格安スマホの回線比較!あなたにおすすめはどこ?格安SIMの選び方

格安スマホ。「NTTドコモ系」「au系」「ソフトバンク系」回線とは?

格安スマホ、現在はそのリーズナブルな値段から多くの方が利用されています。
しかし、なぜそんなに格安スマホは安いのでしょうか。
それを知るためには、「格安SIM」の仕組みから知る必要があります。

「格安SIM」の仕組み。MVNOとは?

「MVNO」とはMobile Virtual Netowork Operatorの略で、格安SIMを提供する事業者のことを指します。
MVNOは、大手キャリアであるNTTドコモ・au・ソフトバンクから回線を一部借りて、提供しています。
MVNOによってどの回線を借りているかが違うため、申込みをする際にどの回線を利用するかを決めなければなりません。
回線によって、それぞれ特徴があるので自分に合うと思った回線を選びましょう。

格安スマホのau回線の特徴

au回線の特徴は、「通信速度が安定している」ことです。
au回線は他回線より、通信回線が速く安定していると評判なんです。
そのため回線が混雑する時間でも、他回線より快適に利用することができるでしょう。

とくに現在auでスマホを利用している場合は同じ回線であるau回線のMVNOに乗り換えると、そのまま利用可能です。(ほかのキャリアからの乗り換えも可能です)

格安スマホのdocomo回線の特徴

ドコモ回線の特徴は、「ドコモ回線を借りているMVNOが多い」ことです。
なぜドコモ回線を借りているMVNOが多いのでしょうか。
それは、ドコモから回線を借りる料金が安いので多くのMVNOがドコモ回線を借りているためです。

そのためドコモ回線だと多くのMVNOから選ぶことができ、他回線より幅広いサービス・プランから選択できます。

格安スマホのソフトバンク回線の特徴

ソフトバンク回線の特徴は、「SIMロック解除対象外のiPhoneでも扱える」ことです。
ソフトバンクはau・ドコモに比べ遅れてMVNOでの取り扱いを開始したため、それまではソフトバンクで購入したiPhone6以前の機種は、SIMロック解除対象外なのでMVNOでは使用できませんでした。
もしソフトバンクで使用していた古いiPhoneをお持ちの場合は、ソフトバンク回線を使用すると格安スマホとして利用できます。

ただし注意点として、同じMVNOでもソフトバンク回線のみドコモ回線・au回線よりプラン料金が高い場合が多いです。
ソフトバンク回線でしか使えない機種や、どうしてもソフトバンク回線じゃないとダメな場合以外は、他回線を利用した方が安く済むかもしれません。

  • au回線……通信速度が安定していて、スピーディに使用できる
  • docomo回線……多くのMVNOから選べ、多くのサービスの中から検討できる
  • ソフトバンク回線……SIMロック解除対象外のiPhoneが使える

格安スマホのメリット・デメリット

格安SIMの仕組みやそれぞれの回線の特徴についてお伝えしました。
ここからは安さと回線速度から見た、格安スマホに乗り換えた時のメリット・デメリットをご紹介します。

格安SIMにすると安い?

なぜ格安SIMは、大手キャリアに比べ月額料金が安くなるのでしょうか。

その理由は、先ほど説明した格安SIMの仕組みにあります。大手キャリアでは、回線を繋ぐためのアンテナや基地局を自費で投資しています。しかしMVNOは回線を借りているため、そういった多額の費用がかかりません。また、MVNOによりますが実店舗がなく、契約の申し込みも基本的にオンラインでするので人件費もカットされています。そのため格安SIMはキャリアに比べ月額料金がかなり安くなっています。

格安SIMは回線速度が遅い?

