セットがお得?タブレットで格安スマホ(格安SIM)を使うための基礎知識とおすすめ格安SIMサービス

ノートパソコン並みの大画面に、スマホ並みの携帯性と操作性を兼ね備えたタブレットコンピュータは、今やタブレットがあればPCは不要というユーザー層までいるほどの人気デバイスです。

とくに便利なのが、スマホのようにSIMカードを挿入することで、外出先でも単体で通信ができるという点。わざわざモバイルルーターなどに接続する必要もなく、まったく意識することなくネットワークを使える手軽さが高く評価されています。

そんなタブレットのデータ通信を、大手キャリアに比べて格段に安くお得に利用できるのが「格安スマホ(格安SIM)」の存在です。
「格安スマホ」という通称から、どうしてもスマホ用という印象を抱きがちですが、本来は「大手キャリアの回線を借りた上で、SIMカード単体で通信サービスを提供するサービス」なので、じつはタブレットでも利用できるんですね。

そこで今回は、タブレットで格安スマホ(格安SIM)を使うための基礎知識や注意点、おすすめの格安スマホサービスをご紹介します。

なお、広義のタブレットには、Windows OSを搭載したタブレット型PCやAmazon Fireタブレット、さらにはペンタブレットなども含まれますが、ここでは一般的なタブレットとして広く認識されているAndroidタブレットおよびiPadシリーズを対象とします。

タブレットで格安スマホ(格安SIM)を使う前に知っておきたい4つの基礎知識

格安スマホ(格安SIM)を活用すれば、タブレットを非常にお得に使うことができます。
一方で、タブレットにはスマホとは異なる制限などもあり、よく知らないままに使おうとすると、思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性もあります。
まずは、タブレットで格安スマホ(格安SIM)を使う前に押さえておきたい4つの基礎知識について説明します。

  • Wi-Fiモデルは不可!外出先でも自由にネットを使いたいならSIM対応モデルが必須
  • 格安スマホ(格安SIM)を使えばタブレットの通信料金を大幅に節約できる
  • タブレットでは基本的に電話が使えないので注意!
  • 利用目的や状況に合わせてプランを選ぼう

①Wi-Fiモデルは不可!外出先でも自由にネットを使いたいならSIM対応モデルが必須

タブレットで格安スマホ(格安SIM)を利用するための大前提として、タブレット端末がSIMカードに対応したモデルである必要があります。

タブレットは対応するネットワーク環境により、Wi-Fi環境下での利用のみを想定した「Wi-Fiモデル」と、通信回線に直接接続できる「LTEモデル」「Cellularモデル」「3Gモデル」などのSIM対応モデルがあります。

「LTEモデル」や「Cellularモデル」などのSIM対応モデルのタブレットには、スマホ同様にSIMカードを挿入するためのスロットがあり、ここに格安スマホで契約したSIMカードを入れることで単体でのデータ通信が行えるようになるのです。

したがって、タブレットで格安スマホサービスを利用する場合は、必ずSIM対応モデルの端末を選ぶようにしてください。
逆に、Wi-Fiモデルではデータ通信サービスは利用できないので注意しましょう。

自宅での利用のみならWi-Fiモデルがおすすめ


Wi-Fiモデルではデータ通信サービスを利用できませんが、自宅などWi-Fiが使える環境でしか使わないというのであれば、あえてWi-Fiモデルを選択するのも手です。
というのも、Wi-Fiモデルの方がSIM対応モデルに比べて端末料金が安く、さらにデータ通信サービスの利用量も発生しません。そのため、タブレットを持ち歩かない、あるいは外出先でネットワークにつなげる必要がない場合などには、むしろWi-Fiモデルの方がおすすめなのです。

テザリング機能でスマホをモバイルWi-Fiルーターとして使う方法もあり

端末単体でデータ通信サービスを利用するにはSIM対応モデルである必要がありますが、Wi-Fiモデルだからといって外出先で一切ネットワークに接続できないわけではありません。
テザリング機能でスマホをモバイルWi-Fiルーターとして使うなどの方法を用いれば、外出先でもWi-Fi環境が用意できるため、Wi-Fiモデルであってもネットワークへの接続が可能になります。
ただし、この方法はタブレット単体でデータ通信を行うのに比べると、都度接続の必要があるので非常に手間がかかって面倒です。
外出先でも手軽にネットワークを利用したいのであれば、やはりSIM対応モデルがおすすめと言えます。

