【2019年2月版】OCNモバイルONEの評判は?月間費用や通信速度を徹底調査!

「とにかくスマホの費用を抑えたい」
「どの時間も快適にネットを使いたい」

せっかくスマホの機種変をするなら、今よりも便利で月々の費用が安い所に移りたいですよね。OCNモバイルONEは格安スマホの中でも費用が安く、速度もNTT系列で比較的安定していると評価が高いようです。

今回はそんなOCNモバイルONEの料金プランや費用、通信速度の全てを調査してみました。乗り換えてガッカリ…なんて事が無いように、是非参考にしてください。

OCNモバイルONEの特徴は?

OCNの特徴

OCNモバイルONEは格安スマホの中でも老舗のサービスで、今も根強い人気があります。どうして人気なのか、主に6つのお得な特徴があります。

  1. 通信容量を自由にかえれる
  2. 音声通話は業界最安値
  3. MUSICカウントフリーが無料
  4. 口座振替に対応
  5. SIMとモバイルセットでお得
  6. 全国86,000箇所で無料Wi-Fi

①通信容量を自由にかえれる

OCNの料金特徴

OCNモバイルONEは通信量を月の定額プランとだけではなく、日ごとの定額プランを提供している事が魅力の一つです。例えば平日はほとんど会社のWi-Fiでネットを使わない、土日の休みだけスマホをたくさん使う…という人は「日単位コース」を選べば、料金をどこよりも安く節約する事が出来ます。

そしてOCNモバイルONEでもっと節約出来るのが低速通信のコースがある事です。Wi-Fiを使用しない場合は常時低速モード(500kbps)ですが、15GBと大容量で使用する事が出来、費用も最低プランだと1,800円~とお得に使用する事が出来ます。

②音声通話は業界最安値

通話料金プラン

普段から電話を使用する、または音声付きのSIMを探している人もOCNモバイルONEがとってもおすすめです。OCNモバイルが提供している「OCNでんわアプリ」を使用する事で、通常の国内通話料は20円/30秒が、半額の10円/30秒でかけることができます。

これ以外にも普段から電話する機会が多い人向けに、3つのかけ放題のオプションがあるので更に通話費用を抑える事が出来ます。

3つの通話オプション

「10分かけ放題」は国内通話が10分以内なら、なんどでもかけ放題(定額850円)になります。「トップ3かけ放題」では、国内限定で月に最もよく電話をかけた上位3人との通話料が無料(定額850円)になります。そして、「かけ放題ダブル」では「10分かけ放題」と「トップ3かけ放題」の両方の割引を受けれるプラン(定額1,300円)になります。

キャリア携帯が昔よく使用していた、家族や頻繁に電話をする相手にだけかけ放題をするといったプランは、OCNモバイルONE以外だとあまり展開していないサービスになります。普段から電話機会の多い人にも、是非おすすめのサービスだと思います。

③MUSICカウントフリーが無料

音楽が無料

音楽をスマホでよく聞いてる人にはデータ消費量を節約出来る「MUSICカウントフリー」があるので、とても便利です。以下の8つのサービスが対象で、音楽をデータを気にせずに無料で聞く事が出来ます。

  • Amazon Music
  • AWA
  • dヒッツ
  • Google Play Music
  • Spotify
  • ひかりTVミュージック
  • レコチョクBEST

④口座振替に対応

意外と盲点なのがこの支払いに関するサービスです。格安スマホの場合、ほとんどがクレジットカード決済です。OCNモバイルONEは口座振替に対応しているので、クレジットカードを持っていない人にも安心して使用する事が出来ます。

⑤SIMとモバイルセットでお得

SIMだけの購入もAmazonから行えますが、端末とセットで購入すると端末代を最大5,000円もお得に購入する事が出来ます。もちろんHUAWEI、AQUOS、ZENFONEの各最新機種をお得にゲット出来ます。音声SIM付限定のサービスなので、必ず対象コースを確認してからこちらから申し込みましょう。
端末セットだとここまでお得!

⑥全国86,000箇所で無料Wi-Fi

OCNのWi-Fiサービスについて

日単位・月単位プランを使用している人は追加料金不要で、全国86,000箇所にある無料のWi-Fiスポットを使用する事が出来ます。使い方は簡単で「OCN モバイル ONE アプリ」を登録するだけで、すぐに使用する事ができます。もちろん高セキュリティなので安全に使えて、高速通信にも対応しています。

OCNモバイルONEのプランや契約料金

料金プランまとめ

日単位や月単位でプランが豊富にある事が分かりましたが、実際の費用や他社と比べるとどのくらいお得なのでしょうか。OCNモバイルONEの基本料金プランをまとめてみました。

基本プランについて

★月単位プラン

コース月額料金キャンペーン(24ヶ月)
3GB/月1,600円1,280円
6GB/月2,150円1,830円
10GB/月3,000円2,680円
20GB/月4,850円4,530円
30GB/月6,750円6,430円

★日単位コース

コース月額料金キャンペーン(24ヶ月)
110MB/日1,600円1,280円
170MB/日2,080円1,760円

公式サイトからの申し込みで基本料金が320円も安くなります。

月額費用を他社と比較

コースOCNモバイルONE他社最安値
3GB/月1,600円1,400円
6GB/月2,150円1,980円
10GB/月3,000円2,800円
20GB/月4,850円4,590円
30GB/月6,750円6,000円

ほとんど最安値価格と近い価格帯な上、OCNにはお得な通話や音楽等のオプションプランや節約が出来るオプションも多数あると考えると、かなりお得なサービスだと思います。

