格安スマホはどこがオススメ?キャンペーンでもっとお得に乗り換えよう

現在キャンペーン中の格安スマホは?

格安スマホ各社の主なキャンペーン・特典情報をまとめました(2019年11月1日現在)。月額料金割引やデータの増量など、あなたのスタイルに合ったお得なキャンペーンを利用しましょう。

楽天モバイルのキャンペーン

・スーパーホーダイ申し込み特典/楽天会員・楽天ダイヤモンド会員は月額基本料が1年間割引

スーパーホーダイプランは、データおよび通話が使い放題のプラン。使用できるデータ容量によって4つのプランが用意されています。新規申し込み時に楽天会員なら、月額基本料が1年間1500円割引、楽天ダイヤモンド会員なら、さらに500円の割引になります。
特典期間:終了日未定

〈月額基本料が1年間割引になるスーパーホーダイ申し込み特典〉

プランSプランMプランLプランLL
データ通信2GB/月6GB/月14GB/月24GB/月
通常の月額基本料2,980円3,980円5,980円6,980円
楽天会員(1年目の料金)1,480円2,480円4,480円5,480円
楽天ダイヤモンド会員(1年目の料金)980円1,980円3,980円4,980円

楽天モバイル「選べる4つのスーパーホーダイプラン」より抜粋(金額は税別)

・スーパーホーダイ契約者特典/楽天会員は初月のみ、全プラン(S・M・L・LLプラン)の月額基本料が1,480円に

スーパーホーダイプランを楽天会員が契約する場合、初月のみ、全プランの月額基本料が1,480円に割り引きされます。月額基本料が割り引きになっても、使用できるデータ容量は変わりません。

・「楽天ひかり」とセットの申し込みで最大38,000円相当が得になるキャンペーン

楽天モバイル新規申し込み、または契約中の人が、楽天ひかりを開通した場合は、20,000円キャッシュバック+初期工事費用18,000円が無料に。他社光コラボの光回線からの乗り換えは、20,000円のキャッシュバック。フレッツ光からの乗り換えは5,000円のキャッシュバック。
キャンペーン期間:終了日未定。

・お友達紹介キャンペーン/紹介した人に最大3,000ポイント、紹介された人に最大1,000ポイントのプレゼント

楽天モバイル契約者が友人を紹介して契約に至ると、楽天スーパーポイントが紹介者にも、紹介された人にも付与されます。紹介された人の契約プランによって特典内容が異なります。紹介できるのは、最大5人まで。
キャンペーン期間:2019年12月2日(月)9:59まで

楽天モバイルをくわしく見る

UQ mobile(UQモバイル)のキャンペーン

・MNP(乗り換え)、新規、機種変更で下取りおよび還元サービス

これまで利用していた機種を下取りし、機種に応じた金額を還元してくれます。スマホプラン・おしゃべりプラン・ぴったりプランに申し込んだ人が対象。還元額は、1,320~11,088円と機種により異なります。
サービス期間:終了日未定

・UQ家族割キャンペーン/家族で新規契約すると2回線目以降の基本料金が毎月500円割引

対象プランに、家族で複数回線申し込むと、2台目以降の月額基本料がそれぞれ毎月500円割り引きになります。割り引きの対象は、最大9回線まで。
キャンペーン期間:終了日未定

・オンラインショップのキャッシュバックキャンペーン/新規契約は3,000円、乗り換え(MNP)は6,000円のキャッシュバック

SIMのみを購入、またはスマホプランの契約者で、新規契約の場合は3,000円、乗り換えの場合は6,000円のキャッシュバックがあります。
キャンペーン期間:終了日未定

UQ mobile(UQモバイル)をくわしく見る

ワイモバイル(Y!mobile)のキャンペーン

・データ増量無料キャンペーン/新規、MNP(乗り換え)でデータ増量オプション(月額500円)が2年間無料

MNPで新しく他社から乗り換えの人、ソフトバンクから番号移行の人、契約変更の人に向けたキャンペーン。利用プランの規定容量を使い切って通信速度が落ちたときに、2年間無料で通常速度に戻すことができるようになるデータ増量オプション(通常は月額500円)が利用できます(増量分はプランにより異なります)。対象プランへの加入が必要。
キャンペーン期間:2019年11月28日まで

・60歳以上通話ずーっと無料キャンペーン/指定機種の購入・持込みで60歳以上の通話月額料が無料

かんたんスマホなどの指定機種を購入(持ち込みでも可)し、使用者年齢が60歳以上の場合は、国内通話がかけ放題になる「スーパーだれとでも定額」の月額料(1000円)が無料になるキャンペーン。家族が離れて暮らしているときにお得。
キャンペーン期間:終了日未定

・下取りプログラム/新規加入、MNP、機種変更、契約変更の人を対象に、下取りおよび利用料金の割引

ワイモバイルを契約する際、それまで利用していた機種が対象機種だった場合は、下取りし、さらに、毎月の利用料金から割り引きをします。割引額は、正常品で2,000~3,6000円。割引方法は、24回の分割となります。
キャンペーン期間:終了日未定