②格安スマホ(格安SIM)を使えばタブレットの通信料金を大幅に節約できる


iPadやAndroidタブレットは大手キャリアでも購入することができますが、利用条件によってはデータ通信のコストが非常に高くなることもあります。

たとえば、ドコモであれば月額1,000円でスマホのデータ通信容量をシェアできる「データプラス」、auであれば月額2,000円から同じくスマホのデータ通信容量をシェアできる「タブレットプランds」などのタブレット向けプランが用意されています。
しかし、これらはあくまで「シェアプラン」であり、前提としてスマホでの契約が必要となるため、総額で見るとかなりのコストになってしまいます

また、上記のようなシェアプランなしで、タブレット単体で回線契約を結ぼうとすると、5,000円~7,000円程度とスマホ並みの料金になってしまい、やはり高コストと言わざるを得ません。

一方で、格安スマホ(格安SIM)であれば、スマホ契約の有無にかかわらず格安でデータ通信サービスが利用できます。月間のデータ通信容量が3GB程度までならば1,000円前後、10GB程度でも2,500円前後と、非常にリーズナブルになっています

スマホとタブレットを同じ格安スマホで利用し、かつデータ通信容量を共有できるシェアプランに加入すれば、お得感はさらに高まります。

タブレットでデータ通信をお得に使いたいのであれば、格安スマホはけっして外せない選択肢と言えるでしょう。

③タブレットでは基本的に電話が使えないので注意!

タブレットで通信回線を契約する際に、多くの人が気にするのが「タブレットで090番号を使った普通の電話もできるの?」という点ではないでしょうか。

結論から言えば、タブレットでは基本的に電話は使えず、ごく一部の機種のみでしか電話は使えません。
これは、格安スマホであっても大手キャリアであっても同じで、回線ではなく端末側の機能としての制限なのです。
タブレットでも電話を使いたいからと「音声通話対応プラン」を選んでも、端末側が対応していなければ電話は使えないので注意しましょう。

LINE無料通話やSkypeでの通話は問題なく使える

電話番号を使った普通の電話はできませんが、LINE無料通話やSkype、iPadならばFaceTimeなど、アプリを使った通話は問題なく利用できます。
SIM対応モデルのタブレットで格安スマホを契約すれば、もちろん外出先でもどこでもこれらの通話が可能になります。

ただし、そもそものサイズが手に持っての通話に適していない上、内蔵のスピーカーやマイクの位置関係からも、そのままの通話はかなり不便。何より、サイズの大きなタブレットを顔の横に構えて通話するのは、非常に人目を憚ることでしょう。
タブレットで通話をするならば、イヤホンおよびマイク(またはマイク内蔵イヤホン)は必ず用意するようにしましょう。

電話が使えるSIMフリータブレットASUS「ZenPad 3 8.0」

電話機能に対応したタブレットとして一番人気なのが、ASUSの「ZenPad 3 8.0」です。
画面サイズは7.9インチと、タブレットとしては小型サイズで、最近ではむしろ大型のスマホといった感じかもしれません。
ASUS「ZenPad 3 8.0」はSIMフリーモデルとして販売されているため、基本的にどこの格安スマホサービスでも使えるという点も魅力です。

スマホを別途持たず、タブレット1台で電話も含めてすべてこなしたい人にとっては、非常に有力な候補となる端末です。

④利用目的や状況に合わせてプランを選ぼう

格安スマホのプランは、大手キャリアに比べて安いだけでなく、シンプルでわかりやすいのも特徴です。
同時に、安く抑えるためにデータ通信容量などが細かく分けられている傾向もあるので、お得に賢く使うためには、自分の利用目的や利用状況にぴったりなプランを選ぶ必要もあります。

データ通信容量が少なければ、かなりお得に使える格安スマホ

タブレットで格安スマホを使う際にぜひ押さえておきたいのが、「データ通信容量が少なければ、月額料金もかなりお得」という点です。

いくつかの代表的な格安スマホサービスの最低容量プランを見てみましょう

このように、Webやメール、SNSが中心であれば、月額1,000円程度で十分に使える容量です!

