ソフトバンクから格安スマホに乗り換えるなら! スマホ料金をグッと抑える裏技

そもそも格安スマホは、大手キャリアの回線を使用している

スマホで毎月7,000円以上月額料金を払っていませんか?

そんな月額料金がかなり安く済む格安スマホですが、そもそもなぜ格安スマホは月額料金が大手キャリアよりかなり安いのでしょうか?

まずは格安スマホの安さの秘密や、乗り換えが楽になる方法から紹介します。

大手キャリアの回線を使っていることが安さの秘密

スマホでメールや電話を使うには、通信回線が必要です。

大手キャリアであるソフトバンク、au、ドコモの3社は、通信設備のアンテナや基地局を自費で投資し購入しています。

そういった通信設備の購入費や維持費などの多額の費用がかかってしまうのです。

格安スマホは、大手キャリアの通信回線を借りることでそういった多額の費用がかからないようにしています。

そのためスマホの月額料金も安く済んでいます。

ソフトバンクの回線を使用している格安スマホが乗り換えしやすい

スマホには、電話をするために必要な「SIMカード」というICチップが入っています。
キャリアで購入したスマホには、「SIMロック」という他社のSIMカードが使えないようにされている場合があります。
スマホを他社で使えるようにするには、SIMロック解除を行う必要がありますが、様々な条件がある上に、手数料3,000円がかかってしまいます。

ですが、ソフトバンクの回線を借りている格安スマホ会社ならば同じ回線を使っているためSIMロック解除の必要がなくそのまま使い続けることが出来ます。
そういったことから、もし現在ソフトバンクでスマホを利用していて格安スマホに乗り換えを考えている方は、ソフトバンクの回線を使用している格安スマホ会社に乗り換えるのがおすすめです。

iPhoneはそのまま使える?

上記で説明したSIMロック解除は、2015年5月以降に発売された機種のみが対応しています。
そのためそれ以前に発売したiPhone 5や、iPhone 6といった機種は、SIMロック解除ができないため、違う回線のスマホ会社に乗り換えると使えなくなってしまいます。

しかしソフトバンクから乗り換える際に、ソフトバンクから回線を借りている格安スマホ会社に乗り換える場合SIMロック解除の必要がないためiPhone5やiPhone6をそのまま使い続けることが出来ます。

各格安スマホ会社のページを見ると、使用可能な端末一覧が用意されています。お持ちの端末を使いたい方は確認しておくといいでしょう。

ソフトバンクの回線を使用している格安スマホって?

では、ソフトバンクの回線を使用しているのはどの格安スマホ会社でしょう?

現在格安スマホは数多くの会社があります。
それぞれ使用回線が違いますので、会社の使用回線をまとめて表にしました。
格安スマホの乗り換え先を選ぶ際の参考にしてください。

■格安スマホ使用回線一覧

会社名使用回線
ワイモバイル(Y!mobile)ソフトバンク
ラインモバイルドコモ
au
ソフトバンク
イオンモバイルドコモ
au
biglobe モバイルドコモ
au
UQ モバイルau
楽天モバイルドコモ
au
mineo(マイネオ)ドコモ
au
ソフトバンク
iijmio(みおふぉん)ドコモ
au
u mobileドコモ
au
ソフトバンク
nuro モバイルドコモ
au
ソフトバンク
DMM mobileドコモ
au
TONEモバイルドコモ
OCNモバイル ONEドコモ

表を見てみると、ドコモの回線を借りている格安スマホが多いことがわかります。
もし現在ソフトバンクのスマホを使用している場合は、一覧表を見てソフトバンクの回線を使用している会社を選ぶのが安心ですね。

複数キャリアの回線を使用している格安スマホとの違い

上記の表を見てソフトバンクだけに対応している会社より、大手キャリア全てに対応している会社にすればいいじゃないかと思う方もいらっしゃると思います。
確かに大手キャリア全てに対応している場合、乗り換えする際に現在使っているスマホをそのまま使うことが出来て困ることはありませんが、気をつけなければならない点もあります。

実はau・ドコモ・ソフトバンクのプランでは値段が異なっている場合があり、ソフトバンクのプランは他より割高になっている場合があるのです。
そのため他のキャリア回線より損をしてしまう可能性があります。

乗り換えで後悔しないためには、乗り換え後の料金がどうなるのかをしっかり検討する必要がありますね。

厳選5社!ソフトバンクから乗り換える格安スマホならココ!

ソフトバンクから乗り換えるのにおすすめする厳選5社を選びました。
それぞれの会社の特徴なども紹介するので、格安スマホへの乗り換え先として参考にしてください。

mineo(マイネオ)


mineo(マイネオ)は大手キャリア全てに対応しているため、ソフトバンクのスマホもそのまま乗り換えられます。
契約期間の縛りはなく、よくある一年後から月額料金が上がる…といったことがなくずっと一定の値段のままなので安心して使えるのが特徴です。

またシングルタイプ(データ通信のみ)とデュアルタイプ(音声通話+データ通信)のコースに分けられており、通話はしないという方はシングルタイプを選ぶことで更に月額料金を安く抑えることが出来ます。

mineo(マイネオ)のサイトを見てみる

LINEモバイル

LINEモバイルも大手キャリア全てに対応していますので、ソフトバンクから現在使っているスマホのまま乗り換えることが出来ます。
LINEモバイルは、SNS(LINE・Twitter・FaceBook・Instagramなど)使用時のデータ通信量を消費しないデータフリーという特徴があります。
もしデータ容量を使い切り通信速度制限にかかっていたとしても、データフリーに対応したサービスではデータ通信速度が遅くなることなく快適に利用することが出来ます。
フィルタリングオプションというお子様をインターネットの危険なサイトから守る機能が無料で使えるので、お子様へのスマホとしてもおすすめです。

LINEモバイルのサイトを見てみる

Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンクが運営するサブブランドの格安スマホです。
その特徴として回線速度が速く、ネットが混雑する時間でも安定した回線速度が出るので快適にスマホを使うことが出来ます。
また、実店舗が多いのでスマホで困ったことがあれば手厚いサポートを受けられます。

2019年10月1日から契約期間の縛りや解除料がなくなり、使えるデータ容量の増加・プラン料金が安くなりさらに使いやすくなりました。
通話毎に最初の10分が無料になっており、更に長電話したい方のために「スーパーだれとでも定額」という1,000円で国内通話がかけ放題になるオプションもあります。

Y!mobile(ワイモバイル)のサイトを見てみる

QTmobile

QTmobileもmineo(マイネオ)と同様に、大手キャリア全てに対応しているのでソフトバンクで現在使っているスマホでそのまま乗り換えられます。
最初の12ヶ月は、データ容量が6GB/1,240円で利用することが出来るお得なコースがあります。
格安スマホにはあまり無い、かけ放題オプションが2,500円で利用できます。

QTmobileのサイトを見てみる

U-mobile

U-mobileは業界で初めてソフトバンク回線でのサービスを初めた格安スマホ会社です。
現状まだソフトバンク回線では音声通話プランはありませんが、データ通信専用プランは扱っています。
月額料金も1GB/880円、3GB/1,580円といったように、通話を必要としない人ならかなり安く利用することができるので、データ通信のみを行う2台目のスマホが欲しい方におすすめです。

U-mobileのサイトを見てみる