ワイモバイル(Y!mobile)をくわしく見る

・スマホ月額基本利用料半額キャンペーン/音声通話SIM限定。対象プランへの申し込みで月額基本料が5カ月間半額

コミュニケーションフリーまたはMUSIC+に新規契約かプラン変更をした場合、月額の基本利用料が5カ月間半額になるキャンペーン。初月のみ全プラン600円も適用されます。ただし、「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」「スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン」を利用したことがある場合は対象外となるので注意を。
キャンペーン期間:終了日未定

〈スマホ月額基本利用料半額キャンペーン/2~5カ月目の料金(6カ月目以降は通常料金)〉

プラン名コミュニケーションフリーMUSIC+
3GB845円/月1,195円/月
5GB1,110円/月1,360円/月
7GB1,440円/月1,640円/月
10GB1,610円/月1,760円/月

LINEモバイル「キャンペーン適用中の月額基本料」より(金額は税別)

LINEモバイルをくわしく見る

BIGLOBEモバイルのキャンペーン

・0円スタート特典/音声通話SIM限定。初期費用と月額料金が初月無料

新規に音声通話SIMで3GB以上のプランに申し込んだ場合に利用できます。プラン申込手数料を3,000円割引、SIMカード準備量394円を割引。プラン月額料金も、初月は無料となります。
特典期間:2019年12月1日まで

・端末セット特典/音声通話SIMと対象のスマホ購入で最大6,000円相当の還元

新規に音声通話SIMで3GB以上のプラン、および対象端末をセットで申し込んだ場合、BIGLOBE の月額支払いにも使えるGポイントを3,000~6,000ポイントもらえます。
特典期間:2019年12月1日まで

・エンタメフリー・オプション初回申込特典/音声通話SIMの加入者限定で最大6カ月無料

これまでに「エンタメフリー・オプション」を使ったことがない人で、音声通話SIMで3GB以上のプランに申し込み、あるいは利用中の人が対象。このオプションは、YouTubeやAbemaTV、Apple Musicなどをデータ通信量の制限なく楽しめるもので、通常、音声通話SIMなら月額480円、データSIMなら月額980円のところ、最大6カ月無料になります。
特典期間:2019年12月1日まで

BIGLOBEモバイルをくわしく見る

IIJmio(みおふぉん)のキャンペーン

・IIJmioひかりとIIJmioのSIMサービスのセットで毎月600円OFF

同一の契約ID(mioID)で、IIJmioひかりとIIJmioのSIMサービスを申し込むと月額料金がずっと600円OFFになるmio割が受けられます。光回線インターネットサービスのビック光も対象となります。サービスを利用している間は継続的に割引が受けられます。
キャンペーン期間:なし

IIJmio(みおふぉん)をくわしく見る

OCNモバイルONEのキャンペーン

・OCNモバイルONEサンキューキャンペーン/音声対応SIM継続利用で1,000gooポイント進呈

「OCNモバイルONE音声対応SIM」を12カ月間継続利用すると、商品交換や電子マネーへの交換、NTT Com料金の割引などに使えるgooポイントを1,000ポイントもらえます。
キャンペーン期間:2019年11月30日まで

OCNモバイルONEをくわしく見る

mineo(マイネオ)のキャンペーン

・日経電子版 最大2カ月無料キャンペーン/日経電子版が最大2カ月無料、さらに利用料金から23カ月間600円割引

mineoに新規に申し込み、mineoオプションを通じて日経電子版を申し込むと、月額料金3,889円(税別)が最大2カ月間無料になります。さらに、無料期間終了後23カ月間、mineo利用料金から毎月600円が割引されます。
キャンペーン期間:2019年12月1日まで

mineo(マイネオ)をくわしく見る

DMM mobile(DMMモバイル)のキャンペーン

現在、開催中のキャンペーンはありません。

DMM mobile(DMMモバイル)をくわしく見る

イオンモバイルのキャンペーン

・イオンモバイル紹介割/友人や家族を紹介して、その人が新規契約すると双方に1GBクーポンプレゼント

1GBクーポンは、データ容量1GBと交換ができ、有効期間は最大6カ月。紹介した人、紹介された人の双方がもらえます。毎月5人まで紹介可能。
キャンペーン期間:終了日未定

イオンモバイルをくわしく見る

どこが最適?格安スマホ各社の得意分野は

格安スマホをキャンペーンで選ぶ前に、通常のサービスもチェックしておきましょう。どんなにキャンペーンが魅力的でも、ベーシックな部分が自分に合わなければ、本当に魅力的とはいえません。格安スマホのサービスを提供している会社は数多くありますが、それぞれ特徴や得意分野が異なります。そこで用途別におすすめの会社を紹介していきます。

通信速度に強いのは?動画、ゲームをしたい人におすすめなのは?

