をまとめ買い」すると送料が290円のサービスです。大家族であったり、特定の日用品などをまとめて購入したい方には便利ですが、食品のまとめ買いとなると別。特に生鮮食品などは、地元のスーパーの方が安かったりしますし宅配食材サービスを利用すれば送料無料なところもあります。

アメリカではこのサービスは人気なようで、自宅からスーパーが遠い・自宅に倉庫があり「シリアルなど」は常にストックしておきたい家庭向けのサービス。一般の方は、基本は送料無料ですので欲しい時に購入しても問題なし。

Amazonフレッシュは大量買い家庭向け

生鮮食品をメインにしたネットサービスです。これに関しては「宅配食材サービス」とかぶっていることや6000円以下の配達は送料500円がかかることからも、日本人の家庭では特に利用する方は少ないかもしれません。

定期おトク便・おまとめ割引は商品による

定期おトク便を3件以上まとめると最大15%OFFと非常にお得感はありますが、「すべての商品が定期便になる」わけではないのでピタリとマッチした方のみが恩恵を受けられます。欲しい時に単品で購入しても、アマゾンは比較的お安くなっていますので利用する方は少なめ。

ポイント
デジタルサービスを受けない人は通常会員で十分
プライムビデオ・プライムミュージックは利用すればするほど更にお得になりますが、すでに配信サービスなどを受けている方や「買い物だけにしかAmazonは利用しない」方は、プライム会員にならなくてもそこそこのサービスは受けられます。

Amazonプライムに登録してできることを増やすにはどうすればよいか?

Amazonプライムに登録してできることを増やすにはどうすればよいか?
さて、ここまでAmazonプライムに登録することで手に入れることのできる多くの特典、サービスを紹介してきました。

どれも年会費3900円で手に入れられるとは思えないほど使い勝手のある珠玉のサービスといえ、利用することで多くの費用を削ることができるようになるため、文字通り生活を豊かにする特典といえます。

プライムに登録するだけで、配送料を削減でき、CDやDVD(BD)といったものをレンタルする必要もなくなり、書籍代も多く節約できるようになるのです。

多くの会員サービスは、その会費に対して元を取るのが難しく、結局使わないままただお金を払っていくだけになるということも珍しくありません。

しかし、Amazonプライムは、通常の買い物に付随する特典も多いため、ただ利用するだけで特典を享受できる仕組みであるため、使わずに会費だけを支払ってしまうようなもったいないことをせずに済みます。

ところで、これだけ利便性とお得感の高いプライムサービスですが、利用するにはどうすれば良いのでしょうか?

実は、利用登録は非常に簡単です。

ぜひここで登録方法を確認し、今すぐにこの素晴らしい体験を獲得しましょう。

無料体験に申込するだけ

プライム会員になるにはどうすればよいか?

その方法は実に単純で、手順としては以下の通りです。

  1. メールアドレスを用意する(Gmailなど携帯キャリアメール以外のものが好ましい)
  2. メールアドレスを利用してAmazonのアカウントを作成
  3. アカウント作成後ログインする
  4. プライム会員の勧誘として「30日間の無料体験を試す」というボタンがあるので、それをクリックする
  5. 表示される指示に従って必要な情報を入力する
  6. 登録が完了して、30日間の無料期間が始まる

これだけです。

無料会員登録が済んでいれば、アカウントの作成が必要なくなります。

ただ、Amazonプライムを利用するにあたっては、先述したようにクレジットカード決済か携帯払いを利用することになるため、その情報を用意する必要があります。

注意したいのは、30日間の無料体験期間が終了するとともに自動的に有料会員として継続することになる点。

つまり、いざ体験してみて「やはり必要ない」と感じても、そのままにしておくと自動的に有料会員になってしまいます。

これを防ぐには、一度ログインして、アカウントサービス画面内にあるプライム会員管理ページに入り、自動更新をOFFにする必要があります。

そのため、もしも無料期間中にあまり良いと思えなかったときは、この設定変更を行うことを忘れないようにしましょう。

できることを増やして生活を豊かにするためAmazonプライムに登録しよう!

できることを増やして生活を豊かにするためAmazonプライムに登録しよう!
Amazonは、多くの人が知っているように、買い物をする上で非常に便利かつ使いやすいサイトです。しかし、便利さの裏で送料の負担など不便なところも少なくありません。

ところがプライム会員になることで、そのような不便もなくなり、そればかりか動画が見放題になったり、本が無料で読めたり、多くの特典を得ることが可能になります。

年会費は4000円近く、決して安いといえる金額ではありませんが、送料の負担だけを考えてもそれは十分に元が取れますし、他の特典によって得られる様々なサービスを思えば、むしろあまりに安い出費といえるでしょう。

Amazonをただ使うだけでは得られないこれだけの特典をみすみす逃すのは、大きな機会損失といえます。みなさんもぜひここまで紹介した数多くの特典を獲得するために、Amazonプライムをまずは無料で体験してみましょう。