なお、これらのプランは簡単に別プランに切り替えたり、追加容量を購入することもできる上、容量を使い切っても低速で通信自体は行えます。

特定アプリが使い放題になる格安スマホサービスも狙い目

外出先でもタブレットで動画を鑑賞したい、音楽配信サービスで音楽を聴きたい、あるいはメッセージサービスをガンガン使いたい——でも、データ通信容量が限られているとちょっと心配……
そんな人におすすめなのが、特定のアプリを容量制限なく使い放題にできるサービスです。

  • BIGLOBEモバイル:エンタメフリー・オプション
  • LINEモバイル

など、特定のアプリを容量制限なく使い放題にできるサービスです。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションは、追加オプションに加入することで、YouTubeやAbemaTVなどの動画配信、SpotifyやAWAなどの音楽配信、Facebook Messengerなどのコミュニケーションアプリが使い放題になるというもの。

一方、LINEモバイルではすべてのプランでLINEが使い放題になる上、Twitter・Facebook・Instagramも使い放題になるコミュニケーションフリープラン、さらにLINE MUSICも使い放題になるMUSIC+プランも用意されています。

データ通信量を気にせずにこれらのサービスを使い倒したい人は、上記のようなサービス・プランの利用がおすすめです。

通信速度を抑えて定額制にするのもあり

逆に、データ通信量を多く消費するようなアプリは使わず、最低限のWebチェックやメール送受信ができれば良い、ついでに毎月のデータ通信量を把握するのも面倒といった場合、低速の定額プランを利用するという手もあります。

いずれもデータ通信の速度は最大200kbpsと非常に低速ですが、用途によっては十分な場合もあります。何より、とにかく安くかつ容量を気にせずに使えるという点は大きな魅力でしょう。

格安スマホで使えるタブレット選びの注意点

タブレットで格安スマホを使うためには、SIM対応モデルであることに加えて、ほかにも注意しておきたい点があります。
タブレットを選ぶ際には、これらの注意点についても忘れないようにしましょう。

大手キャリアで購入したタブレットを格安スマホで使える?

スマホと同様に、大手キャリアで購入したタブレットのSIMカードを、格安スマホで契約したSIMカードに差し替えて使うこともできます。

ただし、その場合は以下に注意が必要です。

  • 格安スマホのサービスが、タブレットを購入した大手キャリアと同じ回線を使っている
  • SIMロックを解除している

2つのうちどちらかの条件を満たしている必要があります。

前者の場合、たとえばドコモで購入したタブレットは、ドコモから回線を借りている格安スマホサービスであればそのまま使えます。
後者の場合、条件を満たしてSIMロックを解除すれば、利用回線にかかわらずに使えるようになります。

タブレットの機種に関係なく、どの格安スマホでも使える?

大手キャリアで購入したタブレット以外に、家電量販店や通販等で購入したSIMフリータブレットで格安スマホを使いたいこともあるでしょう。

SIMフリータブレットであれば、基本的にはどこの格安スマホサービスでも使えるはずですが、なるべくならば各社が公表している動作確認機種に該当するかどうかを調べるようにしましょう。

動作確認済みの機種については、どこの格安スマホサービスでも随時更新されています。
調べてもよくわからない、あるいはどうしても心配な場合は、格安スマホ会社が販売しているタブレットを購入するか、同じ機種を自分で用意すると良いでしょう。

同時購入の場合、タブレット端末の性能にも注意しよう

大手キャリアで購入したタブレットで回線のみ乗り換える場合や、家電量販等で自分で端末を用意する場合を除くと、やはり格安スマホの回線契約と同時にタブレット端末も購入するのが便利でしょう。

同時購入と言っても、格安スマホの場合は大手キャリアのように複雑な割引制度はありません。単純に同時に購入できるだけという場合がほとんどであり、割引がある場合も1回のみのキャッシュバックといったわかりやすいものが多く、あくまで「まとめて購入できるので便利、場合によってちょっとお得」程度に考えておくのが良いでしょう。

また、同時購入に際して注意したいのが、けっして安さだけで選ばない方が良いという点です。
値段の安い端末は確かに購入しやすいものの、やはり価格相応のスペックになってしまいます。
動画やゲームなど負荷の大きいアプリをがっつりと楽しみたい場合は、その分のコストを払って性能に優れた端末を選んだ方が、結果としてお得になるのは間違いありません。

タブレットの同時購入(セット販売)もあるおすすめの格安スマホサービス5選

OCNモバイルONE:割引キャンペーンでさらにお得に


「OCNモバイルone」は、ドコモの回線を利用したMVNOですが、格安スマホの中でもとくに品質と安定性に優れているという評価を受けています。

スマホと同時に利用する際のシェアプラン(追加SIMカード)や、短期的に使いたい場合のプリペイドSIMなど、さまざまなニーズに対応しているのも特徴です。

なお、2019年6月3日~2019年8月5日までのお申し込みで、業界最安値の月額使用料でスマホを使用できるキャンペーンを行なっており、2年間320円が基本使用料から割引されます。