また、現在キャンペーン中の価格であれば最安値よりも安い基本料金になります。期間限定のキャンペーン中なので、OCNモバイルONEに興味がある人は是非公式サイトをチェックしてみましょう。

申し込みはこちら

OCNモバイルONEの通信速度

通信速度について

NTT docomoの通信網を借り受けて提供されているMVNOの為、docomoが利用出来る通信エリアは全て使用する事が可能です。ただし、格安SIMの場合混雑時は速度が10分の1も低下する所も機種によってはあるそうです。

OCNモバイルONEを使用している人で、回線混雑時のつながりやすさについての口コミを調べてみました。

インターネット速度に関する口コミ

口コミ

20代男性
DOCOMOからの移行ですし、上記の理由で不満に感じたことは1度もありません。実際繋がるし速いので、今まだDOCOMOのままだっけ?!などと感じることすらあります。地域は埼玉県、都内まで電車で30分のエリアです。人口多いはずなんですが、昼休みや夕方も無料で通信させてもらっています。ありがたい。
引用元:価格ドットコム


50代男性
先月までイオンモバイルで契約していましたが、データ通信の安定性がOCNの方がかなり良い印象です。
引用元:価格ドットコム


20代女性
混雑時(お昼)は速度は多少遅くなるけど、それは仕方ないと思ってます。他のところもそれは一緒だと思う。つながり易さは普通だが、さすがに山間部に行くと電波状況は悪くなる。
引用元:価格ドットコム


40代女性
最近Ping値が100程度を示すことが多く、回線のレスポンスが悪い。
NTTドコモの「PREMIUM 4G」エリアですがOCNモバイルONEに記載されてる「受信時最大788Mbps/送信時最大50Mbps」は、まさに理論上というのが理解できるほど回線速度は遅い。良くて最高で10Mbps、遅い場合は低速モードよりも遅い数値。動画が観れる5Mbpsを一日を通して出てくれれば文句ないが、現状の回線速度ではいくら格安SIMとはいえ、キャリアとの速度比率で考えると高価に思える。
引用元:価格ドットコム

人によっては口コミにかなりムラがあるようですが、やはりお昼時間の12時〜13時や、帰宅時間の17時〜18時頃が多少重くなるようです。実際に通信速度に関しては、どこのサービスでも混雑時には遅延が発生しやすくなります。

月々の費用を求めるならOCNモバイルONEはかなりおすすめで、もし通信速度に関してかなりこだわりがあるようなら、Y!mobileUQmobileがおすすめです。ただし速度を追い求めると、その分費用が高くなるので注意しましょう。

OCNモバイルONEに乗り換える方法

申し込み方法について

キャリアのスマホから格安SIMに乗り換える時、なんだか手続きが面倒臭そうで途中で断念した経験はありませんか?
筆者も最近格安SIMに乗り換えましたが、MNP発行した後に申し込みを先延ばしにしていたら、使用しているスマホが突然解約なった…という事がありました。

OCNモバイルONEが気になっている人が、簡単に手続きが終わるように事前に必要なものや申し込み方法について紹介します。

事前に必要なもの

まずはOCNモバイルONEがどの端末で使えるかまず確認しておきましょう。端末の準備には3つの方法があります。

  • 今使っている端末を再利用
  • OCN モバイル ONEとセットになった端末を購入
  • 中古ショップ等で購入

iPhoneも再利用として、OCNモバイルONEは使用可能です。注意点として端末が無い状態だとOCNモバイルONEは申し込みが出来ないので、もし新規のiPhoneを用意したい、公式サイトにある端末以外のものが使用したい人は別途用意する必要があります。

OCNモバイルONEで使用出来る端末の確認はコチラから行えます。

次にSIMカードのサイズを確認しましょう。SIMカードのサイズは、「標準SIM」、「microSIM」、「nanoSIM」の3種類があります。

iPhoneのSImサイズ

iPhoneの場合はnanoSIMなので、こちらを選ぶようにしましょう。

最後に、キャリアのスマホを使用している人はgmail等の新しいメールの設定をしておきましょう。最近はメールを使う事は減りましたが、今まで使用していた@docomo、@ezweb、@softbank等は使用出来なくなります。

また特に重要なのがLINEのアカウント引き継ぎです。LINEは引き継ぎが上手くいかないと、友だちは移行出来ても、写真データが引き継げない…といった事もあるので、事前にLINEの引き継ぎについても調べておきましょう。

実際に申し込み

ここまで準備が出来たら、OCNモバイルONEでどのプランにするかを決めましょう。公式サイトには金額を計算出来るシミュレーターがあるので、実際に自分の好みのプランやオプションを付けたらどのくらいになるのかを確認してみましょう。

申し込みはこちら

申し込みが完了したら、既存のスマホのMNP(ナンバーポータビリティ)の発行も行いましょう。MNPとは、現在使用している電話番号をそのままで乗り換える事です。筆者はdocomoから格安スマホに乗り換えましたが、手続きはとても簡単でインターネットで出来ます。自分の現在のキャリアや格安スマホのMYページからMNPを発行するようにしましょう。

申し込みはこちら

OCNモバイルONEの調査まとめ

OCNを調べてみると、やはり料金設定がかなり良心的で使い方によっては月2,000円以下にも抑えられるなと感じました。特にdocomo回線使用出来る、無料Wi-Fiスポットが86,000箇所もあるというのが、節約出来るポイントだと思います。

対して通信速度に関してはイマイチな口コミもありましたが、一時的なもの…とポジティブに捉えるか、または費用をあげても高速化したいかで意見が分かれると思います。ただ、正直通信速度はほとんどの格安スマホの会社と変わりが無いとも思うので、費用特化ならOCNモバイルONEがおすすめです。

申し込みはこちら