スマホで動画やゲームを楽しみたい人にとって気になるのが、「通信速度」です。また料金に関わる容量を気にせず利用できるおすすめの格安スマホは次になります。

■UQ mobile :安定した高速回線のデータ無制限プラン

auのサブブランドであるUQ mobileは、安定した高速回線で、通信速度は格安スマホの中でトップクラスです。またWi2 300 for UQ mobileの公衆無線LANサービスが利用できるため、外出先でも高速通信を利用することができます。データ無制限プランは月額1,980円。

■BIGLOBEモバイル:動画ヘビーユーザーにおすすめの“カウントフリー”

BIGLOBEモバイルは、オプションサービスで「エンタメフリー・オプション」があります。YouTubeやAbemaTVなどの動画サービスやGoogle Play Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスなどが容量を気にせずカウントフリーで楽しむことができます。料金は音声通話プランだと480円/月、データ通信専用プランだと980円/月。

通話料金プランが充実、たくさん通話したい人におすすめなのは?

格安スマホを提供している会社の多くでは、“定額かけ放題プラン”は少なく、ほとんどが20円/30秒で通話した分だけ料金が発生するシステムです。しかし、通話料金を気にせず、たくさん通話を利用したい人には、次のお得な通話プランのある格安スマホをおすすめします。

■ワイモバイル(Y!mobile):1回10分以内なら通話無料!

スマホベーシックプランS/ M/Rそれぞれに、1回10分以内の国内通話が無料で使えるサービスが組み込まれています。または1回の通話が10分を超えると、30秒につき20円の通話料金が発生します。
また、月額1,000円のオプションサービス「スーパーだれとでも定額」を追加すると、大手キャリアの定額プランと同じようにかけ放題で利用することができます。

■IIJmio:専用アプリでお得に通話が可能

専用アプリ“みおふぉんダイヤル”を使えば、番号を変えることなくお得に通話が利用できます。従来の通話料金20円/30秒のところ、10円/30秒で利用でき、さらに、海外32カ国への通話も10円/30秒で利用できます。また同一mioIDで契約している回線同士の通話料が割引される「ファミリー通話割引」を併用すると、ファミリー通話は最大60%の割引に。

お子さんのファーストスマホに適しているのは?

お子さんにスマホを持たせたい、というときに、家計の負担になるスマホ料金が大手キャリアの半額以下になる格安スマホは最適です。
また、お子さんに持たせるスマホの機能として、有害サイトの閲覧ができないようにするフィルタリングやゲームなどの利用制限、さらに、GPSで居場所が分かる機能があると安心です。

■TONEモバイル(トーンモバイル):子どもの使用に特化したスマホ

トーンモバイルは、子どもに適した端末を自社で開発、GPSによる現在地確認や、アプリダウンロード制限、Webフィルタリングなど、お子さんを見守る機能が充実しています。全国子ども会連合会や9都県市からも推奨されている「子どもにおすすめのスマートフォン」です。

キャンペーンを利用するのに注意すること

いいことづくめのお得なキャンペーンですが、もしかしたら思わぬ落とし穴があるかもしれません。“お得”にキャンペーンを利用するために、次のことに注意しましょう。

端末が安く手に入るキャンペーン

端末が安く手に入るキャンペーンで注意したいのが、「契約期間の縛り」です。例えば、最低2年間契約する条件で端末代金が“実質無料”になるケースなどでは、契約期間満了前に機種変更や乗り換えを行うと端末代金が発生することがあります。キャンペーンの利用条件をきちんと確認しましょう。

月々の使用料がお得なキャンペーン

月額料金が格安になるキャンペーンにひかれたら、注意したいのが適用期間です。初月だけ、または3カ月、1年など適用期間が設けられています。適用期間が過ぎると通常料金となるので、適用後の月額料金も忘れずに確認しましょう。

キャッシュバックキャンペーン

キャッシュバックキャンペーンで注意したいのは、申請の必要有無やキャッシュバック方法です。手続きや申請が必要なものがあるため、忘れずに行いましょう。また銀行振り込みや、請求時にキャッシュバック分が割引になるもの、ポイントで還元されるものなど、キャッシュバック方法も確認しましょう。
さらに、オプションサービスに加入したらキャッシュバック、といったキャンペーンでは、オプションサービスの料金が発生することがあります。必要のないサービスだったら解約をするなどの対策を忘れずに行いましょう。

契約の縛り注意!

大手キャリアと違って、格安スマホは解約時に違約金が発生する契約期間の縛りがあまり厳しくありません。しかし、注意したいのが、お得なキャンペーンを受けるために「2年」や「3年」といった、従来より長い縛り期間が発生することがあるという点です。
お得なキャンペーンに釣られて契約しても、縛り期間内の解約で違約金が発生してしまうケースがあるため、キャンペーン内容の詳細をきちんと確認する必要があります。