子どものスマホデビューには格安スマホがおすすめ!「TONEモバイル」と「LINEモバイル」で安く安全にスマホを始めよう

まだ小学生の子どもにスマホを持たせるべきかどうか。持たせるとしたら、安全面や料金面はどうなるのか——。
スマホの普及率が向上し、持ち始める年齢も低くなっている現代だからこそ、自分の子どもにどうやってスマホを持たせるかについて悩んでいる親御さんも多いことでしょう。

世の中にはキッズ向け携帯のような製品もありますし、スマホの普及率や、早いうちから情報リテラシーを身につけさせることなどを考えると、子どものうちからスマホを持たせるのはけっして早すぎることはありません。
そんな子どものスマホデビューにぴったりなのが、格安スマホの存在なのです。

本記事では、子どもにスマホを持たせる際にはどのような機能を重視すべきなのかを説明します。
また、それらの機能を提供できる格安スマホサービスについてもご紹介します。

子どもにスマホを持たせたい、あるいは子どもに「スマホが欲しい」とねだられている人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

目次

なぜ子どもにスマホを持たせるの?キッズ向けスマホに欲しい機能はコレ!


小学生くらいの子どもにスマホを持たせることには、当然ながらメリットもあればデメリットもあります。
「周りでも持たせているから…」「なんとなく世間の流れ的に…」といった感じに、あまり深く考えずに子どもにスマホを持たせてしまうと、メリットを活かせないばかりかデメリットの被害に遭いかねません。

  • スマホで何をしたい(させたい)のか
  • スマホで何ができるのか
  • 何を「できない」ようにし、注意すべきなのか

以上のスマホを持たせる理由や目的、注意点をしっかり考えること。
さらに、にスマホの機能面については以下の有無を確認しましょう

  • 通話やメッセージなどの機能
  • 子どもの居場所を確認できるGPS機能
  • 有害サイトのフィルタリング機能
  • 有害サイトのフィルタリング機能
  • アプリのダウンロードや課金の制限機能
  • ルールを守るための使いすぎ防止機能

通話やメッセージなどの機能

子どもにスマホを持たせたい最大の理由は、やはり「いつでもどこでも連絡が取れるようになる」というものでしょう。

最近は自宅に固定電話がない家も多くなってきているため、子どもにも連絡可能な端末を持たせたいという理由から、スマホを検討するケースが目立ちます。
とくに両親が共働きで、日中に子どもが直接目の届くところにいないような家庭では、安心のためにもぜひスマホを持たせたいところでしょう。

ただし、子どもに持たせるスマホの場合、必ずしも090番号を用いた電話番号は必要ありません。
基本的には、家族や特定の相手との通話ができれば事足りるので、LINEの無料通話などで十分と言えます。

子どもの居場所を確認できるGPS機能

キッズ向け携帯にも搭載されていますが、子どもに持たせるスマホにもGPS機能はぜひ欲しいところです。
大人にとってはおもにナビや地図用途で用いられるGPSですが、子ども向けの場合は安全確認がおもな目的になります。

GPSの位置情報を用いて子どもの居場所を把握できるため、たとえば子どもが学校に問題なく登校できているか、塾や習い事に寄り道せずに行っているか、あるいは誘拐や連れ去りの被害に遭っていないかなどを確認できます。

GPS機能そのものはほとんどのスマホに搭載されていますが、それを利用して子どもの居場所確認ができるアプリや機能が必須と言えるでしょう。

有害サイトのフィルタリング機能

大手キャリアから出ているキッズ向け携帯と異なり、スマホの場合はブラウザ等を通じてWebサイトにアクセスすることができます。
そして、詐欺サイトやアダルトサイト、暴力的な内容を含む動画などは、本人の意思や好奇心と関係なく誘導されてしまうこともあるため、知識や判断能力が未成熟な子どもにとっては非常に危険です。

そのため子ども向けのスマホには、これらの有害サイトをブロックして、アクセスできないようにするフィルタリング機能が必須です。
利用する子どもそれぞれの年齢に合わせてフィルタリングの内容を変えていけば、「安全を確保しつつ情報リテラシーを身につける」ことができるでしょう。