大手キャリアに比べ、格安SIMは基本的には回線速度は遅くなりがちです。
大手キャリアの回線を一部借りているためにどうしても大手キャリアに比べ容量が少なく、回線が混み合ってしまうためです。特に通勤・通学時、昼食時、18時以降は、回線が混雑するために安定した速度が出ないことも多いです。
しかし、大手キャリアのように、速く安定した回線速度がでる格安SIM会社もあります。自分がよく使う時間帯を振り返り、自分に合った格安SIMを選ぶことが重要です。

格安SIMの選び方。ストレスなく使える格安スマホ12選

それでは、どの格安SIMに乗り換えたら快適にスマホを使えるかチェックしていきましょう。ストレスなくスマホを使うためにおすすめの格安スマホ会社12社をご紹介します。
参考:『[完全ガイドシリーズ230]SIMフリー完全ガイド(普遊舎)』

ラインモバイル


料金★★★★☆
速度★★★★★

平均速度(Mbps)最高速度(Mbps)最低速度(Mbps)
53.369.940.3

最高速度が最も速かったのがラインモバイルです。
69.9Mbpsも出ており、混雑時以外で最も快適にスマホを使えるでしょう。
最低速度も40.3Mbpsなので、混雑時でも少し遅いですが問題なく使えそうです。

ラインモバイルでは、LINE,Twitter,Facebook,InstagramといったSNSはデータ通信量を消費しない「データフリー」というサービスがあるのが特徴です。
プラン料金も「LINEフリー」プランの最安500円から利用でき、月額料金もリーズナブルです。

ラインモバイルの申し込みはこちら

biglobe モバイル


料金★★★☆☆
速度★★★★☆

平均速度(Mbps)最高速度(Mbps)最低速度(Mbps)
21.9367.2

biglobeモバイルは、大手キャリアよりは遅いですがある程度の速さが出ています。
混雑時はかなり遅くなりますが、普通に使う分には問題なく利用できそうです。

プラン料金はデータ通信SIMで最安900円からで、かなりの安さで利用できます。
YoutubeやAbemaTVなど、多数の動画・音楽配信サイトが楽しみ放題になる「エンタメフリーオプション」があるので動画視聴でデータ容量がすぐに無くなってしまう、という方におすすめです。

biglobeモバイルの申し込みはこちら

イオンモバイル


料金★★★☆☆
速度★★★★☆

平均速度(Mbps)最高速度(Mbps)最低速度(Mbps)
16.129.82.58

イオンモバイルも、大手キャリアよりは遅いですが格安スマホの中ではかなり速い速度が出ています。
プランも500MB~50GBまで細かく分かれており、好きなデータ量を選択することができます。
データSIMの場合最安480円から利用でき、料金の安さに対して速度が速く、コスパが良い印象です。

イオンモバイルの申し込みはこちら

UQ モバイル


料金★★★☆☆
速度★★★★★

平均速度(Mbps)最高速度(Mbps)最低速度(Mbps)
56.96747.7

平均速度、最低速度が最も速かったのがUQモバイルで、なんと56,9Mbpsです。
安定した速度が出るので混雑時でも十分な速度でスマホを使えるでしょう。
最高速度も67Mbps、最低速度も47,7Mbpsと十分速く、時間を問わずスマホを快適に使えるでしょう。

プラン料金は、基本データ料金3GBで音声機能付きSIMが1,600円から、データSIMで最安900円から利用できます。

UQモバイルオンラインショップはこちら

楽天モバイル


料金★★★☆☆
速度★☆☆☆☆

平均速度(Mbps)最高速度(Mbps)最低速度(Mbps)
1.872.250.52

ギガを使い切っても最大1Mbpsで使い放題になる「スーパーホーダイ」プランが1,480円から利用できるなど、使い放題になるプランが充実しています。

速度に関してはかなり遅く、快適に利用するのは難しいかもしれません。
Wifi環境を整えたりするなど、環境を整えることによって煩わしさから開放される可能性があります。

楽天モバイルの申し込みはこちら

マイネオ


料金★★★★☆
速度★★☆☆☆

平均速度(Mbps)最高速度(Mbps)最低速度(Mbps)
8.313.52.3

データ通信SIMだと最安700円から使えて月額料金が安い。
データ量が少ないお試しコースが300円から利用できるのと、大手キャリア全てに対応するトリプルキャリアなので乗り換えやすいのも特徴。

