格安スマホとタブレットをセットがお得!両方をお得に利用するために知っておきたいこと

格安SIMはスマホで使うイメージがありますが、じつはiPadやAndroidタブレットでも利用できます。タブレット単体でデータ通信プランを利用するのはもちろん、格安スマホとセットで利用すれば、さらにお得になります。

この記事では、格安SIMでタブレットを使うメリットや利用条件などに加えて、タブレット利用におすすめの格安SIMサービスについてもご紹介します。

目次

格安SIMでタブレットを使うメリットとは

スマホよりも圧倒的に画面が大きく、パソコンに近い使い方も可能なタブレットは、格安SIMで使うとどんなメリットがあるのでしょうか。

外出先でもタブレットから自由にネットが使えるように

格安SIMとタブレットを組み合わせて使うことの最大のメリットのひとつが、外出先でも自由にインターネットが使えるという点です。

もちろん、Wi-Fiスポットを利用したり、スマホでテザリングをすることもできます。
しかし、これらの方法では都度、Wi-Fiが使えるお店などに入ったり、スマホとタブレットの両方で接続のための操作をする必要があり、けっして使い勝手が良いとは言えません。

タブレットに格安SIMのSIMカードを挿入して使えば、スマホ同様にタブレット単体でネットに簡単に接続できるので、非常に利便性が高くなるのです。

パソコンよりも携帯性が高く、スマホよりも作業効率が良いタブレットが、いつでもネットにつながるようになる——外出先でもガシガシとタブレットを使いこなしたい人にとっては、格安SIMとの組み合わせは大きな魅力になることでしょう。

大手キャリアに比べて月額料金を大幅に節約

docomo(NTTドコモ)、au(KDDI)、SoftBank(ソフトバンク)の大手3キャリアではなく、あえて格安SIMサービスを選ぶべきもうひとつの理由。それが毎月のランニングコストの差です。

大手キャリアでは、タブレット単体でデータ通信プランを契約すると、月額料金5,000円~7,000円程度とスマホ並みの高額になってしまいます。
スマホとのシェアプランもありますが、今度はスマホ側の料金が高いため、けっきょく総額では高くなってしまいます。

一方、格安SIMでタブレットを使った場合、一般的なデータ通信容量(3GB〜6GB)ならば月額1,000円〜1,500円程度で利用できます。

これは、格安SIMサービスの提供会社がMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動通信業者)と呼ばれる事業者であり、あくまで大手キャリアから通信設備を借りて提供する事業形態であることに理由があります。

自前で通信設備を構築したり維持するコストが必要がなく、場合によっては実店舗を持たない、サポートサービスを最低限に抑えることなどの工夫もすることで、大手キャリアよりも大幅に安い料金を実現しているのです。

契約に縛りが少なく、気軽に利用しやすい

また、タブレットでは基本的にデータ通信専用のプランを利用することになりますが、格安SIMのデータ通信プランには最低利用期間などの縛りがないことがほとんどです

そのため、旅行や出張の際にだけ契約して必要なくなったら解約する、他社サービスへと乗り換えながら自分にぴったりな格安SIMを探すなど、気軽な使い方もできるのです。

格安SIMで使えるタブレットの条件は?通信方式やSIMロックに注意

格安SIMサービスでは、通信回線とタブレット端末のセット販売をしいるところもあり、これを利用すれば面倒な確認や初期の登録・設定などを任せられるので安心です。

一方で、大手キャリアで購入したタブレットで乗り換える場合や、家電量販店等で購入したSIMフリー版端末を使う場合は、いくつかの点に注意する必要があります。

格安SIMで使えるのはLTEモデルのみ

タブレットの通信方式には「Wi-Fiモデル」「LTEモデル(Cellularモデル)」の2種類があります。

Wi-FiモデルはSIMカードを挿入する仕組みがないため、格安SIMを利用できません。Wi-Fiモデルは、おもに家の中で映画鑑賞や読書、料理中にレシピを見る、といった使用目的に向いています、