また、子どもが有害サイトへアクセスしようと試みた履歴を保護者が確認できれば、それを元に家族で話し合うこともできます。単に危険から遠ざけるだけでなく、世の中の危険や悪意について学んでもらうきっかけにもなるでしょう。

アプリのダウンロードや課金の制限機能

アプリを追加することでいろいろなことができるスマホは、子どもの好奇心を刺激する存在でもあります。
しかし、おもしろそうなアプリやゲームがあるからと勝手にダウンロードできるようでは、保護者の知らないところでスマホで遊ぶ時間が増えたり、危険な情報に接する怖れもあります。

そのため子ども向けのスマホには、勝手にアプリをダウンロードして利用できないように制限する機能が必須です。また、アプリの購入およびアプリ内課金も制限できる必要があります。

欲しいアプリや課金があれば保護者にリクエストして、承認後に利用できるようにします。これにより、保護者の目の届かないところで、知らないアプリを勝手に使うことを防止できます。

ルールを守るための使いすぎ防止機能

子どもにスマホを持たせる際の懸念材料のひとつが、「スマホへの依存」です。
宿題や勉強をしなければならないのに、スマホでゲームを遊びたいという誘惑に勝てなかったり。
あるいは、スマホで動画鑑賞に熱中したり、友だちとのメッセージに夢中になったりすることで、外で元気に遊び回ることがなくなってしまったり……。

スマホの利便性の反面で、こうしたスマホへの依存症、とくに子ども時代の成長を阻害するような過度の依存は心配ですよね。

そのため子どもにスマホを持たせる際は、利用時間についてのルールを決めることが欠かせません。その上で、自制心の弱い子どもでもちゃんとルールを守れるように、スマホ側で利用時間を制限できる機能も必須です。

スマホ自体の利用は1日○時間まで、あるいはアプリごとに利用できる時間帯は○時から○時までといったルールを定めて、スマホの機能も活用してそのルールを守らせるようにしましょう。

子どもに持たせるスマホに格安スマホが向いている理由

子どもに携帯電話を持たせるには、大手キャリアでスマホを契約したり、同じく大手キャリアのキッズ向け携帯を利用するといった方法もあります。

ですが、これらよりもコストパフォーマンスに圧倒的に優れ、子どもに持たせる際の安全性にも優れているのが、今回ご紹介する格安スマホなのです。

スマホならキッズ向け携帯よりもいろいろなことができる

小学生くらいの子どもに持たせる携帯電話として真っ先に候補に挙がるのが、大手キャリアから提供されている「キッズ向け携帯」の存在ではないでしょうか。
ドコモの「キッズケータイ」、auの「マモリーノ」、ソフトバンクの「みまもりケータイ」「キッズフォン」などが、いわゆるキッズ向け携帯とされています。

キッズ向け携帯は、確かに小さな子どもに持たせやすくなっています。

その反面、機能が非常に限定されているのもキッズ向け携帯の特徴です。

基本的には登録先との通話とメッセージ、GPSによる位置確認、および防犯ブザーがおもな機能となっていて、Webの閲覧やアプリの利用、オンラインゲームなどはできません。
いざというときの連絡や見守り機能に関しては十分ですが、「スマホが欲しい」という子どもの希望や、「子どもの成長のためにもスマホを持たせたい」という保護者の希望には沿えないでしょう。

もちろん、家庭や子どもの状況、利用目的などによっては、キッズ向け携帯の方が適している場合もあります。
しかし、「スマホでできること」や「スマホの使い方を学ぶ」ことに注目するのであれば、キッズ向け携帯ではなくスマホを選ぶべきでしょう。

