SIMフリー・格安スマホってなに?本当に利用料金が安くなるのか徹底検証!

スマートフォンの利用料金を上手に節約!格安スマホ・SIMフリーの基礎知識

ここでは、格安スマホに関連するキーワードについて解説します。「格安スマホ」と聞くと特定のスマホにしか乗り換えられないと思う方もいるかもしれませんが、iPhoneにも乗り換えることができます。

SIMカードとは?


スマホの中に入っている小さいカードを「SIMカード」と言います。SIMカードにはスマホの所有者を示すID番号が記録されており、スマホの所有者がどこの誰かを証明することによって、電話やインターネットの利用を可能にする役割を持っています。なお、SIMカードがなくてもWi-Fiがあれば、インターネット経由でアプリやLINE電話のようなIP電話は利用できます。ただし、通常の電話やSMSは使えません。

SIMフリーとは?

auやドコモ、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホ・iPhoneは、そのキャリアの回線でしか通信できないように機能が制限されています。これを「SIMロック」と言います。「SIMフリー」は、このSIMロックが解除されている状態です。SIMフリーの機種を使う場合、auやドコモ、ソフトバンクの中から自分の使いたい回線を1つ選択することができます。SIMフリーを選ぶと、例えばauショップで購入したスマホをドコモの回線で使用するというように、他社の回線を利用することができるようになります。

格安スマホ・格安SIMとは?

「格安スマホ」と「格安SIM」の違いは、スマホとSIMカードをセットで契約するか、SIMカードのみの契約か、という点です。格安SIMは3,000円前後の手数料で使い始められるSIMカードで、格安スマホであればキャリアスマホ(auやドコモ、ソフトバンク)の4分の1程度の月額料金で使用することができます。

(小見出し)格安スマホや格安SIMが安い理由
スマホやiPhoneなどの端末に電波を送る通信基盤を、auやドコモ、ソフトバンクから借りて、自社ブランドのサービスとして提供する事業者を「MVNO」と言います。格安スマホや格安SIMを展開するMVNOは、通信基盤となる基地局を大手キャリアから借りることによって、メンテナンス費用やそれに伴う人件費を抑えて安い料金によるサービス提供を実現しています。

  • SIMカードって?⇒スマホの所有者を表すIDが登録されたカード
  • SIMフリーって?⇒キャリア回線の使用制限のないSIMのこと
  • 格安スマホはなぜ安い?⇒大手通信キャリアの通信回線を借りているから

格安スマホ SIMフリーに乗り換えるには

ここでは、格安スマホに乗り換えるにはどうしたらいいか、どのようなことに気を付けるべきか解説します。

機種は何が使えるのか

格安スマホに乗り換える際は、各MVNOのウェブサイトや店舗からスマホやiPhoneを購入することができます。ただし、スマホ・iPhoneともに最新機種を取り扱っていないMVNOがほとんどで、選べる種類はあまり多いとは言えません。また、格安スマホとして使うために中古でスマホやiPhoneなどの端末を購入することもできますが、「保証がきかない」「電池持ちが悪い」というトラブルが発生することもあるため注意が必要です。

SIMカードの買い方

SIMカードは、格安スマホと同じくMVNOのウェブサイトや店舗で購入することができます。MVNOの中には、使用期間やデータ容量が決められている「プリペイドSIM」を扱っている会社もあります。プリペイドSIMは契約が不要なため、格安SIMを試してみたい人におすすめです。なお、SIMカードはサイズが3種類あるため、自分のスマホやiPhoneのSIMカードのサイズを事前に調べておきましょう。サイズが合わないと使うことができません。

どこ乗り換えるのがベストか?