OCNモバイルone公式サイトはこちら

楽天モバイル:3GB千円以下の安さと契約数No.1の安心感

「楽天モバイル」は、お馴染み楽天グループによるMVNOサービスで、格安スマホの契約数では現在のところNo.1となっています。

格安スマホとしては異例の充実したサポートサービスや、もちろん、料金の安さも大きな魅力となっています。
また、楽天会員ならではのポイント還元がある点も、楽天をよく利用する人にとっては嬉しい点でしょう。

楽天モバイル公式サイトはこちら

DMMモバイル:容量の少ないプランを格安で利用できるのが嬉しい

「DMMモバイル」の最大の特徴は、ほとんどの月額料金プランで業界最安値になっているという料金面のメリット。
「DMMモバイル」でタブレットを使う際の最大の特徴は、とくにデータ通信容量の少ないプランが格安という点です。

1GBプラン480円
2GBプラン770円
3GBプラン850円
5GBプラン1,210円

このように小容量プランが細かく用意されているのが特徴。
Wi-Fi環境での利用がメインだけど、たまに外出先で使うこともあるといった場合、非常に嬉しいプランだと言えるでしょう。

なお、「DMMモバイル」のサービス提供事業者は、2019年9月1日から楽天モバイルに変更となりますが、サービス自体は名称・内容・料金ともに従来どおり提供される予定です。

DMMモバイル公式サイトはこちら

LINEモバイル:LINEやSNSが使い放題になるデータフリーが便利

「LINEモバイル」の最大の特徴は、LINEやSNSなどの対象サービスについてはデータ容量を消費せず、高速で使い放題になるという「データフリー」サービスです。

料金プランは3種類用意されており、それぞれ以下のサービスがデータフリーの対象となります。

「LINEフリー」プラン

  • 音声通話
  • トーク
  • 画像・動画の送受信
  • タイムライン

「コミュニケーションフリー」プラン

  • LINE:音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン
  • Twitter:タイムライン+画像付きツイート+ツイート+DM
  • Facebook:タイムライン+画像・動画投稿+コメント+お知らせ表示
  • Instagram:タイムライン+画像・動画投稿+アクティビティ+DM

「MUSIC+」プラン

  • LINEおよびSNS(Twitter、Facebook、Instagram)
  • LINE MUSICの利用

LINEやSNSの利用が非常に多い人にとっては、単にお得なだけでなく、データ容量を気にせずに使えるという安心感も魅力です。

LINEモバイル公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイル:動画や音楽を楽しみたいならエンタメフリー・オプションがおすすめ

「BIGLOBEモバイル」は、外出先でもがっつりと動画や音楽を楽しみたいという人にとくにおすすめの格安スマホサービスです。
最大の特徴は、動画や音楽配信がデータ通信量の制限なく使い放題になる「エンタメフリー・オプション」の存在で、このオプション料金はデータSIMプランの場合980円/月、音声通話SIMプランの場合480円/月となっています。

対象となるサービスは下記の通りで、随時対象サービスも増えています。
動画や音楽などのデータ通信量が多くなる人にとっては、非常にお得なサービスだと言えるでしょう。

動画配信

  • YouTube
  • AbemaTV
  • U-NEXT
  • YouTube Kids

音楽・ラジオ配信

  • Google Play Music
  • YouTube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko.jp
  • らじる★らじる

コミュニケーションアプリ

  • Facebook Messenger

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

まとめ:タブレットで格安スマホを使う際は機種に注意。プランを賢く選んでお得に使おう!

タブレットで格安スマホサービスを利用する際は、大前提としてLTEモデルCellularモデルなどのSIM対応モデルである必要があります。
また、スマホと異なり、基本的にタブレットでは電話は使えないので、その点にも注意しましょう。

格安スマホのプランを選ぶ際には、

  • 毎月どれくらいのデータ通信量を使うのか
  • 速度と容量と料金のうち、どれをどれくらい重視するのか
  • 動画や音楽、SNSなど特定のアプリをたくさん使う予定があるか

などに注意して、自分の使い方にぴったりなプランを選ぶことが大切です。

外出先でもタブレットをネットワークにつなげて便利に使いたい、でも料金はお得に安く抑えたい——そんな人にとっては、格安スマホサービスは非常に強力な味方になってくれることでしょう。
すでにタブレットを使っている人はもちろん、これからタブレットを使ってみたいという人も、ぜひ格安スマホを活用してみてください。