大手キャリアよりも圧倒的に格安でスマホが持てる

大手キャリアでスマホを契約して利用する場合、毎月の利用料金は7000円~8000円程度の人が多いと言われています。
子どもの場合は大人ほどの使用量にならず、料金もある程度は抑えられそうです。auであれば「ジュニアスマートフォンプラン」として月額3920円で「ミライエ」というジュニアスマホを利用できるプランも用意されています(端末代は別途)。
しかしこれらを考慮しても、保護者に加えて子どもの分も大手キャリアで契約するのは、家計にとって大きな負担となるでしょう。

一方で、格安スマホであれば一般的に毎月2000円~3000円程度の利用料金の人が多く、子ども向けのプランであれば500円~1000円程度で十分に利用できます。
このくらいであれば、家計への負担は最小限に抑えつつ、子どもにスマホを持たせることができますね。
子どもだけでなく保護者のスマホも含めて、家族全員分のスマホを格安スマホにしてしまえば、かなり安く抑えられることでしょう。

なお、大手キャリアのキッズ向け携帯は月額500円~1000円程度と、格安スマホとほぼ同水準で利用できます。
ただし、基本的には保護者のスマホも同じキャリアで契約している必要があり、異なる場合は月額料金が高くなったり、GPSによる見守り機能が使えなくなるなど、そもそもキッズ向け携帯としての特性を失ってしまうので注意が必要です。

子ども向けの機能が充実している

格安スマホを検討する際にどうしても懸念されるのが、「安い=機能や安全面も不足しているのでは」といった点ではないでしょうか。
しかし、格安スマホが安いのは不要な機能やサービスを削っているからであり、GPSやフィルタリング、使いすぎ防止など、先述した子ども向けの機能を提供している格安スマホサービスも存在しています。

子ども向けの機能、とくに安全を守るための機能が充実している格安スマホもあるので、そうしたサービスを利用すれば安くかつ安全に子どもにスマホを持たせることができるのです。

ただし、大手キャリアから出ているキッズ向け携帯とは異なり、さすがに防犯ブザーは付いていません。防犯ブザーも持たせたい場合は、別途用意するようにしましょう。

“子どもっぽくない”スマホが使える

大手キャリアのキッズ向け携帯は、いかにも「子どもっぽい」、言い換えればオモチャっぽいデザインの機種ばかりです。小学校低学年のうちならばともかく、高学年にもなれば自分の好きなデザインの端末を持ちたいという子も出てくるでしょう。

キッズ向け携帯とスマホという機能面の違いだけでなく、こうしたデザイン面の違いも子どもにとっては大きな選択理由となります。
格安スマホは「格安」と呼ばれてこそいるものの、利用できる端末は大手キャリアと変わりありません。幅広い端末から選べるため、大人と同じようなスマホを持ちたいという子どもにとっても、格安スマホは有力な選択肢となるのです。

  • スマホならキッズ向け携帯よりもいろいろなことができる
  • 大手キャリアよりも圧倒的に格安でスマホが持てる
  • 子ども向けの機能が充実している
  • 子どもっぽくない”スマホが使える

子ども向けおすすめ格安スマホその1:TONEモバイル

子どものスマホデビューにぴったりな格安スマホ会社として、もっとも推奨するのが「TONEモバイル」です。
TONEモバイルはTSUTAYAが提供するMVNOサービスであり、子どもやシニアに向けたサービス内容が多くの格安スマホの中でも異彩を放っている注目サービスです。

月額1000円から使える「TONE e19」

TONEモバイルの大きな特徴として、Android端末はオリジナル端末となる「TONE e19」1機種のみになるという点が挙げられます。
端末料金は19800円(分割も可)と手に入れやすいエントリーモデルながら、5.93インチの大画面にデュアルカメラ、指紋認証と顔認証など、スマホとしては十分以上のスペックを持っています。

そして、料金プランも1種類のみと非常にシンプル。
月額1000円でデータ通信が使い放題(ただし速度は中速域に限られます)となり、さらに050番号の「TONE電話」も使えます。TONE電話同市の通話料は無料になるので、保護者のスマホもTONEモバイルで契約すれば通話料無料で家族間の電話が使い放題になります。