一方、LTEモデルはWi-Fiに加えて携帯電話の通信システムを利用できるため、電波さえ届いていればスマホ同様に、あらゆる場所でインターネットを利用できます

このような通信方式の違いから、格安SIMと組み合わせて使えるのは「LTEモデル」のみとなっています。

なお、Wi-Fiモデルの方がLTEモデルより若干安くなっていますが、これは通信機能が少ないため。Wi-Fiモデルでは格安SIMを利用できないので注意しましょう。

SIMフリーでない場合はSIMロック解除が必要

端末でとくに注意が必要なのは、大手携帯電話会社で購入したタブレットで乗り換えるケースです。これから利用予定の格安SIMと同じ通信回線であればSIMロック解除の必要はありませんが、違う回線の場合はSIMロックを解除する必要があります

一方、Apple Storeで購入したiPadや、家電量販店等で購入したAndroidタブレットは、SIMロックのかかっていないSIMフリー版でありロック解除は必要ありません。

なお、SIMロック解除についての詳しい説明は、キャリア各社のWebサイトやマイページ、ショップ等で確認してください。

各社の「動作確認済み端末」をチェック

大手キャリアから格安SIMへ乗り換える場合でも、SIMフリー版を購入して新規加入する場合でも、まずは端末の対応状況を確認しなければなりません

お手持ちのタブレットが実際に問題なく使えるかどうかは、利用予定の格安SIMサービスのホームページに掲載されている「対応表」「動作確認済み端末一覧」などで最新情報をチェックしましょう。

また、端末によって利用できるSIMカードのサイズが異なることもあるので、その点もしっかりと確認する必要があります。

自身で確認が難しい方は、格安SIMの実店舗で確認してもらうことをおすすめします。せっかく格安SIMが届いても、動作不可の場合は利用できないため、注意してくださいね。

タブレットには格安SIMのどんなプランやオプションがおすすめ?

大手キャリアに比べて料金プランがシンプルなのも格安SIMの特徴ですが、それでもタイプや容量、オプションなどによりいくつもの選択肢があります。

タブレットで利用する場合には、どのようなプランやオプションが適しているのか見ていきましょう。

基本的にはデータ通信専用SIMを契約

格安SIMには、通常の電話番号が使える「音声通話付きプラン」と、音声通話機能のない「データ通信専用プラン」の2種類があります

タブレットはほとんどの機種が音声通話に対応していないため、基本的には「データ通信専用プラン」で契約しましょう。

料金の目安としては、月間のデータ通信容量が3GBで1,000円以下と考えておけば大丈夫です(SMSなしのデータプラン)。

  • 楽天モバイル:900円(3.1GB/月)
  • UQモバイル:980円(3GB/月)
  • OCNモバイルONE:880円(3GB/月)
  • LINEモバイル:500円(1GB/月)

なお、データ通信プランにはSMS(ショートメッセージ)が使えるものと使えないものがあります。タブレットでもSMS機能が必要な場合は、SMS対応プランまたはSMSオプションを契約するようにしましょう

通信速度を抑えたデータ通信容量無制限プランも用途によってはあり

外出先でタブレットからネットに頻繁に接続したいけれど、それほど速度は必要ない、最低限のWebチェックやメール送受信、ソーシャルゲームなどができれば良いという人は、データ通信容量が無制限のプランを選ぶのもおすすめです。

通信速度は最大で200kbps程度に制限されますが、逆にデータ通信容量には上限がないので、コスパが良いだけでなく、毎月の残りギガ数を気にせずに安心して使うことができます。

特定アプリが使い放題になるデータフリー/カウントフリーもおすすめ

外出先でもタブレットで動画を鑑賞したい、音楽配信サービスで音楽を聴きたい、あるいはメッセージサービスをガンガン使いたい——でも、データ通信容量が限られているとちょっと心配……。
そんな人におすすめなのが、