上記の特徴から初めて格安スマホを使う人におすすめです。

マイネオの申し込みはこちら

u-mobile


料金★★★☆☆
速度★★★☆☆

平均速度(Mbps)最高速度(Mbps)最低速度(Mbps)
10.115.54.1

1GB,3GB,5GBのデータ定額プランや、データを利用した段階分だけ料金を支払うダブルフィックスプラン、使い放題のプランまで様々なプランから選ぶことができ、ユーザーに合わせて適切なプランを選択できます。
データ専用SIMで最安790円から利用できます。

速度も一定の速度は出ているのであまり困ることはなさそうですが、混雑時は煩わしさを感じるかもしれません。

U-mobileの申し込みはこちら

nuroモバイル


料金★★★★☆
速度★★☆☆☆

平均速度(Mbps)最高速度(Mbps)最低速度(Mbps)
4.5116.20.27

データ通信SIMだと最安700円から利用できます。
また、300円から試せるお試しプランと、大手キャリア全てに対応するトリプルキャリアなので乗り換えやすいです。

そのため、初めて格安スマホを利用する方におすすめです。

nuroモバイルの申し込みはこちら

DTI SIM


料金★★★★★
速度★★☆☆☆

平均速度(Mbps)最高速度(Mbps)最低速度(Mbps)
7.620.51.1

データ通信SIMがなんと半年間実質無料で試せる「半年お試しプラン3GB」があります。
初月は事務手数料が3,000円かかりますが、2ヶ月目からはユニバーサルサービス料が3円かかるだけです。
使っていないスマホやタブレットがあれば、2台目として気軽に使えます。

DTI simの申し込みはこちら

エキサイト モバイル


料金★★★★☆
速度★★★☆☆

平均速度(Mbps)最高速度(Mbps)最低速度(Mbps)
12.7927.92.37

エキサイトモバイルは、使った分だけ支払う最適料金プランと、一定量高速データ通信が使える定額プランから選べます。
最適料金プランなら最安500円から使えて、あまりスマホを使わなかった月はかなり月額料金を抑えられるので節約に繋がります。

エキサイトモバイルの申し込みはこちら

ここからは、速度に関係なくおすすめできる要素があるMVNOをご紹介します。

TONEモバイル


料金★★★☆☆

データ容量が無制限なので、データ容量で月額料金が分かれていません。
TONEモバイルではオリジナル機種も販売しており、その機種を利用すると月額1,000円からスマホを使うことができます。
そのため、機種を購入して新規契約する方におすすめです。

TONEモバイルの申し込みはこちら

OCNモバイルONE


料金★★★☆☆

「10分かけ放題」や、よく電話をかける3つの番号のみかけ放題になる「トップ3かけ放題」など、電話のかけ放題になるオプションが充実しています。
仕事などで短時間の電話をよくする方、長電話をする方どちらにもおすすめです。

OCNモバイルONEの申し込みはこちら

格安SIM一覧表

会社名特徴最安オススメ度
最高速度が最も速い500円料金★★★★☆
速度★★★★★
エンタメフリー
オプションあり
900円料金★★★☆☆
速度★★★★☆
データプランが細かくコスパよし480円料金★★★☆☆
速度★★★★☆
最低速度が最も速く
時間問わず使える
900円料金★★★☆☆
速度★★★★★
使い放題になるプランが充実1,480円料金★★★☆☆
速度★☆☆☆☆
お試しコースあり
トリプルキャリア
300円料金★★★★☆
速度★★☆☆☆
データ定額から使い
放題までプラン充実
790円料金★★★☆☆
速度★★★☆☆
お試しコースあり
トリプルキャリア
300円料金★★★★☆
速度★★☆☆☆
半年間実質無料で試せるプランあり料金★★★★★
速度★★☆☆☆
最適料金プランと定額プランを選べる500円料金★★★★☆
速度★★★☆☆
データ容量無制限
機種購入におすすめ
1000円料金★★★☆☆
10分かけ放題などプラン充実500円料金★★★☆☆