なお、Android端末は「TONE e19」1機種のみですが、月額1500円のTONE SIM(for iPhone)プランならば手持ちのiPhoneを使うこともできます。

子ども向けの見守り機能が豊富

TONEモバイルは子どもやシニア向けを謳うだけあって、格安スマホの中では唯一「キッズ向けスマホ」を名乗れるほどの子ども向け機能を備えています。

  • GPSによる居場所確認
  • 有害サイトへのアクセスや不適切な情報から守るフィルタリング
  • 親がカスタマイズできるアプリの利用制限
  • 使いすぎを防ぐ利用時間制限

このように、子ども向けのスマホに欲しい機能は、ほぼすべてそろっていると言えるでしょう。

なお、これらの機能の一部はオプションとして提供されますが、保護者もTONEモバイルを利用している場合は月額料金はかかりません。

AIによるお知らせ機能やおすすめ設定が秀逸

豊富な見守り機能に加えて、通知や設定にAIを活用しているのもTONEモバイルの特徴です。
AIが子どもの普段を学習し、それと異なる行動——たとえば学校に到着しているはずの時間に電車に乗ったなど——を取った場合に、異常と判断して緊急通知をしてくれます。

また、各種制限は子どもの成長に合わせて変えていくべきですが、それを自分だけで判断するのも難しいでしょう。
TONEモバイルのAIは子どもの成長に合わせて最適な見守り設定をおすすめしてくれるので、成長著しい小学生に持たせるのにもぴったりです。

学校への持ち込み対応や歩きスマホ防止なども

その他にも、GPSで位置情報を判断して学校内では不要なアプリを使えないようにブロックしたり、歩きスマホを検出して警告、さらに保護者に通知する機能なども備えています。

子どもに持たせるスマホに「あったら便利だな、安心だな」と思われる機能をたっぷりと詰め込んでおり、まさに子どものスマホデビューにぴったりな格安スマホだと言えるでしょう。

TONEモバイルの公式ページを見る

子ども向けおすすめ格安スマホその2:LINEモバイル

TONEモバイルと並んで推奨したい格安スマホサービスが、SNSサービスのLINEによる「LINEモバイル」です。
LINEモバイルには、十分なフィルタリングや見守り、制限機能に加えて、何よりも月額500円から利用できるという料金面の魅力があります。

月額500円でLINEが使い放題に

LINEモバイルにはエントリー向けのプランとして「LINEフリー」というプランが用意されており、データ通信容量1GBのプランならば、なんと月額500円で利用できます。

毎月のデータ通信容量が1GBと聞くと少なそうにも思えますが、じつは「LINEフリー」はその名の通り、LINEの利用に関してはデータフリー、つまりデータ通信容量を消費せずに利用することができます。

そのため、LINEのトークや通話、ビデオ通話をいくら使っても、データ通信容量は消費せずに使い放題となるのです。
親子間の連絡がLINEで十分であるならば、これ以上なく便利かつコスパに優れたプランだと言えるでしょう。

ただし、このプランでは電話番号は使えません(別途、音声通話プランも選択は可)。
しかし、逆に電話番号がないことで、子どもが想定外のトラブルに巻き込まれる危険性を排除できるため、子ども向けとしてはむしろおすすめの内容です。

子ども向けの見守り機能も無料で利用可能

LINEモバイルでは、子ども向けの見守りや制限などができる「i-フィルター」アプリを無料で利用できます(親権者の同意がある場合以外は利用必須)。

  • 有害サイトへのアクセスや不適切な情報から守るフィルタリング
  • インターネットの利用状況の確認
  • 使いすぎを防ぐ利用時間制限

加えて、利用する端末にGPS機能が搭載されていれば、「Life360」のような位置情報共有アプリを使うことで、子どもの居場所を確認することもできます。

LINEモバイルならば親のお下がりのスマホも利用できる

TONEモバイルではAndroid端末はオリジナル端末1択でiPhoneのみ手持ちのものを使えましたが、LINEモバイルの場合は他の格安スマホ同様、SIMロック解除されたスマホならば基本的にすべて使うことができます。

親が機種変更などで新しいスマホにした場合、LINEモバイルではSIMカードのみを契約して、スマホはお下がりのものを使わせることができるのです。

端末代を節約できるだけでなく、実際に自分が使っていたことから使い方を教えやすいというメリットもあります。

LINEモバイルの公式ページを見る

格安スマホを子どもに持たせるときに気になるポイントQ&A

スマホはいつから持たせるべき?