・BIGLOBEモバイル:エンタメフリー・オプション
・LINEモバイル

など、特定のアプリを対象として、容量制限なく使い放題にできる「カウントフリー」サービスです。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションは、追加オプションに加入することで、YouTubeやAbemaTVなどの動画配信、SpotifyやAWAなどの音楽配信、Facebook Messengerなどのコミュニケーションアプリが使い放題になるというもの。

一方、LINEモバイルではすべてのプランでLINEが使い放題になる上、Twitter・Facebook・Instagramも使い放題になるコミュニケーションフリープラン、さらにLINE MUSICも使い放題になるMUSIC+プランも用意されています。

スマホと同時契約すればシェアプランがお得

格安SIMサービスによっては、複数回線を契約した際にデータ通信容量をシェアできるプラン/オプションが用意されています。

別々のプランの容量をシェアできるタイプもあれば、追加SIMカードの利用料金を払うことで元回線の容量をシェアできるタイプもあります。

これらのシェアプランを活用すれば、スマホで音声通話プランを、タブレットでデータ通信プランといった形で複数契約することで、さらに格安SIMをお得に利用できます。

格安SIMとタブレットで音声通話はできる?

タブレットで通信回線を契約する際に、多くの人が気にするのが「タブレットで090/080番号を使った普通の電話もできるの?」という点ではないでしょうか。

基本的にはタブレットでは電話が使えない

結論から言えば、タブレットでは基本的に電話は使えず、ごく一部の機種のみでしか電話は使えません。
これは、格安SIMであっても大手キャリアであっても同じで、回線性能ではなく端末側の機能としての制限なのです。

「音声通話対応プラン」を選んでも、端末側が対応していなければ電話は使えないので注意しましょう。

LINE無料通話やSkypeでの通話は問題なく使える

電話番号を使った普通の電話はできませんが、LINEの無料通話やSkype、iPadならばFaceTimeなど、アプリを使った通話は問題なく利用できます。スマホが故障してしまった場合の代替にも使えるでしょう。

なお、タブレットで通話をする際には、イヤホンやヘッドセットを利用することをおすすめします。

電話対応の機種ならスマホの代用も可能

タブレットは基本的に電話番号を用いる音声通話に対応していませんが、一部メーカーの特定機種ではスマホ同様に通話を行うこともできます。

「Huawei Media Pad M5」や「ASUS ZenPad 3 8.0」ならば回線によっては音声通話にも対応しているので、「音声通話プラン」で契約することでスマホのように利用できます。

詳細については、各商品のスペック紹介ページなどを参考にしてください。

タブレット利用におすすめの格安SIMサービス7選

BIGLOBEモバイル|動画閲覧にぴったりなエンタメフリー・オプション

BIGLOBEモバイルは、インターネットサービスプロバイダとして30年以上の実績を持つビッグローブ株式会社が運営する格安SIMです。auとドコモの回線を使用しています。

タブレットの販売は行っていませんが、動画や音楽を好きなだけ定額で楽しめる「エンタメ・フリーオプション」が用意されているため、タブレット利用にもおすすめです。

また、主回線と副回線で通信容量をシェアできる「シェアSIM」というオプションがあるため、タブレットと格安スマホの2台持ちでもお得に利用することができます

biglobe モバイル公式サイトはこちら

UQモバイル|安定した回線とデータ無制限プラン

UQモバイルは、KDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが運営する格安SIMです。auの回線を使用しています。

タブレットの販売は行っていませんが、「データ無制限プラン」が用意されているため、自宅や職場にWi-Fiを利用できる環境がない方や、出先でタブレットを頻繁に利用する方におすすめです。

また、同一名義で5回線まで申し込めて家族割を適用できるため、タブレットと格安スマホの2台持ちにも適しています。ただし、複数回線間でデータシェアはできないため、注意が必要です。
UQ モバイル公式サイトはこちら

mineo(マイネオ)|3キャリア対応で乗り換えが安心

マイネオは、株式会社オプテージが運営する格安SIMです。マイネオは、au、ドコモ、ソフトバンクのすべての回線に対応しているトリプルキャリアです。

マイネオのデータ容量コースは、500MB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBの6種類用意されていますが、タブレットで動画視聴やマップのナビ機能、ブラウジングなどのある程度の機能を楽しみたいなら、3GBか6GBをおすすめします。