格安スマホ各社は、大手キャリアの通信回線を使っています。なので、もしもキャリアから乗り換える場合は、もともと使っているキャリアの回線を使用している格安スマホに乗り換えるのがスムーズです。もともと持っているキャリアの回線を借りている格安スマホ会社を選べば、SIMロック解除を行わなくても、SIMカードを差し替えるだけで格安スマホに乗り換えることができます。どのキャリアの回線を使用しているかは、格安スマホのHPに記載されています。
現在ソフトバンクユーザーの方やドコモ(docomo)ユーザーの方はこちらも記事もおすすめです。

格安スマホの設定の仕方

格安スマホの設定は、SIMカードのみ購入して手持ちの端末を使い続ける場合と、端末とセットで購入する場合とで異なります。以下では購入後の使い方を解説します。

SIMカード本体のみの購入であれば、まず自分が利用するMVNOに回線(auやドコモ、ソフトバンクなど)が対応しているか確認し、対応していない場合は、端末を購入したキャリアの店舗か電話でSIMロック解除手続きをする必要があります。
対応することの確認がとれたら、電源を切った端末にSIMカードを入れ、APN(アクセスポイント名)というインターネットに接続するための接続先を設定することで設定が完了します。

  • SIMカードが対応しているか確認
  • 端末の電源を切り、SIMカードを入れる
  • ANP(アクセスポイント名)の接続先を設定

SIMカードと端末をセットで購入した場合は、手持ちのスマホやiPhoneのデータをアプリやパソコンに保存して、データを移行する必要があります。MVNOによっては、APN設定済みでSIMカードを入れるだけで使用できるものもあります。なお、格安スマホでもおサイフケータイは使えますが、機種変更する場合は機種が対応しているか、旧端末が使えるうちに引き継ぎをしなければならないか確認しましょう。

格安スマホに向いてる人・向いてない人

格安スマホは多くの人にとってお得な商品ですが、中には向いていない人もいます。ここではそれぞれについて、格安スマホのメリット・デメリットとあわせて解説します。

格安スマホに向いてる人

格安スマホは利用料金の安さが最大の魅力なので、最低限の機能を付けて安く使いたい人に向いています。格安スマホのプランはシンプルなものが多く、自分の使いたいものだけを選ぶことができます。
格安スマホへの乗り換えの際には、MVNOのプランの比較や格安スマホに関する情報集め、そして実際の手続きが必要です。このような手間が苦にならない人、多少手間や時間がかかっても構わないという人に向いているでしょう。
また、速度が少し遅くなっても気にならないかどうかも重要なポイントです。自宅にWi-Fi環境があれば問題ありませんが、お昼や夕方などのユーザーが集中する時間帯は、格安スマホは通信速度が遅くなることがあります。速度があまり気にならない人や、Wi-Fi環境にいることが多い人であればより快適に使用できるでしょう。

格安スマホに向いてない人

格安スマホは通話料が高いため、頻繁に長電話をする人には向いていません。また、音声品質もキャリアには劣るため、電話をする機会が多く、特にストレスなく通話を楽しみたい人は快適に使えないかもしれません。
また、格安スマホではキャリア決済やキャリアのメールアドレスが使えなくなります。MVNOは実店舗数も少ないため、手厚いサービスをすぐに受けられない場合もあるでしょう。キャリア決済やメールアドレス、また対面でのフォローを期待する人にとっては、格安スマホは使いづらく感じる可能性があるため注意が必要です。

  • スマホは最低限の機能があればいいという人
  • プランの比較や情報収集が得意な人
  • 通信速度が多少遅くても気にならない人
  • 自宅などにWi-Fi環境が整っている人

まとめ

格安スマホの安さの仕組みが伝わったでしょうか。格安スマホは、向いている人にとっては、料金が大幅に安くなり大手キャリアと変わらない使用感を得ることができます。一方、通話量の多い人やキャリア特有のサービスを頻繁に使っていた人にとっては、かえって料金が高くなってしまったり機能面で使いづらく感じたりする場合があるため注意が必要です。「安くなるらしいから乗り換えたい」とすぐに手続きするのではなく、まずは各MVNOのプランをよく調べて比較してみましょう。