結論から言えば、いつからスマホを持たせるかは家庭によりけりでしょう。
両親が共働きの環境であれば、居場所の確認やいつでもどこでも連絡できるという安心感を得るために、小学校低学年からでも持たせたいところです。
逆に、親がいつも家にいたり、子ども自身も塾や習い事で外出することがない場合、それほど早い時期からスマホを持つ必要はないかもしれません。

なお、内閣府の「平成30年度 インターネット利用環境実態調査」によれば、小学生のスマホ利用率は40.7%に達し、5人に2人は小学生のうちにスマホを持ち始めているという結果が出ています。
こうした状況からも、子どものうちからスマホを持つのは、けっして早すぎるとは言えないでしょう。

使い方のルールは決めた方が良いの?

子どもにスマホを持たせるにあたっては、やはり使い方の決めた方が良いでしょう。
内閣府の「平成30年度 インターネット利用環境実態調査」によれば、子どもがスマホを使う際に「ルールを決めている」のは、小学生の保護者の場合は85.5%とほとんどの家庭でルールを決めています。

ただし、一方的にルールを押しつけるだけでは、子どもも守りたくならない、あるいはなぜ守る必要があるのかわからなくなってしまいます。
スマホへの依存症やネット上の危険などについても、子どもには難しいだろうからと省略せず、きちんと説明して互いに納得した上でルールを決めるようにしましょう。

その上で、ルールの上限に達したら制限がかかったり、ルールを破ったら保護者に通知が行くことを教え、なるべく自分の意思でルールを守れるように育ってもらうのが理想ではないでしょうか。

090の電話番号はあった方が良いの?

通常の連絡のみならば、090/080などの電話番号は必要ありません。
むしろ、電話番号を含む個人情報の流出を考えると、あえて電話番号を持たない方が安心かもしれません。

一方で、090電話番号がない場合、緊急電話(110番、119番など)は使えないので注意も必要です。
TONEモバイルの050番号(090オプションを契約しない場合)や、LINEモバイルのでデータ通信プランでは、緊急電話は使うことができません。
ただし、代替手段として、居場所の情報を含めて保護者に連絡したり、TONEモバイルならば最寄りの警察署へと直接電話をかけることもできます。

音声通話プランを契約したり090オプションに加入するコストと、緊急電話が使えない点を秤にかけて、どちらかを選ぶようにしましょう。

【まとめ】小学生でもスマホデビューには早すぎない。子ども向けスマホには「TONEモバイル」と「LINEモバイル」の格安スマホ2社がおすすめ!

今や子どもの5人に2人は小学生からスマホを持ち始めています。
いつでもどこでも連絡ができるという安心感や、デジタルネイティブ世代にふさわしい情報リテラシーを身につけるためにも、子どものうちからスマホを持つのはけっして早すぎるとは言えないでしょう。
また、格安スマホを利用すれば、家計への負担を抑えながら子どもにスマホデビューをさせてあげられます。

一方で、子どもにスマホを持たせる際には以下の機能の有無を確認すると良いでしょう。

  • 子どもの居場所を確認できるGPS機能
  • 有害サイトのフィルタリング機能
  • アプリのダウンロードや課金の制限機能
  • ルールを守るための使いすぎ防止機能

これら子ども向け機能が充実していることが重要です。
格安スマホ中では、「TONEモバイル」「LINEモバイル」の2社が、子ども向け機能と料金プランのバランスが良くてとくにおすすめです。

子どものスマホデビューを検討している人は、ぜひ本記事を参考に格安スマホも候補に挙げてみてください。