また、マイネオは同一の利用番号でなくてもデータシェアができるため、自分のタブレットと格安スマホ間だけでなく、友人ともデータ通信容量を分け合うことができます。

マイネオ公式サイトはこちら

IIJmio|中古iPadのセット販売も取り扱い

IIJmioは、株式会社インターネットイニシアチブが運営する格安SIMです。IIJmioは、auとドコモの回線を使用しています。

IIJmioは、中古とはいえ豊富な種類のiPhone、iPadを取り扱っている点が特徴です。新品のタブレットではTransBookやMediaPadを販売しています。

IIJmioには「タブホ(タブレット使い放題)」というオプションが用意されています。タブホは月額料金500円(税抜)で雑誌が読み放題のサービスで、ビジネス誌や趣味の雑誌など幅広いジャンルのコンテンツを定額で楽しむことができます。マルチデバイス対応のため、移動時はスマホ、大画面で見たいときはタブレットなど、使い分けられるのが便利なポイントです。

iijmio公式サイトはこちら

LINEモバイル|SNSが使い放題のデータフリー

LINEモバイルは、LINEモバイル株式会社が運営する格安SIMです。LINEモバイルは、au、ドコモ、ソフトバンクのすべての回線に対応しているトリプルキャリアです。LINEモバイルは、HUAWAIのタブレットを数種類取り扱っています。

LINEモバイルのプランは、LINEをはじめとして、TwitterやFacebookなどの各種SNSが使い放題になる「データフリー」であることが大きな特徴です。

1番人気が高い「データSIM(SMS付き)コミュニケーションフリープラン」の10GBを選択しても、1台につき3,000円以下で契約できるため、格安スマホと2台持ちでも非常にお得です。

ラインモバイル(LINEモバイル)公式サイトはこちら

OCNモバイルONE|データシェアでスマホとの2台持ちもおすすめ

OCNモバイルは、NTTコミュニケーションズが運営する格安スマホです。OCNモバイルは、ドコモの回線を使用しています。

OCNモバイルは、中古のiPhoneやスマホを豊富に取り揃えていることに加えて中古セールも行うため、とても安価に端末を購入することができます。新品のタブレットはHUAWAIとLenovoを販売しています。

OCNモバイルは2019年11月5日~終了期日未定で「SIMカード追加手数料無料キャンペーン」を実施しています。タブレットと格安スマホを2台持ちする際も、SIMカードの追加手数料が発生しません。最大5枚のSIMカード間でデータシェアが適用されるため、端末を複数台持ちたい方も、初期費用を最低限に抑えることができます。

OCNモバイル ONE公式サイトはこちら

楽天モバイル|データの繰越とシェアの併用も可能

楽天モバイルは、楽天モバイル株式会社</strong>が運営する格安SIMです。

ウェブサイトでのタブレットの販売は現在終了していますが、一部店舗ではYOGA Tablet 2やHUAWEIを取り扱っています。

楽天モバイルは、高速データ通信量の前月繰越分を、翌月に契約者間・端末間でシェアすることができます。最大5回線までシェアすることが可能で、シェアにともなう月額料金は100円(税別)です

さらに、楽天モバイルは、スマホやタブレット本体、月額料金の支払いで楽天スーパーポイントが貯まります。貯まった楽天スーパーポイントは月々の支払いに充てられるため、非常にお得になります。

楽天モバイル公式サイトはこちら

まとめ

タブレットを格安SIMで利用することのメリットや注意点、格安スマホとのセット利用が非常にお得になることなどが伝わったでしょうか?

これからスマートフォンとタブレットの2台持ちを検討している方も、格安SIMならキャリアと比較して手軽に複数台持ちができます。早速、自分に合ったプランを選択しましょう。