b-mobileの格安スマホの料金プランでお得なのは?通信速度や評判をレポート

日本で格安スマホ・格安SIMが普及する前から展開している老舗の格安スマホ、b-mobile(ビーモバイル)。低価格で魅力的な料金プランが多くありますが、通信速度や実際の使い勝手が気になりますよね。

そこでこの記事では、b-mobileに乗り換えるメリットや、どのような人に向いている・向いていないか、そして現在開催中のキャンペーンについてご紹介します。

 

b-mobile格安スマホのメリット

b-mobileは、使用目的に合わせて柔軟にプランを選ぶことができるのが大きなメリットです。

ここでは、b-mobileのおすすめのSIM、選べるSIMの種類、便利な専用アプリ、料金プランについてご紹介します。

 

毎月7GB使えるプリペイドSIM

プリペイドSIMとは、使用できる期間・データ容量が決められている、契約不要の「使い捨てのSIM」のことを言います。b-mobileを含む格安SIMが展開するプリペイドSIMは、データ通信のみ対応しています。

 

b-mobileの「毎月7GB使えるプリペイドSIM」には、以下の6つの特徴があります。

・契約手続きやクレジットカードの登録が不要

・物品購入として扱われるため、会社の経費として精算できる

・利用開始期限内であればいつでも使い始められる

ソフトバンクのiPhone・iPad、またはドコモの端末が使える

1ヵ月・6ヵ月・12ヵ月の3種類からサービス期間を選べる

・サービス期間が終了してもチャージすれば継続利用できる

 

b-mobileのプリペイドSIMは、仕事上でSIMが必要な人、SIMを試してみたい人、短期間SIMを利用したい人におすすめです。

 

音声・データが使用目的で選べる

b-mobileは、使用目的に合わせて「音声通話対応SIM」「データ通信専用SIM」を選ぶことができます。

 

音声通話対応SIMは、電話・データ通信どちらも利用することができます。キャリアから乗り換える人は、音声通話SIMを利用する傾向があります。家族や友人だけでなく、緊急時に110119に電話できるメリットがあります。

 

データ通信専用SIMは、メールやアプリ、WEBブラウザのみの機能のため、音声通話はできませんただし、音声通話SIMと比較して音質は落ちますが、スカイプやLINEを活用すれば電話サービスを利用することができます。データ通信専用SIMのメリットは、利用料金が圧倒的に安いところです。

 

格安スマホを2台持ちたい人は、一方を音声通話対応SIM、もう一方をデータ通信専用SIMにして使い分けても良いでしょう

 

b-mobile電話について

b-mobile電話」とは、通話料が半額になる無料の電話サービスアプリです。b-mobile電話アプリを使えば、30秒10円で電話をかけることができます。

 

電話をかけられる端末・場所は以下のとおりです。

・スマホ

・家の電話

・海外65カ国

・ケータイ

・PHS

・オフィス

・ショップ

・レストラン

 

割引は適用されませんが、以下の機関にも電話をかけることができます。

・110番

・118番

・119番

・ナビダイヤル

・留守電などの専用ダイヤル

・災害用伝言ダイヤル

 

b-mobile電話アプリの利用で通話料が半額になるのは以下のSIMです。

 

・990ジャストフィットSIM

スマホ電話SIM

25GB定額 音声付

おかわりSIM 音声付

高速定額 音声付

 

・スタートSIM

ライトプラン 音声付

VAIO® Phone 高速定額 音声付

VAIO® Phone ライトプラン 音声付

スマホ電話SIM フリーData

スマホ電話SIM LTE

 

b-mobileの料金プランは?

b-mobileの料金は、プラン・データ量・回線によって異なります。自分の使用目的に合わせて、料金を最小限に抑えることができます。

 

b-mobile s 990ジャストフィット

月々のデータ使用量が少ない人・多い人もどちらも無駄なく快適に利用できるプランです。

 

ドコモ

データ使用量月額基本料
1GBまで990円
3GBまで1,290円
6GBまで1,790円
10GBまで2,590円
15GBまで3,590円

 

ソフトバンク(iPhoneのみ)

データ使用量月額基本料
1GBまで990円
3GBまで1,690円
6GBまで2,390円
10GBまで3,190円
15GBまで4,390円

 

b-mobile s 190PadSIM

データ通信専用のプランです。

データ使用量データ通信専用SIM

(ドコモorソフトバンク)

SMS付SIM

(ドコモのみ)

100MBまで190円320円
1GBまで480円610円
3GBまで850円980円
6GBまで1,450円1,580円
10GBまで

(初期設定上限値)

2,190円2,320円
15GBまで3,280円3,410円

 

7GBプリペイドSIM

決められた期間、利用することができるプランです。

 

ドコモ・マルチカットSIM(ナノ・マイクロ・標準サイズに対応)

期間bマーケット価格
7GB/1ヵ月間3,850円(税込)
7GB/1ヶ月間×6ヵ月19,046円(税込)
7GB/1ヶ月間×12ヵ月30,352円(税込)

 

ソフトバンク・iPhone(ナノ)・iPad(ナノ・マイクロ)

期間bマーケット価格
7GB/1ヵ月間5,073円(税込)
7GB/1ヶ月間×6ヵ月25,259円(税込)
7GB/1ヶ月間×12ヵ月34,426円(税込)

 

b mobile公式サイトはこちら

b-mobileが向いている人・向かない人

b-mobileに乗り換えれば月額料金を大幅に抑えることができますが、中には向いている人・向いていない人がいます。b-mobileに乗り換える前に、自分に合っている格安スマホか確認しましょう。

 

b-mobileが向いている人

b-mobileに向いているのは以下のような人です。

 

・毎月のデータ使用量に波がある人

b-mobileは、毎月のデータ使用量に応じた月額料金のため、月によって使うデータの使用量に差がある人に向いています。

 

・ソフトバンク回線の人

ソフトバンク向けの格安スマホはまだ少ないため、比較的通信速度が安定していると言われています。また、b-mobileはソフトバンク向けのプランが充実していることに加え、SIMロック解除の必要がないので、ソフトバンクユーザーに向いています。

 

・家にある使っていないスマホ・iPhoneをデータ通信用として使いたい人

機種変更する際に使わなくなった端末をもう一度復活させたい人は、データ通信専用のSIMを選択すれば、月額料金190円から再利用することができます。スマホ・iPhoneなどの端末を複数台利用したい方に向いています。

 

b-mobileが向かない人

b-mobileに向かないのは以下のような人です。

 

・キャリアの機能・サポートを頻繁に利用している人

b-mobileに乗り換えると、キャリアメールやキャリア決済を利用できなくなります。また、キャリアと比較して店舗数が少ないため、すぐにサポートを受けられない場合があります。キャリアの機能や手厚いサポートが必要な人には向いていないでしょう。

 

・スマホの操作が苦手な人

格安スマホに乗り換える際は、大手キャリア以外の回線を使用することになるので、APN構成プロファイルをダウンロードする必要があります。また、自分の登録情報は主にマイページにログインして確認することになるため、スマホ操作の苦手な人にはおすすめできません。

 

b mobile公式サイトはこちら

b-mobile(bモバイル)のお得なキャンペーン

2019年11月現在、b-mobileはキャンペーンを行っていません。

 

b mobile公式サイトはこちら

まとめ

b-mobileで自分に合うプランが見つかりましたか?

b-mobile s 990ジャストフィット」「b-mobile  s 190PadSIM」など、使用した容量に応じて月額料金が変わるのは、月によって使う容量にばらつきがある人にはメリットが大きいプランですよね。

この機会に、b-mobileに乗り換えてお得なスマホライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。